名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

加治敬通の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

加治敬通のプロフィール

加治敬通、かじ・のりゆき。日本の経営者。北九州を拠点とするスーパーマーケット「ハローデイ」社長。福岡県出身。駒澤大学経営学部経営学科卒業後、ハローデイに入社。サービスセンター商品部長、代表取締役専務営業本部長、代表取締役専務開発本部長、代表取締役副社長などを経て社長に就任。様々な施策を行い倒産寸前だった同社を再建した。

加治敬通の名言 一覧

同じことをしていたら会社は潰れる。


「寝ても醒めても新たな試み」を20年かけ、今回の改装で121回やり続けてきたことの成果です。
【覚書き|「どうしたらこんな店ができるのか」という質問に対しての返答】


従業員が楽しく働いているお店は、お客さんも楽しいのです。私がずっとやってきたのは、いかにして従業員が楽しく働ける仕組みをつくるか、そして究極的には「働きたい会社日本一」にするということ。それが結果的に、食が楽しいものになることにつながっていく――そう信じて、ハローデイの店舗を「アミューズメント・フードホール」と呼んでいるのです。


仕事で何が一番面白いかといえば、自分が考え、思ったことが表現できること。決められたことを、効率を上げてやるだけの仕事は、面白くないと思います。


入社以来、私は自分の中で、なぜこの会社は潰れかかったのかをずっと考えていました。たどり着いた答えは、売場が10年前とほとんど変わっていなかったということでした。同じことばかりしていたら、お客様を喜ばせることはできません。やはり、ダイナミックに売場が変わっていくから売上が増えていくのです。


価格競争も多少は大切ですが、それよりも今までにない新しい業態をつくり出すことができるようなプラスアルファの商売をしていく必要があります。お客様の喜ばせ方や感動のさせ方について、「あのときハローデイがスーパーマーケット業界に新たな歴史をつくった」と言われるような仕事ができたら、格好いいではないですか。


よく「組織の末端」という言い方がされますが、私はパートナー社員(パート・アルバイト社員)のことをそうは思っていません。彼らは「現場の最先端」にいる社員なのです。


売上向上をめざす競争という意味では同じです。でもその動機が、会社のためなのか、それとも彼女たちに「本当は面白くないかもしれない日々の仕事」を楽しんでもらいたいと思ってやるのか、そこで大きく違ってくるのです。


私が今あるのは、経営危機当時の社員やパートのみんなに助けてもらったからこそ。だからパートに対しては、「面白くないかもしれない仕事を、どうしたら楽しくしてもらえるか」を常に念頭に置いています。それが私の一番の恩返しだと思いますから。


加治敬通の経歴・略歴

加治敬通、かじ・のりゆき。日本の経営者。北九州を拠点とするスーパーマーケット「ハローデイ」社長。福岡県出身。駒澤大学経営学部経営学科卒業後、ハローデイに入社。サービスセンター商品部長、代表取締役専務営業本部長、代表取締役専務開発本部長、代表取締役副社長などを経て社長に就任。様々な施策を行い倒産寸前だった同社を再建した。

他の記事も読んでみる

白石康次郎

海に出れば、船が壊れそうな嵐や、まったく風の吹かない日があるのは当たり前で、どちらも避けることはできません。しかし、これまで収まらない嵐はなかったし、風の吹かない日もありませんでした。つらいときは、この言葉を思い出してください。


辻野福三郎・4代目(辻野佳秀)

BtoCを始めて、お客様と直接会話ができるようになった。ハウスメーカーや工務店や不動産会社の下請けの場合は、とにかく安い畳を入れてくれればいいというのが基本でした。直接販売できめ細かくて美しく、強く、色艶がいい高級畳を販売できるようになった。畳のある暮らしのよさを提案できるようになってきたんです。


奥野宣之

仕事で行き詰まったとき、ノートをペラペラめくっていると、過去の記録がアイデアの源泉になる場合もある。


海老原嗣生

昔のように敷かれたレールに乗っていれば誰でも管理職になれるほど会社に余裕はありません。だから自ら動く必然性が高まっている。


佐々木正悟

やる気は自分でコントロールできるもの。生活習慣や環境づくり、運動で気持ちの波はいくらでもコントロールできる。


清水勝彦

日本企業では何かをやるとき、プラス面よりもマイナス面を見てしまいます。明らかにプラス面が多い、あるいはそうしなくてはならないときでもマイナス面に過敏になる傾向がある。リーダー育成にしても、「リーダー候補に選ばれなかった人をどうするのか」とか、「全体のモチベーションが下がってしまう」というマイナス面を考えて、リーダー育成がやれなくなってしまう企業が多いと思います。


林下清志(ビッグダディ)

夫婦生活で一番大事なのはお互いを尊敬、リスペクトする気持ちです。そういう気持ちがない人に限って、力関係がどうのこうのって言っちゃう。例えば女房に対して偉そうな態度を取っていても、きちんと信頼して、お金のことには一切口を出さずに、家のことはすべて任せていたり、女房が家をちゃんと守ってくれてるから、俺はとにかく仕事に専念できるっていう感謝があれば、力関係なんてことを気にする必要はないはずなんです。夫婦間にそういうものがないから、それを力関係で表現しようとしてしまう。


幸田真音

数々の修羅場を乗り越えてきたからこそ強さがある。挫折したからこそ、優しくなれる。こうした人生の機微を大切に書いていくのが小説だと思う。


吉田たかよし

企画書とかプレゼンの作成ならタイトル、名前、思いついた項目など、とりあえず書けるところは何でも書いてしまう。そうすると何もない状態でいちから考えるよりもはるかに整理しやすい。脳も半分できたような気になって安心する。するとより創造力が高まるのです。


柳井正

つらい時こそ経営者は誇大妄想狂になるべきです。トップが夢を実現しようといわない限り、社員は信用しない。


田中和彦

会議というと、無条件に1時間を確保する人が多いようです。しかし、本当に1時間も必要でしょうか。会議は連絡やアイデア出しなど、目的に応じて設計するべきであり、ふさわしい時間もそれによって変わります。


松井道夫

実質もう四半世紀も社長をやっていますが、まだまだひよっ子だなと思っています。成功など数えるほどしかなく、無数の失敗をしていますからね。