名言DB

9412 人 / 110637 名言

劉備玄徳の名言

twitter Facebook はてブ

劉備玄徳のプロフィール

劉備玄徳、りゅうび・げんとく。後漢末から三国時代にかけての武将。蜀の初代皇帝。関羽・張飛とともに義勇軍を結成し、黄巾の乱の鎮圧などを皮切りに勢力を拡大。明時代の小説「三国志演義」で主人公として描かれている。大きな度量をもって部下を信頼し、部下・民衆から信頼された

劉備玄徳の名言 一覧

これ賢、これ徳、よく人を服す。
【覚書き|息子の劉禅に対する遺書の一節。賢とは聡明さ、徳は人徳を表す。部下や国民を感服させ上手く用いるには、武力や権威ではなく聡明さや思いやりの方が重要だという言葉。関羽、張飛、諸葛亮などの有能な人物から信頼を受け国をつくり上げた劉備の人となりをよくあらわした発言】


劉備玄徳の経歴・略歴

劉備玄徳、りゅうび・げんとく。後漢末から三国時代にかけての武将。蜀の初代皇帝。関羽・張飛とともに義勇軍を結成し、黄巾の乱の鎮圧などを皮切りに勢力を拡大。明時代の小説「三国志演義」で主人公として描かれている。大きな度量をもって部下を信頼し、部下・民衆から信頼された

他の記事も読んでみる

小林喜光

経済産業省が主催した研究会で、トヨタ自動車の豊田章男社長に、「化学会社は自動車会社の奴隷だ。開発費は負担してくれないし、技術を取り上げられて終わるだけ。従属関係の解消をお願いしたい」と言いました。もちろん自動車会社への主張でしたが、業界や社内に向けてのメッセージでもありました。「下請け根性から脱して、素材が産業を引っ張るビジネスモデルを作っていこう」と。


小島貴子

日本人は質問する力が弱く、授業でも静かに聴くのがいいと考えている学生が多いようですが、それでは社会に通用しません。私の授業では、いつ指名してもすぐに質問できるように工夫をしています。「問いを立てる力」は「意見を構築する力」につながるからです。その点、外部講師の講座では積極的に質問する姿が見られ、頼もしいですね。


佐藤浩市

自分が楽しいと思わなければ、いい仕事ができないなんて意識ではプロ失格。「楽しくない」と思う現場だからって、投げ出してたら何にもならない。その仕事に対する取り組み方を自分で変えることが必要。


川路耕一

私は本当に周りの人に恵まれてきたと感じています。「証券営業の神様」と呼ばれた豊田(善一)会長に同社の成長を支えていただき、また光陽物産会長の荘司(紀夫)さんは商社業界で「エネルギーの神様」とも呼ばれた人です。こうした方々とのご縁をいただき、知恵をいただいたことが、我々グループの成長につながっています。今後も世界を舞台に様々な人の縁を広げていき、成長を続けていきたいと考えています。


野口敏(話し方)

日ごろからいい気持ちを笑顔で伝える習慣を持つことで、やがて自然な笑顔がつくれるようになります。たとえば、同僚から何かをしてもらったら「ありがとう」とちゃんと相手のことを見てお礼を言ったり、レストランの食事がよかったら、ウェイターさんに「美味しかったですよ」と伝えたりするといったことです。


新井淳子

心理学者のレナード・ズーニンが提唱する「初動4分の法則」を活用しましょう。嫌な仕事や厄介な仕事は後回しにしがちですが、最初の4分だけ無理にでも集中して頑張る。そうすると気分が乗ってきて、どんどん進むようになるのです。その結果、やる気も自ずと高まります。


鷹城勲

会社では地位としては私の方が上かもしれませんが、環境が違えば部下の方が私より上であることは多々あります。


斉藤恵一(セルフマネジメントプロデューサー)

人は自分の話を誰かに聞いてもらいたがっている。だから聞き役に徹し、それを引き出すだけで喜んでもらえる。


ジム・ウォルトン

われわれはイラク人民に自由を与えると同時に、財宝をも自由化しなければならない。


櫻井英明

株式市場は決して崇高な場所などではありません。相場は相場の中から生まれ、相場は理論や分析ではなく人の心理と心理の戦争で成長するものです。機械的なスクリーニングなどではなく、人間が主役であるべき企業を人間の目でみることが大切ということです。


後田良輔

営業では「売る」のではなく、「情報を共有する」「気持ちを共有する」という発想が大事なのです。


糸井重里

僕は「仕事をするのが嫌」というのが前提としてあるんです。小さいときから会社に勤めるのが怖くてしょうがなくて。夢に見るほど嫌でした。「何時から何時まで会社に来い」と言われて喜んで来る人がいるとは、僕はいまも思っていません。皆いつでも「どこかに遊びに行きたい」と思っている。そのことを前提に組織や仕事のあり方について考えてきたというのが本音なんですね。


犬伏泰夫

あらゆる交渉というものは、お互いの立場を尊重しながら誠意を尽くすことが基本となります。ディベートカや交渉術といったノウハウ的なものを否定はしませんが、それがあれば勝てるといったものではないように思います。


齋藤正勝

普通なら20年くらいかかるのを10年ぐらいで到達できたのは、相手に5を求められたら、必ず7とか10にして返してきたからです。


渡辺秀一(経営者)

ある意味では人は社風に染まっていきますよね。だから僕は、会社同士が合併する時のキーポイントは、カルチャーが似ていることだと思っています。基本的なカルチャー、例えば、人に優しくしようとか、そういうものが非常に大事になるのです。