名言DB

9412 人 / 110637 名言

前田慶次郎(前田利益)の名言

twitter Facebook はてブ

前田慶次郎(前田利益)のプロフィール

前田利益、まえだ・とします。前田慶次郎、まえだ・けいじろう。戦国時代末期から江戸時代初期にかけての武将。

前田慶次郎(前田利益)の名言 一覧

生きるまでいきたらば、死ぬるでもあろうかと思う。


前田慶次郎(前田利益)の経歴・略歴

前田利益、まえだ・とします。前田慶次郎、まえだ・けいじろう。戦国時代末期から江戸時代初期にかけての武将。

他の記事も読んでみる

築山節

同時並行的な業務をさばくスキルや、目的到達までの迅速性、難題を解決するタフネスと発想力、即時の適切な判断力、それらの能力は記憶と分かちがたく結びついているものです。適切な選択に最短で到達する力は、「本人の経験」という記憶の蓄積に立脚するものだからです。これからの時代、記憶はこのように、選択の精度を高めるために使われるべきものだと私は考えています。そう考えると、年齢を重ねることはむしろ「強み」になり得るのです。


茂木友三郎

民間と政府の両方が、それぞれの立場で最善を尽くすことで、日本経済のさらなる成長につながる。


宮沢俊哉

「食べるために頑張る」というような即物的な動機は、次第に「評価されたい」という意欲や、「お客様のため」というプロ意識など、高次元なものへと変わっていきます。やる気が熱意になり、やがて「志」へと昇華していくのです。これを突き詰めた先には、この会社は世の中のためにどうあるべきだろうか、自分は人としてどう生きるべきか、といった大きなテーマを考えることにもつながっていくでしょう。


小山勝弘(経営者)

船で目的地に向かうとする。方位を定めて、誰かが舵を持っている。でも、潮の流れや風の影響で少しコースからズレたりすることもある。船長がそれを許せなかったら、「こうやるんだ!」と絶えず舵を持っていなければならない。船長がやるべきことは、小さなズレを自らの手で修正することではなく、潮や風の大きな流れをしっかり見て大局的な判断をすること。


酒井雄哉

強い気持ちを持つには、人生を大局的に見ることだ。あらかじめ自分の生涯の路線を決めておく。そうすると、まわりの小さな利益とか細かな問題は放っておいてもいいんだから。


松﨑暁(松崎暁)

当社は食器にしても家具にしても、いろいろなものは置いていないのです。例えば家具の専門店に行くと、ベッドでもあまりにたくさん種類があって選びにくいという声もあります。これに対して当社は、生活の基本となる本当に必要なものがほどよく揃っていて、価格のばらつきもなく、同じような価格帯で選びやすい。これが当社の独自性です。


渡辺明(渡邊明)

当然、相手は自分の先方やパターンを研究してきます。その裏をかけば自分に有利な状況がつくりやすくなる。


菅義偉

前回(第一次安倍政権)は一気にあれもやろう、これもやろう、そうすれば国民から信を得られるとの思いでやっていましたが、必ずしもそうではありませんでした。今は中長期的に今回はこれをやり、次はこれに取り組むという感じで優先順位を付けて政権運営に当たっています。


村上太一

おそらく最も多く読んできた本のジャンルは、起業家の自伝です。小説のように読めて面白く、また実際に成功しているという事実は何よりも説得力があります。


小林道寛

弱い部分を補うのではなく、強い部分を強くして特徴ある会社になれば、評価も高まるだろうと考えました。そうしてインフラ基盤の仕事に大きく舵を切り、人材もその前提で集め始めました。その結果、実際にインフラ基盤に強い会社になることができた。


下田進

一生懸命仕事をしているうちに、筋道がピーンと見えてくる。いいかげんにしていては、それは見えてきません。


内田恒二

目的と判断基準は立場、立場で異なる。開発部門なら2割くらいの可能性でも決断しないと差別性は出せないし、川上の研究部門では1%でも可能性が見えれば挑戦すべきだろう。トップとなると専門部門の役員との意見調整もしなければならないが、最終的には不透明なリスクを自分の責任範囲でどこまで抱え込むかだ。


富山幹太郎

そもそも玩具の原型なんて、すでにこれまでの歴史の中で出尽くしてしまっています。「ベイブレード」の元祖ベーゴマの起源は平安時代までさかのぼります。メンコ、ヨーヨー、ビー玉、かつて子供たちが「面白い!」と思った玩具を、いかに発想転換させて現代によみがえらせるか。それが、私たちの勝負どころです。


鈴木義幸

自分一人で変化を起こすのは難しいことです。コーチに就くことが理想ですが、自分自身への質問力を鍛えることでもかなりの効果が期待できます。日ごろ、自分自身に何を問いかけているかで人の行動は決まるといっていいでしょう。


溝口勇児

多くのスポーツクラブを見てきましたが、ひざや腰などを悪くして健康を損なう人が多くいます。成人病で亡くなった方の大半は運動不足や心理的要因に加えて、食生活がとても大きく影響していると感じます。栄養に対する意識を高めることがアンチエイジングの近道なのではないでしょうか。