加地倫三の名言

加地倫三のプロフィール

加地倫三、かぢ・りんぞう。日本のTVプロデューサー、演出家。神奈川県出身。上智大学外国語学部卒業後、テレビ朝日に入社。スポーツ番組担当として『ワールドプロレスリング』ディレクター、『全日本大学駅伝大会』総合演出などを務めたのち、編成制作局に異動しバラエティ番組制作に携わる。『アメトーク』をはじめヒット番組のプロデュースや演出を担当した。

加地倫三の名言 一覧

モノ作りは志がすべて。番組も企画も、すべては作り手の人間性がにじみ出る。人間の根本が歪んでいたら、いい仕事はできない。


自分がすべての仕事をやっていたらキリがない。やるべきことに時間を充てるためには、うまく任せることが大切。


きっかけは何でもいい。自分の強みを持ち、それを生かすことが大切。


普通ならやらないくらい長い時間をかけてみる。すると、みんなが驚く企画ができあがることもある。


失敗したっていいから、とにかく自分の頭で考える。僕自身、何かを学んだのは、決まって失敗をしたときでした。成功から何かを学んだことなんて、めったにないですよ。


テレビ界に入ってくる新人によくいうのは、「人の企画をパクるな」ということ。パクリって、癖になると本当にまずいんです。脳というのは使わないと、どんどん退化していきますから。


自分の希望部署にいけなくても嫌々やるな、といいたいですね。一生懸命やってその部署のスペシャリストになれば、その経験があとあとやりたいことをやるときに必ず活きる。逆に、嫌々やっていたら何も身につかず、希望部署に移れたとしても、それまでの数年間がムダになってしまうじゃないですか。


僕は入社してから4年間、スポーツの担当だったんです。希望はバラエティーだったんですが、スポーツをやったことで、最初からずっとバラエティーだった人よりいまは仕事の幅が広い。多少の遠回りはしたほうがいいんです。


企画がマニアックな回の収録前は、芸人さんたちのほうが「これで大丈夫なんだろうか」と不安がっていたりするんです。そういうときは、最初に「今回はダメならDVDの特典映像に回すんで、のびのびやって」という。そうすると、安心してもらえます。人間、不安があると力が出ませんから、そのへんは気をつかっています。とにかく演者には心置きなく自由にハジけてほしいので。


「面白いですね」「毎週観ています」といわれても、「そんなこといったって、飽きれば観なくなるでしょ」とすぐ思ってしまう。僕自身がそうですから。それだけに、「視聴者はいついなくなるかわからない」という危機感は、つねにあります。


飽きられない努力をすることが大事です。それにはやっぱり新しいものを探すしかないんです。焼肉でも毎日食べていたら飽きちゃうでしょ。でも、視聴率を気にすると、どうしても焼肉、焼肉となる。そうやって守りに入るから、すぐに飽きられてしまうんです。だから僕らは、あえて視聴率を落とすという意識で、新しいことにチャレンジする。それがなくなったら終わりですから。


視聴率はほとんど気にしていません。それを気にしすぎて駄目になっていった番組を、僕は過去にさんざんみてきましたから。


番組づくりで一番大切にしていることは、つくっている自分たちが面白いと思えるかどうかですね。もちろん、「自分たちだけが面白くて、視聴者はまったく面白くない」という、たんなるマスターベーション番組にはしたくありません。だからといって、大衆ウケだけを狙ったものは絶対にやりたくない。マニアックなことをやって、なおかつ、ある程度の人に面白いといってもらえる。そういう番組をめざしてつくっています。


スケジュール調整などはほかのスタッフに任せます。自分の能力を一番発揮できる「演出」に精力を注ぎたいのです。例えば、僕が出演者とのスケジュール調整までやってしまったら、その分、演出に使える時間が減り、番組の質が落ちるかもしれない。それなら、演出以外の業務は、信頼できる、別のスタッフに任せた方がいい。


