加山雄三の名言

加山雄三のプロフィール

加山雄三、かやま・ゆうぞう。日本の歌手、俳優、作曲家、画家、タレント。慶應義塾高等学校から慶應義塾大学法学部政治学科へ進学し卒業。卒業後は東宝に入社。その後、俳優や歌手としてデビューし、映画『若大将シリーズ』で一躍有名になった。NHK紅白歌合戦出場は17回を超える。

加山雄三の名言 一覧

嵐が来て死ぬか生きるかの状況にあっても、いずれ凪が来る。生きていればまた日の目を見るかもしれない。自分で持っていた船で海に出て、そう思いました。
【覚書き|役員に名を連ねていた親類のホテルが倒産し、23億円もの借金を被ることになったときを振り返っての発言】


どんな仕事をしていても、苦しみは絶え間なくある。それが人生でしょう。99%苦しくても、たった1%の幸せをとても幸せだと感じられる。そう思えることが、生きていることの大切さだとわかりました。


船乗りの言葉に「荒天準備」というのがあります。荒天に遭遇することがわかったとき、荒天を乗り切るために船の防御体制を整えることを言います。順風満帆な人生なんてありません。大借金の苦しさの中で、荒天準備の大切さを知りました。


67歳になり、同年代の友人は次々と引退していますが、私はどんどん忙しくなっています。コンサートは今年30回以上予定、かつて年一回だった絵画展は今年四回を予定しています。人と関わることは勉強になるし、好きなのです。「関心を持つ」「感動する」「感謝する」の人生三カン王をモットーに現役を続けていこうと思っています。


天職と思うようになってステージに立つと、不思議なことが起きたのです。お客さんの反応が変わったのです。以前はコンサートが終わると「最高」とか「よかったですね」とか言ってくれていました。それが、ここ10年ぐらいは、お金を払って来てくれているのに「ありがとうございました」と言われることが多いのです。「勇気を頂きました」「幸せを頂きました」「希望が湧いてきました」といった言葉をかけてくれる人もいます。年配の方だけでなく、20代や30代の若い人たちからもこういったことを言われます。


お客さんがスキー場に来てくれて一緒に滑ったりするのも大事な交流ではあります。それでもステージのほうがたくさんのお客さんが来てくれる。歌を歌ったり、芝居をしたりする方が経営より大事ではないか。人を喜ばせることが自分の天職、自分の役目ではないか。そう思うようになったのです。バブル崩壊が、人が新たに何かを考える大きなきっかけになると受け止めました。こう冷静に考えることができたのも、前の失敗の経験から荒天準備ができていたからでしょう。


加山雄三の経歴・略歴

加山雄三、かやま・ゆうぞう。日本の歌手、俳優、作曲家、画家、タレント。慶應義塾高等学校から慶應義塾大学法学部政治学科へ進学し卒業。卒業後は東宝に入社。その後、俳優や歌手としてデビューし、映画『若大将シリーズ』で一躍有名になった。NHK紅白歌合戦出場は17回を超える。

他の記事も読んでみる

田村潤

お客様のところに足繁く通い、声を聴き、何をすべきか考え、試行錯誤しながら、様々な工夫をしながら、ひたすら実行する。どれも当たり前のことですが、スタッフ全員で泥臭く続けた結果、高知支店の業績はV字回復しました。


鈴木喬(経営者)

テレビからは毎月4000種類ものCMが流れてくるそうです。その中で自社商品が人々の記憶に残らなかったら、CMを流さなかったのと同じです。同時期にCMを出稿しているすべての商品が、競合相手だと思わないといけません。莫大なCM予算を持つ大手企業に対抗するためにも、エステーのような中堅企業は広告宣伝費を特定の商品に集中投下する必要があります。


エラン・カッツ

ビジネス上の成功と記憶の技術とは密接に関わっていますが、特に人の名前を覚える技術は重要でしょう。名前を含めたお客様のすべての情報を知っていたら、そのお客様はすごく喜ぶし、もう一度買おうかという気にもなります。お客様の顔と名前を覚えるのに有効なのは以下の5つのステップです。

