名言DB

9412 人 / 110637 名言

功刀浩の名言

twitter Facebook はてブ

功刀浩のプロフィール

功刀浩、くぬぎ・ひろし。日本の医学博士、精神保健指定医。東京大学医学部卒業、ロンドン大学精神医学研究所留学。帝京大学医学部精神神経科学教室講師、早稲田大学客員教授、国立精神・神経医療研究センター神経研究所疾病研究第三部部長などを務めた。著書に『こころに効く精神栄養学』。

功刀浩の名言 一覧

認知症予防のために誰もがすぐに取り組めるのは、食事内容の改善です。食べ過ぎは肥満やメタボリック症候群などを引き起こし、脳の老化を促進します。運動も認知症予防には効果大です。


効果がある薬は使われるべきなのは言うまでもありません。ただ、医療費抑制や先制医療を考えると、病気になる前に予防することが大事。生涯健康脳という観点から、食事を含めた生活習慣を変えていくことが重要なポイント。


功刀浩の経歴・略歴

功刀浩、くぬぎ・ひろし。日本の医学博士、精神保健指定医。東京大学医学部卒業、ロンドン大学精神医学研究所留学。帝京大学医学部精神神経科学教室講師、早稲田大学客員教授、国立精神・神経医療研究センター神経研究所疾病研究第三部部長などを務めた。著書に『こころに効く精神栄養学』。

他の記事も読んでみる

小田真弓(加賀屋女将)

旅館は家。客室係は私にとって大事な娘です。親なら、自分の娘につらい仕事はさせたくないと考えるのが心情です。しかも料理の運搬は、重労働で、モノを運ぶだけです。お客様への気働きには何の関係もありません。料理の自動運搬システム導入で、客室係の負荷が軽減できました。


藤田晋

日頃の情報収集や下調べを怠らない人は、話をしていると「理解が早い」と感じますし、とても賢く見えます。ビジネスで関わる人が発信している情報は、ツイッターであれ何であれ、手に入れておいて損することはありません。SNSをチェックするだけで、相手の仕事に対する考え方から興味関心まで把握できるのですから。


関谷英里子

3日坊主でもいいと思います。それよりも最初の一歩を踏み出した自分を褒めてあげてください。どうせ続かないからといって行動を起こさなければ、何ひとつ手に入りません。何より、いつか始めようと思って足踏みしていること自体、最大の機会損失であることに気づくべきです。


天野豊美

IT業界では離職率が10%近い会社が多いのですが、当社はお陰様で4%。これは当社のプロジェクト管理体制がしっかりしているからです。要するに、徒弟制度。技術の伝承はもちろん、プライベートでも面倒を見ます。例えば、独身社員が病気で出社できなくなると、必ず他の社員が自宅まで行って見てきますからね。


古森重隆

注意深く見ると、一見無関係に見え、雑多にも見えた情報同士を結ぶ因果律が浮かび上がってくる。いくつかの事実の背後に横たわる流れが見えてくる。「1週間前のあの出来事があったから、いまこれが起こっているんだな」というように、事実を位置づけられるようになってくる。そして今度はその延長上にある「先」を見通すことができるようになる。


田中靖浩

事業撤退というと、経営サイドや経営企画部内の問題として片づけられやすいが、現場が数字で実態を認識することで、コスト意識の改善に目覚め、赤字是正のチャンスにつながる可能性があります。部門別貸借対照表で全員が実態を理解できれば、今後の売上とコストの見通しも立ちます。どの数字を改善すれば再生可能か、あるいは諦めるべきかを考えるベースになります。こうした数字の裏付けなしでは、議論は感情論に流されかねません。


童門冬二

自分に学ぶことも大事。それまで自分が生きてきた間に積み上げてきたものが誰にもあるはず。それを信ずるのです。


片岡愛之助(6代目)

上方の二枚目を演じるときは三枚目(滑稽で何をしても憎まれないキャラクター)を演じるようにっていう教えがあって、そうするとはんなりしたおかしみが出る。


日比野弘

ラグビーは自分の手柄を考えないで、チームの捨て石になり、その結果をみんなで喜び合うスポーツです。だから、トライをしてもガッツポーズをするのではなく、ボールをパスしてくれた皆に感謝するという精神が大切です。その考え方はラグビーに限らず、人生に広く通用するはずです。


村田昭治

負け犬の思い込みは、自分の弱点を知り、それを克服していくプロセスのなかで消えていき、自分の持ち前の「力」を発揮していこうという気持ちをつくっていくもの。


中山哲也

経営トップと社員の自己満足意識が衰退へと導く。


三浦雄一郎

老いぼれるのは結局、自分で諦めているんですよ。年を取ると、できない理由ばかりを一生懸命考え始めるんです。


村田昭治

企業は考え方を常に柔軟にしていくことが大事ではないか。そのためには過去にさまざまな経験をもった企業との接触、コミュニケーションを密にし、その場で得た教訓を大切に活かしていくことも必要だろう。


おおたわ史絵

日の光に当たれば自然に目が覚めるように人間の身体はできています。目が覚めたら、カーテンを開ける。そうすれば、脳のなかの時計がリセットされるといわれています。さらに窓を開けて、5分でもいいので日照を浴びれば、すがすがしい朝を迎えることができるでしょう。


大坂靖彦

私たちは長い間、過去から現在、現在から未来という流れで物事を考えてきました。過去の影をいくばくか引きずって今を生きています。しかし、その延長線上に大きな夢は描けません。人生設計の本来の素晴らしさは、未来ありきなのです。未来へワープして、そこから逆算して現在を見る。人生設計のよさは過去をいったん捨ててしまえるところにあります。