名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

前田利常の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

前田利常のプロフィール

前田利常、まえだ・としつね。安土桃山時代末期から江戸時代初期の武将。加賀藩第二代藩主。前田利家の子。大坂冬の陣で真田信繁軍に敗北するも、夏の陣で先鋒を任され大活躍をする。

前田利常の名言 一覧

そなたたちが、私の鼻毛が伸びたのを心苦しく思い、また世間でも鼻毛の伸びたうつけ者と嘲笑っているのは重々承知しておる。しかし、利口さを下手に鼻の先にあらわしてしまえば、他人は警戒して、思わぬ疑いや難儀を受けるともかぎらない。こうやって馬鹿のフリをしているからこそ、加賀、能登、越中の三カ国を保ち、領民ともども楽しく過ごせるのではないか。
【覚書き|前田利常は鼻毛を異様に伸ばすことで知られていた。上記は「だらしないので鼻毛をお切りください」と家臣たちがたしなめたときの返答】


前田利常の経歴・略歴

前田利常、まえだ・としつね。安土桃山時代末期から江戸時代初期の武将。加賀藩第二代藩主。前田利家の子。大坂冬の陣で真田信繁軍に敗北するも、夏の陣で先鋒を任され大活躍をする。

他の記事も読んでみる

管祥紅(コワン・シアンホン)

日本は大手信仰がありますが、ゼネコン形式で専門性は育ちません。また、経営者の目も行き届かない。


浜田宏

もし僕が、「集中力が続かない若手社員を鍛えよ」といわれたら、まず自分の人生というのを徹底的に考えさせるでしょう。会社にとってのバリューを考えるより先に、自分の人生にとってのバリューを考えさせる。実際デルにいたときも、社長の時間の30~40%は、社内一人一人のキャリアパスを考えさせる時間、人を育てる時間にあてていました。


本田健

結果を出すには、自分が得意であると同時に、自分が好きになれるものであることが重要です。好きでなければ長続きしないので、安定的な富につながらないのです。さらに、人に喜ばれるもの、時流に合っているもの、人がお金を払ってくれるものという条件も大切です。これらの条件が重なったところで勝負をすれば、どのような人でも5年前後で億単位のお金をつくれるのではないでしょうか。


川村隆

大事な案件については個人的には相談を受けています。私は取締役会議長としてガバナンスがメインの役目なのできちんとチェックをする。もちろん、最終的な意思決定は全部社長である中西(宏明)に任せています。会社というのは二人三脚ではダメ。部下から見て、親玉が二人いたら絶対にスピードが出ない。いくら仲がよくたって、微妙なところは違う。


前田晃伸

毎日、「辞めろ」と言われ続けました。辞めるのは簡単ですが、経営を立て直すのが仕事である経営者がここで辞めたのでは、あまりにも無責任だと思ったんです。「軌道に乗るまでは絶対にやめるな」というのが周囲の大半の意見でしたし、僕自身もそう思いました。
【覚書き|日本興業銀行、第一勧業銀行、富士銀行の合併後、大きなシステムトラブルが起きた当時を振り返っての発言】


澤田秀雄

ハウステンボスは悪い条件ばかりでしたけど、いろいろな方と交渉する中で、なんとかやれそうだということが見えてきたので、お引き受けすることにしたのです。そうして経営再建に入るまでに、様々な手を打って、後顧に憂いがなく前だけ向けるようにできましたから、スタートするときには勝てると思ってスタートしました。だから勝てるんです。始まる前に4割くらいは問題を解決してしまったといえるでしょうね。やっぱり事前の段取りは大切です。そうすれば、あとは一気呵成に進められますから。


大西賢

ハードウエアはいつか追い越されます。一方、ソフトウエア、人間としての魅力やJALというブランドはマネができるものではない。ですから、生き残っていくためには、JALという名前を聞いたときに、お客様の心で感じていただくものを提供できる会社にならなければいけないのです。


鳥原隆志

上司には手間を持たせず、花を持たせる。行動を起こす前に「ちょこっと相談する」ことが大切。手間のかからない相談であれば、上司は嬉しいもの。このひと手間をかけられるかどうかが、上司に捨てられるか、かわいがられるかの分かれ道。


山本大介(経営者)

有田焼が今のような伝統工芸産業となる以前、先人の陶工たちは有田焼の本質を学び、それをいかにアレンジするかという挑戦をやってきたのです。だからこそ、400年もの問、廃れることなく続いてきました。ところが現代の我々は伝統の名の下、先人の技術を踏襲し、そのままの形で右から左に商品を提供してきました。それでは今の市場から受け入れてもらえないのは当然です。


井阪隆一

コミュニケーションで大事なことは、フェース・トゥ・フェース。直接会って話すこと。メールとは違い、直接会って顔を見て話せば、相手の反応が見えます。「こちらの話が伝わっているか」「納得しているか」すぐ分かる。真意が伝わっていなければ、具体例を挙げたり、言い方を変えたりと、あの手この手で工夫して伝えます。


田川博己

観光というのは、経済、文化、教育、健康というふうに裾野が広い業界です。八百屋のご主人でも、お寺のご住職でも、小学校の校長先生でも、お医者さんでも、JRの駅長さんでもいい。いろんな人を巻き込んで異業種交流で観光を盛り上げるべきです。全員参加でやれば各々が自分も関わっているという意識を共有することができます。私の経験でいえば、全員参加で組織をつくって実践した街ほど順調に行くケースが多い。


水野泰三(経営者)

元プロ選手を積極的に雇っているのは「専門的な販売員」を持とうという一環です。ウチほどやっているところはないんじゃないかな。元プロともなると説得力が違うし、子供なんかはその人を目当てに来店しますしね。そういう差別化はどんどんしていきたいと思います。