名言DB

9429 人 / 110879 名言

前田安正の名言

twitter Facebook はてブ

前田安正のプロフィール

前田安正、まえだ・やすまさ。日本の校正者。「朝日新聞メディアプロダクション」校閲事業部長。早稲田大学卒業後、朝日新聞社に入社。名古屋本社編集センター長補佐、大阪本社校閲マネジャー、用語幹事、東京本社校閲センター長などを務めた。また、文章の書き方について教えた。

前田安正の名言 一覧

社会人もメールや企画書などを書く際に文章力が試されます。なぜなら、正確な文章を書けるということは、「自分の意思を相手に伝えることができる」とほぼ同義だからです。


自分が分かっていることは、読み手も分かっていると思いがち。読み手が疑問に思わないように先回りし、丁寧に説明する「思いやり」こそが、伝わる文章を作る。


企画書や報告書を作ったものの、読んだ人から「文章がわかりにくい」と言われてしまう原因は、いくつかあります。まずは、読み手の立場になって書かれていないこと。「自分がわかっていることは、相手もわかっているだろう」という思い込みのもとに書かれた文章は、正しく伝わりません。


文章で正しく意図を伝えるには、「必要かつ十分な条件」を提示しなくてはいけません。わかりやすい文章を書くには、読み手の立場になり、「何を伝えれば十分か」を意識することが不可欠です。そのためには、「同じ言葉でも、自分と相手では定義が異なるかもしれない」ということを、常に頭に置きましょう。


文中に複数の要素を詰め込むと、内容が複雑になり文意がぼやけてしまう。要素を整理して短い文に分解すると、対応すべき主語と述語の距離が近づく。文意がしっかり通って読みやすくなる。


正確に伝えるためには、「5W1H」の要素を盛り込むことが基本。文章が続かない人は、「WHY」が抜けている。「なぜ、どうして」と自問しながら答えを書き進めることで、伝えたい内容の理由や原因が肉づけされ、情報が詰まった文章になる。


プレゼン力の重要性が問われるいま、プロダクト(製品)のスペックや機能の説明だけでなく、それが生まれた背景や哲学まで伝えて、ファンを獲得することが企業戦略になっています。そういった理念や背景は抽象的で伝えづらいだけに、なおさら正確に意思を伝える能力が求められていると思います。


ひと昔前なら、まずは商品の性能やスペックをアピールすることが最優先でした。しかし現在は、性能の良さだけをアピールしても、よほど他社との差が大きくない限り、消費者には響きません。消費者が買いたいと思うのは、「なぜ私たちの会社はこの商品を作るのか」という「Why」に共感したときです。「Why」に共感した人は、その会社のファンになります。そして、今の時代にビジネスで勝るのは、ファンを獲得した企業です。


なぜ文章を書けない人が増えているのか。一口にいえば、自分を客観視できないからです。実体験なのですが、会社で自己評価をさせると、ものすごく高く点数をつける人と、必要以上に低くつける人の両方がいます。自分を一定の基準にのっとって、明確に評価できないということです。自分を俯瞰できないのは、「こう書いたら相手はどう思うのか」を想像できないことでもあります。「相手のために何をすればいいか」と考える意識が薄ければ、「伝わる文章」は書けないでしょう。


企画や提案のために文章を書くなら、「自分はなぜこれがやりたいのか?」を掘り下げる作業が欠かせません。企画を立てようと思うとき、自分の中にアイデアの元になるネタがいくつかあるはずです。それは、自分の直感だったり、取材や観察によって得た情報だったりします。そこからいろいろな連想を広げていくと、アイデア同士が結びつき、どこかで「自分が語りたいストーリーは、きっとこれだ」という一本の線が見えてきます。つまり、「仮説」が立つわけです。


とくに今は、ビジネスの企画や提案でも、「自分の思い」を伝えることが重要になっています。「高齢者が暮らしやすい世の中にしたい」「子供たちの未来のために、環境に優しい社会を作りたい」。最初にこうした思いを伝えたうえで、「だから私たちは、こんな商品を作りました」と説明を付け加える。これがプレゼンの基本になりつつあります。


