名言DB

9419 人 / 110788 名言

加瀬俊一の名言

twitter Facebook はてブ

加瀬俊一のプロフィール

加瀬俊一、かせ・としかず。日本の外交官、外交評論家。明治生まれ。千葉県出身。東京商科大学本科(のちの一橋大学)在学中、高等外交官試験に合格。東京商科大学を中退し外務省に入省。アメリカのアマースト大学とハーバード大学大学院へ留学。外務大臣秘書官、通商局3課長、アメリカ局1課長、政務局6課長、大東亜大臣秘書官、政務局5課長、情報局第3部長・報道部長、東郷平八郎の通訳、駐英日本大使館一等書記官などを歴任。太平洋戦争後は日本の国連加盟に尽力し、国連大使を務めた。そのほか、初代駐ユーゴスラビア特命全権大使、鹿島出版会会長、京都外国語大学教授等、外務省顧問、内閣総理大臣顧問などを務めつつ、自身の体験を基礎に外交評論家として活動した。享年101歳

加瀬俊一の名言 一覧

「鼠穴(そけつ)をふさがず」という言葉があります。公式な交渉のときには、いつも自分の逃げ道を考えておく必要があるし、相手にも逃げ道をつくってやらないといけません。そうしないと「窮鼠猫を噛む」で、相手に恨みを残します。


加瀬俊一の経歴・略歴

加瀬俊一、かせ・としかず。日本の外交官、外交評論家。明治生まれ。千葉県出身。東京商科大学本科(のちの一橋大学)在学中、高等外交官試験に合格。東京商科大学を中退し外務省に入省。アメリカのアマースト大学とハーバード大学大学院へ留学。外務大臣秘書官、通商局3課長、アメリカ局1課長、政務局6課長、大東亜大臣秘書官、政務局5課長、情報局第3部長・報道部長、東郷平八郎の通訳、駐英日本大使館一等書記官などを歴任。太平洋戦争後は日本の国連加盟に尽力し、国連大使を務めた。そのほか、初代駐ユーゴスラビア特命全権大使、鹿島出版会会長、京都外国語大学教授等、外務省顧問、内閣総理大臣顧問などを務めつつ、自身の体験を基礎に外交評論家として活動した。享年101歳

他の記事も読んでみる

尾山基

帝人の役員の方があいさつに来られたときに、50歳以下で次のリーダーをつくるといいと言ったんです。エリートスクールをつくれと。僕は日商岩井時代、26歳と28歳のときに語学研修性としてドイツに行った経験がありますので、その意味はよく分かります。そこでよしと思いまして、25~29歳、30~36歳、37~46歳の3つのグループをつくって、昨年は経営やファイナンス、英語の教育を受けさせました。これが当社のエリートスクールです。


大竹美喜

アフラック設立当時、ガンに対するきちんとした備えはありませんでした。「ガンの治療に巨額の費用がかかって大変」という新聞の当初記事や、病院で面会した、ガンと必死に闘う患者さんやご家族の姿、ガンに苦労する人を目にするにつれ、「ガン患者を支える保険をつくろう」そんな決意が芽生えてきました。


津田秀樹

困った質問に対しては、困った顔をするだけで十分なコミュニケーションになります。感情もコミュニケーションですから、はっきりと困った顔をすることで、相手に悪意がない場合はやめてくれるはずです。


永守重信

大事なのは社員の意識だ。社員が「会社をもっと強くしよう」「もっと大きくしよう」と自ら意識を持つようになって初めて企業は強くなる。


藤沢晃治

段取り下手な人ほど、なるべく仕事を早く終えようと、ギリギリの日程を組みたがる傾向があるような気がします。しかし、これはNGです。予期せぬトラブルなどを想定し、ある程度の余裕(バッファ)をもたせたスケジュールを組むことが大切です。


吉井雄一

ファッションって、ある意味“上っ面”なビジネスなんですよ。だからこそ、そこに100%のスピリッツを注ぎ込まない限り、本当に薄っぺらなものになる。


小笹芳央

一番大切にしているのは、当社自体をモデルケースにしようということです。主張を述べるコンサルティング会社が自分の会社を棚あげしていては、信用が得られません。そうはなりたくないという強いこだわりを持っています。当社が21世紀型のモチベーションあふれる企業となり、社員達にとって本当に成長エンジンとなれるような組織のモデルケースでありたいと考えています。


奥田務

経営統合がうまくいくかどうかは、現場で働く人が賛同するかにかかっている。


児玉光雄

アップルやグーグルなど有名IT企業も次々マインドフルネストレーニングを取り入れています。「今」に集中するため、座禅を組んだり、自然に触れたりしてりラックスした状態になるのです。座禅を組まなくとも、誰でも訓練できます。食事はテレビやスマホを見ながらではなく、食べることのみに集中する。感覚を鋭敏にするために、散歩して鈴虫の鳴き声に耳を傾けるだけでも効果があります。


板倉広高

人のため、社会のためにならないと事業の永続性はない。