前野隆司の名言

前野隆司のプロフィール

前野隆司、まえの・たかし。日本の工学博士。「慶應義塾大学大学院」教授。山口県出身。東京工業大学工学部機械工学科卒業、東京工業大学理工学研究科機械工学専攻修士課程修了、東京工業大学で工学博士号を取得。キヤノン勤務、カリフォルニア大学バークレー校機械工学科訪問研究員、慶應義塾大学理工学部機械工学科専任講師・助教授・教授、同大学院システムデザイン・マネジメント研究科教授・委員長、システムデザイン・マネジメント研究科付属システムデザイン・マネジメント研究所長を務めた。

前野隆司の名言 一覧

人の目を気にせず、自分のペースで努力することが幸せを長続きさせるコツ。


転職するときには、収入や役職ももちろん重要ですが、そればかりにとらわれず、仕事のやりがいなどにもしっかりと目を向ける必要がある。


知識や情報も、いったんカードなどに書き出し、目に見える形で整理すると、持ち歩かなくても考える時に取り出しやすくなります。ぜひ、試してください。


大きな目標を持っていること、大きな目標と目前の目標が一致していること、そして、そのために学習・成長しようとしていることが幸せに寄与している。


研修では、怒る上司役を交互で演じるロールプレイなどを行っています。すると、実際にいつも職場で感情的な上司が「俺って、こんなイヤな奴だったんだ」「これからもっと優しく言わなくちゃ」と反省したり。社内の雰囲気が急速に変わり、幸せ度も上がるという成果が出ています。


幸福度が高い人は、パフォーマンスや創造性が高く、一方で欠勤率は低い。それが企業業績に反映される。「従業員満足度」よりも、「従業員幸福度」の方が、収益性などの経営指標と関連が深いという先端的研究もあります。


なぜ「収入が高いほど幸せ」とはならないのか。その理由は、お金によって満たされるのは、あくまでも「生活満足度」だけで、「幸福度」ではないからです。「生活満足度」は、「幸福」をつくる要素のひとつにすぎません。


「生活満足」は持続時間の短い感情的満足です。家やクルマ、外食などの消費で得ることができますが、次第に飽きてしまうものです。一方、「幸福」とは、「生活満足」だけでなく、長期かつ安定的に心を満たしてくれるものです。友人とのつながり、築き上げた家族、今まで歩んできた人生の歴史に抱く充実感。これらは、「お金では買えないもの」だと言えます。「生活満足度」は他人と比べられるもの、「幸福度」は他人と比べられないもの、という言い方もできるでしょう。


イギリスの心理学者、ダニエル・ネトルは財には二つあると指摘しました。一つは、所得や社会的地位など、周囲との比較によって得られる「地位財」。もう一つが、社会への帰属意識や良質な環境、自由といった他人との比較とは関係なく得られる「非地位財」です。そして、非地位財によって得られる幸せの方が長続きするという特徴があります。


ビジネスの世界では、これまでの常識や必勝パターンが通用しなくなってきています。知識はしょせん「過去の情報」に過ぎません。これからの時代に求められるのは、前例にとらわれないアイデアを考えること。それは、知識に頼ってばかりいたらできません。思考力や発想力を高めるにはあえて「覚えない」ことが重要です。


知識や情報が豊富にあるほど、仕事に役立つことは多いと思われています。しかし現実には、多すぎる知識は、思考や発想を邪魔することも珍しくありません。実際、私のいる研究の世界でも「知識量は豊富だけど発想力に乏しい」という人は多い。むしろ最近は、知識量が決して多くない研究者が、画期的なアイデアを提案するケースが目立ちます。


仕事はペーパーテストではありません。必要な知識や情報は、記憶しておかなくても大丈夫です。インターネットの検索機能を利用すれば、大抵のことは調べがつきます。そして、世の中にある多くの仕事は、誰かと一緒にやるものです。職場には大抵、膨大な量の知識を覚えている人がいます。分からないことがあったら、彼らに聞いてもいい。日頃から周囲の人の得意分野などをメモしておくといいでしょう。


テーマが決まったら、まずは関連することを思いつくまま書き出します。カードを使うと便利です。例えばテーマが「プレゼン」なら、声の出し方やグラフの作り方、話の流れのチェック方法などについて書いていく。それを「人前での振る舞い」「資料の作り方」「話の構成」など、自分の好きなように、カテゴリーに分けます。「この知識や情報は、こういう時に使えばいいんだな」と、目に見える形で理解すると、必要な時に取り出しやすくなります。


前野隆司の経歴・略歴

前野隆司、まえの・たかし。日本の工学博士。「慶應義塾大学大学院」教授。山口県出身。東京工業大学工学部機械工学科卒業、東京工業大学理工学研究科機械工学専攻修士課程修了、東京工業大学で工学博士号を取得。キヤノン勤務、カリフォルニア大学バークレー校機械工学科訪問研究員、慶應義塾大学理工学部機械工学科専任講師・助教授・教授、同大学院システムデザイン・マネジメント研究科教授・委員長、システムデザイン・マネジメント研究科付属システムデザイン・マネジメント研究所長を務めた。

