名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

加納裕三の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

加納裕三のプロフィール

加納裕三、かのう・ゆうぞう。日本のエンジニア、経営者。ビットコイン取引所などを展開する「bitFlyer」社長。東京大学大学院工学系研究科修了後、ゴールドマン・サックス証券を経て「bitFlyer」を設立。そのほか、日本ブロックチェーン協会代表理事を務めた。

加納裕三の名言 一覧

ベンチャーはお金も人もないところからスタートする。大事なのは情熱。


何かをやり遂げる時には理論ではなく、突き詰めて物事を考えて手を動かすことが何よりも大事。


アメリカ人は0から1を生むのが得意ですが、1を2や10にしていくのは日本人の得意領域。


世界から最高クラスの人材を集めなければ、いいものは生まれない。


「儲かる」、「すごい」といった抽象的なものではなく、数字で語り、定量的な評価ができることが重要。


単なるアイデアはすでに誰かが思いついている。それ以上に、期限通りに仕事を仕上げて納品する、やり遂げることが大事。


社内では大事な価値観として「PEN」という理念を掲げています。「P」は「Passion(情熱)」、「E」は「Execution(遂行)」、そして「N」は「Number(計数)」。


新たなテクノロジーは非難の対象になりやすいですが、逆に言えばそれだけ革新的だということ。よい部分を知っていただくように頑張っていきます。


仮想通貨は金(ゴールド)に似ているといわれます。金は国が保証しているわけではないし、何かの業績に連動しているわけでもない。人々の信用によって価値が動きます。それと同じだと思えば、イメージしやすいかと。


(大学院修了)当時は外資系の金融機関と戦略コンサルの人気が高かったんです。世界で活躍できるチャンスがあって、若い時期から責任のある仕事をやらせてもらえる点が魅力だった。私も外資系金融、特に投資銀行に可能性を感じて、ゴールドマン・サックスに行きました。


私は、新しいものを作って、それを評価していただくことに強い喜びを覚えます。当社は取引所のイメージも強いと思いますが、あくまでも「開発会社」です。新しいものを作りたい、ブロックチェーンという新しい技術を使って世の中を便利にしたいという思いがベースにあります。


新しいものが出てきたときに混乱が起きるのは仕方がないです。1970年代、各国の法定通貨に金の兌換(だかん)性がなくなったときも、「不兌換紙幣に価値があるのか」という議論か起きました。いまの仮想通貨への反応と同じです。でも、みんなが不兌換紙幣を使っているという事実を持って、いまは信用を獲得しています。ビットコインも、徐々にそのように変わっていけばいいなと。


当社は設立当初から「ビットコイン、ブロックチェーンは世界を変える」と考えていました。そこでブロックチェーンに関する基礎研究を行おうと考えましたが、収益がなければできません。そこで、仮想通貨の取引所を運営して収益を上げるとともに、ブロックチェーンの基礎研究を続けてきました。


新しいデータベースの仕組みに数字を書き込んで、「これはお金だ」といい続けたのがビットコイン。ただの文字データに価値があると考える人は少なかったので、最初は1ビットコイン1円ぐらいの価値しかありませんでした。でも、運営を続けていくうちに、「このシステムは落ちないしデータが消えない。すごいぞ」と知れ渡ってきて、本当にお金のような価値を持つようになってきたのです。


仮想通貨のビットコインに出合ったのは2010年でした。社内で話題になっていて、自分でも調べてみたところ、これは面白そうだなと。具体的には、社会システムとしての面白さ。非中央集権的な意思決定によって動く通貨というのは、これまでなかったですから。管理者がいないのです。それにもかかわらず、全体の意思決定や運用のプロセスが自動的に決まっていくのが斬新だなと。


独自に仮想通貨をやる企業が現れるのは、私たちにとってチャンスです。仮想通貨にはブロックチェーン技術が必要ですが、我々はその技術を提供できる。それが売り上げを伸ばすもう一つの方向性です。すでに3メガバンクの実証実験に我が社のブロックチェーン技術を提供しています。ブロックチェーンはデータベースの技術なので、仮想通貨以外にも活用できる。データの改ざんや消失はないので、年金のシステムに使えば「消えた年金問題」は起こりません。いま縦割りでバラバラで管理されている国のシステムを一元化するのにも最適です。


加納裕三の経歴・略歴

加納裕三、かのう・ゆうぞう。日本のエンジニア、経営者。ビットコイン取引所などを展開する「bitFlyer」社長。東京大学大学院工学系研究科修了後、ゴールドマン・サックス証券を経て「bitFlyer」を設立。そのほか、日本ブロックチェーン協会代表理事を務めた。

他の記事も読んでみる

瀬戸欣哉

人は誰しも自分の属している組織に、ぼんやりとした愛情を抱いていると思うんです。普段は関心がないスポーツでも、日本人が金メダルを取ると喜びますよね。そういう愛情を本当に素直に出せる職場になったら、みんな会社のために頑張れるはず。


