名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

前田正博(官僚)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

前田正博(官僚)のプロフィール

前田正博、まえだ・まさひろ。日本の官僚(経産省)、経営者。福岡県出身。東京大学経済学部卒業後、通産省(のちの経産省)に入省。茨城県副知事、通商政策局事務次官などを務めたのち退官。その後、日立製作所理事・上席常務、日立システムアンドサービス会長、中小企業基盤整備機構理事長などを務めた。

前田正博(官僚)の名言 一覧

教育も大事ですが、それ以上にやる気や気迫、情熱が重要なんです。そういうものは研修では身に付きません。


「中小機構さんと付き合って良かった、ありがとう」とか言われるような、小さくても感動を与える仕事をしたいですね。仕事で感動を与えるためにはスピード感がなければいけません。


現場主義によってお客様のニーズに細やかに応えられるようになり、順調に現場主義が身についてきています。


良い製品やサービスを生み出せても、販路開拓の出口戦略がなければなりません。


私どもは中小企業の経営者の皆さんと一緒に仕事をするわけですから、経営の理解を深めるためにも経営センスを磨き続けなければなりません。


映画「風と共に去りぬ」の印象深いラストシーンで、ビビアン・リー演じるヒロインのスカーレット・オハラが失意の中、顔を上げ「After all, tomorrow is another day!(明日は明日の風が吹く)」と力強く言う。不況の中を立ち上がり乗り越えて行く中小企業には、そう言える勇気と気力を持ってほしいですね。


中小企業は変化の意識を持っていないといけない。不況になりました、昨日まで売れていたこの商品が売れなくなりました、商品が昨日と同じように売れるようにしてくれ、というのは違います。変化に対応して、商品に少し変化をつけて売上げを上げる努力をしなければいけない。


人間には能力と資質とあり、企業家魂は資質に分類されるかと思います。能力は勉強したり鍛えたりすれば身に付きますが、資質はそうはいきません。企業家魂を生み出すことはできませんが、磨き上げることならできる。


前田正博(官僚)の経歴・略歴

前田正博、まえだ・まさひろ。日本の官僚(経産省)、経営者。福岡県出身。東京大学経済学部卒業後、通産省(のちの経産省)に入省。茨城県副知事、通商政策局事務次官などを務めたのち退官。その後、日立製作所理事・上席常務、日立システムアンドサービス会長、中小企業基盤整備機構理事長などを務めた。

他の記事も読んでみる

入江慎也

たまにいるのが、偉い人の近くで仕事をするようになったことで、自分も偉くなったと勘違いするタイプ。急に横柄になり、電話が鳴っても「この人なら出なくてもいいか」と無視してしまう。一方、地位が上がっても態度が変わらず、誰にでも謙虚に接する人もいます。こういう人は誰からも好かれ、どんどん上に行くと思いますね。


岩下秀麿

私は自分が何をすれば会社に貢献できるかをとことん考えていました。ひたすら考えていると、知恵が出てきます。


宇田川建

学習時間は長い方が良いに決まっています。しかし5分はゼロよりもマシです。3時間勉強を数日して挫折するよりも、毎日5分を続けて、日々英語に触れる状況をつくることが後々大きな効果をもたらします。慣れるとさらに数時間、毎日続けることが出来るようになります。


兼元謙任

人はとても孤独で、自分しか自身を感じることができません。しかし他者との関係やコミュニケーションが自分の内面に働きかけるという面もあり、自分自身を成長させるには他人を鏡にして自分を鍛えていくしかありません。それはつまり「人のために何かをする」という行為が自分自身を改善していく行為になるのです。


田中角栄

相手との「間」が取れないようでどうする。イノシシのような一本調子では何事も前に進まない。相手にされない。


岡林理

幾度か転職を経験しています。新卒で入った企業は外資系だったのですが、2年半で退社し、大学院に戻った後、数百年の伝統を持つ非鉄金属メーカーが設立した半導体の研究所に勤めました。ところが、この企業の経営多角化は軌道に乗らず、数年で研究所の規模を縮小することになり、私は元の外資系企業に戻ったのです。当時は会社を辞める人は少なく、何年か遅れをとった感もありました。ですが、全て自分で決めたことだから、仕方ない。しかも、両社はカルチャーが真逆で学ぶことも多かった。今思えば、遠回りしたことは自分にとって、かえって良かったと思います。


原口博光(経営者)

台湾の企業を部下とともに訪問したとき、先方の担当者から「これからはあなたと話をすればいいのか」と言われました。そのとき、経済産業省時代のことを思い出しました。当時、尊敬していた上司は、一緒に相手先へ行ってもほとんど口を挟まず、私に任せてくれました。そのおかげで仕事にもやる気が出たのです。相手には「彼はこの分野のスペシャリストですから、彼に聞けば何でもわかります」と返しました。帰国後、部下の態度はガラリと変わりました。私の前でも緊張しなくなり、自分の意見を述べるようになりました。


リンダ・グラットン

変化し続ける社会で大切なことは、自分とはどういう人間であり、自分の価値は何であるかを理解し、目標を持つことです。


植田統

事実はとらえ方によって二面性があって、調査だけではいくら時間をかけてもそのすべてを明らかにできない。それならば、手元に集まった情報で仮説を立て、次に進んだ方がはるかに効率的です。


天坊昭彦

私は効率的な時間の使い方というものを考えたことがありません。効率を考えてギスギス生きるより、無駄な時間を過ごしているほうが人生は楽しい。私はそう思っています。


高橋修司

ユーザーとの接点を増やすために、世界に約75か所ある当社ブランドの専門店を、100店まで広げます。「いい製品を作れば売れる」という幻想は捨てて、独自の価値を丁寧に伝えていきたいと思います。


出口治明

「あなたは間違っている」と言ってくれる人をそばに置かない限り、人は必ず間違う。