名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

加瀨文惠(加瀬文恵)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

加瀨文惠(加瀬文恵)のプロフィール

加瀨文惠(加瀬文恵)、かせ・ふみえ。日本の経営者。名門クラブ「なつめ」オーナー・マダム。千葉県出身。19歳で「なつめ」をオープン。そのほか、日本料理店、スポーツクラブなどを経営した。

加瀨文惠(加瀬文恵)の名言 一覧

一流とは、長い年月をかけてお客さまに育てていただいて、やっと認められるもの。


加瀨文惠(加瀬文恵)の経歴・略歴

加瀨文惠(加瀬文恵)、かせ・ふみえ。日本の経営者。名門クラブ「なつめ」オーナー・マダム。千葉県出身。19歳で「なつめ」をオープン。そのほか、日本料理店、スポーツクラブなどを経営した。

他の記事も読んでみる

長谷川和廣

管理職として成長していく人の条件をまとめれば、「部下に嫌われても、仕事に完璧を期す腹の座った人」です。


米山公啓

脳はひとつのことに長時間集中するのが苦手なので、別の作業に切り替えたり、息抜きをしたりと、緩急のリズムをつけていくことで高いパフォーマンスが発揮できるしくみになっています。


小林昇太郎(コンサルタント)

従来は、収益や売上が大きいほど、いい企業とされてきましたが、今後は従来のやり方では収益は上がりません。企業規模に関わらず、市場に真の豊かさや幸せを提供できる企業が伸びると思います。


ガリレオ・ガリレイ

書物よりも見たり聞いたりすること、地位よりも経験が第一の教育者だ。


宗岡正二

新日鉄も住友金属もそれぞれに伝統のある会社だから、仕事のやり方ひとつから違う。だからこそ、合併の大きな旗印は「ベスト・フォー・ザ・ニューカンパニー」なんです。それぞれの出身元にとって良いか悪いかという判断は一切やめましょうと。新会社にとってベストは何かを唯一の物差しにしましょうよということです。


君塚良一

「面白いこと」と「面白そうなこと」は違うということをわかっておいた方がいいです。「面白そうなこと」ってたくさんあるんですよ。でもそれはなかなか人には伝わらない。でも「面白いこと」というのは相手も本当に面白いなと思うことなんです。じゃあ、面白そうなことを面白くするにはどうしたらいいか、ひとつだけ方法があります。ベースとなるスタイルを、ベーシックなものから持ってくるんです。それは刑事ものだったり時代劇だったり、恋愛ものだったりホームドラマだったり、何でもいいんですが、面白そうなことが浮かんだら、一度そのスタイルに乗せてみる。それで自分の書きたいことが書けるかどうかやってみるんです。たとえば『ブレードランナー』という映画があります。荒廃した未来が舞台で、人間とロボットの存在とは何ぞやという哲学的な映画でもあります。でもあれをよく観ると、典型的な刑事もののスタイルなんです。刑事ものというベースに乗せているから、観ている方はそんなにヘコたれない。


冨安徳久

感謝の心を持って人生もビジネスもスタートしなければいけない。


小林弘幸

私もToDoリストだけでは仕事を確実に進めるためには不十分。私は、その日に片づけるべき書類を全部机に並べて、それを端から処理していき、帰るときには何もない状態にする、という「見える化」をしています。


浅野敏雄

コア技術を意識するとともに、今の製品にしがみついていたらいつかは事業も会社も衰退する危機感が、次を考える原動力になる。


ヴヤディン・ボシュコヴ

全ての試合は0-0から始まる。


志賀直哉

幸福というものは、受けるべきもので、求めるべき性質のものではない。求めて得られるものは幸福にあらずして快楽なり。


貴志祐介

(毎回トリックを考えるのは)もちろん苦労はありますよ。何と言っても焼き畑農業のようなものですから(笑)。とはいえ、書いていて楽しいのも事実です。多少は犯行の動機や犯人の人物像を掘り下げる部分もあるのですが、メインはやっぱりトリックです。トリックは出尽くしたと言われている昨今において、いかに新しいことをやっていくか。そこにチャレンジしています。