名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

前田鎌利の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

前田鎌利のプロフィール

前田鎌利、まえだ・かまり。日本のビジネストレーナー。福井県出身。東京学芸大学卒業後、光通信を経てJ-PHONE(のちのソフトバンクモバイル)に入社。ソフトバンクグループ会社役員、ソフトバンク社内認定講師などを経て独立。著書に『社内プレゼンの資料作成術』。

前田鎌利の名言 一覧

プレゼン資料も、ただ論理的に作ればよいのではなく、こちらの姿勢や熱意を伝える内容にしなければなりません。それによってはじめて、相手の心に響かせることができるのです。


皆さんに共通する問題は「情報の詰め込みすぎ」。まずは5分で説明できるぐらいにまで、そぎ落としてみてはいかがでしょうか。


社外向けのプレゼン資料を作成する場合、聞き手の感情に訴えかけることが大事。


プレゼンで大切なのは、決裁者目線を意識すること。


相手の感情に訴える資料とは、ロジックをベースに、聞き手が「共感」→「信頼」→「納得」→「決断」という過程をたどることができる資料のこと。とくにイントロでは、「そうそう、それが問題なんだ」といった共感を得られるように、直感的に理解できるメッセージが必要です。


なんとかして通したい、と熱のこもった資料は、ラブレターのように強い思いがあるわりに、余計なものが多すぎて、肝心なことが書いてなかったりします。間を置いて、もう一度資料と向き合うといいでしょう。


資料作成で大事なのは、余計な情報をギリギリまで削ること。伝えたいキーメッセージを一つに絞って、余白をたくさん残したほうが、想像力をかきたてられた受け手は興味を示し、結果、採用に至りやすい。本編から削ぎ落とした情報は、補足資料として添えることでフォローできます。


経験上、とくに社内に向けたプレゼンは資料で9割決まる。


孫(正義)社長はビジュアルを重視してはいたが、同時に言葉選びにも非常に慎重だった。「相手に最も伝わるキーワードは何か」を見極め、それを基にビジュアルの力も借りながら、自分の言葉で訴えるのが孫社長のスタイル。


プレゼンはライブ感が命。聞き手に読ませてしまうようでは失敗。できるだけ文字を減らすこと。そして写真や動画で説明を補う。それだけで初心者レベルを脱することができる。


プレゼンはいかに相手の心を動かすかが重要です。私の場合プレゼンの相手はビジネスパーソン。彼らが好んで見るテレビ番組(『ガイアの夜明け』『カンブリア宮殿』など)の演出から、心の動かし方を学べばいいと気づいたんです。


文字のフォントを変えるだけで、相手に伝わる印象は全く変わります。ビジネス色の強いテレビ番組を研究したところ、番組でショッキングなテーマを扱う時は、赤字の明朝体が多かった。そこで私も、相手の感情を揺さぶりたい時に明朝体を使用したところ、効果は確かにありましたね。


どんな場合にも心得ておきたいのは「詰め込みすぎ」を避けること。パワーポイントなどのプレゼンツールは、あくまでキーワードやキーメッセージを端的に伝えるもの。長文はNG、グラフも「ワンスライド・ワングラフ」が鉄則。細かな説明は口頭で行ない、芯の部分だけをシンプルに表示することが、相手の心にダイレクトに届かせる秘訣。


他社に新商品などをアピールする際は、スタート地点で相手が問題を認識していることは稀です。無関心な状態から、「このままではいけない」「たしかにこの商品が必要だ」と認識してもらう――つまり、感情を動かすことが必要なのです。そのために、冒頭では課題を提示し、問題意識を喚起するビジュアルを取り入れ、解決策では、それを一気に払拭するような印象的な見せ方をすべきなのです。


「ロジックを整え、立て板に水を流すように説明したはずなのに、なぜか相手の反応が鈍い」という場面を経験したことはありませんか? それは、相手を「理解させる」ことはできても「心を動かす」ことができなかったから。人は、心を動かさない限りアクションを起こすことはありません。相手の心を動かすには、「念い(おもい)」をのせたプレゼンをすることが欠かせないのです。念という字は、「今」と「心」でできています。現在、自分の心を支配している希望や夢、企業で言うならば「理念」という根本姿勢を表わす言葉です。


前田鎌利の経歴・略歴

前田鎌利、まえだ・かまり。日本のビジネストレーナー。福井県出身。東京学芸大学卒業後、光通信を経てJ-PHONE(のちのソフトバンクモバイル)に入社。ソフトバンクグループ会社役員、ソフトバンク社内認定講師などを経て独立。著書に『社内プレゼンの資料作成術』。

