名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

前野ウルド浩太郎の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

前野ウルド浩太郎のプロフィール

前野ウルド浩太郎、まえの・うるど・こうたろう。日本の農学博士、昆虫学者。秋田県出身。弘前大学農学生命科学部生物生産学科卒業、茨城大学大学院農学研究科修士課程修了、神戸大学大学院自然科学研究科博士課程修了。モーリタニアで農作物を食い荒らすバッタの防除技術の開発に従事。「ウルド」は現地でのミドルネーム。著書に『バッタを倒しにアフリカへ』。

前野ウルド浩太郎の名言 一覧

ブログも続けているのですが、現地での悲惨な体験を紹介するとすごく評判がいい(笑)。それがわかってからは、酷い目にあってもメモっておいて、「しめしめ」と思うように。ブログで多くの人が反応してくれるから、過酷な状況も乗り切れたと思います。


現地ではトラブルの連続。砂漠でサソリに刺されたことも。それでもへこたれなかったのは、「物事はうまくいかない」と考えているから。私は大学も大学院も落ちている。「うまくいかない」が当たり前なんです。だから、トラブルが起きても、イライラせず、すぐに解決方法を考えるマインドが身につき、くさらずにやってこれたと思います。


私はエリートではない普通の人間だからこそ、読者の方に近いとも思います。私の本を読んで少しでも「頑張ろう」という気持ちになってもらえれば、それ以上に嬉しいことはないですね。


モーリタニアに行って、人生観も変わったと思います。砂漠にはエアコンもベッドもない。熱風の中で野宿をしながら、研究資材も制限された環境。例えば、醤油一滴だってムダにはできないんです。日本での日常がとてつもなく恵まれていると気づけました。日常生活にありがたみが持てると、何事にも感謝の気持ちが芽生えます。小さい幸運に喜びを感じ、小さな不運は見逃せる。そうやって、「幸せのハードル」を下げると、生きることが楽になります。


昆虫学者というと、好きなことを仕事にしていいなと思いますか? でも私はこの世界で生き残るため、時間をいとわず研究に没頭しました。いわば、「一人ブラック企業」状態(笑)。その原動力は「自分のため」。バッタを研究するのは、突き詰めれば「昆虫の研究で飯を食いたい」という自分の欲のため。アフリカの食糧問題はその次。不届きと思われるかもしれませんが、それが高いモチベーションです。


アフリカでは、バッタが大量発生して農作物を食い荒らし、深刻な飢饉を引き起こしています。年間の被害総額は西アフリカだけで400億円以上。そんなバッタ問題を解決すべく、昆虫学者として単身モーリタニアに行った時の話を本にしました。幼い頃からファーブルに憧れて「昆虫を研究したい」と思っていました。どの昆虫の何を研究すれば職業として成り立つか……。そう考えてバッタの問題と出会いました。解決できれば、人類のためにもなるし、就職もできる(笑)。海外での研究実績は昆虫研究者の必須条件で、モーリタニア行きに迷いはなかったです。


前野ウルド浩太郎の経歴・略歴

前野ウルド浩太郎、まえの・うるど・こうたろう。日本の農学博士、昆虫学者。秋田県出身。弘前大学農学生命科学部生物生産学科卒業、茨城大学大学院農学研究科修士課程修了、神戸大学大学院自然科学研究科博士課程修了。モーリタニアで農作物を食い荒らすバッタの防除技術の開発に従事。「ウルド」は現地でのミドルネーム。著書に『バッタを倒しにアフリカへ』。

他の記事も読んでみる

松井忠三

毎日疲れきって、家で寝るだけ。外に出ず、新しい刺激も得られないようでは、いいものは提案できない。
【覚え書き|残業禁止の理由について】


木口衛

昔の話ですが、税務署の方からこう勧められたことを覚えています。「木口さん、これだけ儲かっているのだから交際費をもう少し使ったらどうですか」と。当時、ワールドでは私がゴルフをするのも全部自腹でした。私が会社のお金でゴルフをしたら、役員も同じようにするでしょう。幹部が皆やり出したら、そんな会社は絶対あきません。だから全部自腹。絶対に会社のお金でやらせなかったんです。


羽鳥兼市

常にプラス思考であることも、時間の活用、アイデア力を高めるには不可欠。コップを落とし、割れたコップを嘆いてももとには戻りません。それなら「けがをしなくて良かった」「安いコップで良かった」と、良かった点を考えるようにする。プラス思考をすると時間も場もエネルギーに満ちてくる。発想もアイデアも次々と浮かんでくる。


大久保尚武(積水化学工業)

「彼を知る」以上に「己を知る」ことは難しい。失敗の原因と責任がはっきりしますから、決断のプロセスや根拠を明らかにすることは経営者にとって勇気のいる行為です。ただ、経営判断についてオープンにして、社内での議論を呼び起こすことで、私の考えを周囲がどのように見ているのかを知ることができます。それが私にとって己を知る方法となっています。


ジェフ・ベゾス

もちろんどこかの時点で顧みる必要は出てくるでしょう。上手くいかないものにいつまでも投資することはできませんから。しかし、ひとつの事業を構築するために5~7年にわたって投資する用意は常にあります。


山崎元

給料の高い会社に就職した人が必ずしもお金を貯めているわけではありません。同じ収入でしっかり貯蓄している人もいれば、毎月の家計が自転車操業の人もいます。つまりは「稼ぎの多寡」に匹敵するくらいの重要度で、「お金の使い方」の習慣が影響を及ぼしているわけです。


樋口宏江

総料理長に就任したとき、「無事に務まるかな」という気持ちが強かったですね。とにかく無我夢中でした。


福嶋康博

例えば、喫茶店を開きたい人がいるとします。その時、100店舗のチェーンを経営する計画と1店舗のみを経営する計画では事業企画が根本から異なってきます。100店舗を目標として掲げているのであれば、仮に100店舗までは実現できなくても数十店舗のチェーンを実現できる可能性は非常に高くなりますが、目標を1店舗とした場合は、2店舗目をオープンすることでさえ難しくなります。そして、事業が成功する確率も大きく違ってきます。


大村禎史

生産性を高める観点で、日本の社会全体で考えなければいけないのが、「商品数が多すぎる」ということです。メーカーは似たような商品を出し過ぎていますし、それをそのまま売り場に並べると、我々の生産性も落ちてしまう。日本社会全体が寄ってたかって商品数を多くして、不必要に忙しくしています。


小松政夫

(付き人時代)時には進言もしました。ある公演に出かけるときの服装がアロハに短パン姿だったので、「オヤジさんは植木等なんですから、ちゃんとスーツを着てください」と。そんな私を「あいつはしっかりしている」と評価していただいたようです。


木村皓一

お医者さんに相談したら、「腰があかんからダメや」と言われました。片足を使っていないから、腰の筋肉ができていなかったんですね。でも、僕の人生は、僕だけのものです。医者の人生と違います。これでやれへんようだったら、一生、車椅子ですよ。僕はやると決めました。
【覚書き|中学生のとき、小児麻痺克服のトレーニングのため新聞配達配達を始めた当時を振り返っての発言】


森和夫

最近も、新規事業の話があったんです。私財をつぎ込んでもやりたかったんですが、会計士から「86歳ですよ。後継者のことは考えているのですか?」と諭され諦めました。残される人に迷惑をかけるわけにはいきません。