加島禎二(加島禎二)の名言

加島禎二(加島禎二)のプロフィール

加島禎二、加島禎二、かしま・ていじ。日本の経営者、コンサルタント。「セルム」社長。上智大学卒業後、リクルート映像を経て株式会社セルムへ入社。取締役企画本部長、常務取締役関西支社長などを経て社長に就任。

加島禎二(加島禎二)の名言 一覧

経験を積むには時間がかかる。だから有望な人材を若いうちから発掘し、チャレンジングな経験を積ませる必要がある。


実際にやってみると、競合他社の優れた点はおろか、自社の優位性も言葉にできない人が圧倒的に多い。


全否定すると周りがひいてしまうので、うまく部分否定をしながら意見を言えるようになると、目立つ存在として周囲が認めてくれるようになります。


問題意識を持つこと、理想を持つこと、現状否定を恐れないことが、リーダー候補の条件。


トップや旗振り役の部長は、現況を変えようと頑張る部下を徹底的に援護することが肝心だ。


改革の中心的役割を果たすべきは、部長クラスの管理職。この部を変えたいと本気で思う部長が不文律解消に取り組むのが一番の近道だ。反対に部長が「うちの会社は女性活用なんてできないんだよ」などと不文律を肯定したり、改革に白けた態度を取っていては何も変わらない。


具体的に不文律を消していくプロセスにおいては、不文律を別のルールに変えたり、研修を行う必要性が出てくる。ルール化と研修による意識改革は不文律をなくすための王道だ。ただしこれは漢方薬のように、ある程度、時間のかかる方法である。


従来の経営や事業の方向性を変えようとすると、たちまち不文律が顔をのぞかせ邪魔をしようとする。では、変化の障害となる不文律に対してどう対処すればよいのか。まず組織の中にどんな不文律が存在しているのかを洗い出す。会社や部門の不文律をみんなで徹底的に出し合ってみるのだ。次にそれらの不文律の中からどれにフォーカスするかを決め、解決する。絞り方のポイントは自分たちの部門の競争力を決定づけている活動だ。


不文律がすべて悪いとは言い切れない。普段は無害のものもあるし、むしろプラスに作用することもある。例えば、ソリューション営業を喧伝する営業組織で「足で稼いで数字を出した者が偉い」という不文律があったとしよう。足で稼ぐ営業がモノをいう商品もそれなりに主力であるような場合は、この不文律はプラスに働くだろう。しかし、何かを変えようとするとき、不文律は急に壁となって立ちはだかる。


不文律を変えようとすれば抵抗勢力は生じるもの。一番やっかいなのは抵抗勢力が自分は正しいと思い込んでいるときだ。こういった社員は長年、不文律と表裏一体で過ごしてきたため、不文律を客観視することもないし、悪いと思いもしない。この手の人に対しては目線をぐっと上げて環境分析の議論をやらなければいけない。部署が置かれた環境や戦略、どこで勝とうとしているのかを議論し、不文律という色眼鏡を外させるのだ。


部長になれる人は相当なエリートだ。複数の部門で実績を積み、経営的な視点を有していたりする。こういう人はともすれば背景を考えずにいきなり変革の理想を掲げてしまう。周りはなぜ変えなければいけないのか腑に落ちず、現場の理解が得られない状況が生まれてしまう嫌いがある。まず部長が不文律がどんなルールや条件、基準の上に成り立っているのかを把握しなければいけない。結局、不文律は人が生み出しているので、部の中にどんな人がいて、何を考え、何をしているのかを捉える必要がある。これをすっ飛ばしてアジェンダ(予定表)を設定し合宿などを始めてしまうと挫折する。


加島禎二(加島禎二)の経歴・略歴

加島禎二、加島禎二、かしま・ていじ。日本の経営者、コンサルタント。「セルム」社長。上智大学卒業後、リクルート映像を経て株式会社セルムへ入社。取締役企画本部長、常務取締役関西支社長などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

松田充弘(マツダミヒロ)

相手との共通点が多いほど親密になれます。まず趣味や出身地、好きな食べ物など共通点を見つけることが大切。親密になる質問のポイントはできるだけ抽象的な話題から入ること。


