名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

加地倫三の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

加地倫三のプロフィール

加地倫三、かぢ・りんぞう。日本のTVプロデューサー、演出家。神奈川県出身。上智大学外国語学部卒業後、テレビ朝日に入社。スポーツ番組担当として『ワールドプロレスリング』ディレクター、『全日本大学駅伝大会』総合演出などを務めたのち、編成制作局に異動しバラエティ番組制作に携わる。『アメトーク』をはじめヒット番組のプロデュースや演出を担当した。

加地倫三の名言 一覧

モノ作りは志がすべて。番組も企画も、すべては作り手の人間性がにじみ出る。人間の根本が歪んでいたら、いい仕事はできない。


自分がすべての仕事をやっていたらキリがない。やるべきことに時間を充てるためには、うまく任せることが大切。


きっかけは何でもいい。自分の強みを持ち、それを生かすことが大切。


普通ならやらないくらい長い時間をかけてみる。すると、みんなが驚く企画ができあがることもある。


失敗したっていいから、とにかく自分の頭で考える。僕自身、何かを学んだのは、決まって失敗をしたときでした。成功から何かを学んだことなんて、めったにないですよ。


テレビ界に入ってくる新人によくいうのは、「人の企画をパクるな」ということ。パクリって、癖になると本当にまずいんです。脳というのは使わないと、どんどん退化していきますから。


自分の希望部署にいけなくても嫌々やるな、といいたいですね。一生懸命やってその部署のスペシャリストになれば、その経験があとあとやりたいことをやるときに必ず活きる。逆に、嫌々やっていたら何も身につかず、希望部署に移れたとしても、それまでの数年間がムダになってしまうじゃないですか。


僕は入社してから4年間、スポーツの担当だったんです。希望はバラエティーだったんですが、スポーツをやったことで、最初からずっとバラエティーだった人よりいまは仕事の幅が広い。多少の遠回りはしたほうがいいんです。


企画がマニアックな回の収録前は、芸人さんたちのほうが「これで大丈夫なんだろうか」と不安がっていたりするんです。そういうときは、最初に「今回はダメならDVDの特典映像に回すんで、のびのびやって」という。そうすると、安心してもらえます。人間、不安があると力が出ませんから、そのへんは気をつかっています。とにかく演者には心置きなく自由にハジけてほしいので。


「面白いですね」「毎週観ています」といわれても、「そんなこといったって、飽きれば観なくなるでしょ」とすぐ思ってしまう。僕自身がそうですから。それだけに、「視聴者はいついなくなるかわからない」という危機感は、つねにあります。


飽きられない努力をすることが大事です。それにはやっぱり新しいものを探すしかないんです。焼肉でも毎日食べていたら飽きちゃうでしょ。でも、視聴率を気にすると、どうしても焼肉、焼肉となる。そうやって守りに入るから、すぐに飽きられてしまうんです。だから僕らは、あえて視聴率を落とすという意識で、新しいことにチャレンジする。それがなくなったら終わりですから。


視聴率はほとんど気にしていません。それを気にしすぎて駄目になっていった番組を、僕は過去にさんざんみてきましたから。


番組づくりで一番大切にしていることは、つくっている自分たちが面白いと思えるかどうかですね。もちろん、「自分たちだけが面白くて、視聴者はまったく面白くない」という、たんなるマスターベーション番組にはしたくありません。だからといって、大衆ウケだけを狙ったものは絶対にやりたくない。マニアックなことをやって、なおかつ、ある程度の人に面白いといってもらえる。そういう番組をめざしてつくっています。


スケジュール調整などはほかのスタッフに任せます。自分の能力を一番発揮できる「演出」に精力を注ぎたいのです。例えば、僕が出演者とのスケジュール調整までやってしまったら、その分、演出に使える時間が減り、番組の質が落ちるかもしれない。それなら、演出以外の業務は、信頼できる、別のスタッフに任せた方がいい。