他の記事も読んでみる

山本為三郎(経営者)

ビールは軍需品に近いもので、これを供給して軍に協力しているではないか。山本五十六元帥は横山中佐をビール会社へ送って「ビールは爆弾よりも必要だ。空中戦をやるときにはどうしてもビールがなければならない。というのは機上では炭酸ガスが不足するので、ビールと一緒に、中に含まれている多量の炭酸ガスを飲んで耐久時間を長くする」と言われたことがある。だから我々がビールをつくることもひとつの国策ではないか。
【覚書き|太平洋戦争中に軍からビール工場を接収し、その工場の機材で燃料をつくるという命令を受けたときに語った言葉。説得は失敗し工場と原料すべてを取り上げられてしまった】


渡邉美樹

人生の豊かさを決めるのは、六つの柱のバランスである。その六つの柱がバランスのとれた状態であれば、豊かな人生になるだろうと私は考える。その六つとは「仕事」「家庭」「教養」「財産」「趣味」「健康」である。人生という大きなテーマに対して漠然としか考えられないという人が多い。そうしたときに、六つの柱を一つずつ明らかにしていくと考えられるのである。


鎌田浩毅

本を読む行為は、考えることそのもの。思考の足跡を残すために、線を引いたり、書き込みながら本を読む方は多いと思います。私にとっても本は、まさに「思考の文房具」なのです。


泉谷直木

日本では少し余裕があると「みんなの意見を聞こう」となりますが、海外では意思決定が遅いと株主が「取締役の仕事が遅い」と見なします。しかも間違った判断をすれば首が飛ぶ。このように国内と海外では仕事のスタイルが大きく異なり、それぞれの実情に応じて適応させる必要があります。


稲盛和夫

私も経営者になりたての頃は、研究開発、製造、営業に忙しい日々を過ごしていましたが、経理については素人で、ベテランの経理部長に任せていました。あるとき彼と、次のようなやりとりがあったことを記憶しています。私が「利益は出ましたか?」と訊ねたところ、部長は「売上の一割程度の利益が出ました」といいます。そこで「そのお金はどこにあるの?」と聞くと、彼は「お金はありませんよ。まだ売掛金のままですから、税金は銀行から借りて払います」と答えるではありませんか。いわゆる「勘定合って銭足らず」という状態です。つまり、一割程度の税引前利益が出ていても、場合によっては資金繰りが苦しくなります。手元のキャッシュが少ないようでは、経営戦略上も有効な次の一手が打てません。


高城幸司

仕事をするうえで、好きか嫌いかで人との接し方を変えるという考えは捨てたほうがいい。人と接する目的は、自分のことを好きになってもらうのではなく、いかに信頼を勝ち得るかです。相手が自分のことを苦手と思っていても、自分は誠実かつ丁寧に接すること。好き嫌いを超えて得た信頼は、人望としてあなたの血となり肉となります。好かれるよりも、信頼されること。苦手な人に対しては、そこを強く意識してみてください。


塚越寛

経営というのはマネーゲームではないんです。企業の目的は、本来、会社を構成する人々の幸せの増大のためにある。社員が精神的にも物質的にもよりいっそう幸せであると感じられるような会社をつくり、永続することによって雇用を守り、メセナなどを通じて社会に貢献していくのが真のCSR(企業の社会的責任)だと思っています。会社を取り巻くすべての人から「いい会社だね」と思ってもらうことが大切です。そうして支持していただくことによってこそ、企業は永続できるのです。


星野佳路

日本文化独特の要素を切り捨てずに、それらをモダンに進化させていったらどうなるのか。これが我々が主張すべき「日本らしさ」ではないかと思います。


草刈貴弘

我々は決して、株価が下がったから株を手放すという「損切り」はしませんが、その企業が変わってしまったという理由から「縁切り」することはあります。


堀義人

世界で活躍するには、自分のアイデンティティーというものをよく理解しなければ勝てない。


坂東眞理子

40代になると、自分自身が成果を出すこと以外に、部下を育てることが求められるようになります。難しいのは叱り方です。ここでも女性によく見られるのが、溜めてしまうことです。「女性がしょっちゅう叱っていると、ヒステリーだと思われるのではないか」と考え、普段は見て見ぬふりをして、我慢できなくなったときに爆発させてしまうのです。叱るのは相手のためですから、溜めこまないでその都度言いましょう。


大山健太郎

昨日の延長で駄目になったのだから、新しいことをやらないと。何をするか、ということは需要創造するしかないと。