名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

前田育男の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

前田育男のプロフィール

前田育男、まえだ・いくお。日本のカーデザイナー。マツダのチーフデザイナー。京都工芸繊維大学卒。RX-8やデミオなど大ヒット車のデザインを担当した。デミオはRJCカーオブザイヤーを獲得した。

前田育男の名言 一覧

何があってもやり抜くという根性。根性あるのみです。


聞いている方が退屈しないように、ツカミも入れるんです。英語のプレゼンで笑いが取れる日本人は珍しいと、褒めてもらったこともあります。各地を転々としながら、一日何度もプレゼンをして、場を沸かすわけですから、興行師みたいなもんですよ。


さっと一筆で書いても、それがデミオだとわかるような、マツダのブランドアイコンとなるクルマを。


やり直しを発表した当日は、チーム全員が午後から帰ってしまった。まずい、明日来てくれなかったらどうしようと不安だった。
【覚書き|デザイナーたちが描いた何千万枚ものスケッチの中からデザインを選んだが、納得がいかずやりなおしを決断した当日について語った言葉】


嫌われないクルマにはなっている。だけど、好かれるクルマにはなっていない。
【覚書き|デミオのデザインの実物大クレイモデル(粘土模型)を見たときの発言。このあとデザインを最初からやり直すことを決めた】


少ない人数で、彼ら(フォード)が認めるに足るアウトプットを出さなくてはいけないわけです。フォード側は朝早く出社する代わりに帰りも午後三時半ごろと早めでした。だけど僕らは延々9時、10時まで仕事をしていた。頑張れば認められる。道は見えているのだからやるしかないという気持ちだった。
【覚書き|デトロイトのフォードに部下数人を連れて出向したときを振り返っての発言】


前田育男の経歴・略歴

前田育男、まえだ・いくお。日本のカーデザイナー。マツダのチーフデザイナー。京都工芸繊維大学卒。RX-8やデミオなど大ヒット車のデザインを担当した。デミオはRJCカーオブザイヤーを獲得した。

他の記事も読んでみる

越智仁

「知っているつもり」は仕事の邪魔をします。現場だけでなく、事業部でも同じ。


山本梁介

アンケート結果のデータがあるのですが、接客がトップに来ています。チェックイン・チェックアウト部門ですが、特別なことではなく、ちょっとしたお声掛けや気遣いなど「日常のおもてなし」が評価されています。


鈴木みゆき(経営者)

機能しないやり方は即座に切り捨てることがポイントですが、日本企業には成功しないものを捨てることに躊躇する傾向があるように感じます。せっかく計画したのだからもう少し試してみたいという気持ちがあるのかもしれません。しかし、こうした躊躇が企業にとっては命とりです。


藤原和博

できれば40代の人には、50歳になるまでに自分の本を出すことを目標にしてほしいと思います。自費出版でも構いません。その本が、組織を離れた場合でも、会社の名刺以上の効果をもたらしてくれます。私自身、42歳で出した『処世術』という本がベストセラーになったことが、その後の活動で強い威力を発揮してくれました。思いついてすぐに本を出版できるものではありませんから、メモでもブログでもいいので、日ごろからコツコツと準備しておくといいでしょう。


大橋禅太郎

会議で大切なのは「参加者が共有・共感することのできる短期的で明確な目標を設定する」ということです。これを定めるのは結構難しいのですが、逆にいえば、この点をクリアできれば、多くの問題が解決します。


大屋敦

事業の繁栄は自分の力によるものではなく、国家、社会の恩恵によるものだから、報恩の精神を忘れてはならぬことなどの心得を、ことにふれ、ときに応じ、身をもって教えられた。「浮利を追うべからず」という住友の家憲なども、題目だけでは、多数の社員に浸透するはずがない。要は最高統治者の実践躬行(きゅうこう)にあると私は信じている。
【覚書き|住友財閥で仕事した当時を振り返っての発言】


コシノジュンコ

「JUNKO KOSHINO」というブランドは、常に面白がってつくりあげてきました。でも、このブランドは、私一代限りのものだと考えています。ファッションブランドの中には、デザイナーを変えて継続しているものもありますが、私がつくりあげた。「JUNKO KOSHINO」というブランドで、私を超えることはできません。それよりも、私のブランドとは違うことで超えてもらいたい。若い人たちには、そちらに期待しています。


森英恵

ニューヨークに初めて行った時、デパートの地下で日本製のブラウスがたった1ドルで売られていたの。「メード・イン・ジャパン」は安物の象徴だったのです。しかも、オペラ「マダム・バタフライ」を見に行くと、主役が畳の上を下駄を履いて歩いていた。許せませんでした。恥ずかしさと、怒りが込み上げてきました。何とかしなければ……。その決意が、その後、日本人デザイナーとして、日本の布を使い、日本人の手で作った服の良さを世界で認めさせたいと、私のエネルギーになりました。


越智直正

当時の上司は軍隊出身ばかりで、鉄拳制裁は当たり前、少しでも商品に齟齬をきたせば大変な目に合うのです(笑)。そういう状況の中では必然的に商品に対する厳しい目が養えたと思いますね。
【覚え書き|丁稚奉公時代を振り返っての発言】


王貞治

ジャイアンツでは、何のための練習なのか、自分の役割は何なのかを明確に意識していました。


カーリー・フィオリーナ

上役が下より高い給料をもらうのは、優秀だからではない。上役の方が責任が重いからだ。その責任の中には、必要なときに手を貸すこと、手に負えない事態から救うこと、守ることが含まれている。


小笹芳央

新規事業のライフサイクルは短い。だから、企画力や創造性をもって、次々に新しいことに取り組んでいかなければならない。