名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

加留部淳の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

加留部淳のプロフィール

加留部淳、かるべ・じゅん。日本の経営者。「豊田通商」社長。神奈川県出身。横浜国立大学工学部卒業後、豊田通商に入社。取締役、常務執行役員などを経て社長に就任。

加留部淳の名言 一覧

大手商社が扱わないようなニッチな分野に強いのは豊通らしさ。


豊田通商らしさとは、現場で知恵を出して汗をかきながら、当社ならではの付加価値を提供すること。


「他商社がやっているからウチもやる」ということはしない。我々の知見が活かせる事業領域や地域において「豊田通商らしさ」を発揮して、新たな価値の創出を目指す。


トヨタのための商社にとどまっていたら強みである自動車も強くならないし、自動車生産の周辺ビジネスだけをしているようではグループの期待に応えられない。グループのビジネスにとどまらない役割を目指しています。


私は数字にこだわるつもりはありません。トヨタグループの「PDCAサイクル」のように、何をすべきか、その結果何が良くて何が悪かったのかをつかんで「カイゼン」する。数字を追うよりその過程を繰り返すことが、豊通をより強くする。


アフリカ大陸の人口は50年に25億人と倍増する。潜在マーケットが大きいことは間違いない。当社では「アフリカと一緒に、アフリカのために」という理念を掲げ、現地に深く根付きながら様々な事業を川下に広げ、アフリカの地域や人々とともに成長していくという長期的視野でビジネスに取り組んでいる。


両社の社員を融和させるため、お互いのよさを認め合うことを重視した。旧豊田通商出身者は、任された仕事をしっかりやる農耕民族型。旧トーメン出身者は、自ら商材を見つけ出して顧客を開拓する狩猟民族型だ。どちらの人材にも利点があるが、両者が学び合うなかで、両方のよさを持ち合わせたハイブリッド型も生まれている。
【覚え書き|トーメンとの合併について】


加留部淳の経歴・略歴

加留部淳、かるべ・じゅん。日本の経営者。「豊田通商」社長。神奈川県出身。横浜国立大学工学部卒業後、豊田通商に入社。取締役、常務執行役員などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

高田明(ジャパネットたかた)

ヨボヨボになる前に社員にいろいろなことを伝えていきたい。一番大事なのは、この会社が100年続くようにすることです。女房とよく話をするんですが、「我々の時代は今よりもよかった」と言うのではなく、30年後が一番よくなるようにしたい。


熊本昌弘

日本人は、情報に対する意識が乏しい気がします。技術情報を安易に海外に出し過ぎです。技術立国を目指さなければならない日本は、情報をもっと大切にすべきでしょう。


広中平祐

私自身、ベテランの仲間入りをして見えなくなったものがたくさんあるでしょう。肝に銘じているのは、後輩をディスカレッジ(意欲を削ぐことを)するようなベテランにはなるまいということです。「面白いじゃないか、やってみろよ」と言えるポジティブなベテランであり続けたいと思っています。


寺尾玄

自分自身、モノを選ぶときに考えるのは「これを買ったら人生がどう変わるか」「これはどんな人たちが、どんな思いでつくったのだろう」ということ。


金丸恭文

少し前までは、寄らば大樹の陰と考える人が大半でした。それがここにきて、起業を志す若い人が増え始めています。彼らは世界が大きく変わっていることを認識し、そこで自分の力を発揮したいと考えている。


林明文

「本来の適正な人件費はいくらなのか」「将来予測はどうなるのか」など、きちんとした指標や紙、形にして提示してはじめて人事の問題が何なのかが見えてきます。「なんとなく高齢化したね」という感覚ではなく、どれだけ高齢化したのかを定量的に把握することが大切です。


王貞治

いままでの僕の記録はみんな、耐えることで作られてきたんです。


堀之内九一郎

私は、困ったときには、動物としての本能に戻れとよく言います。自然の摂理に従えば、人間、少々のお金がなくても生きていけることがわかります。自然の摂理、つまり、本能に従って、自分にはどんなことがやれるだろうかと必死に考え、生きるためだけにやった経験は、多ければ多いほど、あなたにとっての糧になります


舩木真由美

楽天時代、産休・育休や時短勤務の制度が整っていたので、前の職場に比べると天国のような環境でしたが、その快適さが私には逆にストレスに。このままだと何も挑戦しない人になってしまうのではないかと危機感を抱くようになった。


北尾吉孝

衆知を集めることの重要性は、今さら言うまでもありませんが、現代社会においては、衆知を集めれば集めるほど、判断に迷いよく分からなくなるという危険がある。


高島英也(髙島英也)

今年の税制改正で麦芽比率の変更や副原料に果実が使用できるようになるなど、ビールの定義に変化があった。お客様にいろいろなおいしさを提案できるようになったというのは、日本のビール文化のこれからの発展にとって必ずプラスになってくると思う。このビールの再定義を、造り手側がどう活用して、いかにお客様の欲するものを造れるか、今後のビール業界の課題になってくる。


森本智子

いま担当している仕事に直結するわけではないのですが、私は北朝鮮やイラクなどの国際問題に興味があって、その関係の書物は片っ端から読んでいます。番組とは関係なく、国際情勢の専門家の方にお話を聞きに行くこともあります。でも、勉強するだけではオンリーワンにはなれません。たくさんの人にお会いしたり、映画やお芝居に積極的に触れたりすることで、感受性や洞察力を磨くことも大切にしています。