名言DB

9,528 人 / 112,482 名言

加瀨文惠(加瀬文恵)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

加瀨文惠(加瀬文恵)のプロフィール

加瀨文惠(加瀬文恵)、かせ・ふみえ。日本の経営者。名門クラブ「なつめ」オーナー・マダム。千葉県出身。19歳で「なつめ」をオープン。そのほか、日本料理店、スポーツクラブなどを経営した。

加瀨文惠(加瀬文恵)の名言 一覧

一流とは、長い年月をかけてお客さまに育てていただいて、やっと認められるもの。


加瀨文惠(加瀬文恵)の経歴・略歴

加瀨文惠(加瀬文恵)、かせ・ふみえ。日本の経営者。名門クラブ「なつめ」オーナー・マダム。千葉県出身。19歳で「なつめ」をオープン。そのほか、日本料理店、スポーツクラブなどを経営した。

他の記事も読んでみる

宗次徳二

大きな夢を持ってほしいけれど、それだけではなく、その夢につながる小さな目標の積み重ねを大事にしてほしい。


高井伸夫

上司が部下の不始末を詫びるときには、バランス感覚が求められます。社外的には礼を尽くして、また社内的には部下のやる気を削がず。このさじ加減が重要で、このふたつを上手に操ることができればマネジメント能力の高い人物といえます。


西山昭彦

できる上司に部下はついていきますが、単なるイエスマンでは部下の支持は得られません。部下がいる人は、勇気をもって会社や顧客の観点から上役に過ちを指摘することは重要なことなのです。


経沢香保子

最後の「買ってください」がいえない人が多いですね。自分の都合で「買って、買って」と迫るのは論外ですが、この商品やサービスを使ってもらえばお客さんは喜ぶはずと自信をもって勧めているのに、なんで「買って」というのを躊躇しなければならないのでしょうか。


孫潔(ジェーン・スン)

近年は、農村の生活を楽しむ「農家楽」がとても人気です。観光は、時間をそれほどかけることなく貧困地区を支える産業になり得ます。旅行者も、旅をしながらほかの人たちを助けることができるなら、旅をより一層楽しめるのではないでしょうか。


大谷芳弘(コンサルタント)

図を用いて、最初に自社の製品やサービスの魅力を自分で見つけてもらうことから始めています。私の図解の基本は、近江商人の三方良し。登場人物とその関係性を表した図を基本に、その企業(自治体)にっての、買い手、売り手、世間の関係を図にしていきます。図解することで、相手に伝えたい内容なのか自分の理解も深まります。


出井伸之

日本のいいところは、競争しながらも相手から学ぼうとする姿勢を忘れないところだと思います。競争にはルールが常に存在しています。どこかと戦略的に提携しようというのは強さを補完する意味を持たないことも多い。強ければ競争すればいいんです。


大塚寿

相づちでより強い同意を示したいときは、深くうなずいたり、ゆっくり目をつむったりしながら「おっしゃるとおりです」、話に食いつくときには「え、それ、すごいですね」「はあー、さすがですね」と言えば、単なる同意以上の感動や共感が相手にも伝わります。


永守重信

1人の天才より100人の凡才。当社にとって何より重要な柱は、社員が高い士気をもって仕事に取り組むこと。


バリ・パッダ

かつてレゴの創業者は、「レゴを破滅に導くのは、レゴ以外にない」という言葉を残している。こうした理念の大切さを、繰り返し社内に説いていく。


出口治明

事業は遊びではない。ビジネスです。どんなビジネスでも、徹底して事前調査をするのは当たり前のこと。


岩野達志

常にアンテナを張って情報を収集し、新しいことに挑戦するつもりです。そのためには、やはり多くの人に会ってその話から刺激を受けていかないと。