名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

加納裕三の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

加納裕三のプロフィール

加納裕三、かのう・ゆうぞう。日本のエンジニア、経営者。ビットコイン取引所などを展開する「bitFlyer」社長。東京大学大学院工学系研究科修了後、ゴールドマン・サックス証券を経て「bitFlyer」を設立。そのほか、日本ブロックチェーン協会代表理事を務めた。

加納裕三の名言 一覧

ベンチャーはお金も人もないところからスタートする。大事なのは情熱。


何かをやり遂げる時には理論ではなく、突き詰めて物事を考えて手を動かすことが何よりも大事。


アメリカ人は0から1を生むのが得意ですが、1を2や10にしていくのは日本人の得意領域。


世界から最高クラスの人材を集めなければ、いいものは生まれない。


「儲かる」、「すごい」といった抽象的なものではなく、数字で語り、定量的な評価ができることが重要。


単なるアイデアはすでに誰かが思いついている。それ以上に、期限通りに仕事を仕上げて納品する、やり遂げることが大事。


社内では大事な価値観として「PEN」という理念を掲げています。「P」は「Passion(情熱)」、「E」は「Execution(遂行)」、そして「N」は「Number(計数)」。


新たなテクノロジーは非難の対象になりやすいですが、逆に言えばそれだけ革新的だということ。よい部分を知っていただくように頑張っていきます。


仮想通貨は金(ゴールド)に似ているといわれます。金は国が保証しているわけではないし、何かの業績に連動しているわけでもない。人々の信用によって価値が動きます。それと同じだと思えば、イメージしやすいかと。


(大学院修了)当時は外資系の金融機関と戦略コンサルの人気が高かったんです。世界で活躍できるチャンスがあって、若い時期から責任のある仕事をやらせてもらえる点が魅力だった。私も外資系金融、特に投資銀行に可能性を感じて、ゴールドマン・サックスに行きました。


私は、新しいものを作って、それを評価していただくことに強い喜びを覚えます。当社は取引所のイメージも強いと思いますが、あくまでも「開発会社」です。新しいものを作りたい、ブロックチェーンという新しい技術を使って世の中を便利にしたいという思いがベースにあります。


新しいものが出てきたときに混乱が起きるのは仕方がないです。1970年代、各国の法定通貨に金の兌換(だかん)性がなくなったときも、「不兌換紙幣に価値があるのか」という議論か起きました。いまの仮想通貨への反応と同じです。でも、みんなが不兌換紙幣を使っているという事実を持って、いまは信用を獲得しています。ビットコインも、徐々にそのように変わっていけばいいなと。


当社は設立当初から「ビットコイン、ブロックチェーンは世界を変える」と考えていました。そこでブロックチェーンに関する基礎研究を行おうと考えましたが、収益がなければできません。そこで、仮想通貨の取引所を運営して収益を上げるとともに、ブロックチェーンの基礎研究を続けてきました。


新しいデータベースの仕組みに数字を書き込んで、「これはお金だ」といい続けたのがビットコイン。ただの文字データに価値があると考える人は少なかったので、最初は1ビットコイン1円ぐらいの価値しかありませんでした。でも、運営を続けていくうちに、「このシステムは落ちないしデータが消えない。すごいぞ」と知れ渡ってきて、本当にお金のような価値を持つようになってきたのです。


仮想通貨のビットコインに出合ったのは2010年でした。社内で話題になっていて、自分でも調べてみたところ、これは面白そうだなと。具体的には、社会システムとしての面白さ。非中央集権的な意思決定によって動く通貨というのは、これまでなかったですから。管理者がいないのです。それにもかかわらず、全体の意思決定や運用のプロセスが自動的に決まっていくのが斬新だなと。


独自に仮想通貨をやる企業が現れるのは、私たちにとってチャンスです。仮想通貨にはブロックチェーン技術が必要ですが、我々はその技術を提供できる。それが売り上げを伸ばすもう一つの方向性です。すでに3メガバンクの実証実験に我が社のブロックチェーン技術を提供しています。ブロックチェーンはデータベースの技術なので、仮想通貨以外にも活用できる。データの改ざんや消失はないので、年金のシステムに使えば「消えた年金問題」は起こりません。いま縦割りでバラバラで管理されている国のシステムを一元化するのにも最適です。


