名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

前田安正の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

前田安正のプロフィール

前田安正、まえだ・やすまさ。日本の校正者。「朝日新聞メディアプロダクション」校閲事業部長。早稲田大学卒業後、朝日新聞社に入社。名古屋本社編集センター長補佐、大阪本社校閲マネジャー、用語幹事、東京本社校閲センター長などを務めた。また、文章の書き方について教えた。

前田安正の名言 一覧

社会人もメールや企画書などを書く際に文章力が試されます。なぜなら、正確な文章を書けるということは、「自分の意思を相手に伝えることができる」とほぼ同義だからです。


自分が分かっていることは、読み手も分かっていると思いがち。読み手が疑問に思わないように先回りし、丁寧に説明する「思いやり」こそが、伝わる文章を作る。


企画書や報告書を作ったものの、読んだ人から「文章がわかりにくい」と言われてしまう原因は、いくつかあります。まずは、読み手の立場になって書かれていないこと。「自分がわかっていることは、相手もわかっているだろう」という思い込みのもとに書かれた文章は、正しく伝わりません。


文章で正しく意図を伝えるには、「必要かつ十分な条件」を提示しなくてはいけません。わかりやすい文章を書くには、読み手の立場になり、「何を伝えれば十分か」を意識することが不可欠です。そのためには、「同じ言葉でも、自分と相手では定義が異なるかもしれない」ということを、常に頭に置きましょう。


文中に複数の要素を詰め込むと、内容が複雑になり文意がぼやけてしまう。要素を整理して短い文に分解すると、対応すべき主語と述語の距離が近づく。文意がしっかり通って読みやすくなる。


正確に伝えるためには、「5W1H」の要素を盛り込むことが基本。文章が続かない人は、「WHY」が抜けている。「なぜ、どうして」と自問しながら答えを書き進めることで、伝えたい内容の理由や原因が肉づけされ、情報が詰まった文章になる。


プレゼン力の重要性が問われるいま、プロダクト(製品)のスペックや機能の説明だけでなく、それが生まれた背景や哲学まで伝えて、ファンを獲得することが企業戦略になっています。そういった理念や背景は抽象的で伝えづらいだけに、なおさら正確に意思を伝える能力が求められていると思います。


ひと昔前なら、まずは商品の性能やスペックをアピールすることが最優先でした。しかし現在は、性能の良さだけをアピールしても、よほど他社との差が大きくない限り、消費者には響きません。消費者が買いたいと思うのは、「なぜ私たちの会社はこの商品を作るのか」という「Why」に共感したときです。「Why」に共感した人は、その会社のファンになります。そして、今の時代にビジネスで勝るのは、ファンを獲得した企業です。


なぜ文章を書けない人が増えているのか。一口にいえば、自分を客観視できないからです。実体験なのですが、会社で自己評価をさせると、ものすごく高く点数をつける人と、必要以上に低くつける人の両方がいます。自分を一定の基準にのっとって、明確に評価できないということです。自分を俯瞰できないのは、「こう書いたら相手はどう思うのか」を想像できないことでもあります。「相手のために何をすればいいか」と考える意識が薄ければ、「伝わる文章」は書けないでしょう。


企画や提案のために文章を書くなら、「自分はなぜこれがやりたいのか?」を掘り下げる作業が欠かせません。企画を立てようと思うとき、自分の中にアイデアの元になるネタがいくつかあるはずです。それは、自分の直感だったり、取材や観察によって得た情報だったりします。そこからいろいろな連想を広げていくと、アイデア同士が結びつき、どこかで「自分が語りたいストーリーは、きっとこれだ」という一本の線が見えてきます。つまり、「仮説」が立つわけです。


とくに今は、ビジネスの企画や提案でも、「自分の思い」を伝えることが重要になっています。「高齢者が暮らしやすい世の中にしたい」「子供たちの未来のために、環境に優しい社会を作りたい」。最初にこうした思いを伝えたうえで、「だから私たちは、こんな商品を作りました」と説明を付け加える。これがプレゼンの基本になりつつあります。


