名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

加藤ゆかの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

加藤ゆかのプロフィール

加藤ゆか、かとう・ゆか。日本の競泳選手。愛知県出身。山梨学院大学商学部卒業後、東京スイミングセンターに入社。バタフライ50m、100mで日本記録を達成。北京オリンピック、ロンドンオリンピックに出場。ロンドン五輪女子400mメドレーリレーで銅メダルを獲得。

加藤ゆかの名言 一覧

気持ちはすぐに変えられます。崖っぷちに立てば。


(寺田)綾さんと(上田)春佳が側にいたことも大きい。トップレベルの2人が頑張っているから、私もこのままじゃいられないと思えました。切磋琢磨できる存在です。


加藤ゆかの経歴・略歴

加藤ゆか、かとう・ゆか。日本の競泳選手。愛知県出身。山梨学院大学商学部卒業後、東京スイミングセンターに入社。バタフライ50m、100mで日本記録を達成。北京オリンピック、ロンドンオリンピックに出場。ロンドン五輪女子400mメドレーリレーで銅メダルを獲得。

他の記事も読んでみる

片岡愛之助(6代目)

近くにいると、どうしても意見がぶつかることもあるし、見えなくなることもあるでしょう。そういうときは一歩引いて全体を俯瞰してみる。誰も手を抜いているわけではなく、作品にそれぞれ愛情を向けていることがわかってくるから、いらだつことも減ってくると思うよ。


西成活裕

クラウゼヴィッツやリデル=ハートの戦略論によれば、「戦時には有利不利の情報が同等の割合で入る」。これはビジネスでも同じで、他者の見解を集めれば集めるほど、自然に正反対の意見が相半ばするものなのです。つまり、「人の意見に頼ろう」という姿勢でいるかぎり、いつまでも振り回されることになります。最後は自分が決めなくてはならない、という覚悟を持ちましょう。


バラク・オバマ

いま教育をどうしていくかと各界のリーダーが決めていくことこそが、今後続く世代を取り巻く世界を形作っていくことになる。


松井忠三

リーダーは「努力をすれば結果を出せる仕組み」を考えなければならない。


辻秀一

人の心は好きなことを考えるだけでフローに近づける。


江幡哲也

ビジネスの現場では、最初に要件と結論を伝えることが鉄則です。これは報告書や企画書をはじめとするビジネス文書全般に言えることですが、とくにメールは注意したほうがいいですね。というのも、最後まで読まないと内容がわからないメールは、相手の仕事リズムを乱してしまうからです。


古森重隆

情報には三つの種類がある。まず一つ目は明白なメッセージ。完全に見えている情報だから、誰にでも読み取れ、理解できる情報だ。二つ目がかすかな兆候といった、部分的にしか見えない情報だ。断片的に見えるが、全体像は不明確な状態で存在している。そして三番目は沈黙だ。何かあるはずなのに片鱗も見えない。経営者はこの三つの情報を感じ取って判断していく。


山名昌衛

日本の製造業は、製品をずっと磨いて品質を磨いて、全て完成してから市場に出すという方法を取ってきました。ですがもう世界はソフトウエアで付加価値を出す時代です。日本の製造業にとっては大きな挑戦で、求められる発想も人材も変わってくる。


粟田貴也

弱気になると私はいつも、「いまここで人生が終わっていいのか」と自問自答しているんです。すると、もっと上にいきたいという気持ちが湧いてきます。そして、弱気がやる気に変わるんですよ。


横田南嶺

白隠(白隠慧鶴、はくいん・えかく。江戸時代中期の禅僧)については、人によって好き嫌いが分かれます。ただ私にとっては、白隠が修行時代の手本なのです。それは白隠が普通の人以上に、死に対して恐れを持っていたからです。恐れをどう克服していくのか。白隠は体がボロボロになるまで修行し続けました。そして42歳の時、庭で鳴いているコオロギの声を聞いて大悟(悟りを開くこと)します。その時の歌が「衣やうすき 食やとぼしき きりぎりす 聞きすてかねて もる涙かな」。これは別に虫に同情しているだけではありません。その時代の多くの人たちの苦しみが、白隠の耳に聞こえてきたと思うのです。だから後の半生は人々のために、あの膨大な書を書いたり、絵を描いたりしたのでしょう。それまでは、高僧が書く書や絵は清らかで近寄りがたいものでした。でも、白隠のものは泥臭い。人々の中に入っていく大地性や生命力に溢れている。その泥臭さが嫌だという人もいますが、私はこの生命力が、白隠の大きな魅力だと思います。


細谷功

思考回転型の人は、「いまあるものでどうにかできないか」と考えます。どんな状況下でも、常に「いま自分ができることは何か」と自分に矛先を向けて考えるのです。それが「考え始める」という高い敷居を飛び越えるきっかけとなり、どんどん思考を回転させていくことができるわけです。


坂根正弘

取締役会の冒頭で各役員がCEOに報告する際には、必ずバッドニュースを先に報告しています。そのためには、バッドニュースを真っ先にトップに伝える仕組みも欠かせません。