名言DB

9419 人 / 110788 名言

前田知洋の名言

twitter Facebook はてブ

前田知洋のプロフィール

前田知洋、まえだ・ともひろ。日本のプロマジシャン。東京出身。東京電機大学工学部電気通信工学科(現情報通信工学科)卒。ステージではなく、観客の近くで見せるクローズアップ・マジックの第一人者。優れたマジシャンに贈られる厚川昌男賞、国内のマジック愛好家の投票で得られるマジシャン・オブ・ザ・イヤー(第一回)、ベスト・クロースアップ・マジシャン賞などを受賞した。日本のみならず海外でも高い評価を得ており、アメリカの有名マジック専門雑誌『GENII』で特集記事を組まれ表紙を飾った。

前田知洋の名言 一覧

大事な顧客との会話では、トークのネタについて腐心するよりも、顧客により高い価値を提供するための方法論を模索した方が、良い結果に結びつくのではないでしょうか。


結局、「いかに高い価値を相手に提供できるか」でしょう。私はショー以外ではマジックをしません。クライアントと出演交渉をする際、マジックを見せて自分を売り込むことはしません。マジックを軽々に披露することは、対価を支払っていただくお客様に失礼だからです。


付け焼刃でネタを仕込んでも、会話は弾まないでしょう。取引先との重要な商談には、ネクタイや身の回りの品を新品に替えて挑んではどうでしょうか。気合の入り方が違ってくるはずです。それでも会話が弾まなければ「今日のために、ネクタイを新しくしてきたんです」と切り出してみてください。商談の成否はさておき、会話のネタのひとつにはなるはずです。


私はマジックのたびに、新品のカードを用意しています。一回のショーで10箱近く使うため、自宅には4000箱以上を用意してあります。新品の封を切るのは、カードに仕掛けがないことと、「あなたのために用意しました」と伝える意味があります。だから、ショーのあと、カードはお客様に差し上げています。また、大事なステージに上がる際には、新品のシャツを身につけるようにもしています。これはお客様にはわからないことですが、自分の気持ちを切り替えるうえで効果があります。


いつも同じことをやっていると思われたら、マジシャン失格です。ひとつひとつのショーが特別だと思っていただくための配慮は欠かせません。


会話で肝心なことは「あなたのことが知りたい」という気持ちを伝えることではないでしょうか。会食でワインが出てくれば、ワインのうんちくを傾けるのではなく、まず相手の好きなワインを聞く。いつ飲んだのか、誰と飲んだのか、なぜ好きなのか。自然と会話は弾んでくるはずです。好奇心や共感力があれば、うんちくは必要ありません。


前田知洋の経歴・略歴

前田知洋、まえだ・ともひろ。日本のプロマジシャン。東京出身。東京電機大学工学部電気通信工学科(現情報通信工学科)卒。ステージではなく、観客の近くで見せるクローズアップ・マジックの第一人者。優れたマジシャンに贈られる厚川昌男賞、国内のマジック愛好家の投票で得られるマジシャン・オブ・ザ・イヤー(第一回)、ベスト・クロースアップ・マジシャン賞などを受賞した。日本のみならず海外でも高い評価を得ており、アメリカの有名マジック専門雑誌『GENII』で特集記事を組まれ表紙を飾った。

他の記事も読んでみる

松木安太郎

結果を出し、自分の印象を残せる選手が本番前に何をしているか。これはどんな仕事にも共通することですが、結果を導き出すのは才能でも魔法でもなく、練習であり、準備です。僕の場合、身長が165センチと小さかった。当然、練習や試合で大きな選手にやられることもありました。体力差を痛感した後は、家に帰ってから、コンチクショーと心の中で叫びつつ、腕立て伏せを300回。お手製の砂袋を背負って、腹筋を300回。暇があればひたすら鍛えてましたね。能力的に低いからいつも一生懸命やっていないと戦えない。そういう気持ちでした。


津田大介

僕は自分のことを運がいいと思っていますけど、結局、幸運が舞い込むかどうかはサイコロを振った総量の話。そして、どの舞台でサイコロを振るかは、自分で選べばいい。


竹下佳江

結果論かもしれませんが、やはりメダルを取った年はチームワークが良かった気がします。違いは、目標が明確だったかどうか。目標がしっかりしていれば、それに向かって走り続けることができますから。


有田浩之

中国でマグロが食べられ始めたというニュースを見て、「なるほど」の一言で終わらせるのではなく、中国の消費水準や食料価格への影響など、様々な角度から考えてみる。結論が「自分のポートフォリオには何の影響もない」だったとしても構いません。そうやって普段からいろいろ考えて感覚を磨いておくことが大事なのです。


村西とおる

私など、前科7犯、50億円の借金を抱える身になって初めてわかったこともございます。会社が倒産した途端、蜘蛛の子を散らすように周囲から人がいなくなりました。ええそりゃもう早いものです。「監督のためなら命を捨てます」「一生ついていきます」といわれていたのに、その世界が一瞬にして消えてしまったんです。すると考えますね。私の何を人は評価していたのかと。私という人間を支えているバックボーンは何なのか、自分は人からどういう人間に見られていたのかと。


遠藤宏治

カミソリは品質向上で長持ちするようになり、出荷量自体はあまり増えていません。ただし、女性用のムダ毛剃りなど部位別のカミソリ市場のボリュームは大きく、当社はここではトップシェアです。少子高齢社会で国内は市場拡大が望みにくいですが、高付加価値化、新たな用途の提案など刃物を軸に提案して行けば可能性は広がると思います。


東村アキコ

もともとその人ができることをやってもらっているんですよ。絵が苦手な人に絵をうまくなれ! と言ったりはしない。できないことを努力して高みに上がれとは思っていないんです。読者が読んで面白いと思ってくれるところはどこか……私が見るのは、その一点のみです。


水留浩一

よく社員のみんなからは、「社長は話を聞いてくれますよね」と言われます。世の中には人の話を聞かない人がたくさんいるみたいですね。私は途中から会社に入っていくケースがほとんど。現場の声を聞かないと何もわかりません。だから話を聞くのが習慣になっているのかもしれませんね。


ケリー・マクゴニガル

私が提案しているのは、「自分もモラルを高揚させることができる」と考えること。コミュニティーでちょっとした親切な行動を取ることで、ほかの人に希望とエネルギーを与えることができる。そうすれば、今度はその人たちが「コミュニティーに力を与える行動」を取ることにつながる。小さな行為が社会に広がり、大きなうねりになっていく。


松沼光男

スズキのような強い相手がいるから、我々も知恵を出し合えます。でも、今年、いや来月、そして今日、勝たせてもらいます。
【覚書き|スズキとダイハツはともに軽自動車が主力で、メイン顧客が女性というライバル同士】