名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

前田鎌利の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

前田鎌利のプロフィール

前田鎌利、まえだ・かまり。日本のビジネストレーナー。福井県出身。東京学芸大学卒業後、光通信を経てJ-PHONE(のちのソフトバンクモバイル)に入社。ソフトバンクグループ会社役員、ソフトバンク社内認定講師などを経て独立。著書に『社内プレゼンの資料作成術』。

前田鎌利の名言 一覧

プレゼン資料も、ただ論理的に作ればよいのではなく、こちらの姿勢や熱意を伝える内容にしなければなりません。それによってはじめて、相手の心に響かせることができるのです。


皆さんに共通する問題は「情報の詰め込みすぎ」。まずは5分で説明できるぐらいにまで、そぎ落としてみてはいかがでしょうか。


社外向けのプレゼン資料を作成する場合、聞き手の感情に訴えかけることが大事。


プレゼンで大切なのは、決裁者目線を意識すること。


相手の感情に訴える資料とは、ロジックをベースに、聞き手が「共感」→「信頼」→「納得」→「決断」という過程をたどることができる資料のこと。とくにイントロでは、「そうそう、それが問題なんだ」といった共感を得られるように、直感的に理解できるメッセージが必要です。


なんとかして通したい、と熱のこもった資料は、ラブレターのように強い思いがあるわりに、余計なものが多すぎて、肝心なことが書いてなかったりします。間を置いて、もう一度資料と向き合うといいでしょう。


資料作成で大事なのは、余計な情報をギリギリまで削ること。伝えたいキーメッセージを一つに絞って、余白をたくさん残したほうが、想像力をかきたてられた受け手は興味を示し、結果、採用に至りやすい。本編から削ぎ落とした情報は、補足資料として添えることでフォローできます。


経験上、とくに社内に向けたプレゼンは資料で9割決まる。


孫(正義)社長はビジュアルを重視してはいたが、同時に言葉選びにも非常に慎重だった。「相手に最も伝わるキーワードは何か」を見極め、それを基にビジュアルの力も借りながら、自分の言葉で訴えるのが孫社長のスタイル。


プレゼンはライブ感が命。聞き手に読ませてしまうようでは失敗。できるだけ文字を減らすこと。そして写真や動画で説明を補う。それだけで初心者レベルを脱することができる。


プレゼンはいかに相手の心を動かすかが重要です。私の場合プレゼンの相手はビジネスパーソン。彼らが好んで見るテレビ番組(『ガイアの夜明け』『カンブリア宮殿』など)の演出から、心の動かし方を学べばいいと気づいたんです。


文字のフォントを変えるだけで、相手に伝わる印象は全く変わります。ビジネス色の強いテレビ番組を研究したところ、番組でショッキングなテーマを扱う時は、赤字の明朝体が多かった。そこで私も、相手の感情を揺さぶりたい時に明朝体を使用したところ、効果は確かにありましたね。


どんな場合にも心得ておきたいのは「詰め込みすぎ」を避けること。パワーポイントなどのプレゼンツールは、あくまでキーワードやキーメッセージを端的に伝えるもの。長文はNG、グラフも「ワンスライド・ワングラフ」が鉄則。細かな説明は口頭で行ない、芯の部分だけをシンプルに表示することが、相手の心にダイレクトに届かせる秘訣。


他社に新商品などをアピールする際は、スタート地点で相手が問題を認識していることは稀です。無関心な状態から、「このままではいけない」「たしかにこの商品が必要だ」と認識してもらう――つまり、感情を動かすことが必要なのです。そのために、冒頭では課題を提示し、問題意識を喚起するビジュアルを取り入れ、解決策では、それを一気に払拭するような印象的な見せ方をすべきなのです。


「ロジックを整え、立て板に水を流すように説明したはずなのに、なぜか相手の反応が鈍い」という場面を経験したことはありませんか? それは、相手を「理解させる」ことはできても「心を動かす」ことができなかったから。人は、心を動かさない限りアクションを起こすことはありません。相手の心を動かすには、「念い(おもい)」をのせたプレゼンをすることが欠かせないのです。念という字は、「今」と「心」でできています。現在、自分の心を支配している希望や夢、企業で言うならば「理念」という根本姿勢を表わす言葉です。


