名言DB

9,502 人 / 112,123 名言

劉強東の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

劉強東のプロフィール

劉強東、りゅう・きょうとう。中国の経営者。「京東集団(JD.com)」CEO(最高経営責任者)。江蘇省出身。中国人民大学社会学系卒業、中欧国際工商学院(上海)工商管理修士。京東を設立し、中国ネットショップ最大手の一角に成長させた。

劉強東の名言 一覧

人生というものは計画的に進むものではありません。地に足を着け着実に仕事に取り組むことで進んでいくものだと改めて感じています。


創業したその日から、どこかの企業をコピーしようと考えたことはありません。京東のビジネスモデルは米アマゾン・ドット・コムとも米グーグルとも違います。我々は中国の実情や消費者のニーズ、リソースと向き合って、発展してきました。もし別の企業をコピーしていたら我々の成功はおぼつかなかったでしょう。


1週間も仕事を休むと、つらい。そう思うほど、私は仕事が好きなのです。だから、今後も仕事をして、会社を率い、いい結果が出ればうれしいですね。


我々の稼ぐ力は、売り上げの伸びと同じように高まってきています。ネットキャッシュフローは過去10年間、ずっと黒字。現金は200億元(約3400億円)あり、新技術に継続的に投資する基盤となっています。


多くの従業員を抱える怖さは、3~4年前はありましたね。でも、我々の管理の仕組みは以前よりも完全に近くなり、成熟してきました。世界で最も優秀な人材が集まっています。以前よりは自信がつきました。


起業した理由はとても単純です。私は農村に住んでいて、家はとても貧しかった。祖母が病気になっても薬を買うお金がなかったのです。早くお金を稼いで祖母に薬を買って病気を治してもらいたい。そう考えて店を構えました。


最大の強みは偽物への対応です。我々のサイト上では100%偽物がない。それは保証します。ハイエンドで品質も良く、価格も比較的高い商品を売ることにたけています。それが消費者の信頼獲得につながっている。だから、京東のサイトでは平均客単価が高い店舗が多いのです。


中国の若者の野心が徐々になくなっていることについて、私も懸念しています。日本の若い世代よりも深刻かもしれません。なぜなら一人っ子政策により、私たち世代の夫婦は4つも5つも不動産を持っています。一生働く必要はなく、一つの不動産を売れば10年や20年は食べていけます。このような考え方はとても危険です。


現時点では日本国内に住む中国人や中華系の方にサービスを提供したいと考えています。それ以上に重視しているのは、日本ブランドの商品を中国に持って行くことです。日本の商品を好む中国人は日に日に多くなっていますからね。今のお金を持っている中国の消費者は有名ブランド品だけでなく、ニッチなブランドを探し出したいと考えています。これは日本の中小企業にとってもチャンスです。


ドローンや無人倉庫などにはメンテナンスや維持管理に多くの人手が必要になるでしょう。3年前、社内では10年先には従業員数が世界で100万人に達する可能性があるとの見通しがありました。ただ、こうした新技術が登場することにより、確かにそれほど多くの従業員は必要なくなるでしょう。しかし、現在のような10万人を超える規模はやはり必要と考えます。


03年に北京でもSARS(重症急性呼吸器症候群)が流行した時のことです。従業員の安全のために店を臨時閉店することにしました。でもSARSがいつ終息するか分からない。我々経営陣はとても焦りました。そんなある日、マネジャーの一人が「対面での販売をしたくないなら、ネット上でモノを売ればいいんじゃないか」と言ったのです。これがEC事業を始めるきっかけになりました。


教育分野でも役に立ちたいと思っています。私の妻は公益活動に多くの時間を割いています。家族として様々な寄付をしています。その妻とも将来は教育分野に集中的に寄付をしようと話しています。貧困な農村の子供たちや大都市に出てきている農民工(出稼ぎ労働者)の子供たちの教育に携わりたいですね。それは私の子供時代とも関係しています。私が通ったのは村の小学校で、教育の質は決して良くありませんでした。国も十分な資金やインフラがなく、我々の学校から中学校に上がれる定員は2人だけでした。全部で44人いた生徒のうち、中学校に上がれたのはたった2人。42人は農民になるしかありませんでした。42人に進学する機会が与えられていたら、多くの人が社会にもっと大きな貢献をしていたでしょう。


