名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

前田知洋の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

前田知洋のプロフィール

前田知洋、まえだ・ともひろ。日本のプロマジシャン。東京出身。東京電機大学工学部電気通信工学科(現情報通信工学科)卒。ステージではなく、観客の近くで見せるクローズアップ・マジックの第一人者。優れたマジシャンに贈られる厚川昌男賞、国内のマジック愛好家の投票で得られるマジシャン・オブ・ザ・イヤー(第一回)、ベスト・クロースアップ・マジシャン賞などを受賞した。日本のみならず海外でも高い評価を得ており、アメリカの有名マジック専門雑誌『GENII』で特集記事を組まれ表紙を飾った。

前田知洋の名言 一覧

大事な顧客との会話では、トークのネタについて腐心するよりも、顧客により高い価値を提供するための方法論を模索した方が、良い結果に結びつくのではないでしょうか。


結局、「いかに高い価値を相手に提供できるか」でしょう。私はショー以外ではマジックをしません。クライアントと出演交渉をする際、マジックを見せて自分を売り込むことはしません。マジックを軽々に披露することは、対価を支払っていただくお客様に失礼だからです。


付け焼刃でネタを仕込んでも、会話は弾まないでしょう。取引先との重要な商談には、ネクタイや身の回りの品を新品に替えて挑んではどうでしょうか。気合の入り方が違ってくるはずです。それでも会話が弾まなければ「今日のために、ネクタイを新しくしてきたんです」と切り出してみてください。商談の成否はさておき、会話のネタのひとつにはなるはずです。


私はマジックのたびに、新品のカードを用意しています。一回のショーで10箱近く使うため、自宅には4000箱以上を用意してあります。新品の封を切るのは、カードに仕掛けがないことと、「あなたのために用意しました」と伝える意味があります。だから、ショーのあと、カードはお客様に差し上げています。また、大事なステージに上がる際には、新品のシャツを身につけるようにもしています。これはお客様にはわからないことですが、自分の気持ちを切り替えるうえで効果があります。


いつも同じことをやっていると思われたら、マジシャン失格です。ひとつひとつのショーが特別だと思っていただくための配慮は欠かせません。


会話で肝心なことは「あなたのことが知りたい」という気持ちを伝えることではないでしょうか。会食でワインが出てくれば、ワインのうんちくを傾けるのではなく、まず相手の好きなワインを聞く。いつ飲んだのか、誰と飲んだのか、なぜ好きなのか。自然と会話は弾んでくるはずです。好奇心や共感力があれば、うんちくは必要ありません。


前田知洋の経歴・略歴

前田知洋、まえだ・ともひろ。日本のプロマジシャン。東京出身。東京電機大学工学部電気通信工学科(現情報通信工学科)卒。ステージではなく、観客の近くで見せるクローズアップ・マジックの第一人者。優れたマジシャンに贈られる厚川昌男賞、国内のマジック愛好家の投票で得られるマジシャン・オブ・ザ・イヤー(第一回)、ベスト・クロースアップ・マジシャン賞などを受賞した。日本のみならず海外でも高い評価を得ており、アメリカの有名マジック専門雑誌『GENII』で特集記事を組まれ表紙を飾った。

他の記事も読んでみる

大谷昭宏

マスコミ志望の学生のための講座に出ると、いまのやつらは「私はテレビ向きでしょうか? それとも新聞向きでしょうか?」なんて聞いてくるわけ。思わず「そんなこと、わかるか」って笑いながら怒鳴ってしまうんだけど、職業の適性なんて、何年か働いてみて少しずつわかってくるもんでしょ。


星野佳路

現場で自分で見たり聞いたりすることは大事だと思いますが、私が見たものが必ずしも本当の姿ではないとも思っています。同様に、自分に伝えられる情報も、必ずしも公正ではないとも思っています。自分の感性を信じていないわけではありません。ただ、私のところには特殊な情報しか入ってこないと思っているんです。経営者や総支配人が見えている情報は、あくまで断片的で、偏ったものです。都合のいい情報や、親しい人からの意見しか届かなかったりします。たまたま得られた情報にもかかわらず、全体を反映していると思い込んで判断すると、必ず間違えます。


ロバート・キヨサキ

好むと好まざるとにかかわらず、お金は私たちの日常生活で大きな役割を担っていますから、より早いうちからお金のことを理解していれば、そのぶん有利です。


松田秀和(経営者)

我々の手がけてきた事業のほとんどは既存のものではなく、ゼロから始めた新しいサービスです。成功と失敗と挫折を繰り返しながら、世の中に新しいサービスを提供してきました。


小沼大地

もともとビジネスと国際協力は別ものだと考えていました。大学でマルクス経済学を教わって、むしろビジネスに悪いイメージを抱いていたくらい。ところが、(青年海外協力隊として行った)シリアで僕の上司になったのはドイツ人のコンサルタントで、その人はビジネスの力でマイクロファイナンスのプロジェクトをよりよいものにしていった。その姿を見て、自分もビジネスの世界に身を置いて、社会貢献と世界をつなげたくなりました。その上司から、「ビジネスを学ぶならコンサルタントがいい。日本ならマッキンゼーかボスコン(ボストン・コンサルティング・グループ)がいいだろう」とアドバイスをもらいました。両方受けましたが、ボスコンは書類選考で落ちて、たまたま受かったマッキンゼーにお世話になることにしました。


樋口武男

一つのことができないからといって、あいつは駄目な人間と決めつけるのはおかしい。


石渡美奈

日頃から社員一人一人に関心を持ってよく観察しておくことが大切です。そうすれば、「彼は情報処理能力が高いから、この一言をいえば大丈夫」とか、「彼女には丁寧に説明したほうがいい」というように、人によって最も効果的な伝え方ができます。


曳野孝

ある産業に投資(企業買収)などで参入する場合、大切なのはその企業が利益を出せるかどうかにあります。市場全体が儲かるか、あるいはひとつの製品が利益を出しているかどうかに固執する必要はありません。成長が頭打ちになっている成熟市場の成長は、競争相手が参入してこないところにあります。競争相手が少ない市場ならば、ひとつひとつの企業の価値をじっくりと見極められる余裕も出てくるでしょう。


八田一朗

狩りの犬 獲物を追って どこまでも


清水照雄

1年は8760時間。そこから勤務時間や、日常生活に必要な時間を差し引いても、一般的に年2000時間の余剰時間があります。私の場合はそれを始業前に割り当てていますが、出勤前か仕事後、どちらに分配するにしろ、有効に使うことが自分の成長につながっていくと思います。重要なのは、時間の使い方を常に意識することです。


原孝(組織戦略コンサルタント)

論理と感情をひとつの方向性で束ねなければ、経済活動は短期間での失速を招き、社会貢献活動も地域に根付かない独りよがりの活動を招いてしまいます。


糸井重里

「何も知らないよそ者がうっかり進めちゃった」ということが、何かを変えるエネルギーになったのではないか。