名言DB

9429 人 / 110879 名言

前田正博(官僚)の名言

twitter Facebook はてブ

前田正博(官僚)のプロフィール

前田正博、まえだ・まさひろ。日本の官僚(経産省)、経営者。福岡県出身。東京大学経済学部卒業後、通産省(のちの経産省)に入省。茨城県副知事、通商政策局事務次官などを務めたのち退官。その後、日立製作所理事・上席常務、日立システムアンドサービス会長、中小企業基盤整備機構理事長などを務めた。

前田正博(官僚)の名言 一覧

教育も大事ですが、それ以上にやる気や気迫、情熱が重要なんです。そういうものは研修では身に付きません。


「中小機構さんと付き合って良かった、ありがとう」とか言われるような、小さくても感動を与える仕事をしたいですね。仕事で感動を与えるためにはスピード感がなければいけません。


現場主義によってお客様のニーズに細やかに応えられるようになり、順調に現場主義が身についてきています。


良い製品やサービスを生み出せても、販路開拓の出口戦略がなければなりません。


私どもは中小企業の経営者の皆さんと一緒に仕事をするわけですから、経営の理解を深めるためにも経営センスを磨き続けなければなりません。


映画「風と共に去りぬ」の印象深いラストシーンで、ビビアン・リー演じるヒロインのスカーレット・オハラが失意の中、顔を上げ「After all, tomorrow is another day!(明日は明日の風が吹く)」と力強く言う。不況の中を立ち上がり乗り越えて行く中小企業には、そう言える勇気と気力を持ってほしいですね。


中小企業は変化の意識を持っていないといけない。不況になりました、昨日まで売れていたこの商品が売れなくなりました、商品が昨日と同じように売れるようにしてくれ、というのは違います。変化に対応して、商品に少し変化をつけて売上げを上げる努力をしなければいけない。


人間には能力と資質とあり、企業家魂は資質に分類されるかと思います。能力は勉強したり鍛えたりすれば身に付きますが、資質はそうはいきません。企業家魂を生み出すことはできませんが、磨き上げることならできる。


前田正博(官僚)の経歴・略歴

前田正博、まえだ・まさひろ。日本の官僚(経産省)、経営者。福岡県出身。東京大学経済学部卒業後、通産省(のちの経産省)に入省。茨城県副知事、通商政策局事務次官などを務めたのち退官。その後、日立製作所理事・上席常務、日立システムアンドサービス会長、中小企業基盤整備機構理事長などを務めた。

他の記事も読んでみる

和田秀樹

人を見るときは、ビジネスでも最低「敵・味方」「有益・有害」の2軸で考えてみてください。いくら「味方です」と寄ってきても、反社会的な組織の人間では、つき合えば有害な面が大きい。また、「味方で有益な人物」と分析しても、1割ぐらいはあなたのことを嫌ってるかも、という余地は残すべき。100%味方、100%有益と決めつけないことで、良好な人間関係を築ける。


中村維夫

私は社長に就任したときから、次は誰がふさわしいだろうかと考えています。うちは持ち株会社(NTT)があるので形式的にはそこが決めることになるのでしょうけど、やはり本当に責任を持って決められるのは、自分しかいないんじゃないかと思います。私はこの会社(ドコモ)のことだけしか考えていませんから。


日野佳恵子

リアリストとロマンチストって、対立概念じゃありません。女性はあくまでリアリスト。白馬の王子様っていう憧れも、女性は必ずと言って良いほど、学校や職場の身近な男性や芸能人にそのイメージを投影します。これは年代に関わらず同じ。女性も男性も、ロマンチストな部分を持っていて。それは人それぞれレベルがあるけど。でも、その処理の仕方には性別の特徴がちゃんと現れる。男性は、ロマンはロマンのままで大事にする。女性は、ロマンをリアルに処理しようとする。


寺尾玄

楽しく人生を送るには、「好きなことをする(やりたいことをする)」ことが大切だと思います。「嫌なこと」は楽しくなりようがないし、「楽しい」と必ずセットになる「苦しい」「きつい」も乗り越えられません。


アルフレッド・アドラー

理不尽な上司や学校の先生に無理矢理認めてもらう必要はない。市場価値の高い人になればいい。より大きな共同体で考えればいいのだ。


竹田和平

人間、正当に評価してもらえないと、やる気も出ませんし、満足に働く力も出てこない。


新谷学

人になって以降の大半の時間は仕事に費やされる訳ですから、当然、面白い方がいい。仕事が面白ければ、人生も面白くなる。


飯野修一(経営者)

これだと思ったことは「徹底的に」やること。自分の得意分野を突き詰めれば、それが周囲からはみ出していても怖くありません、自信がありますから。自分なりの指針で自身をジャッジすることも大事。


山口拓朗

自己紹介のときに注意したいのは、伝えたい気持ちばかりが勝って長々と語ってしまうこと。これでは相手の集中力が途切れて興味を持たれません。大切なのは短さとユニークさ。「売れない中小企業のホームページをリニューアルする専門家の○○です」など、インパクトの強いキャッチフレーズを用意しておくと良いでしょう。


星野佳路

グローバル化はますます進み、ビジネスの変化も加速している。今後、今の常識では考えられないような場所で働くことが求められるかもしれない。そんな時代を生き抜くためにも、先入観を持たずに、様々な場所でチャレンジする姿勢は必須だと思います。そのチャレンジによって、自分の予想を超える成長を遂げられるのではないでしょうか。