名言DB

9,520 人 / 112,352 名言

前田正博(官僚)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

前田正博(官僚)のプロフィール

前田正博、まえだ・まさひろ。日本の官僚(経産省)、経営者。福岡県出身。東京大学経済学部卒業後、通産省(のちの経産省)に入省。茨城県副知事、通商政策局事務次官などを務めたのち退官。その後、日立製作所理事・上席常務、日立システムアンドサービス会長、中小企業基盤整備機構理事長などを務めた。

前田正博(官僚)の名言 一覧

教育も大事ですが、それ以上にやる気や気迫、情熱が重要なんです。そういうものは研修では身に付きません。


「中小機構さんと付き合って良かった、ありがとう」とか言われるような、小さくても感動を与える仕事をしたいですね。仕事で感動を与えるためにはスピード感がなければいけません。


現場主義によってお客様のニーズに細やかに応えられるようになり、順調に現場主義が身についてきています。


良い製品やサービスを生み出せても、販路開拓の出口戦略がなければなりません。


私どもは中小企業の経営者の皆さんと一緒に仕事をするわけですから、経営の理解を深めるためにも経営センスを磨き続けなければなりません。


映画「風と共に去りぬ」の印象深いラストシーンで、ビビアン・リー演じるヒロインのスカーレット・オハラが失意の中、顔を上げ「After all, tomorrow is another day!(明日は明日の風が吹く)」と力強く言う。不況の中を立ち上がり乗り越えて行く中小企業には、そう言える勇気と気力を持ってほしいですね。


中小企業は変化の意識を持っていないといけない。不況になりました、昨日まで売れていたこの商品が売れなくなりました、商品が昨日と同じように売れるようにしてくれ、というのは違います。変化に対応して、商品に少し変化をつけて売上げを上げる努力をしなければいけない。


人間には能力と資質とあり、企業家魂は資質に分類されるかと思います。能力は勉強したり鍛えたりすれば身に付きますが、資質はそうはいきません。企業家魂を生み出すことはできませんが、磨き上げることならできる。


前田正博(官僚)の経歴・略歴

前田正博、まえだ・まさひろ。日本の官僚(経産省)、経営者。福岡県出身。東京大学経済学部卒業後、通産省(のちの経産省)に入省。茨城県副知事、通商政策局事務次官などを務めたのち退官。その後、日立製作所理事・上席常務、日立システムアンドサービス会長、中小企業基盤整備機構理事長などを務めた。

他の記事も読んでみる

岡本綾子

いままで一打一打死にもの狂いだった。でもいまはもう違います。これからは一打一打をエンジョイしながらやっていきます。だって、ゴルフを一日でも長くやり続けたいから。


成毛眞

私は人の運は総量が決まっていると考えています。だから、無駄遣いしないほうがいい。節電ならぬ「節運」をオススメしますね。たとえば、私は一切ギャンブルはしない。駅でプラットフォームの一番前には並ばない。もし、後ろから押されて、運良く事故を免れたとします。この場合、命に関わる好運なので、大量の運を消費してしまうことになるんです。どうせなら、人生の転機で大きな運を使いたい。


近藤史朗

「自分はいろいろできる」とか、「自分は偉い」とか、「すべて理解できている」などと一切考えずに、いつも同じ目線でお客様や社内の仲間、あるいはいろいろな競合相手と接することで、ずいぶんと新しい着想を頂いていると思います。


小山昇

日本サービス・マーチャンダイザー(のちの武蔵野)時代、成績は上々だったのですが、創業社長の藤本寅雄と衝突して辞めてしまいました。若かったので、行き当たりばったり、考えなしの行動でした。退職後はモーニングコールを提供する会社を起業しました。しかし、わずか3カ月で倒産です。社長というのは社員とはまったく違うものだと実感しました。それからダスキン本社に10カ月間勤め、満を持して、ベリーという貸しおしぼりの会社を立ち上げました。前の失敗を踏まえ、今度はおしぼりという、形のあるものを商材としたのです。開業資金を貸してくれる銀行なんてありません。150万円を知人に借りての開業です。


丹羽宇一郎

努力こそ才能なんです。ビジネスマンでいえば、人が遊んでいるときも、我を忘れて仕事する。仕事のことを考えて気がついたらもう夜中になっていた、というくらいに三昧境(さんまいきょう:無我の境地)で働く。一流の人はみんなそういう経験をしてきたはずです。


橋本和良

環境整備について、私たちは定義を設けました。すなわち「礼儀、規律、清潔、整頓、安全、衛生」という6つの面に着目し、すべてを維持向上させていくことを目標に定めているのです。


澤部肇

賢者は歴史から学び、愚者は経験から学ぶといいます。私はまだ愚者だから、経験から学ぶことが多いのです。失敗の経験を繰り返し、歯ぎしりしながら是正してきたというのが実情です。


吉山勇樹

仕事の重要度を判断するときは、できるだけ客観的な判断基準を設けること。「社外に関係する仕事は重要度が高く、社内で完結する仕事は低い」「コンプライアンスに関わるものは重要度が高く、そうでないものは低い」などが例です。数字で表わせる基準を使って、「売上げが一千万円以上の案件は重要度が高く、一千万円未満は低い」というように、より明確な設定もできます。


樋口武男

運も大事だと思いますが、自分自身が精一杯の努力をしていなければ、運も付いてこない。そして人の道を守ることが大事。お世話になった人に対する恩は、きちんと尽くさないといけない。


レイ・バードウィステル

二人の人間の対話では、言葉によって伝えられるメッセージは全体の35%にすぎず、残りの65%は話し振り、動作、ジェスチャー、相手との間の取り方など言葉以外の手段によって伝えられる。


長谷川聰

インフラ関係の需要はいずれ戻ってきます。発展途上国というと、これから伸びようとしている国々がありますから。一番気になるのは量販品のオートバイですね。嗜好品の世界なので、消費者が非常に多様化しています。もっと消費の近いところにアンテナを張って、タイムリーに経営判断できるような組織構造にしているところです。


木村宏

私は若いころから、ものごとを決めない会議には出なかった。資料をもらえば済むからだ。情報をシェアするために、わざわざ大人数が集まるのはバカらしい。しかも、最後まで一言も発言しないような人がいると、なんのための会議か疑問に思う。