劉海涛の名言

劉海涛のプロフィール

劉海涛、りゅう・かいとう。中国人経営者。家電ECサイト「ECカレント」などを展開する「ストリーム」社長。中国安徽省出身。来日し東京商船大学流通情報工学部卒業後、亜土電子工業勤務を経てストリームを設立。

劉海涛の名言 一覧

成長し続けるには変化に対応できるかどうか、それが一番大事。


ベンチャーの良さはスピード感です。


一番重要なのは、サイトの方向性や機能性です。常に必要に応じてリニューアルしていけば、まだまだ伸びると信じています。


情報が多いほど、効率化が必要になってきます。弊社は情報を整理して、お客様に必要なものを必要なだけ出していくことで、コストダウンを可能としてきました。


劉海涛の経歴・略歴

劉海涛、りゅう・かいとう。中国人経営者。家電ECサイト「ECカレント」などを展開する「ストリーム」社長。中国安徽省出身。来日し東京商船大学流通情報工学部卒業後、亜土電子工業勤務を経てストリームを設立。

他の記事も読んでみる

三谷宏治

会議などで短時間で正しい結論を導き出す方法はあります。それがQ&Aの力です。ポイントはふたつ。

  1. 発言者は「一番大事なこと」を見極め、「大戦略(大きな方向性)「効用(中目標)」「手段(最終的に選ぶツールや戦術の優先順位・取捨選択)」の三段階に構造化して案を提示すること。
  2. そのうえで、それぞれの階層の中身について全員で「逃げずに聞き、問い、答える」という姿勢で質疑応答(Q&A)すること。

当たり前のことのように思うかもしれませんが、日本で行われている会議の99%はこれができていません。


ウィリアム・ヒューレット

人間は、男女を問わず誰でも、いい仕事、創造的な仕事をしたいと思っている。それにふさわしい環境に置かれれば誰でもそうする。


南部靖之

僕に先見性はありませんよ。あるとしたら、いろんな人から話を聞いて、その声を吸収することと、一度始めたら途中で諦めないこと。


水田正道

我々のビジネスは、泥臭いところで勝負していかないといけない。日々の積み重ねが大切。


風間八宏

僕は、何かを始めるとき、実現可能かどうかはあまり考えないんです。むしろ、本気で望んでいることかどうかを考える。本気じゃないと、実現できない壁ばかりに目がいってしまう。逆に、本気で望んでいることなら、「どうすれば実現できるか」を必死に考えるでしょ。


野村克也

勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし。


二宮清純

これだけは誰にも負けない。そう言い切れる技術を持つ選手は、そう簡単には淘汰されることはない。


福嶋康博

創業者は自らの退職を決めたら、早めに経営から退き、後継者にすべてを任せるべきです。取締役に残ると自分の意見を押しつけてしまい、新社長は自らの決断を行えなくなります。


北野武(ビートたけし)

料理人に会ったら料理のこと、運転手に会ったらクルマのこと、坊さんに会ったらあの世のことでも何でも、知ったかぶりせずに、素直な気持ちで聞いてみたらいい。自慢話なんかしているより、ずっと世界が広がるし、何より場が楽しくなる。たとえ知っていたとしても、一応ちゃんと聞くのだ。そうすれば、専門家というものは、きっとこちらの知らないことまで話してくれる。井戸を掘っても、誘い水をしないと水が湧いてこないように、人との会話にも誘い水が必要なのだ。


土屋敏男

「ユーラシア大陸横断ヒッチハイク」では世の中が感動のゴールを期待していたので、裏切ってやろうと思いました。ゴールしてホッとしている猿岩石に、突然航空券を渡し、アメリカ大陸縦断ヒッチハイクを命じました。感動のゴールを期待していた視聴者から、抗議電話が千本くらい来ましたよ(笑)。でもそうすることで、翌週も見たくなる効果を狙ったんです。


宮内誠

リーマンショック直後のタイミングでのスタートは「機会」という言葉に尽きます。確かに状況は最悪でしたが、「これ以上、悪くはならない」と前向きにとらえようとしていました。それしか、自分たちを奮い立たせる言葉がありませんでした。


夏目漱石

焦ってはいけません。根気づくでお出なさい。世の中は根気の前に頭を下げることを知っていますが、火花の前には一瞬の記憶しか与えてくれません。うんうん死ぬまで押すのです。


澤田秀雄

ビジネスモデルを変える。あるいは今までの資産を捨てるとなった場合、創業者でありオーナー経営者であることが有利に働きます。すべてのことを把握しているため決断のスピードも速いし危機感も強い。だからこそ思い切った手が打てる。捨てる決断もできる。捨てる決断をすれば、一時的には大きな打撃を受けますが、他の部門が育ちます。未来を見据えればどちらが正しいかは言うまでもありません。


木村惠司(木村恵司)

人間には、皆それぞれにいいところがあります。感性に優れた人、フットワークが軽く実行力のある人、スキルに長けた人などなど。こうした各人の長所を組織としてどうやって活かすか、何事においてもそれが最終的に雌雄を決することになるのではないでしょうか。


橘玲

潜在意識に働きかけて相手をコントロールする手法は、コマーシャリズムからマルチ商法や詐欺商法、政治の世界まで、いまやあらゆるところで形を変えて使われています。こうした「神経マーケテイング」が、生活に侵入してくることは避けられませんから、私たちはいたずらに恐れることなく、できるだけ支配されないようにすることが大事です。そのためにはまず、相手の理論と技法を知ることです。「他人を支配する方法」があらかじめわかっていれば、それを使われても相手にのせられずに済みます。


ページの先頭へ