名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

前田義徳の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

前田義徳のプロフィール

前田義徳、まえだ・よしのり。日本の経営者、ジャーナリスト。NHK会長。北海道出身。東京外語学校(のちの東京外国語大学)イタリア語科卒業後、ローマ大学法科に留学。朝日新聞ローマ支局に現地入社。朝日新聞大阪本社外報部長などを務め退社。出版社の経営などを経てNHKに解説委員として入局。報道局長、編成局長、専務理事、副会長などを経てNHK会長に就任。

前田義徳の名言 一覧

部下を持った人たちが、その部下を自分以上の人間にしようと努力しない限り、その管理者自体の発展の限界がもうすでにあらわれているのだ。管理者の最も考えなければならないことは、自分の部下のすべてを自分以上の人間に培ってゆく、その努力である。


前田義徳の経歴・略歴

前田義徳、まえだ・よしのり。日本の経営者、ジャーナリスト。NHK会長。北海道出身。東京外語学校(のちの東京外国語大学)イタリア語科卒業後、ローマ大学法科に留学。朝日新聞ローマ支局に現地入社。朝日新聞大阪本社外報部長などを務め退社。出版社の経営などを経てNHKに解説委員として入局。報道局長、編成局長、専務理事、副会長などを経てNHK会長に就任。

他の記事も読んでみる

築山節

人の名前や会議の内容など、文字を目で追ったり話を聞いたりするだけでは記憶に残りにくく、書いたり話したりという出力を意識してようやく使える記憶になります。メールで何度も読んでいるはずの名前が思い出せないのも、そもそも口に出して発音していないからなのです。


和田秀樹

長い間楽しめて、歳をとっても実利が期待できるカウンセリングや精神分析は、大人の勉強の中ではおすすめのうちの一つであるのは確かなことだ。はじめる時期も若いうちである必要はない。アメリカでは50歳を過ぎて正式の分析家になるなどというケースはごまんとあるのだ。定年退職後に臨床心理を勉強しなおすというのも、十分考慮に値する選択だろう。


泉谷直木

今は販売量だけでは評価されません。企業価値を上げていかないとグローバルプレーヤーとは戦えません。


川村益之

自己実現型の管理職とは、高い志を持ち、自ら課題を発見し、自ら解決できる人材のことです。課題が与えられるのを待つような管理職は、組織には必要ありません。


茂木健一郎

いわゆる「クリエーター」だけでなくビジネスの最前線に立つ方々の中でも、いい仕事をされている方ほど、のんびりとした、空白の時間を上手につくっているように思う。古来、「忙中閑あり」と言うが、そのわずかな「閑」を大きくふくらませることができる人が、いい仕事をされているのである。


水城せとな

描きたい話があっても当時はまだキャリアがないので、「王道のものを描いてヒットさせて信用ができてから」と言われていました。それでずっと「いつか描くぞ」と思っていたんですけど……30歳が見えてきたなというときに気づいたんですよね。「あ、いつかは来ないんだ」って。いつかいつかって思っていると、いつかは永遠に来ない。「いまやる」って思わないとダメなんです。「いま自分が死んだら、こういう作品が描きたい人だって周囲に思われたままになるんだ。やばい」と思うようになって、自分の描きたいものを描けるところを探すようになったんです。


織畠潤一

グローバルだからこそ、日本のことをちゃんと知っておく必要がある。これはとても残念なことですが、同世代の人にしても、自分の子どもたちに比べても、海外に育っていた私のほうがよほど日本の歴史や文化について詳しかったりするということです。外国人とコミュニケーションを交わす機会が増えてくれば、確実に聞かれます。京都はどんなところですか。奈良には何がありますか、と。それについて「いやぁ、ちょっとよくわからないです」では、やっぱり困るわけです。日本人が英語でしゃべるからこそ、日本のことを理解しておかないといけない。そうでなければ、アメリカ人が英語でしゃべっているのに、勝てるわけがないんですよ。


宮内義彦

グループ経営のもとでは、子会社の株式公開とは自らの一部を売却することです。株式公開が本質的に会社を他人に売る行為である以上、なぜ売らなければいけないのかを企業経営の観点から考える必要があります。上場というのはそれだけで何か素晴らしい行為というわけではありません。本質的に会社の一部を他人に売却する株式公開は、他人に株を持ってもらう、すなわちその会社の所有者になってもらうことであり、当然、その後の果実の一部はその株主に帰属します。


飯田久恵

片づけるにはモノを減らすことが不可欠ですが、「要るか、要らないか」を決めるには、判断基準を持たなくてはいけません。「パソコンにデータで保存したら、紙の書類は捨てる」「買ってから1年間使わなかった文房具は捨てる」といった、自分なりの基準を明確にしましょう。


中嶋常幸

諦めないためにどうするか。強い選手を見ていると、いわゆるルーティン、スイングまでの一連の動作がしっかり固まっている。あとは抜群の集中力。こうした土台があって、それに気持ちが加わるから、「ここぞ!」というときに闘えるわけだ。


城島健司

マリナーズから日本に帰ってきて、初めての阪神のキャンプでやったことは全投手の球を受けることでした。若手からベテランの投手まで、実際に自分で投球を体感する必要があったんです。キャッチャーの仕事は、信頼してピッチャーに投げてもらうことですから。まず球を受けないと対話は始まりません。


宮内義彦

オリックスでは、以前から「オリックスの経営陣は『中長期的にこの会社の成長を見届けたい』という株主を重視している」と繰り返し株主に伝えてきました。これは暗に「短期的な投資効率を追求しようとする株主の期待に応えるつもりはない」ということを意味しています。それを許せないと思う方はどうぞ株を売ってくださいという意味です。経営者が株主像を明確に示し続けることで、少しずつでも経営者の思い描く株主像と実際の株主構成とを近づけていく努力は大切だと思います。