名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

前田知洋の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

前田知洋のプロフィール

前田知洋、まえだ・ともひろ。日本のプロマジシャン。東京出身。東京電機大学工学部電気通信工学科(現情報通信工学科)卒。ステージではなく、観客の近くで見せるクローズアップ・マジックの第一人者。優れたマジシャンに贈られる厚川昌男賞、国内のマジック愛好家の投票で得られるマジシャン・オブ・ザ・イヤー(第一回)、ベスト・クロースアップ・マジシャン賞などを受賞した。日本のみならず海外でも高い評価を得ており、アメリカの有名マジック専門雑誌『GENII』で特集記事を組まれ表紙を飾った。

前田知洋の名言 一覧

大事な顧客との会話では、トークのネタについて腐心するよりも、顧客により高い価値を提供するための方法論を模索した方が、良い結果に結びつくのではないでしょうか。


結局、「いかに高い価値を相手に提供できるか」でしょう。私はショー以外ではマジックをしません。クライアントと出演交渉をする際、マジックを見せて自分を売り込むことはしません。マジックを軽々に披露することは、対価を支払っていただくお客様に失礼だからです。


付け焼刃でネタを仕込んでも、会話は弾まないでしょう。取引先との重要な商談には、ネクタイや身の回りの品を新品に替えて挑んではどうでしょうか。気合の入り方が違ってくるはずです。それでも会話が弾まなければ「今日のために、ネクタイを新しくしてきたんです」と切り出してみてください。商談の成否はさておき、会話のネタのひとつにはなるはずです。


私はマジックのたびに、新品のカードを用意しています。一回のショーで10箱近く使うため、自宅には4000箱以上を用意してあります。新品の封を切るのは、カードに仕掛けがないことと、「あなたのために用意しました」と伝える意味があります。だから、ショーのあと、カードはお客様に差し上げています。また、大事なステージに上がる際には、新品のシャツを身につけるようにもしています。これはお客様にはわからないことですが、自分の気持ちを切り替えるうえで効果があります。


いつも同じことをやっていると思われたら、マジシャン失格です。ひとつひとつのショーが特別だと思っていただくための配慮は欠かせません。


会話で肝心なことは「あなたのことが知りたい」という気持ちを伝えることではないでしょうか。会食でワインが出てくれば、ワインのうんちくを傾けるのではなく、まず相手の好きなワインを聞く。いつ飲んだのか、誰と飲んだのか、なぜ好きなのか。自然と会話は弾んでくるはずです。好奇心や共感力があれば、うんちくは必要ありません。


前田知洋の経歴・略歴

前田知洋、まえだ・ともひろ。日本のプロマジシャン。東京出身。東京電機大学工学部電気通信工学科(現情報通信工学科)卒。ステージではなく、観客の近くで見せるクローズアップ・マジックの第一人者。優れたマジシャンに贈られる厚川昌男賞、国内のマジック愛好家の投票で得られるマジシャン・オブ・ザ・イヤー(第一回)、ベスト・クロースアップ・マジシャン賞などを受賞した。日本のみならず海外でも高い評価を得ており、アメリカの有名マジック専門雑誌『GENII』で特集記事を組まれ表紙を飾った。

他の記事も読んでみる

馬場正尊

僕はどんなプロジェクトでも「これは何年のスパンで考えるべきものか」という時間軸を常に意識しています。都市開発というのは、それ次第でものの見方や評価がまったく変わってくるものだからです。たとえば、六本木ヒルズも400年後には廃墟になって、現代の遺跡とか言われているかもしれません。


出口治明

人間は過去からしか学ぶことができません。過去の事例に照らし合わせ、最適だと思われる決断をする。その判断材料は多ければ多いほどいい。だから、世界史が役立ちます。


陰山英男

私も自己啓発本を読むことはありますが、それは社会人になっても道徳の本を読んでいるようなものだと思います。それ以上に、私の生きる原理、仕事の原理には面白いということがあります。その面白いことをどう膨らませ、どう役立てるのかが重要です。


川越達也

実は、これほど長い期間に渡ってテレビでのお仕事をいただけるというのは僕にとっても予想外のことでした。それはもしかすると「引き受けたからにはわがままを言わず、与えられた場所で力を尽くす」という姿勢を貫いてきたおかげなのかもしれません。


嶋津良智

部下の言葉や態度をそのまま受け止めてはダメ。上司に気を遣っていたり、言いたくても言えない雰囲気があって、当たり障りのないことを言っているだけのことも多いからです。表面的な言葉だけをすり合わせても社員は動きません。部下を適切にマネジメントするには、まず相手の本音を引き出すことが大切です。


鈴木英敬

自らの形を残さない触媒は目立たないが、それだけに難しい役回り。


大杉漣

平穏に現場が過ぎていくよりも、自分が思うたことや考えたことを、みんなとディスカッションして、わかち合いながら、産みの苦しみを楽しんで作品をつくりたい。


馬越嘉彦

アニメじゃなきゃいけないという気持ちは、そんなに強くないんで。いまは、面白いからアニメをやっていますけど、なんでもやってみたいと思っています。ただ、漫画はできないかな。お話作ったりとか、構成したりとかができないんで。誰かがお話を考えてくれれば……あ、でもコマ割りもできないですね俺。


高倉豊

完璧主義でアクションが遅くなりがちな人は、ブリコラージュを意識してほしい。ブリコラージュとは、手持ちの材料でものをつくる手法のこと。献立を決めてから買い物に行くのではなく、冷蔵庫の中のもので料理をつくるイメージだ。考えてからつくるのではなく、つくってから考えるのだ。


村上龍

「気が合い、飲み込みも早く、教えていて楽しい」という部下のほうが特殊なのではないでしょうか。たいていの場合、「覚えが悪く、学ぼうという意欲もない」人を相手にするほうが「普通」なのだと思います。


池上彰

ちょっと無理すればできるかもしれない、むしろそういう状況に自分を追い込んだほうが成長できると考えて、あえて難しい仕事を受けるようにしてきました。


和佐見勝

お互いに勝手なことが言い合える組織でなければならない。