名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

前田利家の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

前田利家のプロフィール

前田利家、まえだ・としいえ。織田信長、豊臣秀吉に仕えた武将。槍の名手で、槍の又左と呼ばれた

前田利家の名言 一覧

合戦するとき、(兵力が)一万と三千は、その大将の考えで三千の方がたびたび勝つものである。そのわけは、小勢の方は(勝って生きるか、負けて死ぬか)二つに一つと兵士たちは覚悟しているからである。だから、大軍の大将は油断してはならない。


戦場に出でては、我が思うようにして、人の言うことを聞き入れぬが良し。


人間は不遇になった時、はじめて友情のなんたるかを知るものだ。【覚書き|信長に取り入って権力を手中に収めようとした僧侶を斬り殺し、信長の怒りを買ってしまった時を振り返っての言葉。不遇な境遇になった時こそ、本当の友人、偽物の友人がわかり、友情のありがたさがわかるという趣旨の発言】


とかく金を持てば、人の世間も恐ろしく思わぬものなり。金がなければ世間も人も恐ろしくなるものなり。


前田利家の経歴・略歴

前田利家、まえだ・としいえ。織田信長、豊臣秀吉に仕えた武将。槍の名手で、槍の又左と呼ばれた

他の記事も読んでみる

石田孝

企業経営者の社会的な役目、これは何はともあれ、雇用の保障、すなわち仕事をつくることです。そのためには、絶対に黒字を出さなくてはなりません。そして、その黒字をもって、時代が求める新たな職場をつくり上げる。こうした事業を行っていくことが、経営者の責任だと私は考えています。


西野寿雄

今でも、10年前にお取引いただいたお客様からご連絡をいただくこともあります。これはひとえに、親身になって相談を受け、「有言実行」をモットーに丁寧な対応をしてきたからだと自負しています。クレームやトラブルゼロと言うと驚かれますが、誠実な営業スタイルを貫けば当然だと思います。


相神典夫

「継続」は座右の銘でもありますが、そこに会社があり、そこに人がいて初めてその仕事に携われる。そこにミッションを持って事業を継続していければ、必ず新しいことに対応していける。


ウォーリー・フェイマス・エイモス

自分の限界を知る必要があるんだ。そして自分が一番得意なことをすることだ。私が犯した大きな誤りは、優秀なチームを集めなかったことだ。(多くの人の)最大の誤りは他人の意見を聞かないことだと思うよ。必ずしも人の意見を取り入れ、人の言うとおりに行動する必要はない。けれど、人の話にはつねに耳を傾けるべきだと思うよ。利用できるアドバイスもときにあるからね。


大橋禅太郎

組織とは、利益の相反する人たちが、一定の条件のもとで集まった状態のことです。一人ひとり、やりたいことも違えば、やる気の源も異なる人たちの集まりです。バラバラの個人が組織の意図を共有し、同じ方向を目指すことで、初めて大きな成果につながるのです。


河野貴輝

会議室を作りたくて作ったというよりも、空いているスペースがあったので、それを会議室にしたのが始まりです。そして、レンタルオフィスなど他の業態も含めた試行錯誤を繰り返しながら、最終的に貸会議室事業に行き着きました。お金が無かったので、勝負しようとは考えていませんでした。ただ、困っているところには必ずチャンスが転がっているものですから、空きビルや、取り壊しの決まっているビルを上手く活用すれば、ビジネスになるのではないかという単純な発想ですね。


江口洋介

役者って、自分のやりたい役柄をやっているだけだと、いつか限界が来ると思うんですよ。僕はもともと、アウトローな役柄が好きで、ネクタイを締める役なんて自分には絶対に似合わないと思っていました。でも、ある程度の年齢になるとそういう役柄のオファーをいただくようになり、勇気を出して挑戦してみたら、演技の幅が広がって役者として一回り大きくなれた。


根岸秋男

受け身ではなく能動的に、それぞれの持っている力を表に出して欲しい。みんなが挑戦する気持ちを出して欲しい。


田中実(経営者)

当社が運営する比較サイト「価格.com」には家電など様々な店舗が出店していますが、利用者が購入した後に出店企業が倒産して商品が届かなくなっては大変です。台湾で学んだ「現場を見て判断する」という教訓は、今も役に立っています。


渋沢栄一

重役は常に、会社の財産は他人の物である。といふことを深く念頭に置かねばならぬ。総て重役が其の地位を保ち其の職責を尽しているのは、必ず多数株主の希望に依るものであるから、若し多数人の信任が無くなった際は、何時でも其の職を去るのが当然のことである。


堀義人

グローバル化すればするほど、個人の固有な強みが何かということが重要になってくる。


越智直正

時代は常に変化します。そんな状況で「枝葉」の知識をつけても意味はありません。変化する時代に対応するためには、「根本」を知っていなければいけない。