名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

加納裕三の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

加納裕三のプロフィール

加納裕三、かのう・ゆうぞう。日本のエンジニア、経営者。ビットコイン取引所などを展開する「bitFlyer」社長。東京大学大学院工学系研究科修了後、ゴールドマン・サックス証券を経て「bitFlyer」を設立。そのほか、日本ブロックチェーン協会代表理事を務めた。

加納裕三の名言 一覧

ベンチャーはお金も人もないところからスタートする。大事なのは情熱。


何かをやり遂げる時には理論ではなく、突き詰めて物事を考えて手を動かすことが何よりも大事。


アメリカ人は0から1を生むのが得意ですが、1を2や10にしていくのは日本人の得意領域。


世界から最高クラスの人材を集めなければ、いいものは生まれない。


「儲かる」、「すごい」といった抽象的なものではなく、数字で語り、定量的な評価ができることが重要。


単なるアイデアはすでに誰かが思いついている。それ以上に、期限通りに仕事を仕上げて納品する、やり遂げることが大事。


社内では大事な価値観として「PEN」という理念を掲げています。「P」は「Passion(情熱)」、「E」は「Execution(遂行)」、そして「N」は「Number(計数)」。


新たなテクノロジーは非難の対象になりやすいですが、逆に言えばそれだけ革新的だということ。よい部分を知っていただくように頑張っていきます。


仮想通貨は金(ゴールド)に似ているといわれます。金は国が保証しているわけではないし、何かの業績に連動しているわけでもない。人々の信用によって価値が動きます。それと同じだと思えば、イメージしやすいかと。


(大学院修了)当時は外資系の金融機関と戦略コンサルの人気が高かったんです。世界で活躍できるチャンスがあって、若い時期から責任のある仕事をやらせてもらえる点が魅力だった。私も外資系金融、特に投資銀行に可能性を感じて、ゴールドマン・サックスに行きました。


私は、新しいものを作って、それを評価していただくことに強い喜びを覚えます。当社は取引所のイメージも強いと思いますが、あくまでも「開発会社」です。新しいものを作りたい、ブロックチェーンという新しい技術を使って世の中を便利にしたいという思いがベースにあります。


新しいものが出てきたときに混乱が起きるのは仕方がないです。1970年代、各国の法定通貨に金の兌換(だかん)性がなくなったときも、「不兌換紙幣に価値があるのか」という議論か起きました。いまの仮想通貨への反応と同じです。でも、みんなが不兌換紙幣を使っているという事実を持って、いまは信用を獲得しています。ビットコインも、徐々にそのように変わっていけばいいなと。


当社は設立当初から「ビットコイン、ブロックチェーンは世界を変える」と考えていました。そこでブロックチェーンに関する基礎研究を行おうと考えましたが、収益がなければできません。そこで、仮想通貨の取引所を運営して収益を上げるとともに、ブロックチェーンの基礎研究を続けてきました。


新しいデータベースの仕組みに数字を書き込んで、「これはお金だ」といい続けたのがビットコイン。ただの文字データに価値があると考える人は少なかったので、最初は1ビットコイン1円ぐらいの価値しかありませんでした。でも、運営を続けていくうちに、「このシステムは落ちないしデータが消えない。すごいぞ」と知れ渡ってきて、本当にお金のような価値を持つようになってきたのです。


仮想通貨のビットコインに出合ったのは2010年でした。社内で話題になっていて、自分でも調べてみたところ、これは面白そうだなと。具体的には、社会システムとしての面白さ。非中央集権的な意思決定によって動く通貨というのは、これまでなかったですから。管理者がいないのです。それにもかかわらず、全体の意思決定や運用のプロセスが自動的に決まっていくのが斬新だなと。


独自に仮想通貨をやる企業が現れるのは、私たちにとってチャンスです。仮想通貨にはブロックチェーン技術が必要ですが、我々はその技術を提供できる。それが売り上げを伸ばすもう一つの方向性です。すでに3メガバンクの実証実験に我が社のブロックチェーン技術を提供しています。ブロックチェーンはデータベースの技術なので、仮想通貨以外にも活用できる。データの改ざんや消失はないので、年金のシステムに使えば「消えた年金問題」は起こりません。いま縦割りでバラバラで管理されている国のシステムを一元化するのにも最適です。


加納裕三の経歴・略歴

加納裕三、かのう・ゆうぞう。日本のエンジニア、経営者。ビットコイン取引所などを展開する「bitFlyer」社長。東京大学大学院工学系研究科修了後、ゴールドマン・サックス証券を経て「bitFlyer」を設立。そのほか、日本ブロックチェーン協会代表理事を務めた。

