名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

前田利常の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

前田利常のプロフィール

前田利常、まえだ・としつね。安土桃山時代末期から江戸時代初期の武将。加賀藩第二代藩主。前田利家の子。大坂冬の陣で真田信繁軍に敗北するも、夏の陣で先鋒を任され大活躍をする。

前田利常の名言 一覧

そなたたちが、私の鼻毛が伸びたのを心苦しく思い、また世間でも鼻毛の伸びたうつけ者と嘲笑っているのは重々承知しておる。しかし、利口さを下手に鼻の先にあらわしてしまえば、他人は警戒して、思わぬ疑いや難儀を受けるともかぎらない。こうやって馬鹿のフリをしているからこそ、加賀、能登、越中の三カ国を保ち、領民ともども楽しく過ごせるのではないか。
【覚書き|前田利常は鼻毛を異様に伸ばすことで知られていた。上記は「だらしないので鼻毛をお切りください」と家臣たちがたしなめたときの返答】


前田利常の経歴・略歴

前田利常、まえだ・としつね。安土桃山時代末期から江戸時代初期の武将。加賀藩第二代藩主。前田利家の子。大坂冬の陣で真田信繁軍に敗北するも、夏の陣で先鋒を任され大活躍をする。

他の記事も読んでみる

福原義春

「ニューヨークの販売会社に赴任してくれ」といわれたのは、35歳のとき。青天の霹靂だった。当時は長女もまだ生まれたばかり。気は進まなかったが、これも務めと、家族とともに渡米した。私が社長を務めることになった資生堂コスメティックス(アメリカ)は、現地の百貨店の求めに応じて急遼つくられた会社だった。社員は、社長の私を入れてわずか3名と、現地採用の秘書が1名。業務は混乱し、帳簿のありかさえわからないなど、会社として機能しているとはいえないありさまだった。そんな状態だから、私はありとあらゆることをやった。商談はもちろん、ファッション誌に新製品を紹介したり、電話番に配達、倉庫の整理も、私の大切な仕事だった。「なぜこんなことまで?」と自問することもあったが、やらなければならないこと、やるべきことを懸命にやるだけだった。


篠崎正芳

外国人と接する時は、「空気を読む」といったコミュニケーションではなく、「理解を深める」ためのコミュニケーションを心がける必要があります。「これぐらい言えば想像して分かるだろう」という、曖昧な伝え方は、「解釈の幅が広い」「言外に含まれる内容が多い」「抽象的」ということ。それでは、外国人に自分の気持ちや考えは伝えられません。あらゆる角度から様々な表現を使って伝えることが大事です。


北見久美子

親が自分たちの老後をしっかり考えていないと、つい子供の教育費に使ってしまいます。ここはぜひ「大学までしか面倒を見ないよ」「留年は許さないよ」などと強めの言葉で釘を刺しておいてください。ちゃんとした子供なら理解してくれて、それなりの進路を選ぶはず。そのためにも親はきちんと老後のお金について考えておきましょう。なんといっても、子供に伝わる気迫が違いますから。


朝倉祐介

最近は、経営者についてのルポルタージュなどを読むことが多くなりました。ほかの経営者が何に悩み、どれだけ苦しみ、どんな手を打ったか。それを知りたいからです。そのためには経営学者の書いた学術的な本よりも、「リーダーシップとは何か」について当事者の生々しい証言で構成された本のほうが勉強になりますね。


八木洋介

経営戦略の担い手は人。だからこそ、経営のストーリーの中に明確に位置付けられた人事施策でなければ意味がない。その企業に合った人事戦略が必要であり、人事施策が必要だ。


奥田務

改革に着手した当初は相当な反発を受けました。「人を減らせばサービスの質が落ちる」と訴えられたものです。しかし職務分析を通して必要な業務は押さえてありますから、サービスの質が落ちることはありませんでした。まさに「幽霊の正体見たり枯れ尾花」ですよ。人を減らせばサービスの質が下がると、誰もが勝手に思い込んでいた。けれど私は100%買い取りモデルのオーストラリアでも、もっと少ない人員で百貨店を運営していました。外を知っていたから思い込みに惑わされず、生産性の高い業務運営体制を構築できたのです。


宗次徳二

マニュアルの内容とその意味をひとつひとつ説明していけば、従業員の多くは納得して実践してくれるものです。ただ、最初のうちはいいのですが、それを徹底して長く続けられる人は決して多くありません。少しでも意識を高く維持してもらうためには、諦めずに口酸っぱく指導するしかないと思います。


富野由悠季

「興味のない本でも読まなければならないのですか」当たり前です!興味がないから本を読んで、興味がもてないなりに勉強をして知るという行為をしなくてはいけません。知らないことを学習することが、自分の得につながるのです。その得が、その先の人徳というところにまでつながっていくのです。


ちきりん

思考とは知識を並べ立てることではなく、ある知識を基に意見や結論を導き出すこと。まさに、考えること。


襟川陽一(シブサワ・コウ)

経営者、そしてゲーム作家の立場から「よかったなあ」と思うことがひとつあります。それは、ひたすら未知なるものに挑戦できたことです。


石田淳(コンサルタント)

目標は無理な設定をせず、乗り越えるたびに達成感を得られるようにするのがポイントです。


大川豊

完全な闇の中で劇をする「暗黒演劇」。アメリカで上演しようとしたら、「そんなの聞いたことない」と言われた。俺はワールドワイドではみ出してるんだ(笑)。