名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

前田又兵衛の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

前田又兵衛のプロフィール

前田又兵衛、まえだ・またべえ。日本の経営者。東証一部上場の建設会社「前田建設工業」創業者。明治時代、福井県出身。大正8年に前田建設工業の前身である前田事務所を設立。発電所関係の工事を中心に事業を伸ばした。その後、前田建設工業を設立。

前田又兵衛の名言 一覧

愛なき人生は暗黒なり。汗なき社会は堕落なり。


前田又兵衛の経歴・略歴

前田又兵衛、まえだ・またべえ。日本の経営者。東証一部上場の建設会社「前田建設工業」創業者。明治時代、福井県出身。大正8年に前田建設工業の前身である前田事務所を設立。発電所関係の工事を中心に事業を伸ばした。その後、前田建設工業を設立。

他の記事も読んでみる

ひろゆき(西村博之)

エジソンの言葉に「1%のひらめきと99%の努力」というのがあります。99%の努力を代わりにしてくれる人と一緒に仕事をすれば、2人で成功できる。しゃべったことを原稿にしてくれる人もいれば、ニコニコ動画みたいにアイデアを出すとプログラムを書いてくれる人もいる。そういう人が僕の周りにいるので運がいいんです。自分一人で全部の仕事をこなせば利益は独り占めですけど、僕は基本的に、自分一人でものごとを進めたくないから、誰かと組むパターンが多いんです。


ニーチェ

我々の中で最も勇気ある者でも、自分は一体何を知っているかと問う勇気を持ち合わせている者はほとんどいない。


植草徹也

イノベーションを十分なリターンにつなげるためには、開発期間の投資コストをなるべく小さくすることが必要。


澤上篤人

良い投信を見分けるのは簡単です。純資産総額がコンスタントに増えているかどうか。それだけ見ればいいのです。成績がよくないと、購入者も減って解約も増えます。成績が良くなれば信頼も高まって、お客さんも増える。純資産総額は、資金流入と運用成績が合わさったものです。1から2年ではなく、5年間ぐらい継続的に上がっているものならいいでしょう。でも、そういう投信がいくつあると思います?少し前に調べてもらったら、2800本ある投信のうち、純資産総額が毎年増えていたのは8本だけでした。


寺田和正

自分で会社を興してからは、もうこのまま死ぬんじゃないかというくらいに働いてきました。睡眠時間は毎日2時間、3時間ですから。でも、さすがに40歳になって身体のほうが言うことをきかなくなってきたので、最近はジムでトレーニングする時間をつくるようになりました。仕事以外のことに費やす時間が必要になり始めて、ようやく本当の意味で時間が有限であることを実感できるようになったのかもしれません。


箭内道彦

金髪にしたのは10年くらい前です。広告の賞が全然取れなくて、どうしたらいいんだろうとずっと悩んでいたんです。でも、そのころになると、5つも6つも年下の後輩が取り始めて、さすがにもう無理だなと。それで別の方法で目立たなきゃと思い、金髪にしたり、業界誌のインタビューでわざと破壊的なことを言ってみたりするようにしたんです。そうしたら、「こいつ面白そうだから何かやらせてみるか」と仕事が来るようになったんです。


窪田良

とりあえず行動を起こしてみてほしい。限りある人生の中で行動しないのはもったいないと思います。行動を起こせば様々な発見や感動、ひらめきが見つかって人生が豊かになるでしょう。


金川千尋

需要家の要望が本当に現実不可能なものであるなら、初めからできない契約はすべきではありません。その判断力も営業マンには必要です。一方、要望が的を射ていて、やるべきだと思ったのに実現できず、約束を守れなかったら責任を取って会社を辞めるくらいの気構えがないと会社は動かせません。


童門冬二

人には賢愚の差はあるけれど、ひとつやふたつは優れた才能を持っている。それを育てれば一人前の人間になれる。吉田松陰はそうした信念を持って、俳句・和歌などを得意とする入牢者を活用して、つらい牢を楽しい場所に変えてしまいます。そのことで、獄中の雰囲気は絶望的なものから一気にモラール(士気・意欲)が高まったのです。こうした取り組みはその後、藩全体に浸透していきました。


田中良和(GREE)

すでにグリーは上場までして大きく成長したのだから、これくらいで満足しておいたらどうかという人もいます。でも僕はここで歩みを止めるつもりはまったくありません。それは社員に幸せになってもらいたいからです。社員の給料は、会社が成長しているからこそ上がります。新しい仕事やポジションも、会社が成長するから生み出されるのです。


奥田務

百貨店は将来もなくならないでしょうし、努力をすればもっと経営効率を高めることもできるでしょう。けれど、成長の余地は限られています。我々が今後も成長を続けるには、ビジネスラインを広げる必要があったんです。
【覚書き|パルコを700億円で買収した理由を尋ねられての発言】


田中良和(GREE)

羅針盤となる人を見つけることも重要です。自分より頭がいい、目端が利く人が何をやっているかを見る。先に気づいて行動しているから、それを真似る。