わかりにくい文章の問題点として多いのが、「骨格がおかしい」ということです。文章は、「骨格」と「肉」で構成されます。
「今年の夏は、例年より平均気温が低く、寒かった」
この文なら、「今年の夏は~寒かった」が「骨格」で、他は理由や状況を説明する「肉」の部分です。この骨格さえしっかり組み立てられていれば、文章はわかりやすくなります。まずは短い文章で骨格を書き、そこから肉を付け足していくのが、わかりやすい文章を書く基本です。


前田安正の経歴・略歴

前田安正、まえだ・やすまさ。日本の校正者。「朝日新聞メディアプロダクション」校閲事業部長。早稲田大学卒業後、朝日新聞社に入社。名古屋本社編集センター長補佐、大阪本社校閲マネジャー、用語幹事、東京本社校閲センター長などを務めた。また、文章の書き方について教えた。

他の記事も読んでみる

寺内大吉(成田有恒)

人間の欲望にはきりがありません。みなさんも、お金を儲けたいとか、出世したいとか、様々な欲望があるはずです。人間だから欲望があるのは当然で、無理に捨て去る必要はありません。しかし、欲望に執着してしまうと心を滅ぼしてしまうのです。では、どうするか。たとえばお金を儲けたいというときに、自分だけ儲けるのはなしに、皆で豊かになろうと考えたらどうでしょう。それだけで、独りよがりの欲望ではなくなるんです。


佐藤オオキ

クライアントに課題を与えられたら、まずはそれを疑うところから始めます。「その課題を解決することが、本当にこの会社にメリットがあるのか?」と。そして「なぜ、この課題が出てきたのですか?」と聞いてみる。すると「実はその前にこんなことがあって」「えっ、それはどうして起こったんですか?」という会話になり、議論はどんどん遡ります。課題を与えられるたび、2~3歩下がる感じですね。そうやって下がれば下がるほど、本当の課題が見えてくる。


草間三郎

断る経験は誰もしていますが、何かを断ったり、断られたりする場合は、だいたい断られる側にも不備があると考えたほうがいいでしょう。商売は個人対個人です。相手の立場に立って、断ることが相手にとっていいことだという信念と確信があれば、断られた方も納得してくれます。


大宮英明

戦闘機の仕事はかなり特殊な世界でしたが、冷熱(クーラーなどを製造する冷熱事業部)は販売店さんと付き合う最も一般的で、最も厳しい流通の世界でした。これはこれで、強烈に私の興味を満たしてくれる仕事でした。販売店の創業社長なんて、我々一般のサラリーマンと違って、本当に肝が据わっています。面白かったですねぇ。
【覚書き|冷熱事業部に配属されたときを振り返っての発言】


池田千恵

就寝前にごく簡単に明日のToDoを箇条書きにします。「明朝、~しよう」と思ってから眠ると、頭にその意識が残り、翌朝パッと起きられます。


乙武洋匡

ここ最近は「イヤなこと」がほとんどないんです。もちろん、その時点では自分にとってマイナスに思えたり、不快に感じたりすることはあります。ただ、「これは自分にとって必要なことで、将来必ずプラスになる」と自動変換するクセがついているので、素直に受け止められるのです。


岸信介

私がやったことは歴史が判断してくれる。


江島祥仁

私が新規開拓を続けてこられたのは、新しい仕事を任されているというやりがいがあったから。商品開発も現場からどんどんアイデアを出していく。本社のマーケティングが開発するのではなく現場から提案していく。これからの伊藤園にとっても絶対に必要。


金井昭雄

当社の経営、営業を支える基盤といえるのが「富士メガネ総合情報システム」(FTIS)というオンライン顧客管理システム。同システムのよい点は、全社あるいは各営業店で、いま何がどのくらい売れていて、何が売れていないのか、誰が売っていて、誰がどんな仕事をしているのかということが、全部分かるようになっていることです。また社員それぞれ得意・不得意分野も違い、取扱商品の単価や数量ベース、作業スピードも異なりますが、同システムでは、それらを含むありとあらゆる情報が数字に表れるようになっているので、スタッフの指導についても非常に有効に機能しています。


葛西紀明

自分がしっかり準備をし、心身ともにいいコンディションを保っていないと運も回ってこない。