加地倫三の経歴・略歴

加地倫三、かぢ・りんぞう。日本のTVプロデューサー、演出家。神奈川県出身。上智大学外国語学部卒業後、テレビ朝日に入社。スポーツ番組担当として『ワールドプロレスリング』ディレクター、『全日本大学駅伝大会』総合演出などを務めたのち、編成制作局に異動しバラエティ番組制作に携わる。『アメトーク』をはじめヒット番組のプロデュースや演出を担当した。

他の記事も読んでみる

相澤賢二

当社では、購入後にお客様にお渡しするアンケート・ハガキの返信率も評価対象にしているので、みんな必死でお願いするのですが、売れる営業マンのほうが返信率は高いですね。返信率が高い人は、「このハガキに何か書いて送ってください」ではなく、「自分の悪いところを直したいので、ぜひ遠慮なく書いてください」と依頼する。お客様はそういう姿勢に心を打たれるんです。


安野モヨコ

連載をたくさん抱えていた時期の私なりの仕事のコツというのは、あんまり考えすぎないことでした。私はそもそも自分の才能というものは信じていないので、じっくり考えはじめると悩むばかりでまったく進まなくなってしまいます。自分に疑問を抱いたり、何でこんなにくだらない話しか思いつけないんだなんてなりはじめたら、もう終わりなんですね。だから、流れに任せて、こうなって、ああなって、と描いていくわけです。その時期には、簡単なプロット(話の筋)を立てたらもういきなり本番の原稿用紙に向かっていました。途中で思いがちになる「でも、これっておかしくないか?」みたいな突っ込みを入れないまま描いていけば漫画はできあがったし、ぶつつけの緊張感のせいか、いつも決まったページ数にちょうどぴったり収まっていました。


小林豊(小林製薬)

誰もが同じように考えるはずという前提によって、クリエイティブな発想や、合理的な仕組みを思いつく力が失われているのではないかと思います。


江村林香

今日決めたら明日できるのがベンチャーのいいところなんです。それにいまの世の中、半年も検討してたら状況が変わっちゃいます。だから、とにかくすぐやって、それで評判が悪ければやめればいい。ブランドやプライドなんて、ベンチャーには関係ないですから。


岩本哲夫

我々は後発ですから、ビジネスモデルで大企業との違いを明確化したことで、ここまで来ることができました。


遠藤功

お金がないのなら知恵を絞ればいいのです。


安渕聖司

大きな危機的状況を経験するほど、想定の幅が広がります。


中村邦夫

今、松下は法遵守という点で重大な危機にある。それを克服し、透明でクリーンな企業と認められるように頑張ろう。そのために、管理者として絶対に口にしてはならないことがある。「そうは言うけれど、売らねばならない」ということだ。法遵守と言いながら、その場でそういうことを言うのでは、法を破ってよいと言っているのと変わらない。


坂本春之

よく、緊張を解くために「肩の力を抜け」と言いますよね。緊張しているから身体がこわばるのではなく、身体がこわばるから緊張するということ。


藤原正彦

小学校5年生の時、僕は数学者になろうとはっきり決意しました。毎夏を過ごしていた信州諏訪の隣村から小平邦彦先生という天才が出て、その年、フィールズ賞を受賞。家族と一緒に『アサヒグラフ』に出た記事を見て、僕も世界的な数学者になりたい、と。そう思って以来、一度も揺るがずに中高大、大学院と進み、数学者への道を邁進しました。


浅井恵一

なぜ現状に満足してはならないのか。その真意を私自身が社員に伝えていくことも大事。そこで昨年1年をかけ、約600人の社員と直接顔を合わせる機会を持ちました。さらに中期経営計画などについて説明する従業員フォーラムも拠点ごとに13回開催しました。


福嶋康博

よく「思いつきで行動するな」と言われますが、そんなことはなく、事業企画の多くは思いつきが起点となります。議論や理屈を突き詰めていっても、良い企画はなかなか出てきません。大切なのは、流行りよりも思いつきなのです。