加藤丈夫の名言

加藤丈夫のプロフィール

加藤丈夫、かとう・たけお。日本の経営者。富士電機会長。東京都出身。東京大学法学部卒業後、富士電機に入社。企画部長、取締役、常務、専務、副社長、経営企画室担当を経て会長・相談役。そのほか、厚生年金基金連合会理事長や経済同友会幹事、学校法人開成学園理事長兼学園長などを務めた経営者。また、東京農工大学大学院技術経営研究科技術リスクマネジメント専攻で教鞭をとった。

加藤丈夫の名言 一覧

齢をとるにつれて、どうしても感覚のズレは出てきます。それは致し方ありません。しかし、若い人にいろんなことを聞かれたときに、いかに自分なりの考え方を持ち、きちんと答えられるかが重要だと思います。これは自らをどう磨いているか、自分自身の姿を問われることにほかなりません。


私は役員になりたてのころから、若い人と一杯飲むのが趣味でした。労務担当役員として、組合の人たちとも様々なテーマで対話の場を持ちました。


当社も幹部社員を育成するため社員を選抜して、財務や組織の活性化などの講義を受けさせています。しかし、上司としての基本条件は、部下との対話ができることだと思います。


対話とは、たんに会って話をすればよいというものではありません。易しいことではないのです。なぜならきちんとした対話をするには、技術が必要だからです。プレゼンテーション能力、説得力はもちろん欠かせません。でも一番重要なのは、忍耐力でしょう。たとえば上司であれば部下の発言に最後まで耳を傾けるべきです。そうでなければ、信頼関係を築けません。


会長として対話のノルマを自分自身に課しています。昨年6月の就任を機に、「行動する会長」を掲げ、積極的にお客さんを回るようにしたのです。長い付き合いのある顧客の訪問は社長の仕事です。私は、取引のない会社、出入り禁止を申し渡された会社、営業が攻めあぐねている会社、そんなお客さんを集中的に訪問しました。目標は1週間で1社の割合です。1年目はほぼその公約を守れそうです。


富士電機では、二代前の社長だった中尾武さんが「対話が価値を生む」と標榜し、夕方から社員がお酒を飲んでくつろげる場を社内に作りました。飲み会を通じて、気持ちを通じ合わせようということでした。あれから10年以上たちますが、最近、対話の大切さを改めて実感しています。対話こそが新しい価値を生むのです。


いまの若い人は言葉をやりとりするのが好きです。人前で話をするのは上手いし、討論を仕切ったりまとめたりすることも上手です。しかし、心を触れ合わせた話し合いをしようという意識が希薄なのが少し心配です。


かつてのような没個性的なベクトル合わせは必要ないでしょうが、価値観を共有することはとても大事です。それには対話が欠かせません。新入社員には、対話で価値観を共有しようと訴えました。


この10年間、日本の多くの企業経営者は「個の尊重」を新しい価値観として掲げてきました。社員一人一人の個性、考え方を尊重しようというものです。求められたのは、できるだけ相手の領域には踏み込まない。スマートな対人関係でした。胸襟を開いてお互いに本音をぶつけ合うのは「ダサい」「古臭い」ことだったのです。しかし、個の尊重を言いすぎた結果、日本の社会に何が起きたのでしょう。職場の中では精神的に孤立化し、孤独を感じる社員がかなり増えています。会社だけではありません。学校や家庭で暴力をふるう子供たちがいるのも、根は同じではないでしょうか。


加藤丈夫の経歴・略歴

加藤丈夫、かとう・たけお。日本の経営者。富士電機会長。東京都出身。東京大学法学部卒業後、富士電機に入社。企画部長、取締役、常務、専務、副社長、経営企画室担当を経て会長・相談役。そのほか、厚生年金基金連合会理事長や経済同友会幹事、学校法人開成学園理事長兼学園長などを務めた経営者。また、東京農工大学大学院技術経営研究科技術リスクマネジメント専攻で教鞭をとった。

他の記事も読んでみる

小山昇

「自社の売上を2倍に伸ばしたい」と考えたとしましょう。単純に考えれば、従来の2倍働けばよいとなるわけですが、しかしこれは「困難なこと」です。しかし、毎朝15分早く出社してみるとか、お客様にお礼の葉書を毎日5枚書くとかいったことでも、売上2倍の目標に近づくことには変わりはありません。小さな改善であれば週にひとつは実行できるはずです。すると1年間で52個の改善が積み重なることになります。そのとき組織は大きく変わります。


