名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

前田義徳の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

前田義徳のプロフィール

前田義徳、まえだ・よしのり。日本の経営者、ジャーナリスト。NHK会長。北海道出身。東京外語学校(のちの東京外国語大学)イタリア語科卒業後、ローマ大学法科に留学。朝日新聞ローマ支局に現地入社。朝日新聞大阪本社外報部長などを務め退社。出版社の経営などを経てNHKに解説委員として入局。報道局長、編成局長、専務理事、副会長などを経てNHK会長に就任。

前田義徳の名言 一覧

部下を持った人たちが、その部下を自分以上の人間にしようと努力しない限り、その管理者自体の発展の限界がもうすでにあらわれているのだ。管理者の最も考えなければならないことは、自分の部下のすべてを自分以上の人間に培ってゆく、その努力である。


前田義徳の経歴・略歴

前田義徳、まえだ・よしのり。日本の経営者、ジャーナリスト。NHK会長。北海道出身。東京外語学校(のちの東京外国語大学)イタリア語科卒業後、ローマ大学法科に留学。朝日新聞ローマ支局に現地入社。朝日新聞大阪本社外報部長などを務め退社。出版社の経営などを経てNHKに解説委員として入局。報道局長、編成局長、専務理事、副会長などを経てNHK会長に就任。

他の記事も読んでみる

鈴木健(スマートニュース)

生命は「核」と「膜」で境界線をつくって、内に資源を囲い込もうとします。この機能を弱めて、世界を「網」としてとらえる仕組みをイノベーションによってつくっていこうというのが、僕の考えです。


佐々木蔵之介(俳優)

過去をふり返って、「こうしておけばよかった」「こうだったら」と思うことは全くないです。どれだけ遠回りしても、今があるのはやっぱり過去があったからですし、無駄があったなら、それもいいじゃないかと。


金児昭

企業の買収案件の検討の際には、私は事業部のメンバーと一緒に買収候補企業を訪問しましたし、それだけではなく、買収候補企業の営業担当者と一緒にその会社の顧客のところに営業に行くことまでしました。海外企業の買収案件の際には長期間外国に出張するのですが、それこそ夜、メンバーと飲んでいても「アフターM&A(買収の後)を考えましょう」と言っていたほどです。


上野金太郎

いままで接点のなかったお客様にリーチアウトするには、いままでと同じことをやっていてはダメです。


杉谷義純

有名、難関大学の学生は、えてしてその大学に入学することを目的化してしまう傾向がありますが、本学では大学での学び、成長を重視して、知識だけではなく人間として完成度が高い学生を育てることをとても大事にしています。


林高生

トップが目標を掲げて「頑張ろう」と言えば、大半が同じ方向を向いてくれるものですが、必ず何人か、ブレーキをかける人が出てくるのです。「あんなふうに言っているけど無理だよ」とか、「あの人のやり方は間違っている」とか。そういうネガティブな人たちのやる気をどうするかというのは、経営者である自分にとって大きな課題でした。


棚橋弘至

近年はケガがあったり、キャリアを重ねていくうちに出てくる慣れもあって、よし、やってやるぞという気持ちに切り替えられませんでした。それを見て、周りは「新日を立て直してくれてありがとう。あとはゆっくり休んで」と言う。「人の限界を勝手に決めるな!」と思いつつも、結果が出ないことに自分でも歯がゆさを感じていました。そんなときに映画の話をいただきました。やってみると「40代の自分がうまくできないこと、一所懸命になれることが世の中にはまだある」とわかって、プロレスにも新しい気持ちで臨めた。それが今回の結果(G1クライマックス優勝)に結びついたんだと思います。


安藤俊介

上司や部下がどんなことに怒りを感じるのか、日ごろから相手を観察することが大切です。ミーティングなど冷静な場で、ゲーム形式でお互いを知りあうのもいいでしょう。「どんなことに腹が立つか」を紙に書いて発表し、どれくらいの怒りなのか、その強度を10段階で当てあうのです。人は些細なことに意外なほど腹を立てていることがわかるはずです。


本田健

夫婦間のお金に関する価値観は、どちらが正しいというわけではありません。違いを認めたら、相手を批判するのではなく、「なぜそうなのか」をじっくり話し合うことが、パートナーシップを育てる唯一の道。話してみれば、妻の浪費グセは、夫が仕事中心で家庭を顧みない寂しさからきていたとわかるかもしれません。問題の本質は、お金ではなくコミュニケーション不足なのです。


板橋悟

他社のビジネスの構造を明らかにするだけでは、アイデアは生まれてきません。得た情報を仕事につなげるためには、情報の軸、つまり「ヒト・モノ・カネ」をずらして考えなければなりません。

  1. 人をずらす。
    顧客ターゲットを変えてみるなど。
  2. モノをずらす。
    商品の機能を削る、付加してみるなど。
  3. カネをずらす。
    価格を変えてみる。課金方法を変えてみるなど。

奥田務

大丸と松坂屋の経営統合に向けて、まずは最終責任者を明確にすべきだと思いました。統合では連日、様々な決断を迫られます。誰が意思決定者か分からなければ混乱は必至。社員は誰が最終決断をするのか必ず見るでしょう。責任者が明確でないと、統合がうまくいくはずはありません。


諸井貫一

貧しい場合にも、その人の才能を伸ばすことを妨げる要素はたくさんあるはずだし、どんなに豊かな家にだってその人の伸びることを妨げる要素がたくさんある。結局、環境にとらわれてはいけない。境遇というものから抜け出してこそはじめて自分の人生があるのだ。