前野隆司の名言

このエントリーをはてなブックマークに追加

前野隆司のプロフィール

前野隆司、まえの・たかし。日本の工学博士。「慶應義塾大学大学院」教授。山口県出身。東京工業大学工学部機械工学科卒業、東京工業大学理工学研究科機械工学専攻修士課程修了、東京工業大学で工学博士号を取得。キヤノン勤務、カリフォルニア大学バークレー校機械工学科訪問研究員、慶應義塾大学理工学部機械工学科専任講師・助教授・教授、同大学院システムデザイン・マネジメント研究科教授・委員長、システムデザイン・マネジメント研究科付属システムデザイン・マネジメント研究所長を務めた。


前野隆司の名言 一覧

1 / 11

人の目を気にせず、自分のペースで努力することが幸せを長続きさせるコツ。


転職するときには、収入や役職ももちろん重要ですが、そればかりにとらわれず、仕事のやりがいなどにもしっかりと目を向ける必要がある。


大きな目標を持っていること、大きな目標と目前の目標が一致していること、そして、そのために学習・成長しようとしていることが幸せに寄与している。


幸福度が高い人は、パフォーマンスや創造性が高く、一方で欠勤率は低い。それが企業業績に反映される。「従業員満足度」よりも、「従業員幸福度」の方が、収益性などの経営指標と関連が深いという先端的研究もあります。


研修では、怒る上司役を交互で演じるロールプレイなどを行っています。すると、実際にいつも職場で感情的な上司が「俺って、こんなイヤな奴だったんだ」「これからもっと優しく言わなくちゃ」と反省したり。社内の雰囲気が急速に変わり、幸せ度も上がるという成果が出ています。


なぜ「収入が高いほど幸せ」とはならないのか。その理由は、お金によって満たされるのは、あくまでも「生活満足度」だけで、「幸福度」ではないからです。「生活満足度」は、「幸福」をつくる要素のひとつにすぎません。


「生活満足」は持続時間の短い感情的満足です。家やクルマ、外食などの消費で得ることができますが、次第に飽きてしまうものです。一方、「幸福」とは、「生活満足」だけでなく、長期かつ安定的に心を満たしてくれるものです。友人とのつながり、築き上げた家族、今まで歩んできた人生の歴史に抱く充実感。これらは、「お金では買えないもの」だと言えます。「生活満足度」は他人と比べられるもの、「幸福度」は他人と比べられないもの、という言い方もできるでしょう。



イギリスの心理学者、ダニエル・ネトルは財には二つあると指摘しました。一つは、所得や社会的地位など、周囲との比較によって得られる「地位財」。もう一つが、社会への帰属意識や良質な環境、自由といった他人との比較とは関係なく得られる「非地位財」です。そして、非地位財によって得られる幸せの方が長続きするという特徴があります。


前野隆司の経歴・略歴

前野隆司、まえの・たかし。日本の工学博士。「慶應義塾大学大学院」教授。山口県出身。東京工業大学工学部機械工学科卒業、東京工業大学理工学研究科機械工学専攻修士課程修了、東京工業大学で工学博士号を取得。キヤノン勤務、カリフォルニア大学バークレー校機械工学科訪問研究員、慶應義塾大学理工学部機械工学科専任講師・助教授・教授、同大学院システムデザイン・マネジメント研究科教授・委員長、システムデザイン・マネジメント研究科付属システムデザイン・マネジメント研究所長を務めた。

気に入ったらみんなとシェア

このエントリーをはてなブックマークに追加
1 / 11

ページの先頭へ