前田又兵衛の名言

前田又兵衛のプロフィール

前田又兵衛、まえだ・またべえ。日本の経営者。東証一部上場の建設会社「前田建設工業」創業者。明治時代、福井県出身。大正8年に前田建設工業の前身である前田事務所を設立。発電所関係の工事を中心に事業を伸ばした。その後、前田建設工業を設立。

前田又兵衛の名言 一覧

愛なき人生は暗黒なり。汗なき社会は堕落なり。


前田又兵衛の経歴・略歴

前田又兵衛、まえだ・またべえ。日本の経営者。東証一部上場の建設会社「前田建設工業」創業者。明治時代、福井県出身。大正8年に前田建設工業の前身である前田事務所を設立。発電所関係の工事を中心に事業を伸ばした。その後、前田建設工業を設立。

他の記事も読んでみる

ウィリアム・ウェルドン

顧客である患者の近くにいて、その声に耳を傾けなければ、彼らが必要としている製品をつくりだすことはできません。


小池龍之介(小池龍照)

これまでの人生で「こうしよう」「ああしよう」と計画したことを、どれくらいその通りに実現させてきましたか? おそらく実現しなかった数のほうがはるかに多いと思うのです。自分の心すらコントロールできないのに、他人の行動なんてコントロールできるはずがないですよね。他人は自分が思った通りには動いてくれない。それは大前提です。


高岡浩三

「グローバルな視点で物事を考え、日本の問題を発見し、そこから新しいアイデアを生み出していく人」こそ、世界と戦う最低条件。


ジム・バグノーラ

ストレスに満ちた職場では最高のパフォーマンスは生まれません。心と体の健康を取り戻すことが自分の能力に目覚める第一歩になる。


長谷川嘉哉

「不快」に立ち向かうことは、強烈な「快」を生み出す最も効果的な方法であり、自分の負の感情をうまくコントロールする手段でもある。


泉谷しげる

「暴君」は、つくったキャラなのよ。ハロウィンでゾンビになるのと同じで、俺のは「暴君」ごっこなの(笑)。でも、それは同時に、「大人になる」という決意でもあるんです。きちんと大人にならないと、子供たちを励ますことができないから。


飯島彰己

当社は昔、水産業をやっていたのですがやめていました。しかし、もう一度「水産事業室」をつくり、水産の知見を貯め始めています。今は利に合わなくても、様々な知見の再構築につながります。


山田匡通

まず働く環境としては、人がそこに行ってそれ自体でワクワクする空間であること。今までの会社のオフィスと言うと、決まったところに机が並んでいて決まったところで仕事をしていました。それとは全く違った環境で、人が集まり、精神が解放され、自由な論議ができ、いろいろな発想やひらめきがでてくるような雰囲気の空間を作ります。そのために、最先端のデザイン性を備えたインテリア設計を行っています。


原田泳幸

一日に売り上げるハンバーガーに使用するパンを並べたら、東京から兵庫県の姫路市に達する距離に匹敵します。そのたった一個に小さな異物が混入しただけでもビジネスの歯車は一気に狂ってしまいます。高速道路をスポーツカーで走りながら石ころ一個に神経を使う以上の緊張感があります。私はこのスピード感やスケール感を社員に体感してほしくて、東京湾に14億人が泳いだらどうあるかというビデオまで作ったほどです。


太田彩子

顧客に対してネガティブな感情を抱くことは機会損失にもつながります。苦手意識を持つことで、その顧客から足が遠のいてしまったり、「どうせダメだろう」と最初からトライすることを諦めてしまったりする。すると、当然、仕事のパフォーマンスが落ちてしまいます。


戸塚隆将

日本の場合、チームプレイの根底にあるのは和を尊ぶ精神。つまり結果が良くても悪くても、みんなと同じように苦楽をともにすることが良しとされます。一方、グローバルファームで求められるのは、共通の目標を達成するためのチ-ムプレイです。もちろん仲が良ければそれに越したことはないのですが、共通の目標に向かって手を組めるなら、一人ひとりの価値観は異なっていてもいい。チームプレイと言っても、そこは日本と大きく違うところです。


イチロー(鈴木一朗)

あのとき(ワールド・ベースボール・クラシックのとき)僕を支えていたのは、自分のやってきたことへのプライドと、これからやろうとしていることへの自信でした。


浦沢直樹

もうね、清書って思った段階で、もうダメなんですよ。「いつものお絵描き」っていうふうにしていかないと、「ここ一発、いい顔描くぞ」なんて思った瞬間、清書になっちゃうでしょ。だいたいダメですよね、そうすると。


六角精児

世の中には、効率を第一に考えて生きてらっしゃる方がいるからこそ、僕のようにムダを大切にする人間がいてもいいのかなと思う。


松本大

大事なのは、世の中の大きなトレンドを見逃さないこと。


ページの先頭へ