加地倫三の経歴・略歴

加地倫三、かぢ・りんぞう。日本のTVプロデューサー、演出家。神奈川県出身。上智大学外国語学部卒業後、テレビ朝日に入社。スポーツ番組担当として『ワールドプロレスリング』ディレクター、『全日本大学駅伝大会』総合演出などを務めたのち、編成制作局に異動しバラエティ番組制作に携わる。『アメトーク』をはじめヒット番組のプロデュースや演出を担当した。

他の記事も読んでみる

井上聡(経営者)

ボリビアで出会った貧しいアルパカ農家の人々はとても明るく、ずっと人間らしい生活を送っている。我々のほうがむしろ、人間らしさを失ってしまっているような気がしています。エコノミーはすっかり不自然になってしまっており、各地でひずみを生み出している。それはやはり「常に上を目指すべき」という発想が原因だと思うのです。


大崎洋(大﨑洋)

これから会社を動かすのは、若い人たちや。


山本良一(経営者)

マーケットの変化に対応できなければ壊滅。


北島素幸

じゃあ、社長も運転手つきの車をやめて、調理場を直してもらいたい。本気で店を再建したいなら、経営側も死ぬ思いをしたらいいと思います。
【覚書き|総料理長として店を再建してほしいといわれたときの発言】


美崎栄一郎

ときには、ムダな時間がかかる事態を予防する工夫も必要。たとえば取引先が急な要望を出してきた場合、「なぜそれが必要なのか」「本当に必要なのか」を確認します。すると、冷静に考えると必要なかったと判明することも多いのです。


横田雅俊

一回一回のアプローチが蓄積されて財産になる。案件ベースのアプローチでは、案件が不発に終わったり、案件が終了した時点で顧客との関係がいったん白紙になってしまう。顧客との関係性をゴールに継続アプローチをすれば、案件が取れても取れなくても、関係性が積みあがっていく。関係性の蓄積は大きな武器だ。初めてアプローチしてきた営業担当者より、過去に何度かやり取りして自社の課題を知っている営業担当者のほうが話は早い。


やくみつる

自分の珍品コレクションは「お金で買えない物」というのが基本スタンス。いろんな物を集めているので、毎日何かしらが増えていく。人からすれば、どんなしようもない物でも、自分にとっては毎日、一瞬の喜びを与えてくれているんです。


伊庭正康

人にはそれぞれ偏った考え方のクセがあります。そうした傾向を把握していれば、ストレスの負荷が高いときに、偏った考えを自分で補正できるようになります。


小島慶子

いい大人になると、「あまり怒っちゃいけない」みたいな空気がないですか。特に「女は怒るとみっともない」なんて言われたりすることもあって……。でも、怒ることが悪いことのようにあまりに思い過ぎちゃうと、怒れない形で自分の不平不満を出すことになるので、陰湿になるような気がするんですよ。そっちのほうがよっぽどお互いに嫌な感じになるから、私は怒ってもいい気がするんですけどね。


高島宏平(髙島宏平)

「受信力」を上げることは、「発信力」を上げることにもつながる。


澤上篤人

暴落相場なんてマスコミ中心に大騒ぎするから誰でも分かる。そこで買っておけばよいだけのこと。暴落時に買っておけば、どこで売っても利益となる。


渡瀬謙

相手の知識レベルを知ったうえで、万人向けの説明ではなく、あなた向けの説明をする。そうすることで初めて、相手から「この人の言うことは信用できる」と思ってもらえるのです。


山口哲史

私の場合、身体の調子が悪くなるとツキも離れていくんです。だから、ランニングで身体を動かして、健康を保っています。走っていると自分のリズムが戻ってくる。私にとっては欠かせない時間です。この習慣を始めてから業績が上がるようになりました。


川野幸夫

リーダーは、周囲の人に「この人はリーダーにふさわしい」と自然に認めてもらえる存在になる必要がある。人間としての生き方、哲学、普段の振る舞いなど、様々な部分が優れている。そう思ってもらえる人格を身につけようと、努力し続けなければなりません。


渡瀬謙

絶妙なタイミングで、何かを決断した理由やその時の気持ちを聞かれると、つい話してしまうのが人間の心理です。そこで話が盛り上がると、こちらが聞いてもいない話までしてくれます。相手との距離がぐっと縮まります。


ページの先頭へ