他の記事も読んでみる

吉原毅

我々のお客様はほとんどありませんが、対策を先送りしてきた企業もあり、金融円滑化法によって問題が拡大している会社もあるでしょう。そうした会社は「つっかえ棒」が外されると、どうなるのか懸念はあります。資金だけ延命の治療をしても、経営改善に取り組まないと意味がない。問題を先送りして、金融機関が企業の不健全な未来を招くようなことがあっちゃいけない。円滑化法でモラトリアム(返済猶予)があったとしても、企業の改善にどれだけ真剣に取り組んできたか。それはいつの時代も変わらない話ですよ。


羽鳥兼市

水をたくさん飲んで走って、帰ってきてまた水を飲むと、汗がぶわっと噴き出てくる。そうすると悩みも一緒に噴き出て全部なくなる。


加瀬豊

新興国は札束で頬を叩きながらイニシアチブをとろうとする相手を全面的には信用しません。ですから、資源国も自分のところの権益は残し、そのうちの何割かを相手に買ってもらってパードナーシップを組もうとします。搾取ではなく、我々もそれに応えてその国と一緒に産業を育てていく。そのベースにある信頼感が、欧米諸国とは違う日本人の強みであり、日本企業に期待されていることだと思います。


塚本勲

昔、ある社員が米国で修理サービスの会社を立ち上げたいと言うのでやらせました。最初の3年は儲かりましたが、4年目と5年目に損を出して8000万円ほどの赤字がたまりました。その社員にリカバーできるかと聞いたところ、「いや、自信がありません」と言ってきました。そこで「もう、すぐやめようよ。今なら8000万円の損で済むんじゃないの」と、その会社を売却して撤退しました。単なる失敗話ではありません。その社員は米国で長期間滞在したことで現地の技術者と不自由なく話せるようになっていたのです。その後、技術統括の責任者として、新しい技術の動向をいち早く把握するなど活躍しました。


小田和正

お客さんを前にして演奏するのは、とても大事なことで。実際にみんなの顔を見ないと、ズレていってしまう部分もありますね。逆にお客さんが楽しんでくれて、嬉しそうにしている顔を見ると、「そんなに喜んでくれるなら、もう何でもやっちゃうから!」という気持ちにもなります。


本田直之

どんなに優秀な人間だって、スランプや失敗は永遠について回ります。これは天気と同じです。天気も、晴れの日ばかりが続くってことは、あり得ないですよね。だから大切なのは、雨が降ったからといって、そこでやる気を失わないことです。


糸井重里

心配性の僕は企画を成功させるに当たり、「こうはならないようにしようね」という考えをメンバーに伝えます。それは僕の経験則から出る言葉ですが、例えば、「うまけりゃうれるべ市。」では、「売ることが目的だけど、それを目的だと思いすぎてはいけない。おいしくなかったら売れないよということを、最初から分かっておかなければいけない」と乗組員に伝えました。


リスト・シラスマ

ノキアのアトム(原子)は全て変わったが、150年の歴史をもつ会社のスピリット(魂)は生き続けている。


中原淳

学校では、子供におもねり、玩具になってしまった教師は二度と教師に戻れません。最初の7日間で教師と子供の関係が決まるのです。会社でも最初の段階で部下から逆査定されていると思うべきでしょう。


石田衣良

常に何か面白いことはないかと考える、これをずっと続けていかないといけない。それが無意識のうちにできるようになると、アイデアを探そうとは考えなくなる。探そうと思っているうちは、なかなか見つからない。アイデアを探すことが習慣にならないといけない。


鍵山秀三郎

今の時代は、あまりにも結果を早急に求めすぎるためにテクニックに走り、じっくりと考える力や耐える力を養うことがおろそかになっています。人間として、一番大事な教育が欠落している。私には自分が根本から鍛えられる生き方をしない限り、自分の真の才能を見つけ出すことはできないのではないかと思えるのです。


江見朗

ショッピングセンターの中にサンドイッチ店を出店したのが当社の始まりです。最初の1年か1年半くらいは全く売り上げが伸びませんでした。このままでは赤字が積み重なるだけ。そう考えて、追い込まれた時に、お店で待っていても売れないのであれば、自分から外に出て売るしかないと考えたのです。そこでサンドイッチを台車に積んで、岐阜市内の商店街に売りに行きました。そうすると、飛ぶように売れていく。店の1日の売上分が、わずか2時間で売れていきました。