名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

功刀浩の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

功刀浩のプロフィール

功刀浩、くぬぎ・ひろし。日本の医学博士、精神保健指定医。東京大学医学部卒業、ロンドン大学精神医学研究所留学。帝京大学医学部精神神経科学教室講師、早稲田大学客員教授、国立精神・神経医療研究センター神経研究所疾病研究第三部部長などを務めた。著書に『こころに効く精神栄養学』。

功刀浩の名言 一覧

認知症予防のために誰もがすぐに取り組めるのは、食事内容の改善です。食べ過ぎは肥満やメタボリック症候群などを引き起こし、脳の老化を促進します。運動も認知症予防には効果大です。


効果がある薬は使われるべきなのは言うまでもありません。ただ、医療費抑制や先制医療を考えると、病気になる前に予防することが大事。生涯健康脳という観点から、食事を含めた生活習慣を変えていくことが重要なポイント。


功刀浩の経歴・略歴

功刀浩、くぬぎ・ひろし。日本の医学博士、精神保健指定医。東京大学医学部卒業、ロンドン大学精神医学研究所留学。帝京大学医学部精神神経科学教室講師、早稲田大学客員教授、国立精神・神経医療研究センター神経研究所疾病研究第三部部長などを務めた。著書に『こころに効く精神栄養学』。

他の記事も読んでみる

佐々木常夫

部下にもいろいろなタイプがいる。何も言わなくてもどんどん仕事をする人もいれば、性格的にひねくれた人もいる。どうしてもウマが合わないタイプもいるだろう。だがどんな部下でも、一人ひとりが貴重な戦力である。


向井理

自分には役者としての責任があります。自分が演じる役は、自分が一番詳しくなければならないと思っています。


吉山勇樹

成長には「もうこれでいい」という到達点はありません。ですから、明日、将来の行動管理を徹底するため、今晩も手帳を開くのです。


村口和孝

新規事業は、既存市場であるか新規市場であるかによって若干様相は異なるものの、他人様である顧客と、同じく他人様である仕入先、競合先を相手に事業を立ち上げてゆくのだから、必ず計画通りなどは行かず、まず間違いなく当初の計画は失敗する。私の経験では100%失敗すると言っても良い。


天坊昭彦

2006年、出光は上場を果たしました。メディアはオーナーに上場を承諾させた立役者として、私を「大胆だ」「度胸がある」と形容しました。しかし、私は決して度胸があったわけではないし、上場は私一人の力で実現したわけではありません。立場上、オーナーと一対一で話をする場面もありましたが、私は極力会議の場で上場の必要性を説くようにしました。こういう場合は、陰でこそこそ動くのが一番危険だからです。そのうち土地の値段が下がり始め、内部統制の強化が叫ばれるなど、私が予見していた問題が次々と現実のものになっていきました。私はこうした機会をとらえては上場の必要性を力説し、徐々に周囲を巻き込んでいきました。


熊本浩明

欧米企業は一定程度はローカルに任せつつも、つぶさにモニタリングし、必要な情報を収集して意思決定していく。日系企業に比べると、その辺りのバランスの取り方がうまいように感じます。日系企業によくあるのは、経営層が何度も現地入りするなど、必要以上に深く入り込み過ぎてしまう。あるいは、ほとんどローカルに丸投げしてしまう。両極端なのです。


立川志の輔

べつに稽古は好きではありません。ただ、覚えたことをすぐに確認したいと思うことはよくあります。


戸塚隆将

ゴールドマン・サックスやマッキンゼーの社員は、皆一様に白いシャツ(または無地の薄いブルー)にダークスーツという、まるで制服のような驚くほど没個性な服装が特徴。彼らが外見で重視しているのは、あくまでも「清潔感」。決して「個性」を強調するものではありません。


藤井孝一

企画書でも原稿でも書き上げたあとしばらく寝かせておくと、第三者が書いたもののように客観的に見られるようになり、書き上げた直後には気づかなかった修正点が見つけやすくなります。だからこそ、締め切りギリギリではなく余裕をもって仕上げ、提出前に再確認することで精度を上げることができるのです。


長嶋由紀子

よく中間管理職とは、「上と下の板挟みになる窮屈なポジション」と言われますが、そのように捉えていたら、ずっとそこから抜け出せないのではないでしょうか。もっと自分の立場の優位性に目を向けるべきです。


枝廣憲

私の大事な信念に「リスクを取らないことはリスクである」というものがあります。自分自身の過去を振り返っても、リスクを恐れて実行できなかったことが多くあるという学びがあります。学生時代に留年や友人と離れることを懸念して留学を断念し、社会人になってからも日常業務に忙殺されてしまった結果、多くの出会いの機会やスキル取得のチャンスを逸してきました。今、その時のツケを払っている有様です。リスクを取れば良いということではなく、リスクの大きさやその先にある可能性を見極める習慣を身に付けるべきであるという意図で、弊社の標語として創業当時より掲げております。


本城武則

日本語をシンプルに変えていけば、実は英作文は簡単です。いきなり英語で書こうとせず、まずは日本語で言いたいことをまとめてみてください。その際、主語と述語をはっきりさせると訳しやすいです。