名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

前田東一の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

前田東一のプロフィール

前田東一、まえだ・とういち。日本の経営者。「荏原(えばら)製作所」社長。東京出身。東京都立大学(のちの首都大学東京)大学院修了後、荏原製作所に入社。執行役員、常務執行役員、取締役、同社風水力機械カンパニー・プレジデントなどを経て社長に就任。

前田東一の名言 一覧

計画の実現には、何よりも経営者の強い意志が不可欠です。私も「やり抜く」という強い意志を持って、当社グループの成長を牽引していきます。


成長のために欠かせないのが、私たち産業機械メーカーにとっては「技術力」です。技術力なくして成長は望めません。


3年の経営計画を立てましたが、3年というのは本当に短く、長期視点の戦略を考えるには難しい面がありました。そこで、より自由な発想で考えるために、6年後の末時点での「荏原グループのありたい姿」をまず明確にしました。それは「世界トップクラスの産業機械メーカー」になるということです。


前田東一の経歴・略歴

前田東一、まえだ・とういち。日本の経営者。「荏原(えばら)製作所」社長。東京出身。東京都立大学(のちの首都大学東京)大学院修了後、荏原製作所に入社。執行役員、常務執行役員、取締役、同社風水力機械カンパニー・プレジデントなどを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

柴田励司

ミーティングや商談では常に自ら「ネクストステップ」の確認をするといいでしょう。打ち合わせ後に、「次の打ち合わせは来週金曜日に行なうので、水曜までにAさんが資料をまとめて、木曜日にBさんがチェックして、夕方までにご指示いただく」という感じで次のスケジュールを確認するのです。こうしておけば、予想外のタイミングで予想外の方向から球が飛んできて慌てる、という事態をある程度防げます。


神戸貴子

サービス開始当初、反応は鈍かったんですよ。鳥取には「煮えたら食わあ」という言葉があります。誰か手を出すまで待つ気質で、とにかく実績第一。利用者はポツポツ増え、5人を超えた頃やっと加速しました。


和田裕美

メールや手紙では難しい言葉や専門用語、業界用語はなるべく使わないことも心がけています。相手も忙しい方が多いので、それこそ相手の時間を奪うような、持って回った文言や、辞書を引かないとわからないような難しい言葉は、なるべく控えています。「この人、こんな簡単な言葉ばかり使って、バカじゃない」と思われても、全然かまいません。むしろバカだと思われるくらいが、人間関係は築きやすいもの。


北澤俊和

汗を流してお金をもらう。そうした苦労体験を通じてこそ、自分に向いている仕事や、自分の超得意分野を見つけることができます。


堀場厚

基本的に、我々が買収して傘下に入った海外の企業は、先方から堀場グループに入りたいと申し出てきたところばかりです。いわゆる、敵対的買収を仕掛けたことはありません。元々、取引関係にあった会社が、我々のフィロソフィーに惚れ込んで、「堀場グループの中でオペレーションしたい」と言ってくれるのです。「おもしろおかしく」は、英語で「Joy & Fun」と訳していますが、おそらくこの精神に共感してくれているものと思います。


石川康晴

「気になることは何でも言い合える」部署の雰囲気作りというのは、ミスを減らすために効果的。


小川仁志

「考えるクセ」も身につけるといいですね。筋トレと同様に、「哲トレ」に励むのです。「1日5分」「1か月1テーマ」で考える2つの哲トレがおすすめです。思考を広げたり、深めたりするには、自分とは異なる価値観を取り入れることも重要です。「他人との対話」の機会も積極的に増やしましょう。


岡崎太郎

大切なのは、自分のアイデアについて肯定的な態度で接してくれる人に話すこと。反対意見は大切です。が、ほとんどのアイデアがボツになることを考えると、頭から否定的な意見をもらうと、アイデアを発信しようという気持ちさえも萎えてしまいます。ですから、陽気で肯定的な人に話すくらいがちょうどいいのです。


渡邊剛

若い頃はお酒や女性は二の次にして、シャカリキに働いて仕事がおもしろかったら、誰でもまちがいなく成功するんじゃないのかな。


佐藤可士和

コンセプトが曖昧なまま何かをデザインしたとしても、心に響くものにはならないでしょう。


宇都出雅巳

普段と違う環境に身を置くと、たくさんの刺激を受け、これまでになかったようなひらめきが生まれる可能性が高まる。会社に閉じこもって、頭を抱えていても仕方がない。もし行き詰っていたら、普段と違う場所、できればテーマと関連のあるような場所に行ってみるとよい。


渡辺明(渡邊明)

最終的に勝敗を分けるのはミスの回数です。僕は平均で1局に1~2度のミスがある。でも相手が3度ミスを犯せば勝てる。これがプロの将棋なのです。