前田義徳の名言

前田義徳のプロフィール

前田義徳、まえだ・よしのり。日本の経営者、ジャーナリスト。NHK会長。北海道出身。東京外語学校(のちの東京外国語大学)イタリア語科卒業後、ローマ大学法科に留学。朝日新聞ローマ支局に現地入社。朝日新聞大阪本社外報部長などを務め退社。出版社の経営などを経てNHKに解説委員として入局。報道局長、編成局長、専務理事、副会長などを経てNHK会長に就任。

前田義徳の名言 一覧

部下を持った人たちが、その部下を自分以上の人間にしようと努力しない限り、その管理者自体の発展の限界がもうすでにあらわれているのだ。管理者の最も考えなければならないことは、自分の部下のすべてを自分以上の人間に培ってゆく、その努力である。


前田義徳の経歴・略歴

前田義徳、まえだ・よしのり。日本の経営者、ジャーナリスト。NHK会長。北海道出身。東京外語学校(のちの東京外国語大学)イタリア語科卒業後、ローマ大学法科に留学。朝日新聞ローマ支局に現地入社。朝日新聞大阪本社外報部長などを務め退社。出版社の経営などを経てNHKに解説委員として入局。報道局長、編成局長、専務理事、副会長などを経てNHK会長に就任。

他の記事も読んでみる

麻生けんたろう

気が強い人はたいてい、声が大きい。相手が自分よりも声が大きいと感じたら、徐々に同じ大きさで返すようにしてみてください。相手と同じテンションで話をすることで、お互いの距離感や感情のバランスが保たれて、その場の雰囲気に飲み込まれなくなります。


菊入みゆき

成果を出している人を観察して、その人の真似をするのも有効です。その人の全部を真似る必要はありません。客先での話し方だけ、仕事で使っているツールだけ、というように、取り入れたいと思うところだけ真似れば良いのです。


山田淳

限りある人生のなかで、成果を残すために大切なのは、手段と目的を取り違えないこと。私にとって登山家からマッキンゼーヘの転身も、そして起業も、夢を実現するために逆算して選び取った手段だったわけですから。


桂歌丸

寄席には舞台装置なんかの大道具はないでしょう。たった一つ持っている扇子を、刀にも箸にも化かす必要があるんです。素敵な嘘でお客さんを惹き込むには、当然話がうまくあり続けなくてはならない。ですから、今でも高座に上がり、芸を磨き続けるんです。


敷田正法

おもてなしというのは、ビジネスマナーにのっとった服装をして身だしなみを整えたうえで、挨拶、態度、言葉で歓迎・感謝の気持ちを表現することです。ホスピタリティーとも言い換えられます。サービスにホスピタリティーが伴わなければ、お客様は満足しません。たとえばある商品をどんなに安く買えたとしても、店員がそれを投げて寄こしたらどうでしょう。それよりは店員が目を見て、笑顔で「ありがとうございます」と言って手渡したほうが満足度は高いのではないでしょうか。


宮内義彦

リスクを減らすのはいいことだと思われがちですが、時間をかけて手当てすれば、得られる果実は小さくなっていきます。いいリーダーは、大きな果実を得るために、早い段階で積極的にリスクを取りにいく。


六角精児

また失敗もするかもしれないけど、いろんな失敗をして、いろいろと痛めつけられて、それでしか身につかないことってあるんです、きっと。


ジム・ロジャーズ

どんな国でも、戦争が起きると「国のために戦うべきだ」と政府は嘘をつく。でも、私は娘たちにこう言う。「政府の言うことを聞いてはいけない。君たちは生きるべきだ。誰かのために戦う必要はない。ウルグアイでも南アフリカでも、どこへでも行き、生き延びるんだ。良い戦争なんて、ありはしない。国のために死ぬのも、大統領のために死ぬのもバカげている。もし、戦争になったら、君たちは逃げて、生き残れ」と。


井上勝弘

嘘のない、本音で向き合う姿勢ならば、最終的には視聴者に受け入れられる。


植西聰

思わぬミス、業績の低下、チ-ム内の不協和音……。思わず気持ちが落ち込んでしまうようなシビアな出来事が、ビジネスシーンではしばしば起こります。それでもすばやく気持ちを切り替えて業務に戻れるならよいのですが、ダメージが強いとなかなか立ち直れず、暗い気分を引きずることになります。ときには、その気分がどんどん増幅することもあります。「いつまでも立ち直れない自分は弱い人間だ」などと自分を責め、そのせいでますます落ち込む「負のスパイラル」に入り込んでしまうのです。このスパイラルから抜け出すには、まず、「落ち込む自分」を否定しないことです。


西山昭彦

35歳頃までは、給料はとことん自分自身への投資に回すべきです。私自身、20代のころから、自分の将来のためになりそうなことにはお金を惜しまない過消費型ポジションををとってきました。だから若いころは、ほとんど貯金がありませんでした。しかし、自己投資をすることで、アウトプットの質は大きく向上し、結果的に社内ベンチャーで会社を経営し、50冊近くの著書を出し、大学教授になることもできましたが、若いころに自己投資をしていなければ、どれも叶わなかったことでしょう。


藤堂高明(経営者)

ちなみに私、自動車整備士の資格を持っていないんです。2級整備士や3級整備士の資格を持っていない。唯一持っていた資格が、損害保険の募集人の資格だったのですが、会社が大きくなって、今度、その資格も取らなくてよくなったので、もう運転免許しかないです。簿記の資格もなんにもない。だから無資格でやっているということです。なにが言いたいかというと、「誰でもできるぞ」「可能性がありますよ」ということ。


古田敦也

データを集めて傾向を探ることも含めて、相手の思考を考察していくと、勝てない相手にも勝つことができるんです。


富山幹太郎

自社に限らず他社の玩具でも、ヒットする商品というのは必ず「あー、やられた!」と思わず叫ぶような発想の転換から生まれています。商品化されてみれば、なんてことのない復刻バージョンでも、思いつけなかったらこちらの負けです。玩具開発に必要なのはコロンブスの卵的発想なのです。


大竹一樹

視聴率という数字を求め過ぎたり、ムリにウケようとして、世間に媚びると大体ダメですよ。それよりも自分たちらしさを出せたらと思っていますね。なんとなく、そんな姿勢でやっていたら、徐々に支持されて、個性が評価をされるようになった。


ページの先頭へ