名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

加瀨文惠(加瀬文恵)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

加瀨文惠(加瀬文恵)のプロフィール

加瀨文惠(加瀬文恵)、かせ・ふみえ。日本の経営者。名門クラブ「なつめ」オーナー・マダム。千葉県出身。19歳で「なつめ」をオープン。そのほか、日本料理店、スポーツクラブなどを経営した。

加瀨文惠(加瀬文恵)の名言 一覧

一流とは、長い年月をかけてお客さまに育てていただいて、やっと認められるもの。


加瀨文惠(加瀬文恵)の経歴・略歴

加瀨文惠(加瀬文恵)、かせ・ふみえ。日本の経営者。名門クラブ「なつめ」オーナー・マダム。千葉県出身。19歳で「なつめ」をオープン。そのほか、日本料理店、スポーツクラブなどを経営した。

他の記事も読んでみる

川越達也

13年前、10席だけの小さい店を開いた当時は、僕はそれを喜ぶというよりは、悶々としていました。誤解を招くかもしれませんが「この場所にずっと居続けてはいけない」と思ったのです。決してそのときのお客様を軽視していたわけではありません。より多くの人の役に立ちたい、より広く世の中に貢献したい。そのためには、もっとスキルアップし、レベルアップしなければならない。その理想があったから、自分の現状に満足できなかったわけです。


孫正義

たとえばこれから宝島に行きます。その島で宝を掘り当てて一発当てたいと思っている時に何が一番欲しいか。僕なら地図とコンパスだけでいい。宝が隠されているところを記した地図とコンパスさえあれば三日とかからず宝を見つけて飢え死にする前に掘り当ててさっさと逃げます。情報の価値は万金に値する


齋藤孝(教育学者)

「考える」とは理性に徹することだ、という意識をもっと明確に持つほうがよいだろう。自己観照するにも、自分の心を抽象的に見つめてなんとなく「もの思う」のではなく、理性のもとにひたすら具体的に「考え抜く」のだ。理性という手綱で心の揺れをコントロールすることこそが考えることである。


山崎元

優秀な人が多く忙しい職場こそが、自分の将来の人材価値を上げる「いい職場」であるという面もある。勤め先が本当に「ブラック企業」なら早急に、逃げるなり戦うなりの行動を起こすべきだ。そうでないと判断する場合、慣れることがベストの選択ということもある。


松井正(経営者)

どんな逆境にあっても逃げないこと。それがトップのリーダーシップ。


田中稔一

競争優位なものをやっていく。乱戦市場の中で競争優位でないものをやっても仕方がない。


谷家衛

たった一度きりしかない人生なのだから、自分にしかできない挑戦をしてみないか。


ジェームズ・ダイソン

今回開発したコードレス掃除機に使うモーターの開発でも、もう数千回は失敗しましたね。


江上治

他人に伝わるには、話が抽象的ではなく具体的、つまり、いかに「固有名詞」や「数字」によって説明がなされているかどうかにかかっている。


高橋がなり

自分のことを「負け犬です」といえるヤツしか採用しない。ダメな人間だと気づいている人間に教えるほうが、それに気づいていない人間に教えるよりも話が早いし面白い。


佐野章二

私自身は、昔から管理するのもされるのも大嫌いで、会社では管理は極力しません。全員に失敗するチャンスと権利を渡しています。もちろん、何かあれば最後は私が責任を持ちます。


素野福次郎

家庭も学校も当てになりませんので、企業で教育をしなくてはね。企業は道場ですよ。
【覚書き|TDKが急成長していたころに成長の秘訣を問われた時の言葉。当時管理職の40%が他者からのヘッドハンティング組であったため、一致団結を図るため社員教育に力を入れていた】