名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

加治幸夫の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

加治幸夫のプロフィール

加治幸夫、かじ・ゆきお。日本の経営者。「焼肉きんぐ」などを展開する「物語コーポレーション」社長。東京都出身。高校卒業後、コックドール、中島コーポレーション、WDI、グリーンハウスフーズなどを経て物語コーポレーションに入社。執行役員などを経て社長に就任。

加治幸夫の名言 一覧

当社は常に好調が続く業態を持つことで、錆び付いてきた業態は一時、改良をするというサイクルで好循環を生み出している。


お店は何もしなければ必ず寿命が来ます。そうならないためには、業態の鮮度を上げ続けると共に、お客様に忘れさせない、飽きさせない仕掛けが必要。


生産性の向上や顧客満足の向上は従業員満足度の向上なしにはあり得ません。当社は家族的な組織づくりを進め、必ず長期休暇をとるように推進しています。当社の離職率は業界平均の3割よりも遥かに低い1割です。


加治幸夫の経歴・略歴

加治幸夫、かじ・ゆきお。日本の経営者。「焼肉きんぐ」などを展開する「物語コーポレーション」社長。東京都出身。高校卒業後、コックドール、中島コーポレーション、WDI、グリーンハウスフーズなどを経て物語コーポレーションに入社。執行役員などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

施崇棠(ジョニー・シー)

ソフトの開発過程で、この技術がなぜ大事なのか、ハードにどんな利点をもたらすのか理解していなければいい製品は生み出せない。エンジニアには、このことを忘れないよう口酸っぱく言っています。


松本光一(経営者)

何の成果も出してないのは、何もしてないのと一緒。


デイヴィッド・エプスタイン

以前、日本の相撲稽古を取材したことがある。そこでは、古くからの方法を皆が同じように行っていたが、これは間違っている。もし本当に各関取の性質を生かすのであれば、遺伝子検査に基づいた個人別のトレーニングを行うほうがずっと確実に横綱を輩出できる。瞬発力のある速筋繊維をもつ関取と遅筋繊維をもつ関取に対して、同じトレーニングを課すのは、時間の無駄だ。


内沼晋太郎

本棚に収まりきらない本は、思いきって処分するのもよいでしょう。今後も読むことがあるかもしれないと思うものは、私の場合は、スキャンして電子データとして持っておくことにしています。


上條淳士

一番気をつけたことは、雰囲気で描かないということです。キャラが持つギターやスタジオの様子など、とにかくディテールを細かく描いていって、実際に存在しているくらいまで持っていくことで、ようやく読者は「○○っぽいバンドの音」というふうに自分の頭の中で置き換えてくれる。むしろ読者のイメージに委ねるような感じで描いていきましたね。


森信親

どの業界でも、顧客ニーズに合った良い商品やサービスを提供している会社が伸びると思います。レストランも美味しい料理を適正な価格で出すところが繁盛するはずで、金融も全く同じだと思います。


嶋浩一郎

新しい商品をつくるために、アンケートをとることがあります。そのこと自体は何も問題ありません。短時間で多くの人の声を収集できるメリットがあります。ただその半面、落とし穴もあります。一般の人から寄せられるアンケートの回答は、すでにある商品やサービスに関することがほとんど。顕在化したものしか出てきません。企画・調査する側の狙いはまだ世の中では言語化されていないけれど、ユーザーが潜在的に欲しいモノ&サービスを何とかつきとめたいということ。ネットの情報だけでは、ジャンプカのある発想をするのは難しいのです。


松橋良紀

どんなビジネスも最初は苦労があります。肝心なのは、その我慢がいつ終わるのか、我慢の先にどんなビジョンがあるのか。人間はいつ終わるかわからない苦労には耐えられません。


木暮太一

私の知人は、就職して以来ずっと人事部にいることを「何の特技もない」と嘆いていました。でも私からしたら、それは宝の山。そのノウハウがあれば、採用活動や社員教育に関するコンサルタントとして重用したい会社が必ずあるはず。


馬渡晃

経営理念は、失敗して弱気になったとき、いままでのやり方が間違っていたのかなと迷ったときの「道しるべ」になります。また、それを従業員や家族と共有しておけば、ひとりで悩みを抱え込まず、アドバイスや意見を求めることもできるでしょう。起業には、周囲の家族の理解と支えが必要不可欠です。


高橋克徳

「感情日記」を書くことで、素直な感情を取り戻すことができます。感情日記とは「仕事が遅いと言われ、ムカついた(雨)」などと、今日の印象的な出来事と共に、感情を天気で書く日記。1か月後に見返すと、自分を客観視でき、冷静な心を取り戻せます。また楽しかった日のことを振り返ることで、自分の気持ちを盛り上げる方法論もわかってきますよ。


田崎太郎(経営者)

社員たちには、なるべく多くのチャンスを与えるように心がけています。例えばリーダーなどの役職に抜擢したり、事業へのアイデアがあれば実践させてみたり。挑戦することが、彼らを一流のビジネスパーソンへと育てていきます。