名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

功刀浩の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

功刀浩のプロフィール

功刀浩、くぬぎ・ひろし。日本の医学博士、精神保健指定医。東京大学医学部卒業、ロンドン大学精神医学研究所留学。帝京大学医学部精神神経科学教室講師、早稲田大学客員教授、国立精神・神経医療研究センター神経研究所疾病研究第三部部長などを務めた。著書に『こころに効く精神栄養学』。

功刀浩の名言 一覧

認知症予防のために誰もがすぐに取り組めるのは、食事内容の改善です。食べ過ぎは肥満やメタボリック症候群などを引き起こし、脳の老化を促進します。運動も認知症予防には効果大です。


効果がある薬は使われるべきなのは言うまでもありません。ただ、医療費抑制や先制医療を考えると、病気になる前に予防することが大事。生涯健康脳という観点から、食事を含めた生活習慣を変えていくことが重要なポイント。


功刀浩の経歴・略歴

功刀浩、くぬぎ・ひろし。日本の医学博士、精神保健指定医。東京大学医学部卒業、ロンドン大学精神医学研究所留学。帝京大学医学部精神神経科学教室講師、早稲田大学客員教授、国立精神・神経医療研究センター神経研究所疾病研究第三部部長などを務めた。著書に『こころに効く精神栄養学』。

他の記事も読んでみる

蔵田理

要領がいいという言葉がある。一般には、「無駄がなく手際が良い」という意味と「表面だけはいいように見せかけて、実際には手を抜く」といったどちらかというと少し悪い意味に使われることもある。しかし、このようにも解釈ができる。要領がよいとは、要と領がよい、と。これは人間の体で要は腰、領は首筋を意味し、腰から首筋までがキッチリと伸びている。すなわち姿勢の良さを意味するのである。心と体は表裏一体。失敗して落ち込んでいるときは、人間は姿勢が崩れ、自然とうつむいてしまう。良い姿勢を保つことは相手に信頼感と良い印象を与える。


外山滋比古

持っているお金を3分割して3分の1は生活費に充て、もう3分の1はもしもの時のために取っておく。そして残りの3分の1で株式投資をする。そうすれば仮に株の運用資金がゼロになっても、生活に支障を来すことはない。株では新たな生きがいを得たり、会社を辞めて切れた社会との結び付きを取り戻したりというように、得られるものも多い。


ロバート・キヨサキ

金持ち父さんは、「あらゆる事柄について広く浅く知識を身に付けること」が最善の策だと考えていた。だから、何かの専門的な職に就くより、会社の様々な部署で働き、いろいろなスキルを身に付けることのほうが大事だと私に教えた。金持ちになる最善の方法は、社内の各部門の専門家たちを指揮して働いてもらうことだと知っていたからだ。


大串亜由美

プレゼンのまとめの部分でも、聴き手を動かすためにひと工夫します。「以上です」「これで終わります」「ご静聴ありがとうございました」はNG。「ご質問はありませんか?。」「今日はお聞きいただけて嬉しかったです。来週、もう一度サンプルをもってうかがいます」というように、次のアクションにつなげる工夫をして、その場で終わらせないようにします。これだけで、プレゼンの効果はグッと変わります。


藤田晋

いいときに傲慢にならないことが大事ですよね。いいときって、プライドがすごく高くなったり、結構いろんな人を怒らせてしまう。それに、短期的な評価に満足して、長期的に手を打っておかなきゃいけないことをやらなかったりする。そういうことがないように、僕自身も戒めているし、社内でもそう言っています。


高城幸司

自分なりの武器を持つことは何よりも大切だ。会社にとって重要な人物であれば、大波が寄せても足もとをすくわれずに済む。


水尾順一

企業がセルフ・ガバナンスで自浄作用を発揮できる組織になるには、社員たちが「よいこと」を率先して行なう文化をつくることも重要。


前澤友作

人生は一度きり。楽しくやった方がいいでしょう? それができていない最大の原因は本人が「楽しもう」としていないからですよ。


秋元康

人生を振り返ると、90%は先人たちの言っていることのほうが正しい。だから、制限を外して考えることの難しさはよくわかります。でもそれを乗り越えなければ、新しいものが生まれないのも確か。そう考えると、発想法の前に、まずはセオリーからはみ出す「勇気」を持つことが必要なんだと思いますね。


松井道夫

松井証券は取引のない土日を利用して、システムのメンテナンスをしょっちゅうやっています。迷惑を重々承知のうえでね。お客様には迷惑がかかるけど、突然ドカンとシステムダウンするよりはいいでしょう。


大泉洋

毎年誕生日ごとに、今年はどんな年にしようかなとザックリとした目標を掲げるんですよ。去年は「肉体改造」。今年は「修得する」ですね。いろんなことが修得できればいいかなと思っています。それは仕事に限りません。いま、書道を習ってるんですよ。


川西賢志郎

去年の夏に、活動拠点を大阪から東京に移したのを機に、やったことがない仕事にチャレンジできる機会は確実に増えました。なかなか大阪気分が抜けなくて、東京に拠点が移ったんだって思えるようになってきたのは、最近ですね。