加納裕三の経歴・略歴

加納裕三、かのう・ゆうぞう。日本のエンジニア、経営者。ビットコイン取引所などを展開する「bitFlyer」社長。東京大学大学院工学系研究科修了後、ゴールドマン・サックス証券を経て「bitFlyer」を設立。そのほか、日本ブロックチェーン協会代表理事を務めた。

他の記事も読んでみる

高岡壮一郎

なにも子供のころから起業家を目指していたわけではありません。これからの時代は、高度成長期の成功法則を引きずった大企業にいるよりも、小さな組織の機動力を活かして様々な活動をした方が社会に大きな影響を与えられると思い、30歳になったのを機に「知恵の総合商社をつくる」という人生目標を設定しました。


武井俊文

企業に限らず、日本の組織は従来なら考えられなかったような不手際を何度も起こしています。個々人がルールを守るという当たり前のところから、仕事のやり方を考えてみる必要があるのかもしれません。


萩本欽一

世間の人から、「かわいそうな生い立ちね」と言われる人は、僕から言わせればすごくラッキー。こういう人は、自分の境遇を恨まず、ごく普通に生活を送っているだけで、必ず幸運がやってくる。その代わり、今目の前にある現実を嘆いたり、親を罵ったり、不平不満を言うたびに運はだんだんと消えていく。


糸井重里

心配性の僕は企画を成功させるに当たり、「こうはならないようにしようね」という考えをメンバーに伝えます。それは僕の経験則から出る言葉ですが、例えば、「うまけりゃうれるべ市。」では、「売ることが目的だけど、それを目的だと思いすぎてはいけない。おいしくなかったら売れないよということを、最初から分かっておかなければいけない」と乗組員に伝えました。


山田進太郎

勉強にスポーツ、同級生はとにかく優秀なやつばかり。大企業に入って出世する、医者になって成功するといった未来は早々に諦めた。そして、自分なりの「山」を探し、そこで頂点に立つことにした。

【覚え書き|中学生時代を振り返って】


山本俊之

犬の一層の小型化が進んでいることもあり、ペット市場は出荷量、出荷金額ともに下落しています。ただ、ペットのオーナーはより品質の高いペットフードを食べさせたいという思いが強く、当社の製品は高価格でありながら、ここ数年売上が伸びています。


マダム・ホー

お金を増やすコツは、信頼できる人とビジネスをすることでしょうか。私たち夫婦の投資パートナーは、夫の幼なじみである3人の男性です。「三つ子の魂百まで」ということわざがありますが、子供のときに嘘をつかなかった幼馴染みとは、大人になってからもお互いに信じあえる。だから重要な投資案件は彼らとしかやりません。


山田匡通

中国の市場は中国人に任せなくては駄目。今までのように日本人が主体となってやっていたのでは伸びない。日系の進出企業の需要だけをこなしているだけで、13億人の市場には入れない。


川俣喜昭

大きな組織だと、少しの力では物事は進まない。成功させるためには、どれだけ自分の思いを組織の他の人に理解させ、ベクトルを同じ方向に向けさせるかだ。


似鳥昭雄

かつて初任給増を止めたことがありましたが、すぐに失敗だったと痛感しました。やはり20代を底上げしていかないと、社員が会社の未来に希望を持てなくなるのです。


柴田励司

誰かが提示した情報を知ったり覚えたりすることは、本当の意味での勉強ではないと私は考えています。世の中に流通している情報のほとんどは、誰かが体験したり聞いたりしたことをまとめた二次情報にすぎません。二次情報には必ずその誰かの主観や意図が入り込んでいますから、それをいくら取得したところで、対象の本質を知ることにはならないのです。


永守重信

人間は3つのタイプに分かれていると思う。自分でマッチを擦って火をつけられる人。マッチは持っていないけれど、人が擦ったマッチで燃えられる人、マッチを擦られても燃えない人です。自分でマッチを持っていて自分で燃えることのできる人は100人中3人くらいしかいない。