名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

力道山の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

力道山のプロフィール

力道山、りきどうざん。日本のプロレスラー。第二次世界大戦後、日本のプロレス界の礎を築き、日本のプロレスの父と呼ばれる。二所ノ関部屋に入門し、関脇に昇進するが角界から引退。日系人レスラーのハロルド坂田と出会いプロレスに転向する。ホノルルで修業したのち日本プロレス協会を設立。数々の名勝負を行う。暴力団員に刺され、入院中に死亡

力道山の名言 一覧

男が人の上に立って成功するには、方法はたった一つしかない。それは過去に誰もやったことのないことを、一生懸命やることだ。


人間窮すれば通ずるものだ。手が使えなければ足を使う。足が使えなければ噛みついても試合はできる。


力道山の経歴・略歴

力道山、りきどうざん。日本のプロレスラー。第二次世界大戦後、日本のプロレス界の礎を築き、日本のプロレスの父と呼ばれる。二所ノ関部屋に入門し、関脇に昇進するが角界から引退。日系人レスラーのハロルド坂田と出会いプロレスに転向する。ホノルルで修業したのち日本プロレス協会を設立。数々の名勝負を行う。暴力団員に刺され、入院中に死亡

他の記事も読んでみる

石井貴士

「集中力のある人、ない人」というものは存在しない。最初の50分間をムダにした人が、その間ネットサーフィンをしていたとしたら、それは「ネットサーフィンに集中していた」ということです。集中はしているのです。集中状態は誰でも等しく入れるもの。問題は、その集中状態を適切にコントロールし、目の前の仕事に向き合えるかどうかです。


永守重信

年を取ると経験は深くなるけど、体力は落ちる。経営者にとって大事なのはバランス。せっかく、経験値が積み重なってくるのだから体力を維持できたら、これはもう最強ですよ。健康で、体力があって気力が充実していれば、夢が持てる。もっと良い会社にしよう。問題をもっと早く解決しようとね。


中村信仁

仕事でも人生でも、上手くいかないことがあるのは当たり前です。思い通りにならないからといって、すぐにへこんだり投げ出したりするのは、ただのわがままです。もしそういう気持ちになったときは、「いま自分は試されている」と思って、とるべき行動を考えて欲しい。


吉岡知哉

これだけ激動してくると、どうしても目先のところで対応をしてしまうことはやむを得ないと思いますが、その時に、この企業は何のためにあるのかという原点を見失ってしまうと、その企業の良さがなくなってしまうのではないかと思います。


佐々木常夫

日本の製造現場では生産性を上げるための工夫が日々こらされ、マニュアル化も進んでいます。ところが同じ企業でもホワイトカラーにはマニュアルはなく、新人が入ってきても、先輩が「おれのやり方を見て覚えろ」と言うだけ。これでは若い人は育ちません。みんなでもっと議論して、それぞれの会社の実態に即した仕事マニュアルをつくり、生産性を高める意識を共有すべきなのです。それは誰よりも経営者が考えるべきことです。


モーリアック

私たちの人生は、私たちが費やした努力だけの価値がある。


午堂登紀雄

結果の出せないサラリーマンは、儲けようという意欲が低い。自分の環境は誰かから与えてもらうものだという意識が強く、自分から積極的に何とかしようということよりも、会社や社会、他人のせいにするような話をすぐします。そうした人は自分と意見が合う人とだけで群れて、お互いに癒やし合って終わってしまう。


片田珠美

大切なのは、できるだけ周囲の人に話すこと。一人で抱え込まず、誰かに話を聞いてもらうことで楽になることもあります。また、同僚や別の上司、他の部署の人に相談することで、意見がもらえます。日頃から相談できる人間関係をつくっておきましょう。


室田淳

優勝もそうだけど、昨日できなかったことが、今日はできる。「この難コース、ついにアンダーパーで回れた!」とかね。この達成感が次への原動力になっている。


伊達政宗

重大なことは人に相談せず、自分でじっくり考えて結論を出すといい。


清水正孝

昔(の東京電力志望者)は「東京電力に入りたい」という安定志向が強かったのは否めません。現在は、「東京電力に入って、こういう仕事をしたい」と職種に対する意識が明確です。燃料調達など「商社的に国際舞台で活躍したい」とか、「自分の専門の法務の仕事を」など、答えが具体的です。昔は「何をやりたいの?」と聞くと、「まあ企画あたりを」などと漠然としていましたから。
【覚書き|事業者用電力自由化前後で人材がどう変わったかとの質問に答えた言葉】


伊藤洋一(エコノミスト)

人間は職業を創り出す生き物です。たとえば、野球選手という職業は江戸時代にはありませんでした。逆になくなった職業もあります。だから、いまある職業に自分がはまらないと思っても、新しい職業を作ればいい、というくらいの気持ちを持ちましょう。私たちは常に、動的な社会にいるのだと考えるべきです。