原谷隆史

ストレッサー(ストレスの要因)としては従来、仕事の量、質、職場の人間関係が三大要素といわれていましたが、最近は会社の将来性がストレスのトップになっています。


柳沢慎吾

初めての収入はエキストラ出演のギャラ。すっごい安かったけどね。そのときの給料明細は、いまでも実家のお母ちゃんが持ってるんですよ。


山口悟郎

私は営業の秘訣を「相手が買わない理由をなくすこと」だと考えている。買ってくれない理由をひとつひとつ潰していく。そして最終的に部品の性能と価格の取引条件に落とし込んでいくのである。


谷繁元信

自分で必要だと気づけたこと。それが結果的に今に役立っている。気づけるか、気づけないかの差は、日頃から自分で考え、周囲を観察しているかどうか。


出口治明

一番大切なのは、何をやりたいかです。私のところによく、「起業家になりたい」という若者が相談に来ますが、まず「あなたは何をしたいのですか?」と聞きます。まずは、やりたいことを見つけるのが先決で、それを実現するための手段は、会社、NPO、もしかしたら公務員なのかもしれない。それすら明確ではなく、単に「社長になりたい」「起業したい」では、何の価値もありません。「まず、やりたいことを明確にしてからまた来なさい」と伝え、追い返します。


松本恭攝

市場が縮小している業界だから印刷業界を選んだんです。新規参入がほとんどなく、イノベーションも起きていません。だからこそ、自分にも仕組みを変えられる可能性が高いんじゃないかと判断しました。


ビル・エモット

世間の関心が短期的なことに集中するのは仕方がないのだが、一方で世界経済を長期の視点で展望する重要性も忘れてはならない。


張本邦雄

私はよく若い人たちに「営業はNOと言う勇気を持て」と話しています。ウソを言ったり、ごまかしたりしたら、のちのちまで尾を引きます。たとえば、その場しのぎで「一度会社に持ち帰って上司と相談します」などとお茶を濁しても、「この人は自分で何も決められないのか」と思われるだけ。長いおつき合いを望むなら、理由とともに「できないものはできない」と明確に伝えたほうが、相手の信頼を得られます。


斎藤広達

つまらないプライドを捨てるには、「優れた人が集まる環境に飛び込むこと」も有効です。転職、留学だけでなく、異動、社外勉強会への参加など、自分が刺激を受ける環境であれば、どんな環境でも構いません。


松井忠三

ブランドとは伝統と革新の連続。ブランドを発展させていくためにも、企業体質の強さや革新を続ける社風が重要。


渡辺千賀

とくに若い人だと、最新のモバイル機器をどう使うのかなど、いてくれるだけで開発のヒントになることが多い。たとえ短い期間でも、存籍してくれることのメリットは大きいんです。


岡野雅行(岡野工業)

金は天下の回りものって言葉があるけど、回ってきたお金をよそさまに回すから、また自分のところに回ってくるんだよ。欲出して抱え込んじまったら、それっきり回ってこなくなるもんなんだ。周囲を儲けさせれば、皆が岡野に仕事を取らせようぜということになる。


小寺春樹

オーマイというブランドは認知度がありますが、家庭用品をなんでもオーマイブランドで、というわけにはいかないでしょう。既にオーマイ=パスタという固定イメージが出来ていますから、新たな業態にオーマイを持ち込むと邪魔をしてしまいます。商品が良い物でも、固定イメージが出来上がっていると消費者心理に違和感を持たれてしまう。市場戦略、顧客を創造していくときには新しいブランドを立ち上げていく必要があると考えています。


篠田法正

起業には、次の5つの要素のバランスを取ることが極めて重要であると思います。(1)家族、対人関係。(2)健康、楽しみ。(3)金、モノ、人脈などの現実。(4)仕事。(5)学び、成長、です。これらのうち、(3)と(4)に関心が集中し力の入れ先が偏ってしまいがちですが、トラブルは(1)、(2)、(5)が不足することによって起こるもの。5要素のバランスが取れていないと、長続きしないのです。


ページの先頭へ