名言DB

9419 人 / 110788 名言

前野ウルド浩太郎の名言

twitter Facebook はてブ

前野ウルド浩太郎のプロフィール

前野ウルド浩太郎、まえの・うるど・こうたろう。日本の農学博士、昆虫学者。秋田県出身。弘前大学農学生命科学部生物生産学科卒業、茨城大学大学院農学研究科修士課程修了、神戸大学大学院自然科学研究科博士課程修了。モーリタニアで農作物を食い荒らすバッタの防除技術の開発に従事。「ウルド」は現地でのミドルネーム。著書に『バッタを倒しにアフリカへ』。

前野ウルド浩太郎の名言 一覧

ブログも続けているのですが、現地での悲惨な体験を紹介するとすごく評判がいい(笑)。それがわかってからは、酷い目にあってもメモっておいて、「しめしめ」と思うように。ブログで多くの人が反応してくれるから、過酷な状況も乗り切れたと思います。


現地ではトラブルの連続。砂漠でサソリに刺されたことも。それでもへこたれなかったのは、「物事はうまくいかない」と考えているから。私は大学も大学院も落ちている。「うまくいかない」が当たり前なんです。だから、トラブルが起きても、イライラせず、すぐに解決方法を考えるマインドが身につき、くさらずにやってこれたと思います。


私はエリートではない普通の人間だからこそ、読者の方に近いとも思います。私の本を読んで少しでも「頑張ろう」という気持ちになってもらえれば、それ以上に嬉しいことはないですね。


モーリタニアに行って、人生観も変わったと思います。砂漠にはエアコンもベッドもない。熱風の中で野宿をしながら、研究資材も制限された環境。例えば、醤油一滴だってムダにはできないんです。日本での日常がとてつもなく恵まれていると気づけました。日常生活にありがたみが持てると、何事にも感謝の気持ちが芽生えます。小さい幸運に喜びを感じ、小さな不運は見逃せる。そうやって、「幸せのハードル」を下げると、生きることが楽になります。


昆虫学者というと、好きなことを仕事にしていいなと思いますか? でも私はこの世界で生き残るため、時間をいとわず研究に没頭しました。いわば、「一人ブラック企業」状態(笑)。その原動力は「自分のため」。バッタを研究するのは、突き詰めれば「昆虫の研究で飯を食いたい」という自分の欲のため。アフリカの食糧問題はその次。不届きと思われるかもしれませんが、それが高いモチベーションです。


アフリカでは、バッタが大量発生して農作物を食い荒らし、深刻な飢饉を引き起こしています。年間の被害総額は西アフリカだけで400億円以上。そんなバッタ問題を解決すべく、昆虫学者として単身モーリタニアに行った時の話を本にしました。幼い頃からファーブルに憧れて「昆虫を研究したい」と思っていました。どの昆虫の何を研究すれば職業として成り立つか……。そう考えてバッタの問題と出会いました。解決できれば、人類のためにもなるし、就職もできる(笑)。海外での研究実績は昆虫研究者の必須条件で、モーリタニア行きに迷いはなかったです。


前野ウルド浩太郎の経歴・略歴

前野ウルド浩太郎、まえの・うるど・こうたろう。日本の農学博士、昆虫学者。秋田県出身。弘前大学農学生命科学部生物生産学科卒業、茨城大学大学院農学研究科修士課程修了、神戸大学大学院自然科学研究科博士課程修了。モーリタニアで農作物を食い荒らすバッタの防除技術の開発に従事。「ウルド」は現地でのミドルネーム。著書に『バッタを倒しにアフリカへ』。

他の記事も読んでみる

西山昭彦

自分の力を発揮できる部署に異動する戦略が必要。自分が得意なことが3つあるとして、1番目に得意な仕事の部署に行かないとダメ。2番目、3番目に得意な分野に異動しても1番得意な人に負けてしまう。


南場智子

「永久ベンチャー」を標榜している私たちは、挑戦を諦めません。それをやめてしまったら、DeNAではなくなってしまう。そして、世の中に歓迎されて初めて挑戦を続けることができる。


中村伸人

体操の楽しさをトランポリンで教え、できなかった跳び箱や鉄棒が正しい指導法と補助でできるようになります。できなかったことができた達成感、できたことで次の課題に挑戦する中で子供たちは成長していきます。


豊島逸夫

バブルだと言われているうちは相場は崩れません。言い疲れた頃に下がる。


江上治

できる営業マンは、自分の目的、到達点を明確にして、そのためにクリアしていくべき目標を設定している。人生のロードマップを持ち、目的に向けて着々と歩いている。


矢野博丈

経営では、お客さんの変化を感じ取れる力を磨かなければ、自分が気付かないうちに会社が危なくなります。自分の哲学を押し付けたり、お客さんのある時点での結論が絶対だと勘違いした時点で、会社は弱っていきます。


山本真司

集中が必要な仕事の前に、ボーッとする時間を設けるといい。普通は集中から入り、疲れが出て休憩しますが、集中力は十分に弛緩すると出てくるもの。集中から入ると後は疲れるだけ。


安川第五郎

現在の事業でも、障害は山ほど横たわっている。しかし、これを闘争的に強行することは自分の性格上まずない。必ず迂回作戦をとることになるだろう。目標を失わないようにしていると、急速にはそこに行かないが、結果はそこへ行ってしまう。


井上邦博

入手できる情報を取引先にいち早く伝え、素早い対応ができるよう努めています。


石川康晴

アルバイトや契約社員は一定期間を勤めると退職してしまいます。せっかくノウハウをつかんでも、会社の雇用形態を理由に辞めてしまうのです。こうした事態を防ぐためにはスタッフを正社員で採用するしかありません。