名言DB

9429 人 / 110879 名言

加地倫三の名言

twitter Facebook はてブ

加地倫三のプロフィール

加地倫三、かぢ・りんぞう。日本のTVプロデューサー、演出家。神奈川県出身。上智大学外国語学部卒業後、テレビ朝日に入社。スポーツ番組担当として『ワールドプロレスリング』ディレクター、『全日本大学駅伝大会』総合演出などを務めたのち、編成制作局に異動しバラエティ番組制作に携わる。『アメトーク』をはじめヒット番組のプロデュースや演出を担当した。

加地倫三の名言 一覧

モノ作りは志がすべて。番組も企画も、すべては作り手の人間性がにじみ出る。人間の根本が歪んでいたら、いい仕事はできない。


自分がすべての仕事をやっていたらキリがない。やるべきことに時間を充てるためには、うまく任せることが大切。


きっかけは何でもいい。自分の強みを持ち、それを生かすことが大切。


普通ならやらないくらい長い時間をかけてみる。すると、みんなが驚く企画ができあがることもある。


失敗したっていいから、とにかく自分の頭で考える。僕自身、何かを学んだのは、決まって失敗をしたときでした。成功から何かを学んだことなんて、めったにないですよ。


テレビ界に入ってくる新人によくいうのは、「人の企画をパクるな」ということ。パクリって、癖になると本当にまずいんです。脳というのは使わないと、どんどん退化していきますから。


自分の希望部署にいけなくても嫌々やるな、といいたいですね。一生懸命やってその部署のスペシャリストになれば、その経験があとあとやりたいことをやるときに必ず活きる。逆に、嫌々やっていたら何も身につかず、希望部署に移れたとしても、それまでの数年間がムダになってしまうじゃないですか。


僕は入社してから4年間、スポーツの担当だったんです。希望はバラエティーだったんですが、スポーツをやったことで、最初からずっとバラエティーだった人よりいまは仕事の幅が広い。多少の遠回りはしたほうがいいんです。


企画がマニアックな回の収録前は、芸人さんたちのほうが「これで大丈夫なんだろうか」と不安がっていたりするんです。そういうときは、最初に「今回はダメならDVDの特典映像に回すんで、のびのびやって」という。そうすると、安心してもらえます。人間、不安があると力が出ませんから、そのへんは気をつかっています。とにかく演者には心置きなく自由にハジけてほしいので。


「面白いですね」「毎週観ています」といわれても、「そんなこといったって、飽きれば観なくなるでしょ」とすぐ思ってしまう。僕自身がそうですから。それだけに、「視聴者はいついなくなるかわからない」という危機感は、つねにあります。


飽きられない努力をすることが大事です。それにはやっぱり新しいものを探すしかないんです。焼肉でも毎日食べていたら飽きちゃうでしょ。でも、視聴率を気にすると、どうしても焼肉、焼肉となる。そうやって守りに入るから、すぐに飽きられてしまうんです。だから僕らは、あえて視聴率を落とすという意識で、新しいことにチャレンジする。それがなくなったら終わりですから。


視聴率はほとんど気にしていません。それを気にしすぎて駄目になっていった番組を、僕は過去にさんざんみてきましたから。


番組づくりで一番大切にしていることは、つくっている自分たちが面白いと思えるかどうかですね。もちろん、「自分たちだけが面白くて、視聴者はまったく面白くない」という、たんなるマスターベーション番組にはしたくありません。だからといって、大衆ウケだけを狙ったものは絶対にやりたくない。マニアックなことをやって、なおかつ、ある程度の人に面白いといってもらえる。そういう番組をめざしてつくっています。


スケジュール調整などはほかのスタッフに任せます。自分の能力を一番発揮できる「演出」に精力を注ぎたいのです。例えば、僕が出演者とのスケジュール調整までやってしまったら、その分、演出に使える時間が減り、番組の質が落ちるかもしれない。それなら、演出以外の業務は、信頼できる、別のスタッフに任せた方がいい。


