加瀨文惠(加瀬文恵)の名言

加瀨文惠(加瀬文恵)のプロフィール

加瀨文惠(加瀬文恵)、かせ・ふみえ。日本の経営者。名門クラブ「なつめ」オーナー・マダム。千葉県出身。19歳で「なつめ」をオープン。そのほか、日本料理店、スポーツクラブなどを経営した。

加瀨文惠(加瀬文恵)の名言 一覧

一流とは、長い年月をかけてお客さまに育てていただいて、やっと認められるもの。


加瀨文惠(加瀬文恵)の経歴・略歴

加瀨文惠(加瀬文恵)、かせ・ふみえ。日本の経営者。名門クラブ「なつめ」オーナー・マダム。千葉県出身。19歳で「なつめ」をオープン。そのほか、日本料理店、スポーツクラブなどを経営した。

他の記事も読んでみる

安部修仁

なぜ吉野家を選択していただいているかというと、今までの吉野家の味、サービスの蓄積があるから。その期待を裏切ることは最もよくない。


永守重信

現在の日本の偏差値一辺倒の教育には問題がある。大学名やブランドなど関係ない。人は教育次第でいくらでも良くすることが出来る。


鈴木敏文

常に問題意識を持っていれば、大切な情報や必要な情報が頭の中に引っかかり、それをもとに意識を集中して仮説を立てていけば、ミスや失敗はかなり防げるはず。


泉谷直木

最終的に取引が成立するかどうかは、人間関係が築けるかどうかによるところが大きい。


喜多恒雄

日本の労働者人口が減少していく中で、選択肢は二つです。マーケットの縮小に合わせて会社を小さくするか、新たなマーケットを求めて外に出ていくか。国内シェア競争には限界があります。我々のコンテンツを読んでくれる人を求めて外へ進出することが必要になります。


蔵田理

お客様に満足してもらうために最も大切なことは、お客様を観察する「トンボの眼」と、お客様の声を聞き取る「ダンボの耳」を養い、サービスマインドを磨くことである。


金杉恭三

いきなり「何の保険が売れるのか」と考えず、人やお金が動く中でどのようなビジネスができるのか模索していく。


横山邦男

どんな産業でも、国際的に活躍している企業はまず母国市場で圧倒的に強い。


上條努

企業価値を上げ続けることが最大のポイント。


三浦展

私としては自由競争はいい、差が出るのも構わない、けれど次世代のことを考えると、階層の固定化は避けたいという思いはあります。だから、階層が固定化されていることすら気づかずに、自分らしさを追求するといっている人たちに、自分たちが置かれている状況に気づいてほしい。


前川孝雄

私はよく管理職を対象に研修を行いますが、そのたびに感じるのは、彼らが「話しかけられるのを待っている」ということです。プレイングマネジャーが増えている現在、多忙な上司は部下をよく知る時間の余裕を持てません。しかも、セクハラやパワハラなどが問題になることも多く、過剰に敏感になってしまい、うかつに部下に声をかけられず悩む上司も増えています。つまり話しかけてくれる部下は、上司にとってありがたい存在なのです。


菊入みゆき

ゴールまでが長い仕事なら、日々、やった作業を記録して達成感を得ることで、やる気を維持できます。


立川志の輔

プロゴルファーが、次のホールのことを考えてプレーし、ショットを打つのと同じです。独演会に来ていただいたお客様はとりあえずその日は終わるまで帰りません。ですから、喜んで次回に来ていただくよう努力して噺をすればいいのです。


法華津孝太

当社は漁業会社である。社員はホワイトカラーの意識を捨てて長ぐつをはいて魚臭くなって仕事をする心構えが必要である。ただしその際といえども紳士としての心がけを忘れてはならない。すなわち当社の社員はすべからく紳士たる魚屋になってほしい。
【覚書き|社長に就任したときのスピーチにて】


石井てる美

いまは英語を使った爆笑ネタをつくって海外進出を目指しています。マッキンゼーでたたき込まれた「仮説思考」を応用し、仮説が違うと思ったら書き換えればいいという考え方でいろんなことに挑戦します。


ページの先頭へ