名言DB

9,502 人 / 112,123 名言

加山雄三の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

加山雄三のプロフィール

加山雄三、かやま・ゆうぞう。日本の歌手、俳優、作曲家、画家、タレント。慶應義塾高等学校から慶應義塾大学法学部政治学科へ進学し卒業。卒業後は東宝に入社。その後、俳優や歌手としてデビューし、映画『若大将シリーズ』で一躍有名になった。NHK紅白歌合戦出場は17回を超える。

加山雄三の名言 一覧

嵐が来て死ぬか生きるかの状況にあっても、いずれ凪が来る。生きていればまた日の目を見るかもしれない。自分で持っていた船で海に出て、そう思いました。
【覚書き|役員に名を連ねていた親類のホテルが倒産し、23億円もの借金を被ることになったときを振り返っての発言】


どんな仕事をしていても、苦しみは絶え間なくある。それが人生でしょう。99%苦しくても、たった1%の幸せをとても幸せだと感じられる。そう思えることが、生きていることの大切さだとわかりました。


船乗りの言葉に「荒天準備」というのがあります。荒天に遭遇することがわかったとき、荒天を乗り切るために船の防御体制を整えることを言います。順風満帆な人生なんてありません。大借金の苦しさの中で、荒天準備の大切さを知りました。


67歳になり、同年代の友人は次々と引退していますが、私はどんどん忙しくなっています。コンサートは今年30回以上予定、かつて年一回だった絵画展は今年四回を予定しています。人と関わることは勉強になるし、好きなのです。「関心を持つ」「感動する」「感謝する」の人生三カン王をモットーに現役を続けていこうと思っています。


天職と思うようになってステージに立つと、不思議なことが起きたのです。お客さんの反応が変わったのです。以前はコンサートが終わると「最高」とか「よかったですね」とか言ってくれていました。それが、ここ10年ぐらいは、お金を払って来てくれているのに「ありがとうございました」と言われることが多いのです。「勇気を頂きました」「幸せを頂きました」「希望が湧いてきました」といった言葉をかけてくれる人もいます。年配の方だけでなく、20代や30代の若い人たちからもこういったことを言われます。


お客さんがスキー場に来てくれて一緒に滑ったりするのも大事な交流ではあります。それでもステージのほうがたくさんのお客さんが来てくれる。歌を歌ったり、芝居をしたりする方が経営より大事ではないか。人を喜ばせることが自分の天職、自分の役目ではないか。そう思うようになったのです。バブル崩壊が、人が新たに何かを考える大きなきっかけになると受け止めました。こう冷静に考えることができたのも、前の失敗の経験から荒天準備ができていたからでしょう。


加山雄三の経歴・略歴

加山雄三、かやま・ゆうぞう。日本の歌手、俳優、作曲家、画家、タレント。慶應義塾高等学校から慶應義塾大学法学部政治学科へ進学し卒業。卒業後は東宝に入社。その後、俳優や歌手としてデビューし、映画『若大将シリーズ』で一躍有名になった。NHK紅白歌合戦出場は17回を超える。

他の記事も読んでみる

小飼雅道

「自分たちの強みはこれなんだ」と思うからこそ、社員たちは逆風にもめげず、開発に情熱を燃やせる。


木村皓一

僕がいつも言っているのはファンづくりです。「あなたのアドバイスを受けて買いたい」と思われるようになろうということです。やさしさや親切、丁寧な心、そういうものを大事にしたい。それはマニュアルで管理できるものではありません。マニュアルにあるからするということであれば、むしろしないほうがいい。


杉野正

会社再建で大変だったのは、コストダウンです。契約書を見ても、明らかに不平等で不利な契約になっている。しなの鉄道では、JR東日本の都合のいいように契約が結ばれている。埼玉高速鉄道では、東京メトロの都合のいいように契約が結ばれている。しかし、社員はそういう不平等契約が染みついているから、どうコストダウンしたらいいかわからない。だから、たとえば、キヨスクとの交渉や、車内広告の交渉など、大きな契約更新の交渉は僕自身がしました。身をもって範を示すことで、できないことはないんだと、社員に示すわけです。


高城幸司

叱る内容は、「怒る」のではなく、相手の立場に立った「アドバイス」をするのがベスト。「キミのために言っている」というスタンスを最初から最後まで通すことができれば、相手は指摘された内容を素直に受け止め、同じミスをしないように努力をするはずです。


松浦正則

リーダーはバランスよく全体を見ることです。全体を大きくとらえて小さく実行することが必要ではないでしょうか。それから長期的な視点で物事を動かすには、常にトップと付き合い、ネットワークをつくっていくといった言わば情報戦略が重要になります。


日覺昭廣

最強パートナーからの高い要求に応え続けるためには、技術の引き出しを多く用意しておかなければなりません。長期の視点で研究・技術開発を続けないと、革新的な素材は作れません。「超継続」がイノベーションを生み出す秘訣です。


徳重徹

テラモーターズのやり方は、一般の企業からすれば、「クレイジー」に見える部分もたくさんあると思います。ただ、我々は大きな目標をことあるごとに表明している一方で、足下のビジネスは手堅くやっています。スピード感とともに、こうした実行力は大事にしたい。


大岩俊之

良い本は何度も読むことで自分の血肉となる。そんな本に出合うためにも、まずは読書習慣を身につけましょう。


東哲郎

ソリューション(問題解決)型に転換するからといって、単品の強さ、いわゆるコアがなければ、結局は価格競争に巻き込まれてしまいます。コアとは技術だけではありません。セコムはセキュリティであれだけのブランドを確立しました。彼らに電子機器や通信機器の技術があるわけではありません。警備会社から始まって、長い年月をかけて培った安全安心のブランドが彼らのコアなのです。


望月圭一郎

当社は、お客様が求めているものに応えることができる「専門家のモール」になることを目指しています。ある分野だけに絞っても他社に負けないくらいの専門性を持つことで、商空間の中での特定分野だけのご依頼にも、全体のご依頼にも高いレベルでお応えできるようになるからです。


松本大

そこまでして創ったから大切なのではなくて、マネックスで頑張れば自分の人生がちゃんと充足できるように創ったから、僕はマネックスという会社が 大切なんです。要は僕が持っている、ビジネスマンとしてのものとか、一市民としての思いとか、ミッション、使命感とか、いろんなものがあるじゃないです か。それを全部まとめてマネックスに表現したつもりなんです。プライベートでも、あるいは市民としても、あるいは経営者としても、ビジネスマンとしても、 一市民としても、個人としても、マネックスにすべてエネルギーを費やすことで、たとえ1日20時間働こうが、何しようが、満足できるように、会社をデザイ ンしたんです。だから、大切というか、もう、マネックスが「僕」なんです。


土井隆義

いまの新入社員は、懇切丁寧に教えてくれる上司や先輩を期待しています。遠くから見守るだけではかえって不安になります。このギャップを踏まえて付き合うべきでしょう。