名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

加山雄三の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

加山雄三のプロフィール

加山雄三、かやま・ゆうぞう。日本の歌手、俳優、作曲家、画家、タレント。慶應義塾高等学校から慶應義塾大学法学部政治学科へ進学し卒業。卒業後は東宝に入社。その後、俳優や歌手としてデビューし、映画『若大将シリーズ』で一躍有名になった。NHK紅白歌合戦出場は17回を超える。

加山雄三の名言 一覧

嵐が来て死ぬか生きるかの状況にあっても、いずれ凪が来る。生きていればまた日の目を見るかもしれない。自分で持っていた船で海に出て、そう思いました。
【覚書き|役員に名を連ねていた親類のホテルが倒産し、23億円もの借金を被ることになったときを振り返っての発言】


どんな仕事をしていても、苦しみは絶え間なくある。それが人生でしょう。99%苦しくても、たった1%の幸せをとても幸せだと感じられる。そう思えることが、生きていることの大切さだとわかりました。


船乗りの言葉に「荒天準備」というのがあります。荒天に遭遇することがわかったとき、荒天を乗り切るために船の防御体制を整えることを言います。順風満帆な人生なんてありません。大借金の苦しさの中で、荒天準備の大切さを知りました。


67歳になり、同年代の友人は次々と引退していますが、私はどんどん忙しくなっています。コンサートは今年30回以上予定、かつて年一回だった絵画展は今年四回を予定しています。人と関わることは勉強になるし、好きなのです。「関心を持つ」「感動する」「感謝する」の人生三カン王をモットーに現役を続けていこうと思っています。


天職と思うようになってステージに立つと、不思議なことが起きたのです。お客さんの反応が変わったのです。以前はコンサートが終わると「最高」とか「よかったですね」とか言ってくれていました。それが、ここ10年ぐらいは、お金を払って来てくれているのに「ありがとうございました」と言われることが多いのです。「勇気を頂きました」「幸せを頂きました」「希望が湧いてきました」といった言葉をかけてくれる人もいます。年配の方だけでなく、20代や30代の若い人たちからもこういったことを言われます。


お客さんがスキー場に来てくれて一緒に滑ったりするのも大事な交流ではあります。それでもステージのほうがたくさんのお客さんが来てくれる。歌を歌ったり、芝居をしたりする方が経営より大事ではないか。人を喜ばせることが自分の天職、自分の役目ではないか。そう思うようになったのです。バブル崩壊が、人が新たに何かを考える大きなきっかけになると受け止めました。こう冷静に考えることができたのも、前の失敗の経験から荒天準備ができていたからでしょう。


加山雄三の経歴・略歴

加山雄三、かやま・ゆうぞう。日本の歌手、俳優、作曲家、画家、タレント。慶應義塾高等学校から慶應義塾大学法学部政治学科へ進学し卒業。卒業後は東宝に入社。その後、俳優や歌手としてデビューし、映画『若大将シリーズ』で一躍有名になった。NHK紅白歌合戦出場は17回を超える。

他の記事も読んでみる

三浦孝之(職人)

一番大切な事は人とのふれあいだと思います。家族はもちろんの事、職人仲間、友人、簪(かんざし)を求めてくださるお客様、こうした自分の身の回りの人達に支えられて、今の自分があることを毎日の仕事を通してつくづく感じています。


宮坂学

データは単にためるのはコスト。使って初めて価値となる。


池谷裕二

すぐに学習の成果が出ないからといって、次のステップに進むのも厳禁です。記憶の半分は、覚えてから4時間以内に消えてしまいます。そこに追加して新しいことを覚えようとすると、記憶の干渉という現象が起こり、前の記憶はさらに忘れやすくなり、新しいことも記憶しづらくなります。焦って次に進むより、まずは復習です。


小松左京

日本人はバブルで土地や株をやりすぎました。しかし、世の中をそう悲観してもいません。資源のない国がここまで繁栄したことは人類文明に必ず参考になるはずです。43歳の田中耕一さんがノーベル賞を受賞したことで明らかなように、アイデアがあればお金をかけずにその個人だけでなく、社会全体に利益をもたらすことができるのです。


織田大蔵

セールスの技術を身につけたからといって、それだけで品物が売れるわけではない。磐梯山の頂上で品物の講釈をしてみたところで始まらぬ。買ってくれるお客がいないからだ。いくら優秀な商品をつくっても、山村、寒村の人たちを相手にしていては、売れたとしても高が知れている。商略上もっとも大切なことは、魚のいるところで、投網(とあみ)を打つということだ。


大久保幸夫

若いころのキャリアはいわば「筏下り型」です。激流の中、与えられたハードルを懸命に乗り越えていくことで力をつけるのです。しかし、30代半ばからは「山登り型」に切り替える必要があります。それまでの経験をもとに、本当に自分が進むべき目標(山)を設定し、そこに向かって全力を注いでいくことで真のキャリアが花開くのです。


福原義春

会社というのはある意味でいうと、人間がたくさんいる工場みたいなものでして、大変苦労することがあると思うんです。だけどその中で、自分を見失わないようにしていく。あるいは自分がほかの人と一緒であればいいかなというそんな甘い考えを持たないで、自分は自分なのだ、自分はこれをする使命があるのだ、自分はこれをしたいのだ、ということをはっきりしていけばいいんです。


吉野佳秀

毎週火曜日に社内で「卵の会」という勉強会を開いています。たまに特許などの話をすることもありますが、基本的には何でもありの勉強会です。参加自体、強制ではありませんし、手を挙げれば誰でも好きなことを発表して良いことになっています。これまでにも、戦国武将、重力波、材木の切り方など、あらゆる分野が議題となってきました。担当者だけは決まっていますが、テーマが予め発表されることは無いため、発表者以外は事前準備ゼロ。あとはプレゼンを聴いた上、その場の思い付きで議論します。毎回、12~3人は参加しているのではないでしょうか。


望月圭一郎

悩むなら、お客様のために悩もう。


岡本満夫

アメリカに赴任したとき、日本の家を売って、ロサンゼルスで家を買いました。「そこまでしなくても」と周囲は驚きましたが、初の海外生産を成功させるため、なるべく現地に密着したかった。


畠中雅子

リスクを抑えた方法でもストレスを感じるようなら、無理して投資しないこと。貯蓄でいいし、保険なら続けられるという人は、貯蓄性のある保険で貯めるのもいい。続けやすく、自分に合った方法を見つけ、早く始めることが大切。


渡辺滉

一芸に秀でた人材を活用したい。多少の欠点はあっても特定分野で有能な人間を引き上げたい。埋もれた人材は大勢いるはずです。