名言DB

9419 人 / 110788 名言

前田育男の名言

twitter Facebook はてブ

前田育男のプロフィール

前田育男、まえだ・いくお。日本のカーデザイナー。マツダのチーフデザイナー。京都工芸繊維大学卒。RX-8やデミオなど大ヒット車のデザインを担当した。デミオはRJCカーオブザイヤーを獲得した。

前田育男の名言 一覧

何があってもやり抜くという根性。根性あるのみです。


聞いている方が退屈しないように、ツカミも入れるんです。英語のプレゼンで笑いが取れる日本人は珍しいと、褒めてもらったこともあります。各地を転々としながら、一日何度もプレゼンをして、場を沸かすわけですから、興行師みたいなもんですよ。


さっと一筆で書いても、それがデミオだとわかるような、マツダのブランドアイコンとなるクルマを。


やり直しを発表した当日は、チーム全員が午後から帰ってしまった。まずい、明日来てくれなかったらどうしようと不安だった。
【覚書き|デザイナーたちが描いた何千万枚ものスケッチの中からデザインを選んだが、納得がいかずやりなおしを決断した当日について語った言葉】


嫌われないクルマにはなっている。だけど、好かれるクルマにはなっていない。
【覚書き|デミオのデザインの実物大クレイモデル(粘土模型)を見たときの発言。このあとデザインを最初からやり直すことを決めた】


少ない人数で、彼ら(フォード)が認めるに足るアウトプットを出さなくてはいけないわけです。フォード側は朝早く出社する代わりに帰りも午後三時半ごろと早めでした。だけど僕らは延々9時、10時まで仕事をしていた。頑張れば認められる。道は見えているのだからやるしかないという気持ちだった。
【覚書き|デトロイトのフォードに部下数人を連れて出向したときを振り返っての発言】


前田育男の経歴・略歴

前田育男、まえだ・いくお。日本のカーデザイナー。マツダのチーフデザイナー。京都工芸繊維大学卒。RX-8やデミオなど大ヒット車のデザインを担当した。デミオはRJCカーオブザイヤーを獲得した。

他の記事も読んでみる

孫正義

脳みそが千切れるほど考え、全力投球したときには不可能なことは非常に少ない。他の人間にできることならば、同じ人間である僕にできないはずはない。僕はそう思うんです。他の人間ができるのに、同じ人間の一人である僕にはできないとか、できないと思わなければいけないとか、そう思うことのほうが不自然じゃないですか。絶対におかしい。


角野卓造

ひとりで飲み歩きするようになったのは、50代ぐらいからですね。年齢を重ねてくるうちに、「頼むから俺のことは放っておいてくれ」という気持ちが強くなってきたんですよ(笑)。仲間と連れ立って飲みに行くのは決して嫌いではありません。でも今はせっかく一人になれる時間ができたんだから、なぜわざわざつるんで飲みに行かなくてはいけないんだ、という気持ちの方が強いですね。


鈴木敏文

避けなければならないのは、「目標○万店」のような目標を掲げたことで、意味合いが不明確なまま数字が一人歩きを始め、最後は数字のつじつま合わせに陥るパターンです。数値目標は達成できても店の質が低くなり、顧客の支持を失っていきます。


沢村一樹

自分でも不思議ですが、僕は居心地がいい時よりも、気が張っているほうがいい仕事ができるんです。どうしてそうなるのか考えてみると、たぶん、居心地のいい場所を飛び出した時って、いつもと違うアンテナがぽんと伸びているからだと思う。周りの人からの声もよく聞けるようになるんですよ。


高城幸司

評価や報酬に直結するノルマはできるだけ低く設定し、成果で大きく上回りたいものです。周囲とのバランス、市況を読みつつ、評価を下げないよう自分の期待値をコントロールする方法は、営業マンなら備えておくべきスキルです。


重光武雄(辛格浩)

広告代をケチるのは節約とはいわない。売りげを減らすだけだ。


松本大

かつてない速度で技術が進化する今は、もっと「テック(技術)」が強くならなければなりません。テクノロジーを知っている人なら、「こんな面白いことができるよ」という金融の常識から飛躍した発想ができるかもしれない。そこから生まれた商品、サービスに金融のノウハウや法務の知識を掛け合わせていけば、ブロックチェーンなどの新しい技術を基盤とする市場創出に対して、いっそうのスピード感を持って挑戦していけるはずです。私たちは2017年までに証券基幹システムの内製化を完了しています。その過程で育ったエンジニアと共に、技術者をさらに増強していきます。


フィリップ・コトラー

ウォルト・ディズニーは最初の長編アニメ映画『白雪姫』の制作中、映画で使うジョークを考えて欲しいと全社員に依頼し、優れた提案に対しては謝礼を出すと伝えた。この謝礼が大いに効果を発揮し、素晴らしいアイデアが次々と寄せられた。


澤上篤人

人間もそうですが、会社も1年、2年の数字(業績や株価)じゃわかりません。長期間の推移を見ればごまかしがききません。真の性格がわかります。そうやって見ていると、目立たなくて不器用だけど味がある、そんな会社もあります。


岩下秀麿

既知の知識の新しい組み合わせこそが、イノベーション。