名言DB

9429 人 / 110879 名言

前田利家の名言

twitter Facebook はてブ

前田利家のプロフィール

前田利家、まえだ・としいえ。織田信長、豊臣秀吉に仕えた武将。槍の名手で、槍の又左と呼ばれた

前田利家の名言 一覧

合戦するとき、(兵力が)一万と三千は、その大将の考えで三千の方がたびたび勝つものである。そのわけは、小勢の方は(勝って生きるか、負けて死ぬか)二つに一つと兵士たちは覚悟しているからである。だから、大軍の大将は油断してはならない。


戦場に出でては、我が思うようにして、人の言うことを聞き入れぬが良し。


人間は不遇になった時、はじめて友情のなんたるかを知るものだ。【覚書き|信長に取り入って権力を手中に収めようとした僧侶を斬り殺し、信長の怒りを買ってしまった時を振り返っての言葉。不遇な境遇になった時こそ、本当の友人、偽物の友人がわかり、友情のありがたさがわかるという趣旨の発言】


とかく金を持てば、人の世間も恐ろしく思わぬものなり。金がなければ世間も人も恐ろしくなるものなり。


前田利家の経歴・略歴

前田利家、まえだ・としいえ。織田信長、豊臣秀吉に仕えた武将。槍の名手で、槍の又左と呼ばれた

他の記事も読んでみる

眞鍋政義

叱っても「なにくそ」と奮起できる選手は皆の前で叱り、落ち込んでしまったり、失敗を引きずってしまう選手は個別に呼んで叱ります。基本的に私は叱らないので、たまに皆の前で大声を出すと、現場がピリッと引き締まる効果がありますね。


荘司雅彦

記憶の定着を図るためにしていた3回の確認作業は、毎回自分がいかに忘れてしまっているかを知らされる辛いものでした。記憶力は鍛えれば鍛えるほど発達します。司法試験に合格したのは30歳でしたが、覚えれば覚えるほど記憶力がよくなっていくのがわかりました。


吉村征之

僕は真っ白なキャンバスに絵を描き続けてきた。


大川順子

「勘」というと、偶発的なひらめきや、悪く言えば「ヤマ勘」のようなものを連想される方が多いかもしれません。しかし私は、それと「勘」とは、別種の――というより正反対のものだと考えています。勘はヤマ勘と違って、確かな根拠を持つものです。既知のもの、つまり知識と経験に裏打ちされた勇気と自信、そこから生まれる想像と創造。これが勘の正体だと思います。


野坂英吾

創業8年目の2003年に最大の経営危機に陥りました。目標を達成するために、一気に6店舗をオープンさせました。それは果敢なチャレンジでしたが、会社に大きなダメージを与える結果となりました。新規オープンした6店舗が単月赤字を続けるだけでなく、既存店までが次々と赤字になってしまったのです。業績が不振になると会社の雰囲気も悪くなります。社員の不平不満も耳に入るようになりました。これまでの自分のやり方を否定されたようでショックを受けましたが、落ち込んでいても業績は回復しません。自らを奮い立たせ、売り上げが落ちた理由を分析することから始めました。


水谷仁美

パリのホテルのアメニティは必ずフランス産のアメニティです。それなのに日本のホテルのアメニティが海外ブランドだったりする。昔から「変だな」と思っていました。なぜこんなに素晴らしい職人の技術があって、日本のものづくりは素晴らしいのに、他の国の商品を宣伝しなければならないのだろうと。私の中では大きな謎でした。


齋藤茂(経営者)

うちはお客さんの開発チームに入っているから最新技術や情報が常に入ってくる。それを利用して技術力を高めたり、方向性の見定めをいち早く判断する。


真田信幸

一番首は自分一人が手柄を立てようという行為だ。だが一番乗りは自分の属する軍全体に勝ちをもたらそうとする行為だ。だから身構えが違う。一番首は敵一人の戦い方に目を向けるが、一番乗りはどこから城壁に取りついて攻めれば味方を引き入れることができるかと全体を見わたす。つまり、一番首は自分のことしか考えない。そこへいくと、一番乗りは組織全体のことを考えている。


佐久間昇二(佐久間曻二)

現場から知恵を探るという考えは、松下時代も同じでした。全国に3万件くらいあったナショナルショップの中に、0.1%でもすごい店があれば、そこのやり方を真似たらいい。そういう現場にはプロがいるし、いろんな知恵を持っています。


成毛眞

娘が大学に進学したとき、私は体育会系の部に入ることを勧めました。訳知りの企業なら、体育会系の人材を最優先に採用します。なぜなら、体育会系の人材は挑戦することに慣れているし、体験から学ぶ訓練ができているからです。そして多くの仕事は、論理的に教わろうとすると習得するのに時間がかかります。とにかく無茶苦茶に向かっていけば早く覚えられます。頑張りさえすれば勝てるとは限らない実社会において、負け方を知っていることも強みでしょう。