名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

加藤ゆかの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

加藤ゆかのプロフィール

加藤ゆか、かとう・ゆか。日本の競泳選手。愛知県出身。山梨学院大学商学部卒業後、東京スイミングセンターに入社。バタフライ50m、100mで日本記録を達成。北京オリンピック、ロンドンオリンピックに出場。ロンドン五輪女子400mメドレーリレーで銅メダルを獲得。

加藤ゆかの名言 一覧

気持ちはすぐに変えられます。崖っぷちに立てば。


(寺田)綾さんと(上田)春佳が側にいたことも大きい。トップレベルの2人が頑張っているから、私もこのままじゃいられないと思えました。切磋琢磨できる存在です。


加藤ゆかの経歴・略歴

加藤ゆか、かとう・ゆか。日本の競泳選手。愛知県出身。山梨学院大学商学部卒業後、東京スイミングセンターに入社。バタフライ50m、100mで日本記録を達成。北京オリンピック、ロンドンオリンピックに出場。ロンドン五輪女子400mメドレーリレーで銅メダルを獲得。

他の記事も読んでみる

原裕輝

ネガティブな意識の時は、あえてポジティブな情報に接して自己概念を入れ替える努力も必要。


林修

お金については、稼ぎ方より遣い方のほうが難しいと思っています。だから、意識的に身につけようという努力が必要ですね。どんな努力かといえば「可能な範囲で背伸びをすること」。僕自身、若いときから、背伸びしてお金を遣ってきました。バブルだったこともあり、学生なのに、1回何万円もする食事をしたこともありました。ギャンブルや、株の仕手戦で結構な借金を作ったこともありましたね。でも、それら全部ひっくるめて授業料なんです。背伸びして遣ってきたからこそ、僕はお金で買えないものを手に入れ、今に活かせています。たとえば、僕が生活ギリギリのお金で食べに行く店で、お金持ち連中は優雅に過ごしてるわけですよ。その姿を見て、僕は「負けるもんか。上を目指す」と闘志が湧いたものです。また美味しい料理を作る職人の技術やサービスに接して、こういうところに高い付加価値があるんだと実感しました。


野津基弘

祖業をリスペクトはする。でも縛られない。それが、グループの未来にとって大事なこと。


ジョエル・ティリングハスト

保有している株を売るのは他にもっと有望な株を見つけた時だ。事業が成長するスピードが速く、経営者の手腕も優れている一方で、過小評価されて価格は割安になっている。そんな会社の株が見つかったら、保有している株を売却して乗り換える。そのために常に銘柄を比較している。もちろん単に保有している銘柄が割高になり、経営も悪化して、競合他社に対する優位性も失われていたら、他にもっと有望な銘柄がなくても、見切って売却することはある。


梶原しげる

会話では非言語のリアクションも欠かせません。真面目な話のときは真剣な面持ち、楽しい話題のときは笑顔で反応し、感心や驚きを示す相づちで応えましょう。人は自分の言葉がどう受け止められているか、常に気にしています。自分の言葉に好反応が返ってくると、もっと話したいという気持ちが湧いてきます。


加賀田晃

バブル崩壊直後に、とあるメーカーに売れ残っていたマンション販売を依頼されたときのことです。後方は山、前方は海、買い物の便はなしという物件で一年経過しても5戸しか売れず、社員が「なんでこんなところに建てたんでしょうね」とつぶやいていました。私はこのマンションを立て続けに27戸売ったのです。買い物の便が悪くても、駅から遠いのは足腰の鍛錬になり、通勤が遠いのも読書の時間になる。自然の宝庫で眺めはいい、空気はきれいで子供の教育にも申し分はありません。そんなメリットに加え、賃貸のデメリットもお伝えしました。家賃をどれだけ払い続けても持ち家でないと自分のものにはならない。来場者にそうやって「メリットと恐怖」を訴え続けたところ、あっという間に売れたのです。


鹿島茂

歴史の道筋を読むには、自分の身の回りで起きている小さな変化を、書物などで得た歴史観に沿って、できるだけ単純化して解釈するのがセオリー。しかし、単純化するときに、「短絡化」して考えてはいけない。


松田悠介

日本とアメリカの両方で高等教育を受けたので、その差は肌で感じています。日本だと、教室は理論を教えてもらうところですよね。一方、アメリカでは毎週、授業を受ける前に500ページ分くらいの論文の束を渡されて、理論を頭に叩き込んでこいといわれます。授業は理論を使って議論する場所。それぞれが自分の意見をぶつけ合うということが非常に重視されていました。


家訓・社是・社訓・経営理念

福寿園の「つもり十訓」

  1. 多いつもりで、少ないのが分別(ふんべつ)。
  2. あるつもりで、ないのが財産。
  3. ないつもりで、あるのが借金。
  4. 深いつもりで、浅いのが知恵。
  5. 浅いつもりで、深いのが欲。
  6. 高いつもりで、低いのが見識。
  7. 低いつもりで、高いのが腰。
  8. 儲けるつもりで、損するのが商売。
  9. 飾るつもりで、剥げるのが嘘。
  10. 隠すつもりで、顕(あらわ)れるのが悪事。

斎藤広達

破綻企業に「儲ける力」が残されているか否か。「儲ける力」の「エンジン(源泉)」は何か。この2つの論点にしっかりと答えが出せるなら、実現可能な再生の青写真が見えてくる。


テリー伊藤

批判ばかりしている人間は、いつも不平不満を言っている。仕事や上司や会社の愚痴を言って酒を飲んで暮らしている。それよりも、不満の優先順位を変えてみたらどうだろうか。つまり、「今日は嫌な仕事をやらされたけど、ちょうど今日の日当ぶんで可愛い子供の自転車が変えるぞ。なんて幸せなんだ」と。


孫正義

私は常に7手先まで読みながら碁の石を打っていく。まあ、分かる人には分かるし、分からない人には分からない。