名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

前田利家の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

前田利家のプロフィール

前田利家、まえだ・としいえ。織田信長、豊臣秀吉に仕えた武将。槍の名手で、槍の又左と呼ばれた

前田利家の名言 一覧

合戦するとき、(兵力が)一万と三千は、その大将の考えで三千の方がたびたび勝つものである。そのわけは、小勢の方は(勝って生きるか、負けて死ぬか)二つに一つと兵士たちは覚悟しているからである。だから、大軍の大将は油断してはならない。


戦場に出でては、我が思うようにして、人の言うことを聞き入れぬが良し。


人間は不遇になった時、はじめて友情のなんたるかを知るものだ。【覚書き|信長に取り入って権力を手中に収めようとした僧侶を斬り殺し、信長の怒りを買ってしまった時を振り返っての言葉。不遇な境遇になった時こそ、本当の友人、偽物の友人がわかり、友情のありがたさがわかるという趣旨の発言】


とかく金を持てば、人の世間も恐ろしく思わぬものなり。金がなければ世間も人も恐ろしくなるものなり。


前田利家の経歴・略歴

前田利家、まえだ・としいえ。織田信長、豊臣秀吉に仕えた武将。槍の名手で、槍の又左と呼ばれた

他の記事も読んでみる

北浦明雄

言葉の力は強い。今は「ネバーギブアップ!」の紙を貼り浸透させてます。


川名浩一

オマーンのお客様から言われたことが強く印象に残っています。「日本のビジネスマンは非常にまじめで礼儀正しいけれども、仕事の用事があるとき以外、まったく顔を見せない。欧米人は近くに来たついでに、仕事とは関係なく頻繁に立ち寄るのに」と言われました。中東に限った話ではありませんが、海外で働く日本のビジネスマンは仕事に特化しすぎなのかもしれません。


戸次鑑連(立花道雪)

いま私の部下が失礼をしたが、この者は戦場では何人分もの働きをする。とくに槍の扱いなどは当家一であろう。
【覚書き|部下が酒の席で失敗したとき、客に謝りながら語った言葉。部下思いの道雪の人となりを表すエピソード】


木村博紀(経営者)

契約の保全手続きの電子化、本社部門でもAIやRPA(業務の自動化)の活用等で事務の効率化を進めます。そうしたことを通じて、マンパワーをより生産的な業務へ振り向けていくことで経営効率を高めていきます。また、ICTの活用によって新しい商品・サービスの開発にもつなげていきたい。


柳井正

私は決して奇抜なことを考え、言っているわけではないが、他人様からは過激なことを言っているように見えるらしい。本人は真面目に考え、正論を吐いているだけなのだ。物事を真正面から考え、解決策を考えているにすぎない。真っ当に生きたいと考えているだけなのである。


包行均

中小企業が生き残るためには「DNB」が不可欠。「D」はデザイン、「N」はネーミング、「B」はブランディングのこと。この3つがないと小さな企業は存続できない。


三木谷浩史

走り幅跳びにたとえるなら、パラダイムシフトは踏切のジャンプだ。確かにジャンプは重要だけど、パラダイムシフトばかりを強調するのは、ジャンプの練習しかしない幅跳びの選手のようなものだと思う。ジャンプの前には助走がある。助走の練習を怠れば、どんなにジャンプが完璧でもいい記録は出せないはずなのだ。地道な改善の積み重ねによる知の集積があって初めてパラダイムシフトが起きる。


山本良一(経営者)

営業改革担当として百貨店の抱える問題の解決手法をマスタープランにまとめ、現場に指示した。ところが、従来のやり方を変えることには抵抗があった。現状がうまくいっているからいいではないかという声が強くあった。場の社員を研修所に夜集めて週3回くらい泊まり込みで、マスタープランの実行方法について説明した。その仕事が一番厳しく、マインドを皆で共有し実行する難しさも知った。


シェイクスピア

安心、それが人間の最も身近にいる敵である。


鈴木喬(経営者)

世の中の購買者のうち、好奇心で買う人は5%はいるそうです。消費者の5%が買ってくれたら、その商品は大成功です。まず買ってもらって、使っていいとなれば、それがクチコミで広がります。


村上和徳

これは以前、アメリカで働いていた際に、ユダヤ系の上司を見ていて思ったことです。彼は「この目標を達成したらカナダにバカンスに行こう」などと、仕事と心のバランスを取ることが非常にうまかった。一般に日本人は「働いたら休む」という考え方ですが、欧米では「働いたら遊ぶ」といった考え方をする人が多い。このように、自分の心のバランスシートを意識し、そのバランスを保つようにすることで、ブレない安定したメンタルを手に入れることができるのではないかと思います。


大久保真一

現場を見ることを一番の信条としています。ゼロから新しいものを作って、事業としての見通しが立つまでが自分の仕事です。ある程度できてきた段階からは幹部社員に任せています。