劉基の名言

劉基のプロフィール

劉基、りゅうき。中国の元から明にかけての軍人、政治家、詩人、軍師。浙江省温州文成県南田出身。元の末期に科挙に合格し地方官を務める。上司と衝突して退官。朱元璋の配下となり、軍師として明の建国とその後の安定に貢献した。諸葛亮に並び称される軍師。文筆家としても才能を発揮し、多くの著書を残した。

劉基の名言 一覧

よき人を疑う者は、人もまたこれを疑う。
よき人を防ぐ者は、人またこれを防ぐ。


劉基の経歴・略歴

劉基、りゅうき。中国の元から明にかけての軍人、政治家、詩人、軍師。浙江省温州文成県南田出身。元の末期に科挙に合格し地方官を務める。上司と衝突して退官。朱元璋の配下となり、軍師として明の建国とその後の安定に貢献した。諸葛亮に並び称される軍師。文筆家としても才能を発揮し、多くの著書を残した。

他の記事も読んでみる

高橋英樹(俳優)

自分の仕事に対して、どれだけ知識を持ち、深く深くかかわっていけるのか。興味というのは、止まるところがありませんからどんなものでも奥が深い。ですから、何事にも興味を持つこと。これが一番。


浅井浩一

実力がなくても、できる範囲でコツコツと頑張ることが重要だと思います。私も、営業所長になった時、できるだけのことはしようと思い、自転車をこいではすべての販売店の挨拶回りすることから始めました。すると、だんだんと周囲から助けてもらえるようになったのです。所長然とせず、部下と同じように汗をかけば、たとえ要領が悪くても、周りの人は共感し、力を貸す気になるのだと思います。


岡本友紀

30歳になる手前で「もうダメかも」と思ってしまって、2年ほど鍛冶の仕事から離れていました。派遣の仕事を見つけて働きましたが、やっぱり諦めきれなくて……。私の修行時代をよく知る人に「目が死んどる」と言われて、再びスイッチが入りました。師匠に電話をかけて、もう一度チャンスが欲しい、と頼み込んだんです。


加藤一二三

将棋の世界には、名人を決める順位戦というものがあります。全棋士がA級からC級2組までの各リーグに所属し、戦績によって昇降級する制度です。すべてのクラスで対戦した経験から、私はA級とC級2組の差は紙一重だとわかりました。そもそも、プロの棋士たちは天才の集団。誰がいつ勝ってもおかしくはないのです。逆もまた然り。トップの人間が落ちていくことも稀ではありません。つまり、いつでも下剋上できる可能性があるのです。


山本梁介

お客様からのクレームを「ラッキーコール」と呼び、次の戦略や戦術を生み出すための大切な要素だと位置づけています。


川村和夫

3年間で商品を約3割減らしました。小売業のPB(プライベートブランド)の受託も徐々にやめています。市場にPBが広がっていることもあって、メーカーが生きるには付加価値を高めていくしかありません。


似鳥昭雄

社員には採用時から「会社や社長のために働くなんて考えなくていい」と言い続けています。自己実現のために会社があるのだから、その会社を利用して成長してほしい。どんどん挑戦して、たくさん失敗してもらいたい。


藤川太(ファイナンシャルプランナー)

避けるべきなのは自分の親の成功体験から学ぶことです。収入と土地の値段が右肩上がりで上がった親の世代の成功体験は参考にならないどころか、そのまま真似するのは危険でさえあります。


米村でんじろう(米村傳治郎)

面白い発見は得てして偶然性が高く、遭遇するもの。でも遭遇するには試行錯誤しなければならない。知識からムリヤリ出そうとしても、出てくるものではない。


木村達央

私はいまでもファッションビルやショッピングセンターに頻繁に足を運んでいます。屋上から最下層のフロアまで、ファッションだけでなく、飲食店や雑貨店などもすべて見て回るのです。行き来する来店客の様子をじっと観察すれば、細かな流行の差異はわからなくても、時代の方向性は感じられます。


山岡勇二

「情報の共有」は「情報活用」の基本のキであり、営業職であれ技術職であれ、どんな会社のどんな部署でも有効ではないでしょうか。いまは情報を一人で抱え込むよりも、チーム全員で共有したほうが、それをベースに様々なアイデアや創意工夫、ノウハウが生まれ、より仕事の成果が高まる時代ですから。


澤田秀雄

どんな時でも、夢、目標、ビジョンを持つべき。先行きが暗くて、前が見えない。問題や失敗がある。「大変なこと」は、世の中にはたくさんある。しかし、「大変だ」と言ってばかりいても仕方がない。明るく考えるようにしてください。


孫正義

ひとつのビジネスモデル、ブランドに頼らない。それぞれが独立採算で、しかし「人々を幸せにするための情報革命」という理念を共通軸にして情報革命を遂行する。これが我々の基本的な考えです。成長が鈍っても一つのブランドに固執するわけではなく、そのポートフォリオで入れ替え戦が常に起こっていく。成長し続ける企業の集団。それが私の中でのイメージです。


小島慶子

私は「実感」をずっと伝えたかったんですよ。でも、放送局のアナウンサーではそれがかなわない。アナウンサーは決められたことを伝えるのが仕事で、番組でその場に合った役割を演じなければいけません。バラエティー番組では意に反しても、常に楽しそうな表情をしていないとまずい。それは当然のことで、局アナでいることによって恵まれた給料と待遇を得ていたわけです。でも、やっぱり、局アナとして振る舞うことは私に向かなかった。それで退社して、ラジオパーソナリティーになったんです。


吉田淳一(経営者)

多種多様な事業が並行する中、現場ごとのリーダーシップを高めて、それをうまく融合させていくことがトップには求められている。


ページの先頭へ