名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

加瀬俊一の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

加瀬俊一のプロフィール

加瀬俊一、かせ・としかず。日本の外交官、外交評論家。明治生まれ。千葉県出身。東京商科大学本科(のちの一橋大学)在学中、高等外交官試験に合格。東京商科大学を中退し外務省に入省。アメリカのアマースト大学とハーバード大学大学院へ留学。外務大臣秘書官、通商局3課長、アメリカ局1課長、政務局6課長、大東亜大臣秘書官、政務局5課長、情報局第3部長・報道部長、東郷平八郎の通訳、駐英日本大使館一等書記官などを歴任。太平洋戦争後は日本の国連加盟に尽力し、国連大使を務めた。そのほか、初代駐ユーゴスラビア特命全権大使、鹿島出版会会長、京都外国語大学教授等、外務省顧問、内閣総理大臣顧問などを務めつつ、自身の体験を基礎に外交評論家として活動した。享年101歳

加瀬俊一の名言 一覧

「鼠穴(そけつ)をふさがず」という言葉があります。公式な交渉のときには、いつも自分の逃げ道を考えておく必要があるし、相手にも逃げ道をつくってやらないといけません。そうしないと「窮鼠猫を噛む」で、相手に恨みを残します。


加瀬俊一の経歴・略歴

加瀬俊一、かせ・としかず。日本の外交官、外交評論家。明治生まれ。千葉県出身。東京商科大学本科(のちの一橋大学)在学中、高等外交官試験に合格。東京商科大学を中退し外務省に入省。アメリカのアマースト大学とハーバード大学大学院へ留学。外務大臣秘書官、通商局3課長、アメリカ局1課長、政務局6課長、大東亜大臣秘書官、政務局5課長、情報局第3部長・報道部長、東郷平八郎の通訳、駐英日本大使館一等書記官などを歴任。太平洋戦争後は日本の国連加盟に尽力し、国連大使を務めた。そのほか、初代駐ユーゴスラビア特命全権大使、鹿島出版会会長、京都外国語大学教授等、外務省顧問、内閣総理大臣顧問などを務めつつ、自身の体験を基礎に外交評論家として活動した。享年101歳

他の記事も読んでみる

新田龍

製造業は基本的にBtoBのビジネスが多いため、業界関係者以外には名前が知られていませんが、転職におすすめな優良企業はたくさんあります。


遠藤拓郎

短時間睡眠を続けていると、眠くなることは当然あります。睡眠は食事と似たところがあって、空腹のほうがご飯を美味しく感じるように、少し睡眠不足のほうが上質で効率的な眠りになる。だから、移動の乗り物ではまず寝る。パソコンを開いて仕事を始めることはありません。何もしないで寝るほうが、眠気がとれて、疲労感も蓄積しません。目的地では、仕事のパフォーマンスが格段に上がります。


井上直樹(経営者)

海外と比べてわかることですが、日本の製造現場での管理能力や、自己マネジメント力は素晴らしい。おいそれと真似されるものではありません。


島田裕巳

人生には必ず何らかの条件がついてくる。枠がないということはない。その与えられた条件をどう活かすかによって、その次が決まってくる。


村田恒夫

アジア勢が力をつけているのは確かで、シェアも拡大しているので警戒すべきだと思っています。ですが、我々が高機能部品を矢継ぎ早に商品化しているので、すぐに追い付かれるとは考えていません。


箱田忠昭

多くの人は、好きな仕事、楽な仕事、円滑にできる仕事など、「好・楽・円」の仕事を優先し、難しい仕事は明日やります、来週やります、そのうちやりますと後回しにしてしまいます。私はこれを「そのうち病」と名付けました。これは時間管理の面からいって、最悪の行為ですね。


篠崎正芳

外国人と接する時は、「空気を読む」といったコミュニケーションではなく、「理解を深める」ためのコミュニケーションを心がける必要があります。「これぐらい言えば想像して分かるだろう」という、曖昧な伝え方は、「解釈の幅が広い」「言外に含まれる内容が多い」「抽象的」ということ。それでは、外国人に自分の気持ちや考えは伝えられません。あらゆる角度から様々な表現を使って伝えることが大事です。


藤原和博

教師に最後に残る役割は、「学ぶのが大好き」というオーラを出すこと。これはAIにはできない芸当だと思う。先生の学ぶのが大好きというオーラがあるから、子供たちも勉強が好きになったり、もっと知りたいと思ったりする。


吉井雄一

消費者の目線を常に大事にして、自分がいいと思うものなら、お客様も受け入れてくれるだろう。


岡村隆史

仕事で気をつけていること? 噛むから早口になったらあかん。ゆっくり大きな声で。若手みたいなことを心がけてますね。


山田武史(経営者)

近年はインターネットやSNSの普及によって、お客様の商品購入までの意思決定や購入方法も大きく変化しています。そこで当社ではお客様との双方同コミュニケーションを図れるよう、ホームページ、SNSの活用を強化しております。当社はあらゆる商品を、ペットとのコミュニケーションのきっかけをつくるツールだと考えており、今後はその有効な活用法などを動画も使って詳しく説明し、ペティオならではの提案を行っていく予定です。それが新しいペット文化を創造し、「ペットと人が幸せに暮らせる共生社会の創造」という我々の思いを実現することにもつながると考えています。


柳弘之

私たちは「感動創造企業でありたい」と30年言い続けています。その意味は、お客様の期待を超えるということです。