名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

加藤シゲアキの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

加藤シゲアキのプロフィール

加藤シゲアキ、かとう・しげあき。日本のタレント、歌手、俳優、小説家。大阪府出身。小学6年でジャニーズ事務所に入所。『怖い日曜日 友達のJ君』で俳優デビュー。男性アイドルグループ「NEWS」メンバーとして活躍。また、小説、エッセイを執筆した。

加藤シゲアキの名言 一覧

今回は、過去との決別って言うとかっこ良すぎますけど、新しい挑戦をしたかったんです。まだ自分の色が分かってないから、いろんなことを試したかった。正直なところ、どう受け止められるかなって不安だったんですが、挑戦したこと自体をみなさんが面白がってくれたんです。


小説家になってラッキーだなと思うことのひとつは、みんなが僕に本を薦めてくれるんです。僕が『傘をもたない蟻たちは』でSFを書いたって知った人からは、『契約 鈴木いづみSF全集』をオススメされました。別の人からは「三島由紀夫の『命売ります』を読むと、三島がいかに物語を構成する力に優れていたかが分かります!」って、飲み屋で熱く語られたり(笑)。今はとにかく、浴びるように本を読みたい時期ですね。面白い本を読むと、自分はまだまだだなって打ちのめされる。そこで悔しいなって思うと、また小説を書きたくなるんですよ。


文庫化するために『閃光スクランブル』を読み返したのですが、悲しくなるぐらいダメでした(苦笑)。編集者になった気持ちで、過去の自分にいっぱい赤字を入れました。『ピンクとグレー』の文庫を作った時よりも真っ赤っ赤です。それってよく言えば成長なのかもしれないけど……もっと小説がうまくなりたい、と改めて思いました。


加藤シゲアキの経歴・略歴

加藤シゲアキ、かとう・しげあき。日本のタレント、歌手、俳優、小説家。大阪府出身。小学6年でジャニーズ事務所に入所。『怖い日曜日 友達のJ君』で俳優デビュー。男性アイドルグループ「NEWS」メンバーとして活躍。また、小説、エッセイを執筆した。

他の記事も読んでみる

若山陽一

取引先と、より深いパートナーシップを結ぶ必要がある。リーマンショックでは当社の業績も悪化しましたが、その時に学んだのは取引先の中でのシェアが高いと、解約される順番が遅くなるということでした。


男鹿和雄

じつはどの背景にも細かいところで反省点があって、「トトロ」も夕焼けのシーンで色と暗さの流れがうまく行ってないところがあって。ああ、それをいうなら「もののけ姫」の雲も……あ、そういうのを言い出すとキリがないのでやめておきますけどね。


木村惠司(木村恵司)

情報は本や文献、レポート類を細かく読んでも得られないことはありません。しかし、最良最高の情報源は人間です。道がわからなくなったら近くの人に聞くのです。当たり前のことですが、迷ったらこれが一番のアドバイスです。


マーク・A・ラングレー

どこの国でも同じだと思うが、アメリカでもこれまでは組織によってプロジェクトの進め方がバラバラだった。人が辞めたり異動したりすると、その人が持つ知識や経験も一緒に消えてしまい、新しい人が加わるとその組織独自のやり方を身に付けるのに時間がかかっていたが、プロジェクトマネジメントの手法により、組織の効率的な運営ができるようになっている。


菊入みゆき

口癖でモチベーションをコントロールし、仕事で成果を挙げている人は、言葉の力を知っています。「ネガティブな言い方をすれば、自分も相手もネガティブになる」と言葉の因果を理解して使っているのです。


池上彰

ちょっと無理すればできるかもしれない、むしろそういう状況に自分を追い込んだほうが成長できると考えて、あえて難しい仕事を受けるようにしてきました。


鎌田實

父から「うちみたいな貧乏な人間が、どんな思いで医者にかかっているのかを忘れるな。それだけは約束してくれ」と言われました。この言葉は医者になった僕の根っこにずっと残っています。


樋口武男

現場を見ることが全体を見るときのベースになる。


ジャレド・ダイアモンド

「ここぞ」という時に相談できる友人を1人でも多く持つことが、情緒の安定や豊かな人生につながる。


中内功

バカと天才とは、この世に存在することはまれである。すべてが我々凡人の世界である。そのなかで半歩前に踏み出すことのできる勇気を持つことが大切である。


熊本浩志

プロジェクトXの見すぎかもしれないけど(笑)、ものをつくる行為というのは俺にとってものすごく尊いことなんですよ。だから当然、ものをつくる人も生き生きと働いていると思っていました。ところが、東芝時代に訪れた工場は、薄暗くて冬でも暖房すら入っていない。そこで働く人たちも「ここでつくったものなんて、どうせニッキュッパ(2980円)で売られるんでしょ」とあきらめ顔。


高杉晋一

私はどんな人でも、その生涯で一度や二度は大きな運命を決めるような最後の一線があると思う。そのときはまずハラを決めて、断固たる決意で立ち向かうことだ。物語の中でも悲劇の主人公は、たいがい優柔不断な人間と相場が決まっている。