  1. 覚えることを怖がらないことと、聞き役に回ること。人は長い自己アピールより、自分の話を聞いてもらった人に好感を抱くものです。
  2. 名前は繰り返し口に出して覚える。
  3. 会っている最中にその人の名前と何かを結び付けて覚える。
  4. 1カ月に1回は手元の20枚の名刺を見て、どんな人だったか、どんな顔立ちだったかを思い返す。
  5. しばらく会っていない人と会合で会う前は、出席者の名簿を見て準備しておく。相手は「会わなくてもずっと覚えていてくれた」と好感を持ちます。

村上太一

アイデアだけでは事業は広まらない。徹底的なだけでは大きな成果が生まれない。ひとつの軸だけではよいものが生まれない。


中村貞裕

僕は常時100くらいの「火種」が頭に入っています。ひとつひとつは小さな事柄ですが10、20とつながってくるとブームを生み出す要素になっていく。火種の数が多く、それが大きいほどブームは起こしやすい。


山内溥

任天堂の急成長がよく話題にのぼるでしょ。トランプと花札の老舗が、先端技術を使ったゲーム機メーカーに様変わりしたこと自体が、不思議でしようがないことのようにいわれることもある。あるいは、外から見ると、なにか大層な戦略展開をしたように見えるかもしれない。しかし、事実は全く違うんですよ。花札とトランプから離れていった理由は、これら伝統的な遊びの人気が落ちたからなんです。


高橋がなり

ツライ気持ちを、自分の中に溜めないこと。うまくいかない時は溜めるんじゃなくて、吐き出せばいい。みんな、隠したがるんですよね。オレはいまダメだって周りに宣言すればいい。「もう死ぬ」と言って、死んだヤツはいませんから(笑)。吐き出すことで発散すると、自分の中から「陰」なものが出ていってくれるんです。


金井英之

会話がとまったら周囲にあるものを見て、そこから話題を引き出すとよいでしょう。それには、観察力を働かせることが重要です。一般的に女性はファッションから街の様子まで、様々なものに興味を持ち、観察力に優れています。それに対して、男性は周囲に対して鈍い傾向があります。忙しい毎日の中で、何から何まで観察力を働かせるのは大変ですが、自分が関心のあるものだけでも、よく観察していると、とっさのときに話題にすることができます。


松田昌士

社長時代に留意していたのは、「失敗したと思ったら、傷の少ないうちにいかに早く退くか」ということです。新しいことに挑戦するのは大切で、「失敗するから何もしない」では企業は衰退してしまいます。ただ、冷静さを失ってはいけません。失敗したと思ったらぱっとやめる。この決断が変化の激しい時代の経営にとって非常に大きな要素です。


江尻宏一郎

商品とだけ付き合わず、会社と付き合え。
【覚書き:ビジネスマンは自社製品の知識だけでなく、会社全体の方向性も考えたうえで開発や営業をしなければならないという趣旨の発言。社員に口酸っぱく伝えた】


生田正治

どんなことを肝に銘じて仕事をしてきたのだろうかと振り返ってみれば、自分の職分より上の視点で考えることを心がけてきたと思います。課長代理なら課長の立場に立って、部長なら担当役員になったつもりで、また他の部署まで視野に入れて仕事をするということです。


五関晃一

「お前らついてこい!」ってタイプじゃないですからね、普段の僕は(笑)。でも演じるなら自分と真逆のものに挑戦したいって思いはあります。


井阪隆一

働いている女性や高齢者が不便を感じているという着眼点から、パウチに入った惣菜や冷凍食品などの品揃えを強化してきたことが支持されています。現在、お客様のうち7割から8割が女性です。


水野泰三(経営者)

今はメインの工場が中国にあるんだけども、そこで作った商品は日本向けだけじゃなくて、OEM(相手先ブランドによる生産)でロシアや欧州にも出荷しています。そっちは原価販売で、利益を出さなくていいと言ってね。それで生産量を確保して、コストを抑えて利益を取る。ほかはここまでできないでしょう。


久米信行

ツイッターやブログは「また会いたくなる人間」になるためにぜひ活用して欲しい。それは「仕事の話だけ」でつながっている人よりも「仕事の話+趣味や遊びの話」でつながれる人のほうが、明らかに「また会いたくなる人」になるからですよ。


ページの先頭へ