前田鎌利の名言

前田鎌利のプロフィール

前田鎌利、まえだ・かまり。日本のビジネストレーナー。福井県出身。東京学芸大学卒業後、光通信を経てJ-PHONE(のちのソフトバンクモバイル)に入社。ソフトバンクグループ会社役員、ソフトバンク社内認定講師などを経て独立。著書に『社内プレゼンの資料作成術』。

前田鎌利の名言 一覧

プレゼン資料も、ただ論理的に作ればよいのではなく、こちらの姿勢や熱意を伝える内容にしなければなりません。それによってはじめて、相手の心に響かせることができるのです。


皆さんに共通する問題は「情報の詰め込みすぎ」。まずは5分で説明できるぐらいにまで、そぎ落としてみてはいかがでしょうか。


社外向けのプレゼン資料を作成する場合、聞き手の感情に訴えかけることが大事。


プレゼンで大切なのは、決裁者目線を意識すること。


相手の感情に訴える資料とは、ロジックをベースに、聞き手が「共感」→「信頼」→「納得」→「決断」という過程をたどることができる資料のこと。とくにイントロでは、「そうそう、それが問題なんだ」といった共感を得られるように、直感的に理解できるメッセージが必要です。


なんとかして通したい、と熱のこもった資料は、ラブレターのように強い思いがあるわりに、余計なものが多すぎて、肝心なことが書いてなかったりします。間を置いて、もう一度資料と向き合うといいでしょう。


資料作成で大事なのは、余計な情報をギリギリまで削ること。伝えたいキーメッセージを一つに絞って、余白をたくさん残したほうが、想像力をかきたてられた受け手は興味を示し、結果、採用に至りやすい。本編から削ぎ落とした情報は、補足資料として添えることでフォローできます。


経験上、とくに社内に向けたプレゼンは資料で9割決まる。


孫(正義)社長はビジュアルを重視してはいたが、同時に言葉選びにも非常に慎重だった。「相手に最も伝わるキーワードは何か」を見極め、それを基にビジュアルの力も借りながら、自分の言葉で訴えるのが孫社長のスタイル。


プレゼンはライブ感が命。聞き手に読ませてしまうようでは失敗。できるだけ文字を減らすこと。そして写真や動画で説明を補う。それだけで初心者レベルを脱することができる。


プレゼンはいかに相手の心を動かすかが重要です。私の場合プレゼンの相手はビジネスパーソン。彼らが好んで見るテレビ番組(『ガイアの夜明け』『カンブリア宮殿』など)の演出から、心の動かし方を学べばいいと気づいたんです。


文字のフォントを変えるだけで、相手に伝わる印象は全く変わります。ビジネス色の強いテレビ番組を研究したところ、番組でショッキングなテーマを扱う時は、赤字の明朝体が多かった。そこで私も、相手の感情を揺さぶりたい時に明朝体を使用したところ、効果は確かにありましたね。


どんな場合にも心得ておきたいのは「詰め込みすぎ」を避けること。パワーポイントなどのプレゼンツールは、あくまでキーワードやキーメッセージを端的に伝えるもの。長文はNG、グラフも「ワンスライド・ワングラフ」が鉄則。細かな説明は口頭で行ない、芯の部分だけをシンプルに表示することが、相手の心にダイレクトに届かせる秘訣。


他社に新商品などをアピールする際は、スタート地点で相手が問題を認識していることは稀です。無関心な状態から、「このままではいけない」「たしかにこの商品が必要だ」と認識してもらう――つまり、感情を動かすことが必要なのです。そのために、冒頭では課題を提示し、問題意識を喚起するビジュアルを取り入れ、解決策では、それを一気に払拭するような印象的な見せ方をすべきなのです。


「ロジックを整え、立て板に水を流すように説明したはずなのに、なぜか相手の反応が鈍い」という場面を経験したことはありませんか? それは、相手を「理解させる」ことはできても「心を動かす」ことができなかったから。人は、心を動かさない限りアクションを起こすことはありません。相手の心を動かすには、「念い(おもい)」をのせたプレゼンをすることが欠かせないのです。念という字は、「今」と「心」でできています。現在、自分の心を支配している希望や夢、企業で言うならば「理念」という根本姿勢を表わす言葉です。


