加藤一二三の名言

加藤一二三のプロフィール

加藤一二三、かとう・ひふみ。将棋棋士。福岡県出身。関西奨励会に入会。14歳でプロ棋士に昇格。史上初の中学生棋士になった。77歳まで現役を続け、名人など数々のタイトルを獲得。通算成績1324勝1180敗。

加藤一二三の名言 一覧

将棋の90%は理詰めです。残りの10%はいくら考えても答えが出ない。でも、答えが出ない部分があるからこそ、深い感動が得られるんです。

将棋においては、最もいい手は、リスクが高い手。自分が有利だからといって、リスクを恐れて「守り」に入ると、いつの間にか盛り返されて逆転されてしまうこともある。だから、勇気を持って、常にリスクが高いけれども最善の手を指し続ける必要があるのです。

音楽は解説がなくても感動できるんですが、将棋の場合は解説が必要なんです。解説を読むと、将棋の奥深さが伝わり、感動を伝えられる。だから僕は自分の名局を解説して、より多くの人に将棋の素晴らしさを伝えていきたいと思っています。

福沢諭吉先生は、人間関係にも駒落ちを取り入れるべきとおっしゃっているんです。知識のある人が知識のない人に歩み寄ってこそ、円滑な人間関係ができる。僕はその話が大好きで、諭吉先生に尊敬の念を抱くようになりました。

加藤一二三の経歴・略歴

加藤一二三、かとう・ひふみ。将棋棋士。福岡県出身。関西奨励会に入会。14歳でプロ棋士に昇格。史上初の中学生棋士になった。77歳まで現役を続け、名人など数々のタイトルを獲得。通算成績1324勝1180敗。

ページの先頭へ