名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

加治敬通の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

加治敬通のプロフィール

加治敬通、かじ・のりゆき。日本の経営者。北九州を拠点とするスーパーマーケット「ハローデイ」社長。福岡県出身。駒澤大学経営学部経営学科卒業後、ハローデイに入社。サービスセンター商品部長、代表取締役専務営業本部長、代表取締役専務開発本部長、代表取締役副社長などを経て社長に就任。様々な施策を行い倒産寸前だった同社を再建した。

加治敬通の名言 一覧

同じことをしていたら会社は潰れる。


「寝ても醒めても新たな試み」を20年かけ、今回の改装で121回やり続けてきたことの成果です。
【覚書き|「どうしたらこんな店ができるのか」という質問に対しての返答】


従業員が楽しく働いているお店は、お客さんも楽しいのです。私がずっとやってきたのは、いかにして従業員が楽しく働ける仕組みをつくるか、そして究極的には「働きたい会社日本一」にするということ。それが結果的に、食が楽しいものになることにつながっていく――そう信じて、ハローデイの店舗を「アミューズメント・フードホール」と呼んでいるのです。


仕事で何が一番面白いかといえば、自分が考え、思ったことが表現できること。決められたことを、効率を上げてやるだけの仕事は、面白くないと思います。


入社以来、私は自分の中で、なぜこの会社は潰れかかったのかをずっと考えていました。たどり着いた答えは、売場が10年前とほとんど変わっていなかったということでした。同じことばかりしていたら、お客様を喜ばせることはできません。やはり、ダイナミックに売場が変わっていくから売上が増えていくのです。


価格競争も多少は大切ですが、それよりも今までにない新しい業態をつくり出すことができるようなプラスアルファの商売をしていく必要があります。お客様の喜ばせ方や感動のさせ方について、「あのときハローデイがスーパーマーケット業界に新たな歴史をつくった」と言われるような仕事ができたら、格好いいではないですか。


よく「組織の末端」という言い方がされますが、私はパートナー社員(パート・アルバイト社員)のことをそうは思っていません。彼らは「現場の最先端」にいる社員なのです。


売上向上をめざす競争という意味では同じです。でもその動機が、会社のためなのか、それとも彼女たちに「本当は面白くないかもしれない日々の仕事」を楽しんでもらいたいと思ってやるのか、そこで大きく違ってくるのです。


私が今あるのは、経営危機当時の社員やパートのみんなに助けてもらったからこそ。だからパートに対しては、「面白くないかもしれない仕事を、どうしたら楽しくしてもらえるか」を常に念頭に置いています。それが私の一番の恩返しだと思いますから。


加治敬通の経歴・略歴

加治敬通、かじ・のりゆき。日本の経営者。北九州を拠点とするスーパーマーケット「ハローデイ」社長。福岡県出身。駒澤大学経営学部経営学科卒業後、ハローデイに入社。サービスセンター商品部長、代表取締役専務営業本部長、代表取締役専務開発本部長、代表取締役副社長などを経て社長に就任。様々な施策を行い倒産寸前だった同社を再建した。

他の記事も読んでみる

佐藤優

いろんなことにビビっちゃう人は、「自分はなぜビビるのか」を分析するだけでも変わってくるはず。現実から目をそらし逃げるのが一番良くない。


岩瀬大輔

ものごとが上手く進んでいるときは、いつか転げ落ちることだってあります。逆に大変なときは、この苦労がいつか自分の力になって返ってくると思えばいいのです。以前、上司に「失意泰然、得意淡然(失意のときには泰然と構え焦らず、上手くいっているときは淡々と構え驕らない)」と教えられました。私自身、失意のときこそ慌てずどっしりと構え、上手くいっているときは調子に乗らず、謙虚に努力したいと思っています。


塚越寛

「成功とは何か」とのことですが、私は企業経営において「成功」などというものは、本来的にはないと考えています。すべての会社は遅かれ早かれ、いずれは倒産するものだと思います。極論かもしれませんが、その意味では「すべての企業経営は失敗につながっている」とさえ言えるでしょう。


高崎充弘

肩の力を抜いてリラックスしているときに、いいアイデアが降りてくる。


山下孝一

好転したのは起業から10年経った頃です。それまでは「俺が社員の給料を払っている」くらいに思っていたのですが、むしろ「社長が社員から給料をもらっているのだ」と気付きました。それ以来、私の経営の目的は「社員を幸せにすること」に変わったのです。すると、社員が驚くほど仕事に励んでくれて、お客様からの評判も良くなりました。


高橋宏(経営者)

このごろ「小欲知足」ということをよく考えます。釈尊の言葉です。欲を少なくして足るを知るのが、幸福の要諦だと考えています。朝の充実感に身を浸していると、この言葉が浮かんでくるんです。そして、間違った道に踏み込まないでよかった、そうでなければこの充足は得られていなかっただろうなと思います。


下野紘

僕自身、いまに至るまでいろんな苦労や悩みがあったんです。それこそ思春期の頃なんていつも漠然とした不安がつきまとっていたし、声優になってからも自分とほかの人を比べ、嫉妬に駆られたりして。でも壁にぶつかったことのない人なんていないし、自分の見方を変えるだけで世界はどんどん広がっていく。


久夛良木健

昔のソニーはその製品を使ってどんな体験ができるかということを提示するのが上手でした。「ウォークマン」は、どこにいても自分の世界が常に音楽に包まれているという、それ以前にはなかった体験をユーザーに提供したのです。


綾辻行人

僕がホラーを書く時に大切にしているのも、やっぱり子供の頃の原体験、原風景なんです。当時自分は何が怖かったのか、それを探りながら書くことが多いです。今の現実として怖いものというと病気や災害になるけれど、それを書いちゃうと切実すぎるし(笑)。懐かしい気がするのは、そのせいかもしれないですね。


富田純正

当社は「待ちの商売」ではなく、外へ出て行く「攻め」の商売。


いっこく堂

腹話術は本当に奥が深く、面白い。自分にしかできない芸にはやりがいを感じるし、つらくても頑張って芸を進化させることが楽しいのです。


広津崇亮

線虫の嗅覚を実用的なものに利用できないかと考えたのは5年ほど前。ちょうど研究室を持ったときだったので、運営費を稼がなきゃいけなかった。そこでがん探知犬を思い出したのです。犬の嗅覚が優れているのはみなさんご存知のとおりですが、その研究のなかで、がんには特有の匂いがあることがわかってきていた。ただ、犬を使うには動物愛護の観点や個体差の問題からなかなか使いづらい。だったら線虫がぴったりじゃないかと。大量につくれますし、限りなくデジタルに近いから個体差もないですから。