確かに日本のいくつかの企業は今、苦しんでいます。日本の60年にわたる成功で、日本人の生活はとても良くなりました。このような環境では企業は慢心に陥りやすく、以前のようなイノベーション力や開拓精神がなくなり、競争力が徐々にむしばまれるものです。我々が日本の中小ブランドと協業について話すと、多くの場合、拒絶されます。今の商売が悪くないのに、なぜ中国市場を開拓しなければならないのかと。日本企業が快適な環境にいて、あまり新たな市場を開拓したくないということの証左でしょう。日本の若い人もあまり海外へ出なくなっているとも聞きました。


劉強東の経歴・略歴

劉強東、りゅう・きょうとう。中国の経営者。「京東集団(JD.com)」CEO(最高経営責任者)。江蘇省出身。中国人民大学社会学系卒業、中欧国際工商学院(上海)工商管理修士。京東を設立し、中国ネットショップ最大手の一角に成長させた。

他の記事も読んでみる

田中孝司(経営者)

フトバンクの孫社長と私はやっぱり違うと思います。私自身は一発勝負をする性格ではなく、世界の通信市場で3位になってやろうと思うこともありません。それよりも移ろいやすいユーザーを相手に、どうすれば満足感を与えられるかを考えることの方が重要だと考えています。


小嶋光信

当たり前に聞こえるかもしれませんが、経営者に必要なのは、やはり「常識を捨てよ」「やり抜け」です。


高橋智隆

リスクを承知でハードウエアに挑戦したい。十分に良いロボットができれば、素晴らしいコンテンツが生まれてくるからです。「ニワトリが先か、タマゴが先か」と問われれば、ニワトリが先です。そしてタマゴを沢山生むでしょう。


根岸孝旨

いま振り返ってみれば、まったくの無名で仕事に絶望していた頃の自分というのは、状況が悪かったわけではないんですよね。周りに流されて卑屈になっていた自分自身が駄目だったんです。だって、「俺なんて……」と思っている奴の演奏を聴きたい人なんていませんから。「聴いて欲しい!」という真剣な思いがなければ、音楽は伝わりません。


藤田晋

相手の立場になって考えて判断・行動するために必要な「想像力」。それが仕事の大きな武器になる。


永守重信

効率よく働いて早く仕事を終え、余った時間でスキルを磨く。そうすれば社員の能力もモチベーションも高まり、会社も成長していくという好循環が生まれるはず。


岡本正善

潜在意識に刷り込むには、毎日5分ほど目標を再確認することが大切。脳は現実とイメージを区別できないので、100回イメージすれば、100回同じ成功体験をしたとみなしてくれる。潜在意識がポジティブになる効果は絶大。


安藤忠雄

人間の体には栄養が必要ですが、体の栄養とは、食事ではなく運動です。それから、精神の栄養も必要です。これは好奇心です。


小山信康

エアコンの節約のために、図書館に行き、大好きな本を読みながら楽しい時間を過ごせたのなら、いい節約です。なにがなんでも支出を減らすのではなく、他に得られるものがあることも、節約を続ける上で必要な条件です。


平野友朗

催促メールのポイントは、自分の非を疑いつつ催促することです。送ったはずのメールが届いていないとか、送られてきた返事を自分が見逃しているという可能性もあるわけです。きつく催促してしまうと命取りになりかねません。こういう場合は基本的に下手に出るのです。


中尾清(経営者)

中国法人社長就任当初、現地スタッフは他人のせい、顧客のせいにして弁明する傾向が見られましたが、「自分の仕事にプライドを持て」と口を酸っぱくして注意すると、次第にわかってくれました。


ラルフ・ウォルド・エマーソン

私たちの強さは弱さから生まれる。秘密の力を備えた怒りは、私たちがこっぴどい攻撃にさらされ、つつかれ、刺されたりするまで目覚めない。人間は苦しめられ打ち負かされたとき何かを学ぶ。才覚を発揮すること、勇気を持つこと、真実をつかむこと、無知を知ること、節度や生きるための本当の技術を獲得することなどを