前田鎌利の経歴・略歴

前田鎌利、まえだ・かまり。日本のビジネストレーナー。福井県出身。東京学芸大学卒業後、光通信を経てJ-PHONE(のちのソフトバンクモバイル)に入社。ソフトバンクグループ会社役員、ソフトバンク社内認定講師などを経て独立。著書に『社内プレゼンの資料作成術』。

他の記事も読んでみる

小山田浩定

医療では事故や訴訟も起きますが、そうした局面で原点が問われます。よく言われるのは、経営や効率を優先しすぎて、患者さんの方を見ていなかった時に起きるケースが多いということです。


弘兼憲史

会社を辞めて漫画家を目指しはじめた際、1つ自分に期限を課しました。30歳までの5年の間に自分の描いたものが一度も印刷されなかったら、諦める。夢に期限をつけたのです。それ以上は人生の時間の浪費になるぞ、と。


田中仁(経営者)

スタッフに対する教育は時間とカネをかけて地道にやるしかない。


尾山基

ブランド戦略で、僕がアッと思ったのはニューバランスです。過去に米国でニューバランスのバスケットシューズを出したんです。けれども、米国人は誰もニューバランスがバスケットシューズのブランドだと思っていなかった。ランニングシューズでしょうと。バスケットはナイキ、アディダスでしょうということで、結局売れなかったんです。これは怖い。アシックスも同じように、ランニングのスペシャリストと刷り込まれてしまうとまずい。


ショーペンハウエル

孤独は優れた精神の持ち主の運命である。


本田健

もともと性格や価値観が一致する人は、世界中どこを探しても見つからない。でも価値観が違うからこそ、人はお互いに惹かれ合うもの。


カルロス・ゴーン

将来のクルマをどう想像し、どんな機能を持たせ、どんなアプリケーションを載せ、どんなモビリティーサービスを提供するか。電動化、自動運転、コネクテッド、モビリティーサービス……。そうした新しい技術を使って、安全で高い運転性能を備えたクルマをどう想像するのか。それを想像できた段階で初めて最適な部品の構成要素が見えてきます。その部品を開発する業務はサプライヤーさんと分担すればいいのです。


川村隆

年寄りが長い間居座っている会社はダメですね。


新田龍

転職先として知名度が低い優良企業を探すときに簡単でおすすめなのが、各省庁が公表している優良企業のデータを利用すること。政府の中小支援の一環なのですが、各省庁のホームページで様々な優良企業が紹介されているので、参考にしてください。そして次が「就職四季報 優良・中堅企業版」です。こちらでも優良企業が調べられます。この2つで当たりをつけたら、その会社のホームページで事業内容などをじっくりと調べてみましょう。


午堂登紀雄

私が最も集中できる時間帯と環境は、朝イチの喫茶店です。朝、起きると、寝ぼけまなこのまま、ノートパソコンを抱えて、近所の喫茶店に向かいます。そして、席につくや否や、原稿書きなどの集中力が必要な仕事を始めるのです。その時には、メールチェックをしたり、新聞を読んだり、といつたことは一切しません。せっかくの集中できる時間を一秒でもムダにしたくないからです。集中できない時間に集中しようとするのは難しいことです。それよりは、集中できる時間を最大限に活用することを第一に考えるべきでしょう。


高城幸司

自分なりの武器を持つことは何よりも大切だ。会社にとって重要な人物であれば、大波が寄せても足もとをすくわれずに済む。


坂本光司

よくアドバイスするのは、あまり細かくルールを定めずに、「個別対応で運用しましょう」ということです。たとえば、制度の規定にちょっとだけあてはまらない社員がいるとして、「じゃあ新しい規定を追加しよう」ということをしていくと、どんどんルールが複雑になってしまう。逆に、全員にあてはまるようなルールにすると、平均値を取るような形になってしまい、価値が薄れてしまいます。社員はそれぞれ、家族構成や家庭の事情も異なるわけですから、個々の状況に合わせてある程度調整していけばいい。そのほうが現実的です。それが組織全体として受け入れられるかどうかは、まさに風土の問題といえます。