名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

加瀬俊一の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

加瀬俊一のプロフィール

加瀬俊一、かせ・としかず。日本の外交官、外交評論家。明治生まれ。千葉県出身。東京商科大学本科(のちの一橋大学)在学中、高等外交官試験に合格。東京商科大学を中退し外務省に入省。アメリカのアマースト大学とハーバード大学大学院へ留学。外務大臣秘書官、通商局3課長、アメリカ局1課長、政務局6課長、大東亜大臣秘書官、政務局5課長、情報局第3部長・報道部長、東郷平八郎の通訳、駐英日本大使館一等書記官などを歴任。太平洋戦争後は日本の国連加盟に尽力し、国連大使を務めた。そのほか、初代駐ユーゴスラビア特命全権大使、鹿島出版会会長、京都外国語大学教授等、外務省顧問、内閣総理大臣顧問などを務めつつ、自身の体験を基礎に外交評論家として活動した。享年101歳

加瀬俊一の名言 一覧

「鼠穴(そけつ)をふさがず」という言葉があります。公式な交渉のときには、いつも自分の逃げ道を考えておく必要があるし、相手にも逃げ道をつくってやらないといけません。そうしないと「窮鼠猫を噛む」で、相手に恨みを残します。


加瀬俊一の経歴・略歴

加瀬俊一、かせ・としかず。日本の外交官、外交評論家。明治生まれ。千葉県出身。東京商科大学本科(のちの一橋大学)在学中、高等外交官試験に合格。東京商科大学を中退し外務省に入省。アメリカのアマースト大学とハーバード大学大学院へ留学。外務大臣秘書官、通商局3課長、アメリカ局1課長、政務局6課長、大東亜大臣秘書官、政務局5課長、情報局第3部長・報道部長、東郷平八郎の通訳、駐英日本大使館一等書記官などを歴任。太平洋戦争後は日本の国連加盟に尽力し、国連大使を務めた。そのほか、初代駐ユーゴスラビア特命全権大使、鹿島出版会会長、京都外国語大学教授等、外務省顧問、内閣総理大臣顧問などを務めつつ、自身の体験を基礎に外交評論家として活動した。享年101歳

他の記事も読んでみる

塚越寛

お客様は会社を好きになれば、値段が高い、安いに関係なく、その会社の製品を買うようになる。だから会社のファンを増やそう。


西田一見

笑顔は成功のためのポイント。笑うと顔の表情筋によって脳に刺激が伝わり、プラス思考になる。


出井伸之

人の話を聞く姿勢がない人は、その先には進めません。生意気盛りの人にとって、おそらく耳に痛いことは聞き入れにくいものです。しかし、そうしたことを言ってくれる人がいるということは、とても重要なのです。


古川貞二郎

公平・公正の視点は人事でも重視しました。こまめに情報を上げに来てくれる人物はありがたい存在ですが、いくらか小さく見るように心がけ、見えにくいところで地道に実績を上げている人たちを評価するよう努めました。それにより組織が活性化し、信頼が深まる面もありました。


大橋光夫

営業をやっていた私は、お詫びなど日常茶飯事でした。会ったときは言い訳は一切しない。応接室で上座に通された時は仕方ないからそのまま座りますが、お茶は飲まない。相手が不在のまま待たされたら、許可を得て現場に行きます。40度を超える溶解炉の前で、作業中の鋳物業の経営者の脇に座り込み、じっと待ったこともあります。向こうからすれば、背広でクソ熱い現場まで来てくれたと胸に響くものがあったはずです。実際、そのあとで注文が二倍になりました。訪れて会ってくれなくても、毎日必ず立ち寄り、粘るしかありません。


アントニオ猪木

日本では、プロレス流に言うと北朝鮮が悪役、日本が善玉という構図が染みついています。常々私が言っていることは、日本の物差しだけで相手を測ってはいけないということ。「外交に勝利なし」という発想に立つ必要があります。


野村博(経営者)

当社を10年間率いた多田(正世)前社長と比べると、まだ影が少し薄いのは自覚していますが、私は私の色を出していくだけです。


石川康晴

歴史的にアパレル業界は、人材を軽視してきた背景があります。社員の働き方についても、従来のアパレルメーカーの常識を疑ってかかるようにしています。


横山信弘

決められない人と決められる人の最も大きな差は「決断する習慣があるかないか」です。「決められる人」は最初から決断力があるわけではなく、決断する練習を重ね、習慣化しているのです。


江上治

コミュニケーションとは恋愛のようなものです。口説くには、相手のことを事前にリサーチし、好みに合わせようとするでしょう。コミュニケーションも同じです。事前に相手の部下や関係者に取材して、相手の興味や心の状態を知ろうとする労を惜しまないことです。


嶋田毅

本当にフレームワークを“使える”レベルで身につけたいなら、「~の現状で、~したい場合はどうする?」といったケースを、数多くこなして、どこでどれを使うかの勘所をつかんでいくしかないでしょう。


飯田亮

ビジョンを提案するのが、政治家であれ、企業家であれ、最も大切な仕事。