名言DB

9490 人 / 112001 名言

加藤丈夫の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

加藤丈夫のプロフィール

加藤丈夫、かとう・たけお。日本の経営者。富士電機会長。東京都出身。東京大学法学部卒業後、富士電機に入社。企画部長、取締役、常務、専務、副社長、経営企画室担当を経て会長・相談役。そのほか、厚生年金基金連合会理事長や経済同友会幹事、学校法人開成学園理事長兼学園長などを務めた経営者。また、東京農工大学大学院技術経営研究科技術リスクマネジメント専攻で教鞭をとった。

加藤丈夫の名言 一覧

齢をとるにつれて、どうしても感覚のズレは出てきます。それは致し方ありません。しかし、若い人にいろんなことを聞かれたときに、いかに自分なりの考え方を持ち、きちんと答えられるかが重要だと思います。これは自らをどう磨いているか、自分自身の姿を問われることにほかなりません。


私は役員になりたてのころから、若い人と一杯飲むのが趣味でした。労務担当役員として、組合の人たちとも様々なテーマで対話の場を持ちました。


当社も幹部社員を育成するため社員を選抜して、財務や組織の活性化などの講義を受けさせています。しかし、上司としての基本条件は、部下との対話ができることだと思います。


対話とは、たんに会って話をすればよいというものではありません。易しいことではないのです。なぜならきちんとした対話をするには、技術が必要だからです。プレゼンテーション能力、説得力はもちろん欠かせません。でも一番重要なのは、忍耐力でしょう。たとえば上司であれば部下の発言に最後まで耳を傾けるべきです。そうでなければ、信頼関係を築けません。


会長として対話のノルマを自分自身に課しています。昨年6月の就任を機に、「行動する会長」を掲げ、積極的にお客さんを回るようにしたのです。長い付き合いのある顧客の訪問は社長の仕事です。私は、取引のない会社、出入り禁止を申し渡された会社、営業が攻めあぐねている会社、そんなお客さんを集中的に訪問しました。目標は1週間で1社の割合です。1年目はほぼその公約を守れそうです。


富士電機では、二代前の社長だった中尾武さんが「対話が価値を生む」と標榜し、夕方から社員がお酒を飲んでくつろげる場を社内に作りました。飲み会を通じて、気持ちを通じ合わせようということでした。あれから10年以上たちますが、最近、対話の大切さを改めて実感しています。対話こそが新しい価値を生むのです。


いまの若い人は言葉をやりとりするのが好きです。人前で話をするのは上手いし、討論を仕切ったりまとめたりすることも上手です。しかし、心を触れ合わせた話し合いをしようという意識が希薄なのが少し心配です。


かつてのような没個性的なベクトル合わせは必要ないでしょうが、価値観を共有することはとても大事です。それには対話が欠かせません。新入社員には、対話で価値観を共有しようと訴えました。


この10年間、日本の多くの企業経営者は「個の尊重」を新しい価値観として掲げてきました。社員一人一人の個性、考え方を尊重しようというものです。求められたのは、できるだけ相手の領域には踏み込まない。スマートな対人関係でした。胸襟を開いてお互いに本音をぶつけ合うのは「ダサい」「古臭い」ことだったのです。しかし、個の尊重を言いすぎた結果、日本の社会に何が起きたのでしょう。職場の中では精神的に孤立化し、孤独を感じる社員がかなり増えています。会社だけではありません。学校や家庭で暴力をふるう子供たちがいるのも、根は同じではないでしょうか。


加藤丈夫の経歴・略歴

加藤丈夫、かとう・たけお。日本の経営者。富士電機会長。東京都出身。東京大学法学部卒業後、富士電機に入社。企画部長、取締役、常務、専務、副社長、経営企画室担当を経て会長・相談役。そのほか、厚生年金基金連合会理事長や経済同友会幹事、学校法人開成学園理事長兼学園長などを務めた経営者。また、東京農工大学大学院技術経営研究科技術リスクマネジメント専攻で教鞭をとった。

他の記事も読んでみる

横山光昭

夫婦共働きの場合、互いのお金の使い道はノーチェックとなりがちだ。それが浪費のもととなり、ふたを開けたら夫婦ともに貯金がないというケースが多い。


北尾吉孝

企業が継続して伸び続けるためには、やはり出発点が正しいかどうか、ということが重要だと思います。企業をどのように伸ばしていくべきか、創業当時、もちろん私も考え抜きました。


小笹芳央

おおむね人は「自分のほかに最終的な判断をする人間はいない」という立場に置かれると、それまで使われてこなかった潜在的な能力が一気に開花する。


菊池健彦

残念ながら、効率よく英単語を覚える方法を私は知りません。むしろ私は記憶力が非常に悪いため、単語学習にとても苦労してきました。苦労の中で編み出したのが、忘れて当たり前という姿勢でした。凡人が1日に10語の英単語を完ぺきに覚えることは難しい。それなら100語を学び、99語は忘れても、1語だけはなんとか覚えようという方法です。


エリック・シュミット

他人の意見を聞くことが重要だ。様々な人の考えを聞いた上で、最後は自分で判断するのだ。


長谷川裕一(お仏壇のはせがわ)

まずは自分の国の歩んできた道、自分たちのルーツを正しく学ぶ。当たり前のことを当たり前に学び、外国のこともよく学ぼう。


美輪明宏

幸福とは何でしょうか。それは充足感です。何もかも満ち足りた気分になったとき、それが幸福なのです。しかしその成分は泡でできています。ほんの短い時間、一瞬で消えてゆくものです。でもそれだからこそありがたみがあり、貴重なんのとしての値打ちがあるのです。もし幸福感が絶え間なくずっと持続したとしたら、人間はしまりのないボケーッとした薄らバカになってしまうでしょう。


西澤敬二

良い仕事をするためには健康でなくてはいけません。リラックスした雰囲気で美味しいものを食べたときには幸せを感じますし、ストレスも発散して、健康になれる気がしますよね。ですから私がプライベートで行く店は、美味しいのはもちろんのこと、気軽に入れ、店主の人柄が良く、おもてなしの心がある。そして、店主やおかみさんやお客同士でも雑談ができて、楽しい気持ちになれるような店なんですよ。


高田明(ジャパネットたかた)

真剣になって、次の新しい突破口を探していく。真剣の度合いが深ければ深いほど力が付いてくる。


米澤穂信

私自身の経験で言うと、妙な比喩を使ったり文章上の技巧を凝らしたりしてしまう時はたいてい、自信がない時か自分を飾りたい時なんですよね。ただ、飾った文章で書くと、若さならではのキラキラ感が出るんですよ。あれも好きなんです。私の場合は、大人を書く時にはそういったキラキラ感のない文章で書いて、若い人の話を書く時にはちょっと文章に飾りを入れているんです。


ロベルト佃

私が代理人契約をしている選手全員の共通点は、「絶対に負けない」という気持ちを内に秘めていること。競争心がある選手しか上にはいけないと思うんです。


小泉進次郎

世の中は変わる。(初めて選挙に出馬した2009年)「世襲が今の政治を劣化させた」「世の中を悪くした」と言われました。しかし数年後、ある雑誌が……まあ某「AERA」という雑誌ですね。特集テーマをやりましたね。その雑誌のタイトルを見たときに私は目を疑いましたね。「世襲こそが確信を生む」……おいおいちょっと待てよと(笑)。そして中を開くと、経済界、政治、いろんな分野の世襲の人たちが取り上げられているんです。こういうもんです。だから大事なのは、自分が自分としてなにをやりたいのか。