前田鎌利の経歴・略歴

前田鎌利、まえだ・かまり。日本のビジネストレーナー。福井県出身。東京学芸大学卒業後、光通信を経てJ-PHONE(のちのソフトバンクモバイル)に入社。ソフトバンクグループ会社役員、ソフトバンク社内認定講師などを経て独立。著書に『社内プレゼンの資料作成術』。

他の記事も読んでみる

川内正直

部下が素直に従うかどうかは、日頃の信頼関係の積み重ねにかかっています。


川村元気

失敗を報告するとき、タイミングは選びますが、率直に言ってしまいます。報告を先延ばしして抱え込んでいるとストレスになるし、他の行動にも悪い影響が及びます。なにより時間の無駄です。


大久保尚武(積水化学工業)

ボートが教えてくれたのが、「敵と戦うより自分を鍛えよ」ということです。敵に勝とうとする前に、自分たちを鍛え上げることが必要です。
【覚書き|東大ボート部に所属していた当時を振り返っての発言】


鷹取真一

外食で訪れる飲食店の、リアル世界ならではの「空間を含めた雰囲気作り」が、オンラインのアプリにおける世界観作りの参考になります。先回りしながら押しつけがましさを感じさせない店員さんの高度な気遣いも、アプリユーザーへの丁寧なアナウンスや導線設計を考えるうえで役立ちます。


大西洋

本当の意味で社内の壁を壊すには、現場の交流が欠かせない。現場の社員が一緒に働くことが、統合の第一歩。


北島康介

水泳と自分との関係を徹底的に見つめ直しました。水泳に関わっていく。その原点は揺るがなかった。でも、トップで戦うには、「何となく始める」ではダメなんです。


高橋弘(経営者)

当社は、ある特定の製品に特化して事業を展開しているのではありません。お客さまが抱えている問題を全体から見て、どの分野から着手すればコストカットにつながるのか、きちんと分析してコンサルティングし、提案を行っています。


渋谷陽一

プロって、その業界の常識の枠にとらわれて、前のままで予定調和の仕事をしてしまうという危険性があるんですよ。


岩波貴士

本来の自分とは違う行動をして、いろいろな体験をしてみる。そうすれば、今まで気付かなかった他人の欲求が、たくさん見えてくる。


藤田晋

ネットバブルのときに失敗したことがあります。株価が低迷し続けたとき、社員に頑張ってもらおうと自分の保有株式を全社員に配ったのですが、辞める人が続出しました。十分な報酬を払えば人はついてくると思い込んでいたのです。しかし、お金だけでは人はついてきません。むしろ、モラルが下がります。苦い経験でしたが、このことから学ぶことは数多くありました。


大越健介

マスコミの仕事をしていると、情報のプロだと思われがちなんですが、どんな仕事も情報を扱うのは同じです。相手の言っていることを吸収して、自分で噛み砕いていかにプレゼンしていくかということですから。


黒田如水(黒田官兵衛)

神の罰より主君の罰おそるべし。主君の罰より臣下の罰おそるべし。そのゆえは神の罰は祈りてもまぬるべし。主君の罰は詫言して謝すべし。ただ臣下百姓にうとまれては必ず国を失う。ゆえに祈りても詫言してもその罰はまぬかれがたし。ゆえに神の罰、主君の罰より臣下万民の罰はもっとも恐れるべし。【覚書き|神や主君には祈ったり謝ったりすれば許してもらえるが、部下や民から恨まれると謝っても許してもらうことはできない。だから下の者たちの恨みは買わないようにせよという意味】


ワッキー(お笑い芸人)

僕はテレビに出始めの頃は、シュートを決めて点を獲りたい一心でしたが空回り。番組の共演者の皆さんとチームプレーで、面白いものを作らなきゃいけなかったんです。


津田純嗣

フランスには原発に関して常に、有事対応の部隊がいるんです。事故を起こさないのは大切だけど、万が一の時に対応する部隊がいる。そういう備えがなければ、有事にどうにかしようとしても無理です。


山村輝治

レンタルを繰り返して古くなってきたら、化学ぞうきんは染め直して、工業用ウエス(清掃用の布)として二次活用します。その商品を当社では「タカラ品」と呼んでいます。お客様のところでたくさん活躍して世の中をきれいにしてくれたことへの感謝、そしてもう一度違う環境で二次使用され、新たに活躍する「宝」のような商品という意味を、その名前に込めているのです。


ページの先頭へ