加瀬俊一の名言

加瀬俊一のプロフィール

加瀬俊一、かせ・としかず。日本の外交官、外交評論家。明治生まれ。千葉県出身。東京商科大学本科(のちの一橋大学)在学中、高等外交官試験に合格。東京商科大学を中退し外務省に入省。アメリカのアマースト大学とハーバード大学大学院へ留学。外務大臣秘書官、通商局3課長、アメリカ局1課長、政務局6課長、大東亜大臣秘書官、政務局5課長、情報局第3部長・報道部長、東郷平八郎の通訳、駐英日本大使館一等書記官などを歴任。太平洋戦争後は日本の国連加盟に尽力し、国連大使を務めた。そのほか、初代駐ユーゴスラビア特命全権大使、鹿島出版会会長、京都外国語大学教授等、外務省顧問、内閣総理大臣顧問などを務めつつ、自身の体験を基礎に外交評論家として活動した。享年101歳

加瀬俊一の名言 一覧

「鼠穴(そけつ)をふさがず」という言葉があります。公式な交渉のときには、いつも自分の逃げ道を考えておく必要があるし、相手にも逃げ道をつくってやらないといけません。そうしないと「窮鼠猫を噛む」で、相手に恨みを残します。


加瀬俊一の経歴・略歴

加瀬俊一、かせ・としかず。日本の外交官、外交評論家。明治生まれ。千葉県出身。東京商科大学本科(のちの一橋大学)在学中、高等外交官試験に合格。東京商科大学を中退し外務省に入省。アメリカのアマースト大学とハーバード大学大学院へ留学。外務大臣秘書官、通商局3課長、アメリカ局1課長、政務局6課長、大東亜大臣秘書官、政務局5課長、情報局第3部長・報道部長、東郷平八郎の通訳、駐英日本大使館一等書記官などを歴任。太平洋戦争後は日本の国連加盟に尽力し、国連大使を務めた。そのほか、初代駐ユーゴスラビア特命全権大使、鹿島出版会会長、京都外国語大学教授等、外務省顧問、内閣総理大臣顧問などを務めつつ、自身の体験を基礎に外交評論家として活動した。享年101歳

他の記事も読んでみる


栗山英樹

連覇というのは難しいですね。イメージが湧かないほど難しい。連覇しようと思ったら絶対に連覇できないというくらい、連覇は難しい。


川鍋一朗

タクシーはインフラですし、移動手段ですので、場面にフィットした使い方があるはず。ですから、その都度使っていただくように我々も仕組みを作っていかなければならない。


中嶋章義

トイレタリーをはじめとする私たちの商品は、パーティーやイベントなど特別な日に使われるものではなく、何でもない毎日の暮らしのためにあります。良質で安心できる商品を暮らしの中で提供していくことが当社の役目です。


塚本勲

昔、ある社員が米国で修理サービスの会社を立ち上げたいと言うのでやらせました。最初の3年は儲かりましたが、4年目と5年目に損を出して8000万円ほどの赤字がたまりました。その社員にリカバーできるかと聞いたところ、「いや、自信がありません」と言ってきました。そこで「もう、すぐやめようよ。今なら8000万円の損で済むんじゃないの」と、その会社を売却して撤退しました。単なる失敗話ではありません。その社員は米国で長期間滞在したことで現地の技術者と不自由なく話せるようになっていたのです。その後、技術統括の責任者として、新しい技術の動向をいち早く把握するなど活躍しました。


上田準二

会社とは同じ船に乗って、同じ方向を目指している仲間の集まりであり、その意味ではまさに「ファミリー」です。だとしたら、相手を否定するよりも、できるだけ職場を盛り上げて楽しくやらねば損だと思います。


宮内義彦

バッドリスクはギャンブル。グッドリスクは、専門知識としっかりした財務基盤を持った上で新しいことにチャレンジするという、極めて当たり前の話。


世良公則

ロックが若い人の音楽だったのは昔の話。でも、それをいまだに引きずる感じもありますね。せっかくロックに世代が関係ない時代になったのに、なんで世代で分けちゃうのかと思う。


ページの先頭へ