名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

前田勝之助の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

前田勝之助のプロフィール

前田勝之助、まえだ・かつのすけ。日本の経営者。化学繊維メーカー「東レ」社長。熊本大学卒業後、東洋レーヨン(のちの東レ)に入社。愛媛工場長、取締役、常務などを経て社長・会長を務めた。そのほか経団連副会長、日本繊維産業連盟会長などを務めた。

前田勝之助の名言 一覧

1人の100歩より、100人の1歩が大事。チームワークである。


企業の盛衰は人が制し、人こそが企業の未来を創る。


製造業はベテランから若手への技術やノウハウの伝承が必要で、だからこそ人が根幹となる。


上司と喧嘩するなら、堂々とやりなさい。その喧嘩がフォア・ザ・カンパニー(会社のため)であるのなら。


私も、経営者としての道を歩んできました。企業は社会のものであることを前提とした、世界で通用する経営の王道を追求してきたつもりです。誰しも最後は、人が歩いた場所をなぞるのではなく、自らの人生の中で道を切り開いていくしかないのです。


社会の基本的な価値観や倫理観が崩れ、若者が迷っているいまだからこそ、いま一度、先人が歩いた道をきちんと教え、改めてそれらの価値を社会が共有することが必要なのではないでしょうか。


昨今の若い人たちは、何もわからない子供のころから、とかく「自分で好きな道を見つけなさい」などと言われる。けれど、それは多くの人にとって無理というものでしょう。その結果、迷い、つまずき、何の努力もしないままものごとを投げ出して、楽しいことばかり追いかけ、悪いことはすべて他人や環境のせいにしてしまいがちです。


何千年と受け継がれた過去の知恵に秘められた思想からは、何か得るものがあるはず。まず先人を尊び、彼らがたどってきた歴史的、知的所産をなぞってこそ、本当に新しい道を見出していけるのだと思います。


敗戦後、いろいろな新しい考え方が日本に入ってきました。結果、従来の体制の多くが否定され、日本の伝統的な武士道、儒教の精神といったものが重視されない時代になっています。それらをすべて肯定する必要はないのですが、自分の道を見つけるためには、まず過去から学ぶことも大切なのです。


発展途上国を含めた世界の市場に目を向ければ、繊維産業はものすごく成長性の高い産業である。
【覚書き:他社が脱繊維を目指す中、東レだけが本業の繊維を強化する方向に進んだことについての発言】


前田勝之助の経歴・略歴

前田勝之助、まえだ・かつのすけ。日本の経営者。化学繊維メーカー「東レ」社長。熊本大学卒業後、東洋レーヨン(のちの東レ)に入社。愛媛工場長、取締役、常務などを経て社長・会長を務めた。そのほか経団連副会長、日本繊維産業連盟会長などを務めた。

他の記事も読んでみる

小野寺佑太

ある先輩は、「俺は真剣にアドバイスする。それは佑太の目がいつも真剣だからだ」と言ってくださいました。また私がコンサルティングをさせていただくと「必ず実行する」と約束してくれる経営者の方々が、幸い少なくありません。「小野寺の目は裏切れない」と言ってくださるのです。


山岸和実

自分を主語にするのは、「君自身はどう思うの?」と聞かれたときだけに側めましよう。「私は」と自分を主語にすると、ともすれば、野心的、自己中心的な印象を与えます。それを、「当社は」「当部署は」、あるいは「お客様は」などに置き換えると、自分ではなく会社のメリットや顧客の満足を目指しているという印象になります。


山本真司

よい経営者と称される方々に共通するのは、長期的に進化を続けていることです。本当に成功している人ほど、決して成功にあぐらをかきません。ひとつ成功すると、さらなる目標のため、次の努力モードに入ります。努力の型を身につけ、次々と進化し続けるからこそ、仕事で活躍できるのです。


千本倖生

第二電電(のちのKDDI)のときも、たった数名でNTTという国家企業に立ち向かう僕たちを、マスコミは皆、ドン・キホーテのように扱ったけど、僕は勝てると確信していました。当時、日本の市外電話料金は、いまの携帯電話と一緒で、世界と比較するとものすごく割高でした。でも僕は、周到に計算して、NTTの抱える無駄をそぎ落とせば、料金を必ず下げられるとわかっていたんです。


夏野剛

仕事の速い人は、あらゆる事柄を5分で判断し、結論を下します。一方で、5分で判断できることに5日もかけてしまうのが、仕事が遅い人です。5分間集中して考えれば、結論を下せないものはないというのが私の持論です。もし5分で決められないなら、それは判断材料が足りないときです。十分な情報を集めて、判断材料がそろったなら、5分で即決する。これが仕事を速く進めるためには一番重要です。


坂本孝

コンビニは新しい情報に触れるにはいい場所です。店員さんに「最近入った新商品を教えてください」と言って、いつも10種類くらいまとめ買いするんです。それで、会社に帰って食べてみて、ほかの社員にも食べてもらって感想を聞く。「へえ、おにぎりの具にゴボウマヨネーズなんてあるんだ。でも、正直そんなに美味しくないなあ(笑)。だけど、棚を見たら結構売れているみたいだったな。何でだろう?」とかね。また考えるきっかけが生まれる。


川野幸夫

パートナー(パート社員)さんが「自分が何を期待されているのか」をどう意識するかで、戦力化が進むか進まないかが決まる。パートナーさんをコストとして見ると、戦力にはなりません。本人のキャリアを考え、「本気で期待している」と伝えることが、意識を変えるのです。


若林久

沿線全体の人口はまだ減っておらず、むしろ微増という状況で、鉄道輸送収入は定期も定期外も伸びています。ただ、間違いなく近い将来、人口減少は確実に訪れますから、いろいろな対策をとっています。定住人口、交流人口を増やすのが一番重要で、地域間競争も激しくなるのは必至ですから、選ばれる沿線、選ばれる鉄道にならなければ、生き残っていけないという思いがあります。


香藤繁常

社内の留学制度に応募した際、試験で合格点に届かなかったのですが、面接官だった当時の副社長が私の熱意を買ってくれて翌年も受けました。この時も成績は良くなかったのですが、追加合格にしてくれました。


中村栄輔

私は主に法務畑を歩いてきました。だからこそ、当たり前なことに疑問を感じられる。


中山泰男

あの折(東日本大震災のとき)は世間で「想定外」という言葉がよく使われましたが、今の我々のキャッチフレーズは「想定外を想定内に」。それがセコムの役割です。


北尾吉孝

志ばかりを高らかにうたい、利益を求めることを二の次にしたら、ビジネスはうまくいかない。