名言DB

9412 人 / 110637 名言

加瀬俊一の名言

twitter Facebook はてブ

加瀬俊一のプロフィール

加瀬俊一、かせ・としかず。日本の外交官、外交評論家。明治生まれ。千葉県出身。東京商科大学本科(のちの一橋大学)在学中、高等外交官試験に合格。東京商科大学を中退し外務省に入省。アメリカのアマースト大学とハーバード大学大学院へ留学。外務大臣秘書官、通商局3課長、アメリカ局1課長、政務局6課長、大東亜大臣秘書官、政務局5課長、情報局第3部長・報道部長、東郷平八郎の通訳、駐英日本大使館一等書記官などを歴任。太平洋戦争後は日本の国連加盟に尽力し、国連大使を務めた。そのほか、初代駐ユーゴスラビア特命全権大使、鹿島出版会会長、京都外国語大学教授等、外務省顧問、内閣総理大臣顧問などを務めつつ、自身の体験を基礎に外交評論家として活動した。享年101歳

加瀬俊一の名言 一覧

「鼠穴(そけつ)をふさがず」という言葉があります。公式な交渉のときには、いつも自分の逃げ道を考えておく必要があるし、相手にも逃げ道をつくってやらないといけません。そうしないと「窮鼠猫を噛む」で、相手に恨みを残します。


加瀬俊一の経歴・略歴

加瀬俊一、かせ・としかず。日本の外交官、外交評論家。明治生まれ。千葉県出身。東京商科大学本科(のちの一橋大学)在学中、高等外交官試験に合格。東京商科大学を中退し外務省に入省。アメリカのアマースト大学とハーバード大学大学院へ留学。外務大臣秘書官、通商局3課長、アメリカ局1課長、政務局6課長、大東亜大臣秘書官、政務局5課長、情報局第3部長・報道部長、東郷平八郎の通訳、駐英日本大使館一等書記官などを歴任。太平洋戦争後は日本の国連加盟に尽力し、国連大使を務めた。そのほか、初代駐ユーゴスラビア特命全権大使、鹿島出版会会長、京都外国語大学教授等、外務省顧問、内閣総理大臣顧問などを務めつつ、自身の体験を基礎に外交評論家として活動した。享年101歳

他の記事も読んでみる

田島弓子

協力を求めるなら、相手の立場や都合、相手にとってのメリットなどを踏まえ、それに沿った伝え方をしなくては結果につながりません。


ベガス味岡

通販マンになったばかりの頃は酷かったです。テレビ番組では緊張してろくに喋ることもできず、商品はたった3個しか売れなかった。借金と在庫の山を抱えて途方にくれました。そんな僕が変わるきっかけとなったのは、行きつけのオカマバー。「あんたね、テレビなんだから動かないと。それに真面目にやったって面白くないわよ。どうせ出るなら、出入り禁止になるくらいやっちゃいなさい」とママがアドバイスしてくれたんです。そこで、景気つけで本番前にビールを煽り、美白パックを塗ったまっ白な顔で収録スタジオへ。それで身振り手振りを大きくしてオカマ口調で毒舌を吐きまくっていたら、注文が殺到したんです。「これだ!」と思いましたね(笑)。商品が売れるのは、売り方だと気づいたんです。


大平正芳

本来、歴史というものは、最終的解決なるものはないのであって、暫定的解決を無限に続けていくのが歴史だと思うのであります。


池上彰

わかりやすく説明するには、まず身の回りの、そのことをよく知らない人に向かって説明してみなさい。


石破茂

上司が嫌なヤツだと思っても、自分に非があるかもしれない。いつか見返してやろうと一生懸命やっていれば、案外認めてもらえるもの。


ドナルド・トランプ

自分は運がいいと思い込むのは効くようだ。どうやらそうすると運に好かれるようになるらしい。


玄田有史

損得を計算して人脈を築くという行為は、ウィークタイズ(弱い結びつき)を築き、維持することと、全く似て非なる行為。


笹川祐子

一つ一つの問題に正面から向き合い、時には厳しい決断をして問題を解決していくことで、社長になる覚悟ができた。


ロバート・キヨサキ

より多くのお金を持っていれば、それだけ多くの選択肢が与えられる。


カーリー・フィオリーナ

チームに変化を起こすには、全員に賛成してもらう必要はない。過半数の賛成すら必要ではない。必要なのは、キーパーソンを動かすことだ。


富野由悠季

「興味のない本でも読まなければならないのですか」当たり前です!興味がないから本を読んで、興味がもてないなりに勉強をして知るという行為をしなくてはいけません。知らないことを学習することが、自分の得につながるのです。その得が、その先の人徳というところにまでつながっていくのです。


松川孝一

部下を教育して能力のある人材に育て上げれば、上司の仕事は楽になります。理想的なマネジメントスタイルは、極論すれば管理者側の仕事がなくなることなんです。部下に任せておくのは不安だと考えて、上司自身が仕事を抱え込んでしまったら、いくら時間があっても仕事は終わりません。


高田明(ジャパネットたかた)

真実を語る、誠実に伝えるなど、収録の中で大切にしていることは何点もあります。しかし一番大事なのは、お客様の目線で自分の心から思うことを伝えていくこと。


佐藤優

40代は男性にとって、とても大事な時期だと思います。人生の潮目が変わる時期とも言える。僕自身、鈴木宗男疑惑に連座して東京地検特捜部に逮捕されて、人生が180度変わったのが42歳。まさに厄年(笑)。肉体的にも精神的にも、そして自分を取り巻く環境も大きく変わった時期だと思います。


小倉昌男

嘘をついた管理職には降格などの罰を与えた。このころ、管理職の人事評価は人格を基準にすべきだと思うようになる。成果主義は考え方としては正しいが、測定が難しい。ある時期に上がった成果が、現任者の功績か、前任者の種まきによるものか、はっきり分けられないからだ。それなら誠実、部下の面倒見がいいといった人間性を重視した方がいい。