前田東一の名言

前田東一のプロフィール

前田東一、まえだ・とういち。日本の経営者。「荏原(えばら)製作所」社長。東京出身。東京都立大学(のちの首都大学東京)大学院修了後、荏原製作所に入社。執行役員、常務執行役員、取締役、同社風水力機械カンパニー・プレジデントなどを経て社長に就任。

前田東一の名言 一覧

計画の実現には、何よりも経営者の強い意志が不可欠です。私も「やり抜く」という強い意志を持って、当社グループの成長を牽引していきます。


成長のために欠かせないのが、私たち産業機械メーカーにとっては「技術力」です。技術力なくして成長は望めません。


3年の経営計画を立てましたが、3年というのは本当に短く、長期視点の戦略を考えるには難しい面がありました。そこで、より自由な発想で考えるために、6年後の末時点での「荏原グループのありたい姿」をまず明確にしました。それは「世界トップクラスの産業機械メーカー」になるということです。


前田東一の経歴・略歴

前田東一、まえだ・とういち。日本の経営者。「荏原(えばら)製作所」社長。東京出身。東京都立大学(のちの首都大学東京)大学院修了後、荏原製作所に入社。執行役員、常務執行役員、取締役、同社風水力機械カンパニー・プレジデントなどを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

桂三枝(6代目桂文枝)

営業といっても結局は人と人が行うのですから、最後にものをいうのは技術よりも人間力。


小笹芳央

有効な対策を打つには因果関係の正しい理解が必要。


冨田哲郎

技術革新も大切です。けれど、それを成し遂げるには、世界やほかの産業に目を向け、開かれた組織、開かれた風土にすることが大事。


日野原重明

私自身、結核という対病を経験したことで、ちょっとした健康を喜ぶことができるようになりました。幸福というものは、失われかけてはじめて気が付くものなのです。


ロバート・キヨサキ

みんながテロの危険を認識しているのは幸いなことだ。危険が見えているからこそ、その危険に前もって備え、戦い、ついには犯人を捕らえることができる。逆に言えば、見えない危機に備えることはできない。ほとんどのアメリカ市民が気づいていない危険は、まだまだたくさんある。なかでも重大なものが、お金に関する危険だ。


矢野博丈

以前は、POS(販売情報管理システム)というものを全く信用してませんでした。「アイテム数が多い方が、お客さんは喜んでくれるはず」「売れ筋ばかりを置いているとお客さんに飽きられる」と思っていましたので。しかし、コンビニ化現象(客の店内滞在時間が短くなる現象)で、お客さんはベーシックなものを選んで早く買い物を済ませたいという傾向が強くなってきた。そういう状況では、売れないアイテムを並べておく意味はないので、POSを使って何が売れていて、何が売れていないのかを把握できるようにしました。


新宅祐太郎

大事なのは、買収した相手と必ずウィン・ウィンの関係を作ることです。「一緒に改革をすれば、もっと良くなる」と理解してもらいながら、改革の具体策を提案し、実行することです。


吉田洋一郎

次のショットのための情報を集め、どう打つか決断し、イメージを描く。そしていつもどおりのルーティーンを始める。いつもやっていることを同じように遂行することこそ、良いパフォーマンスを出す確率を高める心の状態なのです。


秋元義彦

パンづくりの修行後、栃木に戻り父と始めたパンの移動販売は、とても好評でした。しかしパン業界はその後、苦戦を強いられます。かつてパン屋の競合はパン屋でしたが、それが変わり始めたのです。まず、パンよりもスナック菓子でお腹を満たす人が増えた。また、若い人の食事が一日三回から二回に減少。さらに、ファストフード店が台頭しました。そして、今のパン屋の最大の競合はコンビニです。店舗の近くにコンビニができると、経営はきわめて厳しくなる。そのため、まちのパン屋さんには、「プラスアルファの発想」が必要です。


松尾均

私自身、はとバスに来る前は、長らく東京都で公務員としてやってきました。つらくて、キツいことも多々あった。だけど、「逃げない」で、ぶつかってきました。どんな仕事も結局は人と人がやるんだから、正直にぶつかりあえば必ず何とかなるんですよ。試行錯誤しながら、どうやればうまくいくか、光の当て方を考えてね。


樋口建介

昭和52年に特別養護老人ホームで初めて入園者が亡くなりました。かかりつけ医に連絡しても連絡が取れず、近所の病院に往診をお願いしても断られ、結局、入園者の方は私の手を握ったまま亡くなったのです。ショックを受けていたその時、神戸(照子)先生は「死ねて良かったね、と言えるような看護をしたかしら」と。死んで良かったではなく、死ねて良かったと言える看護とは何だろう? この一言が妙に心に残り、現在の私の教育の原点になりました。同時に永遠の課題になりました。


鈴木修

シェアではメシは食えないと言ったが、やはりシェアは大切だ。社員のモチベーションにつながるから。


青木定雄(兪奉植)

当たり前のことですが、社員は経営者の背中を見て働くものです。経営者が楽をしようとしたら、そんな姿勢はたちまち社員の働きぶりに悪い影響を与えてしまいます。経営者は率先して苦労しないといけません。


孫泰蔵

シリコンバレーの場合、「失敗=経験」と評価されます。失敗が多いと、逆に評価が上がるのです。今回初めて起業する人と3回失敗した人。同じ規模の企業であれば、ベンチャーキャピタリストは失敗を経験している方に投資をします。失敗経験が無い人は、大きな壁に直面した際に乗り切れるか不安ですが、失敗した経験を積んでいる人は、どうにか対処するだろうと信用されるのです。


安永竜夫

今の動きに一喜一憂しても仕方なく、中長期的視点で取り組むのが重要。


ページの先頭へ