他の記事も読んでみる

山内溥

世界的なゲームソフト販売の低迷を考えれば今の日本のゲーム関連株は高すぎる。販売現場では消費者のゲーム離れが起こっている。『PS2』を見れば分かる。ソフト販売がゲーム機の販売本数を下回っている。本物そっくりで高精細な映画のようなゲームなんてナンセンスだ。


上西京一郎

価格に見合った価値を提供し続けることは何よりも重要。


柳川範之

されるかわからないリストラにおびえるのではなく、稼ぐ力をつけて自立するぐらいの気持ちが必要。いつでもセミリタイアできるぐらいの状況を作ることができれば、もっと人生を楽しむ余裕も生まれるかもしれません。


三井悠加

当時はまったく休みがなくて、ちょっと立ち止まりたかったんです。自分のキャリアを考えると新しい世界を経験したかったし、30歳になってからでは一歩踏み出せなくなる気がして。行くなら、29歳のいましかないなと。

【覚え書き|29歳のときにロサンゼルスに留学したことについて】


弘兼憲史

スーパーに行くのも大好きです。経済は語れても、ホウレンソウの値段を言えるビジネスパーソンは少ないでしょう。スーパーに行くだけで、世の中の生きた事象の1つに触れることができ、そこから経済の話につなげることだってできる。料理をしない男性も、たまにはスーパーで食材を手にとって、値段を見ながら選んでみてはいかがでしょう。これまで見えていなかった世界が、見えてくるかもしれません。


堤幸彦

どんな企画や作品にも、面白いところは必ずあります。だから僕は「この台本ではできないな」といった理由で断ることはまずありません。極端な話、アダルトビデオの仕事をいただいて、もしやることになったら、面白いところを見つけて一生懸命取り組みます。


小林りん

断られてしまった、ということを気に病んでもしょうがない。この人、私のことを未熟だと思っているんじゃないかとか、相手の言葉のウラを読んでも仕方がないと思う。それよりも、いってもらったことを額面通りに受け止めて、この人はどうしてこのプロジェクトが上手くいかないと考えているのか、という事実だけに目を向けます。


国谷裕子

最後は「できる限りのことはやった」という実感が背中を押してくれる。


桝村健右

起業した当時も現在もそうですが、この業界には何かを変革しようとする経営者がほとんどいません。私のスタートは、買収した京都府福知山市のロードサイドにある小さなホテルでした。自らリニューアルを手掛け、アメニティーも当時の人気アイテムを網羅する充実した品揃えを用意しました。また、当時は全く考えられていなかったクーポン券を発行するなど、これまでのレジャーホテルには絶対にない新しいサービスを次々と取り入れた結果、半年後には単月の黒字化に成功し、あっという間にエリアナンバーワンのレジャーホテルに成長したのです。


ジャック・ウェルチ

「私の会社で”選別(※)”を適用するにはどうすればよいのでしょう。うちの会社や国では簡単に人をクビにできないと思います」とよく質問される。定期的な人事考課の面談の席で、あなたの業績は下から10%に属していますよと言われれば、その社員は自発的によその会社に移っていくようになる。そしてたいていの場合、もっと自分にあった職業を見つけてくる。底を這っているような状態のまま、会社に居残りたいと思う人はほとんどいない。
(※選別=業績上位20%は昇進させ、70%は育成し、底の10%は解雇するというGEの人事制度)


辻野晃一郎

思考パターンを変えなければ現状は変えられない。


了徳寺健二

教育は美しいところで行われなくてはいけない。千葉県浦安市のこのキャンパスは、美しい海が目の前に広がり、心が洗われる気持ちになります。最高学府で学ぶ学生には、こうした美しい環境で気宇壮大な資質を形成してもらいたい。


樫尾和雄

改良ではダメ。革新と呼べるくらい画期的なイノベーション。この革新を重ねながら変えていくことで製品は長続きするようになる。


内藤誼人

人間関係というのは、私たちが考えている以上に、脆弱な基盤から成り立っている。強固に見える信頼関係だって、見せかけの強さで成り立っている。たとえ、相手が「俺とおまえは本当の友達だよね」などと言ってきても、それを鵜呑みにせず、せっせと相手に尽くそうとしたほうが、上手くいくことが多い。一度でも、信頼を失わないようにするために、あれこれと気を配る必要があるのだ。


吉岡隆治

機能の良さだけでは使ってもらえません。もっと風合いの良いもの、見た目が美しいもの、肌触りを重視したものが欲しいと、いろいろな声がありました。糸をよる回数や強さ、タテとヨコの糸の組み合わせ、織り方、織りの密度、織る際に糸を張る強さなど、一つ一つの事柄と地道に向き合い、愚直に試行錯誤を重ねました。3年越しでポリエステルのテキスタイル(生地)が出来上がりました。一振りするだけで乾いたようになりながら、やわらかな着心地を実現できたのです。フランスやイタリアの高級ブランドがコートに採用してくれました。


ページの先頭へ