名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

前田祥子(経営者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

前田祥子(経営者)のプロフィール

前田祥子、まえだ・しょうこ。日本の経営者。「山晃住宅ホールディングス」会長。奈良県出身。京都女子短期大学卒業後、主婦を経て、賃貸不動産仲介業を開始。同社を大きく成長させた。

前田祥子(経営者)の名言 一覧

人間、必死になると知恵が出るもの。


人のためを思ってすることは、自分にとっても必ずよい結果をもたらす。


サービスの質の向上に努めれば、価格競争に巻き込まれることなく経営を強化できるうえ、お客様にも安心や頼りがいといったメリットをご提供できる。


会社は、人こそが財産です。社員が生き生きと働き、幸せになってくれることが、会社の繁栄につながると信じています。


私は「ダントツナンバーワン」にこだわります。ダントツでなければ、人は社名を覚えてくれない。「部屋を探すなら山晃住宅」と思っていただくには、地域でダントツの評判を立てる必要があります。


社員数が70人を超えたころ、「自分一人ですべての社員に心配りするのはムリ」と認識するようになりました。経営者である私が引っ張る会社ではなく、「社員みんなが経営者」である会社を目指そうと考えたのです。


素直で誠実な人柄なら最初は知識や経験がなくても、こちらが教えたことに真面目に取り組んでくれるため、成長が早い。お客様の心をつかみ、当社の売上に貢献してくれる社員が育つのです。だから当社は新卒採用に特に力を入れています。


オーナー様に対し、マンションやアパートのお部屋が末永くお客様に利用されるために、間取りやデザインのアドバイスもしています。これは本来ハウスメーカーの仕事ですが、ハウスメーカーは直接入居者と接していないので、住む人のニーズに合った物件がどのようなものか、必ずしも把握していません。一方、お部屋を探しているお客様と毎日のように接している私たちには、そのニーズが手に取るように分かります。それをマンション建設やリフォームに生かせれば、入居者のみならず、オーナー様にとっても有益に違いないでしょう。


前田祥子(経営者)の経歴・略歴

前田祥子、まえだ・しょうこ。日本の経営者。「山晃住宅ホールディングス」会長。奈良県出身。京都女子短期大学卒業後、主婦を経て、賃貸不動産仲介業を開始。同社を大きく成長させた。

他の記事も読んでみる

宮本武蔵

書物を読むばかりでは兵法の道に達することはできない。この書に書き付けたことを、自分自身のこととして、ただ書物を見るとか、習うとか思わず、物真似をするというのではなく、すなわち、自身の心の中から見出した道理とするよう、常にその身になって、よくよく工夫しなければならない。


田中仁(経営者)

究極的には、「メガネをしていない人は恥ずかしい」という時代を作りたいと思っています。視力のいい人もメガネをかけるのが当たり前、人類が進化して服を着て、靴を履くようになったことと同様にです。


苦瓜達郎

自分の範囲内で、何でもかんでも正しく説明し切ろうとしないこと。そもそも知ってること、見えてることなんて限られているんだから。ある程度の範囲までは自分の論理できちんと貫くことが大事なんだけど、それはそう遠くまで行かない。全ての要素をそんな感じで説明しようというのは間違っていると思います。


大橋洋治

社員との直接対話を始めた頃は、私が一方的に喋っていました。でもそれでは駄目だなと。私の話すことに賛同する人も、反対の人もいる。そこで双方向で話さないと駄目だなと感じるようになりました。


由井常彦

「百年に一度の大不況」などと言いますが、過去、明治時代から現在までに、いわゆる不況期というのは十数回あります。その中で、特に大きいと感じられたものが、5、6回。だから、私どもが研究したところでは、本当に「百年に一度」といわれるような大不況とは、だいたい2、30年に一度くらいで、そのときは常に「百年に一度」くらいに感じられるものなのです。


藤村正宏

企画書の表紙の後にくるのが「はじめに」と「目次」。ココに「今回は弊社に機会を頂きありがとうございます」と挨拶を書く人も多いが、それは逆効果。表紙でつかんだ興味を削ぐからだ。「はじめに」には「自分は何者で、なぜこの企画を提案するのか」を示すのが大事。「私はこんな経験をしたので、こんなことを思いつき、提案しました」と文章で書く。また、ときにはその基本を外して、お客様の声を羅列するだけでも、相手の興味を引ける。「目次」には、何ページに何が書いてあるかわかるようにすればいい。


伊藤瞭介

かつて専業メーカーには、必ず才能あふれるタレントがいました。彼らの多くは組織に迎合せず、一匹狼のような存在です。専業メーカーは、扱いにくいタレントを窓際に追いやることなく処遇する文化を持っていました。ところがリストラに走ると、こうした人材が真っ先に会社を去ってしまいます。彼らは企業のブランドや心意気に忠誠心を感じるからこそ、会社にとどまってくれるのです。


齋藤勇(齊藤勇)

最初は製品や接客などが原因でクレームをつけてきたのに、最後に「お前はなんだ!」と対応した人を否定する人もいます。二次災害を避けるためにも、相手によって話し方や態度を変えてみましょう。淡々と怒っている人には落ち着いた口調で。怒鳴り散らす人にはオーバーリアクション気味に頭を下げて謝ったり。相手に合わせることで事前に防げる問題もあります。


森下篤史

販売店の店長を立候補制にしていたら、社員から「社長のポストだけが安泰で世襲制というのはあり得ない」と言われて。だったら、勝負しようじゃねえかと社長の椅子争奪戦を始めたんだ。
【覚え書き|社内プレゼンで社長を決める「社長の椅子争奪戦」制度について】


渡辺實(経営者)

仕事をやってみるとハードで、会社を辞めようと思ったことは3回くらいありました。そんな中でも会社を辞めなかったのは、会社が自分を引き立ててくれたということもありますし、それに対する恩返しをしたいと思ったからです。若い企業でしたから年齢を重ねてくると皆からエネルギーをもらえました。これが一番大きいです。


荒井正昭

人を選ぶときの第一基準は、ウソをつかない、インチキをしない誠実な人間であること。第二は、向上心があること。第三は、頭が良いこと。これは、自分が置かれている状況を理解できるかどうか、ということです。


大島昭彦(経営者)

現場から「こんな機械が欲しい」という声が出たら、その声を的確に把握して、できるだけ早く開発部門に届けることが重要。