和地孝

お礼状の大切さは万国共通です。多くの外国の方とお会いしますが、トップクラスの人からは必ずお礼状が来ます。お礼状を出さない人は、グローバルな仕事はできないといっても過言ではないでしょう。


松下正幸

祖父(松下幸之助)はどんな人の話もとても熱心に聞きました。相手は、「自分のような者の話を熱心に聞いてくれる」と自分の持っているすべてを伝えようとする。祖父は、そうした人たちの生の経験を聞き込んで引き出しにしまっておき、非常に難しい判断を迫られる時に、その引き出しを開けて参考にしました。


豊島逸夫

プロでも結構地味なことやってるんだ、おっかないんだ、ってなると、アマチュアの人も結構プレッシャーがなくなるんじゃないかな。何だ、豊島も同じなんだって(笑)。


稀音家義丸(二代目)

300年以上の歴史のある長唄は、大変奥深いもので何歳になっても発見があります。私はこれまで「勧進帳」を千回以上唄ってきましたが、未だに「なぜ今まで気付かなかったのか」と感じることがあります。


猪瀬直樹

おべっかやお世辞の言葉では、けっして人は動かせません。つけ焼き刃の一言葉は、すぐにメッキがはがれてしまい、逆効果になる恐れもある。相手の心を動かそうと思うなら、まず相手に対する興味や好奇心を持つべきです。そうすれば、どこかにおもしろいと感じたり、なぜだろうと疑問に感じる部分が出てくるもの。そこから自然に発せられた言葉なら、必ずしも褒め言葉じゃなくても人の心を揺さぶるはずです。


西内啓

即断即決は危うい。目先の機会に飛びつくのは直感の要素が強く、データをじっくり検討する方が実は合理的。


大山健太郎

個人消費が伸び悩んでいる原因はひと言でいって、将来に不安があるからです。お金を持っている高齢者に、なんとかしてお金を使わせようという議論がありますが、将来に不安を抱えている人が享楽的にお金を使うはずがない。根本的に将来の不安を解消する方向に進まないと、消費は戻りません。


佐藤益弘

日本は長い間、ある面で国や会社が個人を守ってくれる時代が続いていたため、自ら資産運用をする必要がそれほどありませんでした。しかし、公的年金は当てにできず、退職金も自分の判断で運用しなければならないのが今の時代。必要なお金は、自助努力で準備しなくてはなりません。


森田直行(経営者)

「夢なんて自分でも持てないのに、どうして部下に与えられるのですか」と聞いてくる人がいましたが、そんなに難しいことではありません。例えば、毎月3000万円の売り上げがある部のリーダーなら、「来月は5000万円、売ろう」とメンバーに声をかければいい。それが部の夢になるのです。メンバーが「どうすればいいのですか」と聞いてきたら、「それをみんなで考えよう」と言う。すると、アイデアを考えるようになる。そういう部署は面白くてやりがいがあります。


佐藤優

60歳で定年を迎えても、あと20年。年金だけでやっていけないとなると、何か自分で仕事をやらないといけない。そのときに本当に自分がやりたい仕事ができる人は強いですよ。そんな長い目で働き方を考えてみると、きっと違った景色が見えてくるんじゃないかと思いますよ。


田村潤

主なお客であった飲食店や酒販店のオーナーは、日々の経営に必死です。「もっとお客を呼ぶ手はないか」と悩んでいる。しかも大抵、相談相手がいなくて孤独です。そこで「何かお手伝いできることはありませんか?」と投げかければ、ぐっと心の距離が近づく。


中野信子

以前、『サイコパス』という本を出したときには、「自分がそうなんじゃないか」「うちの会社のあの人は、もしかして」といった感想が多く寄せられました。しかし、サイコパスは意外に多いとはいえ100人に1人程度です。それよりも、残り99人の普通の人の中にあるもののほうが、もっと恐ろしいのでは……ということを書いてみたいと思ったのが、執筆のきっかけでした。

【覚え書き|著書『シャーデンフロイデ 他人を引きずり下ろす快感』について】


桜井博志

日本酒の造り方はシンプルです。私たちは(ベテランの杜氏に頼らず)教科書に書かれている通りに純米吟醸酒を造ってみました。そうすると、おもしろいことに明らかに味がよくなった。特に製造量の多い手頃な品種で違いがでました。このときから、徹底した数値管理に基づく酒造りが始まりました。


後藤勇人(コンサルタント)

1日をドライブに例えれば、朝はスタートです。起きてすぐに自分の目標を脳にインプットすることは、カーナビに目的地を入力するようなもの。1日を目標に向かって走らせることができるようになるんです。


ページの先頭へ