名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

加藤丈夫の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

加藤丈夫のプロフィール

加藤丈夫、かとう・たけお。日本の経営者。富士電機会長。東京都出身。東京大学法学部卒業後、富士電機に入社。企画部長、取締役、常務、専務、副社長、経営企画室担当を経て会長・相談役。そのほか、厚生年金基金連合会理事長や経済同友会幹事、学校法人開成学園理事長兼学園長などを務めた経営者。また、東京農工大学大学院技術経営研究科技術リスクマネジメント専攻で教鞭をとった。

加藤丈夫の名言 一覧

齢をとるにつれて、どうしても感覚のズレは出てきます。それは致し方ありません。しかし、若い人にいろんなことを聞かれたときに、いかに自分なりの考え方を持ち、きちんと答えられるかが重要だと思います。これは自らをどう磨いているか、自分自身の姿を問われることにほかなりません。


私は役員になりたてのころから、若い人と一杯飲むのが趣味でした。労務担当役員として、組合の人たちとも様々なテーマで対話の場を持ちました。


当社も幹部社員を育成するため社員を選抜して、財務や組織の活性化などの講義を受けさせています。しかし、上司としての基本条件は、部下との対話ができることだと思います。


対話とは、たんに会って話をすればよいというものではありません。易しいことではないのです。なぜならきちんとした対話をするには、技術が必要だからです。プレゼンテーション能力、説得力はもちろん欠かせません。でも一番重要なのは、忍耐力でしょう。たとえば上司であれば部下の発言に最後まで耳を傾けるべきです。そうでなければ、信頼関係を築けません。


会長として対話のノルマを自分自身に課しています。昨年6月の就任を機に、「行動する会長」を掲げ、積極的にお客さんを回るようにしたのです。長い付き合いのある顧客の訪問は社長の仕事です。私は、取引のない会社、出入り禁止を申し渡された会社、営業が攻めあぐねている会社、そんなお客さんを集中的に訪問しました。目標は1週間で1社の割合です。1年目はほぼその公約を守れそうです。


富士電機では、二代前の社長だった中尾武さんが「対話が価値を生む」と標榜し、夕方から社員がお酒を飲んでくつろげる場を社内に作りました。飲み会を通じて、気持ちを通じ合わせようということでした。あれから10年以上たちますが、最近、対話の大切さを改めて実感しています。対話こそが新しい価値を生むのです。


いまの若い人は言葉をやりとりするのが好きです。人前で話をするのは上手いし、討論を仕切ったりまとめたりすることも上手です。しかし、心を触れ合わせた話し合いをしようという意識が希薄なのが少し心配です。


かつてのような没個性的なベクトル合わせは必要ないでしょうが、価値観を共有することはとても大事です。それには対話が欠かせません。新入社員には、対話で価値観を共有しようと訴えました。


この10年間、日本の多くの企業経営者は「個の尊重」を新しい価値観として掲げてきました。社員一人一人の個性、考え方を尊重しようというものです。求められたのは、できるだけ相手の領域には踏み込まない。スマートな対人関係でした。胸襟を開いてお互いに本音をぶつけ合うのは「ダサい」「古臭い」ことだったのです。しかし、個の尊重を言いすぎた結果、日本の社会に何が起きたのでしょう。職場の中では精神的に孤立化し、孤独を感じる社員がかなり増えています。会社だけではありません。学校や家庭で暴力をふるう子供たちがいるのも、根は同じではないでしょうか。


加藤丈夫の経歴・略歴

加藤丈夫、かとう・たけお。日本の経営者。富士電機会長。東京都出身。東京大学法学部卒業後、富士電機に入社。企画部長、取締役、常務、専務、副社長、経営企画室担当を経て会長・相談役。そのほか、厚生年金基金連合会理事長や経済同友会幹事、学校法人開成学園理事長兼学園長などを務めた経営者。また、東京農工大学大学院技術経営研究科技術リスクマネジメント専攻で教鞭をとった。

他の記事も読んでみる

立花陽三

球団社長が「あの試合の、この一球がカーブかストレートか」と議論に口を出すべきではない。野球は、総得点と総失点のスポーツです。144試合行って、得失点差が100点あれば優勝できるといわれています。だから総得点と総失点を設定して、どうすればそれを達成できるかを数値化して、あとはそれに必要な戦力を整える。そういうシンプルな分析ですね。


桂歌丸

私たち落語家は、噺でお客さんに楽しんでもらう商売です。肝心なのは、お客さんの頭の中に情景を浮かばせること。欲を言えば、その情景に色をつけて届けたい。


小池栄子

10年先、20年先のありたい自分を思い浮かべると、いま何をすべきかが見えてくるはず。見えてきたら、失敗を恐れず一歩踏み出せばいい。


川端裕人

一人の教祖を盲信して痛い目に合わないため、ある程度、自分で勉強する必要があります。


中山均

つつましい生活の中で、私のうちでは現在3人の学生の面倒を見ている。多年にわたり、私のうちには2人や3人の学生がいないことはない。どんなときでも青年に期待し、青年の世話をするというのが、私の理想であり、夢である。


永守重信

理論を鵜呑みにしても何も見えてこない。


高畑正幸

アイデアを出すときはA4サイズの黄色いコピー用紙を使っています。黄色の用紙は、他の書類と混ざっても見つけやすいし、デジタル化した後もサムネール画像を見れば、すぐに自分が書いたものだと分かります。個人的には、黄色い紙だと課題に向かう時のテンションも上がります。使う時は発想を自由に広げられるように横向きで使います。


サルトル

人間存在は、何よりもまず、まったくの無なのだ。


中畑清

いざ駒澤大学のセレクションの会場に足を踏み入れたら、全国から名門校の選手が集まっている。みんな自信たっぷりにウォーミングアップしている。「あっ、こりゃだめだ。しょせん、俺は田舎のプレスリーってとこか……」となかば諦めかけ、憂鬱な気分で4か月後の筆記試験に臨んだら、なんと合格しまして。嬉しいというより、「エッ、な、なんかの間違いじゃないか!」というのが本心でしたよ(笑)。あとは、せっかくもらったチャンスを活かそうと、下手は下手なりに誰よりも目立って、元気にプレーしようと。競争してレギュラーを勝ち取るなんていう思いよりも先に、まずは元気だ! って思いましたね。


熊野英介

携帯電話から金が採れるので、廃棄物の回収が進んでいますが、採った残りはゴミになります。今は捨てる代金より金の価格が高いからいいでしょうが、これでは本当の意味のリサイクルとは言えません。私が目指す持続可能社会の実現はそういうことではなく、例えば製品を金属以外全部、燃料として使えるように最初から作ればいいのです。産業界は100%資源化できる製品作りにもっと努力すべきです。


白石徳生

当社は創業からずっとユーザーから料金をいただく課金型のビジネスモデルにこだわってきました。そうであれば広告主の意向に関係なく、ユーザー目線に立った客観的なサービスの格付けができます。


和栗清忠

神田は老舗も多く、長く商いを続けていけることが立証されている地域です。私たちの物件で事業を始める方も3年が一区切りになっているように思います。3年を超えられた企業は長く続いていく傾向にありますね。