名言DB

9429 人 / 110879 名言

加瀨文惠(加瀬文恵)の名言

twitter Facebook はてブ

加瀨文惠(加瀬文恵)のプロフィール

加瀨文惠(加瀬文恵)、かせ・ふみえ。日本の経営者。名門クラブ「なつめ」オーナー・マダム。千葉県出身。19歳で「なつめ」をオープン。そのほか、日本料理店、スポーツクラブなどを経営した。

加瀨文惠(加瀬文恵)の名言 一覧

一流とは、長い年月をかけてお客さまに育てていただいて、やっと認められるもの。


加瀨文惠(加瀬文恵)の経歴・略歴

加瀨文惠(加瀬文恵)、かせ・ふみえ。日本の経営者。名門クラブ「なつめ」オーナー・マダム。千葉県出身。19歳で「なつめ」をオープン。そのほか、日本料理店、スポーツクラブなどを経営した。

他の記事も読んでみる

ウッドロウ・ウィルソン

次の心得を守れば、十中八九、誰でも成功する。自信を持つこと。そして、仕事に全力を尽くすことだ。


岩井俊憲

運のいい人は、とにかく行動する。運とはまさに人が運んでくるもの。閉じこもっていたら人とも出会わないし運も巡って来ない。踏み出す勇気と、ちょっとした行動が流れを変えていく。


常見陽平

自分の成果に対して、悲観や楽観ではなく、「客観」であたることが大切。ときには成果の出せないこともある。「そんなこともあるさ」と淡々と客観視できる人のほうが伸びる。


ケリー・マクゴニガル

結果的に悪いことをしてしまった人のほとんどは、よいことをしたいと思うところから始まっている。


山下孝一

経営本も読みましたが、自分が体験して初めて本に書いてあることが理解できる。経験しないうちは分かった気がするだけ。何の力にもならない。


渡辺淳一

どうせやるなら楽しんでやらなきゃつまんない。


白井一幸

ヘッドコーチを受けると決めた以上は、監督に忠誠を尽くさなければなりません。その忠誠とは、忌憚のない意見を具申し続けることです。そして、監督の決めたことは、たとえ自分の考えと違ったとしても100%遂行する。そうしたことを自分の中でルールとして決めました。そうでないと、一軍のヘッドコーチという難しい仕事は務まりません。


キケロ

時間が和らげてくれない悲しみなど存在しない。


佐藤正午

『Y』あたりから、ストーリー展開を気にするようになりました。その2年前に出した『取り扱い注意』という本が全然売れなくて、小説を書くのをやめようと思ったくらいショックだったんです。しかも、読んでくれた数少ないひとりの編集者には「これじゃ売れませんね」と言われて(笑)。自分では他の作品と同じくらい手をかけて世に送り出した作品ですし、今でもだめだと思っているわけではないんですが、売上に結びつかないのだから何か理由があるのだろう、このままではいけないんだろう、と考えを改めるきっかけになりました。具体的には、それまで誰にも相談せずにひとりで書きあげていたのをやめて、書きだす前の思いつき段階で、友人や編集者に意見を聞いてみるようになったんです。


小宮一慶

日本銀行は無料でメール配信をしている。日銀総裁が記者会見を行うと、すぐに質疑のほぼ全文が載る。これと新聞記事を読み比べると、各紙が総裁発言のどこを切り取ったかわかる。加工されていない情報を取れるのがネットの強みだ。