山極清子

指示を出すのが下手な上司が多い。経営側の意図を誤って伝えたり、まったく伝えずに「これ頼むね」と単なる作業として指示したり。部下が腐心して立てた企画書も、経営陣から「意図がまったく違う!」と突き返されて、また白紙からやり直しとなるわけです。


栗山英樹

ソフトバンクに11.5ゲーム差をつけられていた頃は、まだできるとも、もうダメだとも思わず、ただチームの力を信じて、本来のうちらしい野球をするためには、どうすればいいかを考えていました。チームの状態が上向いてからは、絶対に逆転優勝できると信じ、そのために足りないものはなんであり、どうやって埋めるかを考えました。そんな中から、抑え投手だった増井浩俊投手の先発転向の案も出てきました。まさに真に信じたからこそ、知恵を生むことができたわけです。


大塚辰男

社員に向けては、日曜日の夜が楽しみで、寝られないくらいの会社になれたらうれしいです。成長率としては年間6%くらいで安定して伸ばしていきたい。当社は離職率が1%台と業界平均に比べて非常に少なく、出戻り社員が多いのも特長です。当社は毎年のノルマはありますが、他社のように前年比10%増とか15%増といった厳しいものは課していません。利益は最低限の内部留保をしたら、後は社員に還元すると明確に規定しています。だから社員は賞与を3か月でも6か月でも自分たちが欲しいと思う金額を言っていいですよ、それに合わせて目標値も上げますよと明言しています。


船ヶ山哲

見込み客リストを集めるコツは、商品の先にある「願望」に対し集めていくことです。たとえば、あなたがエステを経営していたとします。エステには美容に興味・関心がある人が集まりますから、同様に美容に関連する場所に行けば、リストを手に入れることは簡単です。目の前にいる人と名刺交換すればいいだけです。ただ、このように言うと、「そんな時間もないし面倒だ」と言う人もいるかもしれません。だとしたら、美容好きが集まる場所に広告を出せばいいだけです。こんなに簡単なことはありませんし、結婚式に参加してくれる人を集めるよりビジネスは簡単です。なぜなら、お客には、そもそも願望がありますし、その願望にマッチしたリストを集めれば、あとは反応率で成約は決まるからです。


宮迫博之

後輩たちも山のようにいて、先がつつかえててね。首が痛くなるのもかわいそうなんで、進んで行ってあげないといけないんでしょうけど、思い通りにはいかないというか、僕らの先にいる先輩たちの壁も厚いですからね。バンバン引退してくれたらいいんですけど(笑)、全然やめへん。この間も、さんまさんとお仕事をご一緒させてもらいましたけど、やめる気配どころか、「そないまだ頑張るか!」いうぐらいはしゃいでましたよ。もう天才なんていうカテゴリーではすまない。ご本人にも何度もいうてますよ、「さんまさん、ホモサピエンスとしては、どっかおかしい。もう人としての枠組みには入れてません。明石家さんまという別の生命体としてとらえてます」って(笑)。さんまさんに対抗? とんでもない! でき得るはずもないし、僕は僕なりの梯子を登っていきます。


廣田康人(広田康人)

三菱商事関西支社長のとき、尾山基さんと知り合いました。そして、(アシックスの)社長をやってくれと頼まれたんです。冗談でしょ、と思いましたよ。自分なりに理由を整理すると、アシックスは変化を起こす新しいリーダーを求めていたのでしょう。急速に会社がグローバル化する一方で、業績は伸び悩み、マネジメントする人材も足りなかった。商社出身の私にとってもチャンスでした。


横田南嶺

私は仏教の経典の中でも『般若心経』に心をひかれます。『般若心経』は最初から最後まで全部が否定。すべてに「空」とか「無」という言葉をつけて否定します。否定して、ではどうすればいいのかというと、期待をしないのです。否定の先に何かあるだろうという期待さえもしない。


石田淳(コンサルタント)

部下に指示を出すコツは、行動分析学における「MORSの法則」を意識すること。具体的には、「数値化する」「誰が見てもその行動だとわかる」「誰が何をいつまでにやるかが明確にわかる」など。そのどれかを満たすよう、伝える言葉を具体化させるのです。


遠藤保仁

日本人は、上の人から「これをやりなさい」と指示を出されると、与えられた指示を忠実にこなそうとします。これは日本人の長所でもあるのですが、個性を殺してしまうことにもつながります。サッカーでは、それぞれが「個」を活かしたプレーができないと、局面を打開することができません。だから、あまりに細かい指示を出すのは、日本人選手に対してはマイナスではないかと考えます。


石田建昭

これからは、わくわくするような証券会社にしたい。


野口吉昭

私は新しいテーマに挑戦するとき、本を30冊は読むようにしています。良書の多くは、そこからキーワードをたくさん拾える本です。その場合も、自分にまだキーワードを読み取る力が身についていない可能性はあります。どうすれば最も大事な一冊を見つけることができるのか、結局、量をこなすことでしか質は高まらないのです。