名言DB

9412 人 / 110637 名言

前田育男の名言

twitter Facebook はてブ

前田育男のプロフィール

前田育男、まえだ・いくお。日本のカーデザイナー。マツダのチーフデザイナー。京都工芸繊維大学卒。RX-8やデミオなど大ヒット車のデザインを担当した。デミオはRJCカーオブザイヤーを獲得した。

前田育男の名言 一覧

何があってもやり抜くという根性。根性あるのみです。


聞いている方が退屈しないように、ツカミも入れるんです。英語のプレゼンで笑いが取れる日本人は珍しいと、褒めてもらったこともあります。各地を転々としながら、一日何度もプレゼンをして、場を沸かすわけですから、興行師みたいなもんですよ。


さっと一筆で書いても、それがデミオだとわかるような、マツダのブランドアイコンとなるクルマを。


やり直しを発表した当日は、チーム全員が午後から帰ってしまった。まずい、明日来てくれなかったらどうしようと不安だった。
【覚書き|デザイナーたちが描いた何千万枚ものスケッチの中からデザインを選んだが、納得がいかずやりなおしを決断した当日について語った言葉】


嫌われないクルマにはなっている。だけど、好かれるクルマにはなっていない。
【覚書き|デミオのデザインの実物大クレイモデル(粘土模型)を見たときの発言。このあとデザインを最初からやり直すことを決めた】


少ない人数で、彼ら(フォード)が認めるに足るアウトプットを出さなくてはいけないわけです。フォード側は朝早く出社する代わりに帰りも午後三時半ごろと早めでした。だけど僕らは延々9時、10時まで仕事をしていた。頑張れば認められる。道は見えているのだからやるしかないという気持ちだった。
【覚書き|デトロイトのフォードに部下数人を連れて出向したときを振り返っての発言】


前田育男の経歴・略歴

前田育男、まえだ・いくお。日本のカーデザイナー。マツダのチーフデザイナー。京都工芸繊維大学卒。RX-8やデミオなど大ヒット車のデザインを担当した。デミオはRJCカーオブザイヤーを獲得した。

他の記事も読んでみる

古森重隆

五分五分の勝負だったらまずやりません。六割か七割は勝てるとわかったからやれるなと判断できました。それだけ確率があれば、あとは「やり遂げるんだ」と思えばいい。


塚越寛

会社の成長というと世間一般では売上高が増えることと考えています。しかし、我が社の定義は違います。仮に売上高が同じでも、適正な利益があり、その利益を正しく使って外部の人も社員も「自分は成長した」と実感できれば、それが成長です。キザな言い方ですが、社員全体の幸福度の総和が大きくなっていくことが当社の成長なのです。


アルボムッレ・スマナサーラ

人間は生身の生き物なのです。人間の尊厳に関係ない目的をつくると、心はうまく働きません。最も大事なのは生き物としての尊厳です。それを忘れるとすべてが崩れてしまう。たとえば、かたつむりは動くのがすごく遅いですが、早く動いてほしくて後ろから押したらどうなりますか?


嶋津良智

私は部下とお金のマネジメントはよく似ていると考えています。お金はそれを「守り、上手に使い、貯めて、増やす人」のところに集まるように、人も自分を「守り、上手に使い、実績を積ませ、能力を増やしてくれる人・組織」のところに自然と集まります。ついてこられないからといって簡単に諦めると、ほかの人も離れていきます。そこは十分なケアが必要です。


宮田亮平

人生は迷いも不安も葛藤も必ずついてくるものです。背負うものが増えるたびに、ピュアだった自分に異質な要素が混じって濁っていくような気がするかもしれません。だけど怖がらなくていいんです。水が濁ると先が見えにくくなるけど、だからこそしっかりと見ようと目を凝らすじゃないですか。そうやって葛藤に立ち向かい、濁りも臆せず取り組んで、新しい色の自分をつくっていけばいいのです。


遊川和彦

「執念」、キレイな言葉で言えば「情熱」。それがある方がやっぱり、何か新しいものが見つけられるという気がする。多少間違っていても、そこに何か違う発想が生まれてくるじゃないですか。


木村清

10年、20年と働き続けると、「憤れ」や「飽き」が出てくるでしょう。これを変えないと、ズルズルと「楽」をしようとする。うちの会社の従業員には、「入社式」に出席するように言っています。私の話を聞いてもらい、「人は何のために生きるのか、働く喜びとは何なのか」を再認識してもらうためです。


福沢諭吉

国と国とは同等ですけれども、国民に独立の気力がなければ、独立国家としての権義(権利と義務)を世界に広めることなど、到底、不可能です。


益子修

三菱自動車の再建は、五合目付近まで来たと思っています。ただし、いままで登ってきた一合より、これから登る一合のほうが、傾斜もきつくなりますし、酸素も薄くなりますから、踏破するのはもっと大変です。ですから、景色がよくなってきたからといって、気を緩めてはいけません。


松尾均

工夫せざるを得ない縛りがあったことも良かったんでしょう。「はとバス」は、東京都の出資を約40%受けた半官半民の企業であり、東京観光を担うという使命がある、我々の軸足は常に東京にあります。そのため定期観光ツアーは基本的に「あくまで東京近郊」で完結させる必要があるのです。それは、ある種の縛りです。東京とはいえ、次々と観光スポットが生まれるわけではありません。すると企画で勝負するしかなくなるわけです。もう50年もたっている「東京タワー」、江戸時代からの観光地である「浅草」などをどうみせるのか、という厳しい戦い。だからこそ企画の人間だけじゃなく、力をあわせて魅力的なツアーを作り出す必要があるんです。


吉松徹郎

やはり買うという行為だけではなく、誰かに相談したり、モノと出会ったりする場所は必要です。本屋でも、気になるタイトルを見つけて、つい買ってしまうような楽しみがある。アマゾンでは1500円の本を買うか悩むにもかかわらず、本屋では気付いたら何冊も買ってしまうことだってありますよね。それくらいリアルが持っているパワーは変わらず大きいと思います。リアルで出会った商品をそのお店自身のサイトで買う仕組みさえできれば、お店ももっとリアルからネットに繋げる努力をするのではないでしょうか。


望月明美

出世し得ない、あるいは取締役にはなれるとわかっている部長など、出世を諦めてしまった人の飲み方にはメリハリがありません。いつも同じ相手と、同じ話をしているイメージが強い。しかも、話題が内向きです。お酒の席で家族の話と趣味の話ばかりするようになってしまったら、サラリーマンとしては終わっていると考えた方がいいでしょう。


アイスキュロス

苦しみの報酬は経験なり。


小林昌裕

現在ではネットで多くの情報が得られますが、こと物件探しに関しては「自分の足で歩き、自分の目で見る」ことを大切にしてほしいと思います。私はある物件を購入しようとする際、その地域の不動産業者を回っていろいろな話を聞き、本当に想定どおりの利回りが取れそうかどうかを検証するようにしています。7~8件くらい回るのに半日ほどかかりますが、このくらいの手間でリスクを最小化できるのです。


上村愛子

技を完成させるために毎日ひたすら同じ練習をすると、少しずつ客観的な視点が失われ、自分がやっていることが本当に正しいのか不安になることもありました。そんな時は、先輩や後輩に「自信がないんだけど大丈夫かな」と相談しました。大抵「大丈夫だよ」という言葉が返ってきて、皆の言葉や存在のおかげで「もう少し前向きにやっていこうかな」と思えました。