名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

前村哲路の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

前村哲路のプロフィール

前村哲路、まえむら・てつろ。日本の経営者。ユニーの社長。鹿児島県出身。鹿児島大学教育学部卒業後、創業まもないユニーに入社。北陸本部長、取締役、住関本部長、営業本部長、常務などを経て社長に就任。

前村哲路の名言 一覧

競合店に「激安」だけを売りにしているところもあります。ところが入店客数は当社の方が3倍以上も多い。お客様は価格だけで店を選ぶのではありません。たとえばユニクロの強さは価格だけではないでしょう。ユニクロは新商品の開発に何年もかけています。そうした商品開発の姿勢を学ばなければいけません。


食品に代表される実用品では、価格帯はひとつでいい。大きな山をひとつつくって、いいものをより安く提供するのです。しかし、ファッションやライフスタイル商品の場合は、山が2つ、3つ必要になります。たとえばスーツや羽根布団といった商品は、1万円から数万円までの品揃えが必要になります。


ダイエー、マイカル、長崎屋、そのほか各社の失敗の原因は全国展開にあるというのが私の仮説です。ユニーは中京圏を軸とし、1府19県以上には広げません。経営者の目が届く、身の丈に合った経営の方が利益を稼げます。そのかわり、他の地域では他社と組むことで利益を取り込みます。


不景気の影響は大きい。事実として、価格を安くしても、簡単には買っていただけません。私は、お客様の要求は大きく4つあると考えています。「品質」「品揃え」「サービス」、そして「価格」です。日本の製造業が世界的に強いのは、お客様の目が厳しいからでしょう。4つの要素に応えなければ生き残れません。


小売業には「小売りの輪」という考え方があります。低価格販売で新規参入した企業も、成長につれて高コスト体質になり、新たな参入企業に取って変わられてしまいます。安さだけでは新規参入企業にやられてしまいます。お客様のためにも、この輪を断って、幅広い選択肢を提示できる店を目指します。


前村哲路の経歴・略歴

前村哲路、まえむら・てつろ。日本の経営者。ユニーの社長。鹿児島県出身。鹿児島大学教育学部卒業後、創業まもないユニーに入社。北陸本部長、取締役、住関本部長、営業本部長、常務などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

ジョゼ・モウリーニョ

私は革命家ではなく、何かを革命したいとも思わない。私はとても明確な考えを持っている一人の人間にすぎない。


夏目誠(経営者)

CS(顧客満足)を向上させることは、お客様に選ばれる店になるということです。だからCSが向上すれば売上が伸び、会社も発展していきます。またCSの取り組みは笑顔やあいさつを大事にしますから、職場が楽しく活気づき、従業員の定着率もよくなってきます。CSの向上こそ、企業価値を高める王道なのです。


泉谷直木

企業が中長期的に成長していくためには「経営資源を育てる経営」が重要であり、そのためには「全社員の英知を集結させる経営」が重要。


井ノ上陽一

合わない上司と、いい関係を築くためにムリを重ねれば、ストレスでやられる。苦しい毎日を送るより、見切りをつけて距離を置いたほうがいい。逃げてしまえば、人間関係の問題そのものが消えてなくなるのですから。


鳥越淳司

「ボリュームゾーンの木綿(とうふ)と絹でトップに立てたらいいな」ということ自体は、誰でも思いつくはずだ。それは目標と言うより、夢、妄想と言う方が正しいかもしれない。しかし、実際に妄想を形にしようと動く人間はごくごく限られる。


河上和雄

私は「嫌なものはイヤ、好きなものはスキ」という判断で生きてきた。


中山均

私は翁にくっついて、よく一緒に旅行した。車中で食事の時間が来ると駅弁を買って食べるのだが、弁当箱を開けると、外へこぼれない程度に静かにお茶をかけて、一粒の飯もおろそかにしないで食べ、残ったおかずも、きちんと包んで家に持って帰られた。
【覚書き:天竜川周辺の治山治水事業、北海道の開拓・植林事業に全財産を投じ、近代日本の発展に大きく寄与した金原明善氏の付き人をしていた時を振り返っての言葉。翁とは金原氏のこと】


新浪剛史

新しい挑戦で、業界に刺激を与える。それが私たちのやり方です。


小島希世子

どんなに人間社会が発展しても生物である以上、人間は食べなければ生きてはいけません。結局、どれも根っこは同じで、農業が「食」と「職」を供給し、「生きる」ことに大きくかかわっています。このことを原点に、事業に取り組み続けていきたい。


馬越嘉彦

やりたいのは「本当っぽく見える嘘」なんだと思います。


諸富祥彦

奇人はもはや変われない。人に嫌われてもいい。革新的な仕事を成し遂げることで広く社会に貢献してほしい。


沢村一樹

僕も45歳になり、苦手意識をなくしてみようかな、と。今後は体力的にも気力的にも、一から苦手克服に取り組むのは大変かもしれない。まだまだ身も心も柔軟なうちに1回やってみることで、変化があるのではないか。もしかしたら、自分では気づいてない何かが転がっているんじゃないか、と。