加地倫三の経歴・略歴

加地倫三、かぢ・りんぞう。日本のTVプロデューサー、演出家。神奈川県出身。上智大学外国語学部卒業後、テレビ朝日に入社。スポーツ番組担当として『ワールドプロレスリング』ディレクター、『全日本大学駅伝大会』総合演出などを務めたのち、編成制作局に異動しバラエティ番組制作に携わる。『アメトーク』をはじめヒット番組のプロデュースや演出を担当した。

他の記事も読んでみる

池田潤一郎

我々はサービスを提供するときに、速ければいいという固定観念があります。しかし、顧客のバリューチェーンに入り込んで、むしろある部分については到着を遅らせて、生産工程に合わせてあげるというサービスも必要なのかもしれません。


小林喜光

やはり事業というのは思いが一番大事。本気で勝つ意志というか、このビジネスでは負けないぞという思い、これを世代間で継承していく。これが一番ポイント。


相澤賢二

社員が辞めるときは引き止めません。明日どうぞと。そのあと戻ってきた社員が21人います。社員の一割が出戻り。彼らは倍働きます。一回全員が辞めてもらえばって思うくらい(笑)。社長も出戻りです。辞めるのは家出のようなものだから、戻ってきたら迎えてやらないといけない。


佐渡島庸平

私が通っていた南アフリカの日本人学校には10人ほどの同級生がいて、そのうちの1人も灘高から東大へと進みましたが、彼が使った教材もほぼ教科書だけですからね。結局、学力を高めるには基礎をみっちりとやることが最も重要なんですよ。ちなみに、「ドラゴン桜」の世界観にはこの時の経験を生かしています。


伊藤真(弁護士)

せっかく見つけた時間をダラダラと使ってはもったいない。たとえば、「あと1時間勉強してから寝よう」というのでは、集中力は高まりません。「この1時間で20問を解く」のように、時間とやるべき中身を数値化してこそ、集中できます。目標設定も同様です。資格試験なら「来年3月の試験に合格する」のように、「いつまでに」「何を」を具体的に決めることが重要です。


寺尾玄

「自分のコアは何か」。多くの人は、自分について考える時間が少なすぎると思います。だから、何かを変えたいと思ったときは、じっくり時間をとり、自分の中で言葉を重ねてしっかり考えるようにしましょう。人は他人のことはよく見えても、自分のことはよく見えません。鏡をじっと眺めるように、自分を見つめることが大切です。


レイ・クロック

我々が「QSC&V(品質・サービス・清潔さ・価値)」という言葉を言うたびにレンガを積み上げていたとしたら、おそらく太平洋を横断する橋ができていただろう。


糸井重里

スケジュールは、秘書から毎日メールでもらっています。日ごとに更新されていくので、毎日の予定をちゃんとはつかんではいません。でも、そのくらいがいい。スケジュールを把握していると上手にやろうとして、力の入ったスイングばかりになっちゃうというか。やっぱり何があっても、「はい」ってスタートできるようじゃないと、たくさんの仕事を動かせないんですよね。


池田繁美(コンサルタント)

一人ひとりの社員を大切にしてはじめて、経営者は社員から信頼される。私もこのことが分からず、「お客様を大切に」と社員に訴えていたころはうまくいきませんでした。そうではなくて、私が最も大切にするのはあなたたち社員とそのご家族ですよ、と。それができたとき、経営者と社員の信頼関係が生まれます。すると社員は経営者が望むことのために力を尽くしてくれます。


見波利幸

自分のミッションを持つには、一見遠回りのようですが、「個人の幸せと仕事とを連動させる」、という心の作業を行なうこと。人は得てして「職場」と「プライベート」を分け、どちらかだけに幸せを見出そうとします。その結果、家庭を顧みなかったり、逆にプライベート偏重で職務怠慢になったり……といったアンバランスが生まれます。人の幸福はもっとトータルなもの。仕事で社会的責任を果たし、その流れの先で自分自身も幸せになるのが理想的ではないでしょうか。この考え方に立つことで、初めて自分の仕事の価値を高める意欲が湧いてきます。職場・家庭・友人関係、すべての社会における自分の役割を考えられるようになるのです。