わかりにくい文章の問題点として多いのが、「骨格がおかしい」ということです。文章は、「骨格」と「肉」で構成されます。
「今年の夏は、例年より平均気温が低く、寒かった」
この文なら、「今年の夏は~寒かった」が「骨格」で、他は理由や状況を説明する「肉」の部分です。この骨格さえしっかり組み立てられていれば、文章はわかりやすくなります。まずは短い文章で骨格を書き、そこから肉を付け足していくのが、わかりやすい文章を書く基本です。


前田安正の経歴・略歴

前田安正、まえだ・やすまさ。日本の校正者。「朝日新聞メディアプロダクション」校閲事業部長。早稲田大学卒業後、朝日新聞社に入社。名古屋本社編集センター長補佐、大阪本社校閲マネジャー、用語幹事、東京本社校閲センター長などを務めた。また、文章の書き方について教えた。

他の記事も読んでみる

岩井俊憲

未来志向の問いを発する方が、焦点が定まり、解決の筋道が見えてくるもの。過去の複雑な原因を探ることに労力をかけるよりも、未来の目的・目標に目を向けた方が、問題をシンプルに捉えることができ、より生産的になれる。


西田文郎

経営における三大要素は「知・徳・胆」です。「知」は経営に対する知識、「徳」は人望、「胆」は胆力、メンタルタフネス。トップが「知・徳・胆」のすべてを向上させないと組織は伸びない。


俣野成敏

プロフェッショナルサラリーマンとは、自分で仕事をつくって、回して、稼ぐことができる社員のことです。それ以外のサラリーマンは、どんなに役職が上でも、どんなに社歴が長くてもアマチュアサラリーマンです。


出口治明

ロンドンにいたとき、5時に会社が終わるのですが、5時10分に階下の部署に行ったら誰もいない。翌日、責任者に「昨日、きみに話が聞きたかったのだが」と言ったら、「なぜ事前に残れと指示をくれなかったのですか。ボスが残れと言わなかったから、僕は5時にはデートに出かけますよ」と。言われてみれば当然ですね。


佐山展生

私は常々、企業はトップで9割以上が決まると申し上げています。銀行勤めのころは、半分は経営者だと思っていたのですが、その後投資の仕事をする中で、9割以上は経営者だと思うようになったのです。


井出進一

ビジネスセミナーのテープを聞きながら走っていると、時間対効果も高まるので、忙しい現役のビジネスマンにもお勧めです。


土光敏夫

学校というものは社会に出るためのウォーミングアップの場所に過ぎない。いま、どの学校がいいかなんとか、みんなが目の色を変えているのは、あれは単なる親のエゴに過ぎない。僕自身は大学に行く気なんて全くなかった。好きな機械を作っていれば、それでよかったんだ。


新浪剛史

リスクは当然取らなければいけない。よく分からないリスクは取らないが、分かるリスクの中でもこれは取ろうよと。


安藤忠雄

私は現在、韓国で3つの建築を手掛けていますが、ダメなものはダメとはっきり言います。それで最初は扱いにくい日本人だと思われていたようですが、こちらが本気だということが相手に伝わってからは、逆にいい関係で仕事ができるようになりました。


神永正博

統計だけではなく、歴史を学ぶこともおすすめです。過去を学ぶことで、現在を理解するという点で統計と共通しているからです。それに、普遍的な知識という意味でも共通しています。数字に対する理解と人間に対する理解はいつの時代も変わりません。変化の激しい時代に対応するために、統計も歴史も強力な武器になるのではないでしょうか。


澤田秀雄

いつも私が言っていることは、「継続は力なり」です。いかに努力を継続できるか。ベンチャー企業は、創業3年以内に消えるか潰れるかすることが多いのです。資金的に継続できないか、精神的に継続できないか、人材の問題か、理由はさまざまだと思いますが、会社を継続できなくなってしまう。石の上にも3年と言いますが、私の考えでは、3年会社がもてば、この事業でやっていけるのかが見えて来ます。


山口真導

資金繰りを改善することが、利益を出すことと同等以上に重要だということを社員に伝えましょう。