名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

前田祥子(経営者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

前田祥子(経営者)のプロフィール

前田祥子、まえだ・しょうこ。日本の経営者。「山晃住宅ホールディングス」会長。奈良県出身。京都女子短期大学卒業後、主婦を経て、賃貸不動産仲介業を開始。同社を大きく成長させた。

前田祥子(経営者)の名言 一覧

人間、必死になると知恵が出るもの。


人のためを思ってすることは、自分にとっても必ずよい結果をもたらす。


サービスの質の向上に努めれば、価格競争に巻き込まれることなく経営を強化できるうえ、お客様にも安心や頼りがいといったメリットをご提供できる。


会社は、人こそが財産です。社員が生き生きと働き、幸せになってくれることが、会社の繁栄につながると信じています。


私は「ダントツナンバーワン」にこだわります。ダントツでなければ、人は社名を覚えてくれない。「部屋を探すなら山晃住宅」と思っていただくには、地域でダントツの評判を立てる必要があります。


社員数が70人を超えたころ、「自分一人ですべての社員に心配りするのはムリ」と認識するようになりました。経営者である私が引っ張る会社ではなく、「社員みんなが経営者」である会社を目指そうと考えたのです。


素直で誠実な人柄なら最初は知識や経験がなくても、こちらが教えたことに真面目に取り組んでくれるため、成長が早い。お客様の心をつかみ、当社の売上に貢献してくれる社員が育つのです。だから当社は新卒採用に特に力を入れています。


オーナー様に対し、マンションやアパートのお部屋が末永くお客様に利用されるために、間取りやデザインのアドバイスもしています。これは本来ハウスメーカーの仕事ですが、ハウスメーカーは直接入居者と接していないので、住む人のニーズに合った物件がどのようなものか、必ずしも把握していません。一方、お部屋を探しているお客様と毎日のように接している私たちには、そのニーズが手に取るように分かります。それをマンション建設やリフォームに生かせれば、入居者のみならず、オーナー様にとっても有益に違いないでしょう。


前田祥子(経営者)の経歴・略歴

前田祥子、まえだ・しょうこ。日本の経営者。「山晃住宅ホールディングス」会長。奈良県出身。京都女子短期大学卒業後、主婦を経て、賃貸不動産仲介業を開始。同社を大きく成長させた。

他の記事も読んでみる

梶原しげる

会議などで話をする場合、場の広さなどを踏まえ、適した声のトーンや音量で挑むのが基本。たとえば、本題に入る前はあえて声量を抑え、重要なポイントになったら強く太い声に切り替える。遠近をつけることによって説得力は増します。こえはいくらでも自分で調整できるので、コントロールして使わないのはもったいない。


井上礼之

もし答えが間違っていたら、一刻も早く認め、正しい方向へ修正する柔軟性と勇気も必要です。新しい事業を始めるよりも、撤退する方が苦しいし、難しい。しかし、余計なプライドなどは脇に置いて、瞬時に方向転換しなくては、状況は悪化するばかりです。


ジーコ

シュートはゴールへのパスだ。


出雲充

我々がミドリムシの技術を完成させて、約12年たちますが、12年の差を追い付いて追い越すことは容易ではありません。もちろん油断しているわけではないですが、12年間我々も何もしていないわけではないので、2周離していれば、技術開発競争ではセーフティーゾーンだと思っています。


梅原勝彦

大企業ならいつでも優秀な人材を採れますが、中小企業はそうはいかない。将来の会社の屋台骨になるような人は、元がよくないと手を加えても育ちません。不況下では大手は採用を控えます。だから、不況のほうが優秀な人材を採れるのです。


冨田智夫

ニューバランスのファンの方々は、他のブランドと違うユニークさを買ってくださっています。それが消費者から見て他のブランドと同じように映ってしまうと駄目だと思っています。


高城剛

昔はひとつのものを追究することが美徳とされてきました。でも、確変(確率変動)モードの世の中では、今日売れていたものが、明日突然売れなくなるリスクがあります。その点、仕事が二つ以上あれば、リスクも分散できます。二つ以上の仕事を持つことは、サバイバルのためにも必要なスタイルなんです。


小寺圭

ビジネスは基本的に現場で学ぶものです。学校ですべて学べるなら、大学やビジネススクールの先生が企業家になったら、その企業はみんなエクセレント・カンパニーになる。でも現実には、そんなことはありません。やはり、現場が何よりの学びの場です。


筒井義信

どんどん失敗を恐れずにやれと言っています。会社の風土として闊達風土ですから。


高橋和志(造船技師)

いい仕事は呼吸の合う人としかできない。うちは従業員20人とその家族が食えればいいので、年商で言ったら数億円、年に5件や6件の仕事で充分なの。だから何千人もいる建築家たちとは、毎年、好きな5人くらいとつきあっていればいい。「安く請けなければ次の仕事はないぞ」と脅して来るゼネコンに従って、価格競争でポロポロになる必要はないんです。


島田裕次(工学博士)

全体をイメージで把握しましょう、という話をよくします。例えば、組織図や事務所の図面などをもとに、情報資産を取り巻く状況を図にしてとらえるのです。どの場所に、どんな情報が保存されていて、誰がアクセスできるのか。そうしたことを図にしていくとリスクを洗い出すのにとても有効です。チェックリスト方式で情報を管理する方法もありますが、これだと「リストにある項目だけを守ればいい」と形式的な対応になりがちで、その内容や意味合いが社員になかなか伝わりにくい。図に示すと、情報セキュリティに馴染みがない人でも理解しやすくなります。


弘兼憲史

自分のことだけを考えるサラリーマンには、自分の生活を守るためには、会社が業績をあげていかなくてはいけないことを理解してもらいたいですね。経営者のつもりで会社の業績を考えていれば、結果として自分の生活も守られる。