名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

前田健太の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

前田健太のプロフィール

前田健太、まえだ・けんた。日本のプロ野球選手(投手)。大阪出身。小学3年生から本格的に野球を開始。幼少期から才能を発揮。PL学園に進学し、甲子園に出場。高校卒業後、ドラフト1位で広島東洋カープに入団。同チームで活躍し、「マエケン」の愛称で親しまれた。

前田健太の名言 一覧

僕は投げ込まなくても、もうフォームは固まっているという考え方なんです。一応、プロ野球選手なので(笑)。12月と1月、たった2か月ピッチングをしなかったくらいでフォームを忘れるようならプロじゃないと思います。


何のために投げ込みをするか。僕は意味が見いだせないんです。投げ込めば投げ込むほど何かが良くなるならいくらでも投げますけど、そうではないので。


他の人のことはわかりませんが、僕は小学校からずっと野球をやってきてキャッチボールもピッチングも欠かしたことがない。いまさら肩のスタミナをつけなくても十分、備わっている。だからキャンプでは肩をつくるためではなく、感覚を取り戻すために投げるんです。変化球の感覚だって2~3回ピッチングすれば普通に戻ります。だから僕には、必要以上の投げ込みは必要ないというふうに考えているのです。肩は消耗品。調整は70球か80球あれば大丈夫なんです。


前田健太の経歴・略歴

前田健太、まえだ・けんた。日本のプロ野球選手(投手)。大阪出身。小学3年生から本格的に野球を開始。幼少期から才能を発揮。PL学園に進学し、甲子園に出場。高校卒業後、ドラフト1位で広島東洋カープに入団。同チームで活躍し、「マエケン」の愛称で親しまれた。

他の記事も読んでみる

岡崎嘉平太

どんなことでも文字通りの伝達機関になっては駄目だ、自分自身で理解しなければどんな問題でも取り次いではいけない。取り次ぐ以上は賛否はともかく、内容は理解しておかなければいけない。


高畑充希

昔は台本を読んで想像した正解に近づくことを目標にしていたし、100%達成できるものがあると思い込んでいた。でもいまは、現場に行って初めて分かること、その場の臨場感で生み出せるものがあるなと。そのぶんダメだったときの落差は激しいけど、それが意外な空気を生み出したり共演者の方に助けられたことで次に繋がったり、面白くなることもあるんだと知りました。


荒俣宏

何度失敗してもめげない、理想的なモデルが日本にいるじゃないですか。寅さんですよ、寅さん。


石崎芳行

東電の社員がまず戻って仕事をすることで、住民の安心感につなげたい。


伊藤惇夫

相手か次にどんな人事をするか、新しい政策をどう打ち出してくるか……を知りたいときは、先輩政治家が過去に同じような局面でどのような判断をしたのかを調べよう。驚くことに政治の世界では「先輩」「後輩」の関係にあたる政治家の動きは似ていることが多い。


林修

折り合いの悪い相手が上司だった場合、一段上の仕事を覚えるための修業と考えたらどうでしょう。思い切って上司の認める仕事の取り組み方に変えるんです。低評価の人は、評価する側の人の認めるやり方をしてないケースが多い。だから、自分のやり方への固執が、折り合いの悪さに拍車をかけていることも珍しくありません。上司が褒める部下もいるはずです。ならばそのやり方を研究して、仕事を認められる関係になれば、上司の態度も変わる可能性があるのではないでしょうか。


桜井正光

経営の基本とは、ビジョンを打ち出し、戦略によって重点的に投資する分野を絞り込み、経営資源を集中して投入していくことにほかなりません。経営の神髄はこの重点化にあります。


片岡愛之助(6代目)

僕にとってのかっこよさは、自分が口下手だというのもあるけど、多くを語らず、背中を見るだけでついて行こうと思わされるような漢気かな。


佐治信忠

経営者にとって一番大事なのは勘ですよ、勘、この勘が働くかどうか。聞いたってうまくいかないじゃないですか。市場の声を聞けばうまくいくというのなら、誰にでもできる。自分でやらないと仕方ないし、相談したって駄目。問題は経営者の器量でしょう。すぐ誰かに聞いたってできません。僕も誰にも聞かないし。


藤堂高明(経営者)

零細業者ほど商売敵にすると危険。逆に味方につけると強力な援軍になる。だから常にパトロールして、10年後に芽が出そうな生きのいい企業があれば丸ごと買うようにしている。


出光佐三

愚痴は泣き言である。亡国の声だ。昨日までの敵の長所を研究し、取り入れ、己の短所を猛省し、全てをしっかりと腹の中に畳み込んで、大国民の態度を失うな。
【覚え書き|太平洋戦争敗戦直後、社員達への激励の言葉】


ドナルド・トランプ

そう、私は文句たれです。私は勝つまで文句を言い続けます。私はこの国のために勝利します。米国を再び偉大な国にするために。