前村哲路の名言

前村哲路のプロフィール

前村哲路、まえむら・てつろ。日本の経営者。ユニーの社長。鹿児島県出身。鹿児島大学教育学部卒業後、創業まもないユニーに入社。北陸本部長、取締役、住関本部長、営業本部長、常務などを経て社長に就任。

前村哲路の名言 一覧

競合店に「激安」だけを売りにしているところもあります。ところが入店客数は当社の方が3倍以上も多い。お客様は価格だけで店を選ぶのではありません。たとえばユニクロの強さは価格だけではないでしょう。ユニクロは新商品の開発に何年もかけています。そうした商品開発の姿勢を学ばなければいけません。


食品に代表される実用品では、価格帯はひとつでいい。大きな山をひとつつくって、いいものをより安く提供するのです。しかし、ファッションやライフスタイル商品の場合は、山が2つ、3つ必要になります。たとえばスーツや羽根布団といった商品は、1万円から数万円までの品揃えが必要になります。


ダイエー、マイカル、長崎屋、そのほか各社の失敗の原因は全国展開にあるというのが私の仮説です。ユニーは中京圏を軸とし、1府19県以上には広げません。経営者の目が届く、身の丈に合った経営の方が利益を稼げます。そのかわり、他の地域では他社と組むことで利益を取り込みます。


不景気の影響は大きい。事実として、価格を安くしても、簡単には買っていただけません。私は、お客様の要求は大きく4つあると考えています。「品質」「品揃え」「サービス」、そして「価格」です。日本の製造業が世界的に強いのは、お客様の目が厳しいからでしょう。4つの要素に応えなければ生き残れません。


小売業には「小売りの輪」という考え方があります。低価格販売で新規参入した企業も、成長につれて高コスト体質になり、新たな参入企業に取って変わられてしまいます。安さだけでは新規参入企業にやられてしまいます。お客様のためにも、この輪を断って、幅広い選択肢を提示できる店を目指します。


前村哲路の経歴・略歴

前村哲路、まえむら・てつろ。日本の経営者。ユニーの社長。鹿児島県出身。鹿児島大学教育学部卒業後、創業まもないユニーに入社。北陸本部長、取締役、住関本部長、営業本部長、常務などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

ジェフ・ベゾス

利益をあげる準備はできていますが、一方で積極的に投資をしています。クラウド、新興国、物流拠点の新設や自動化、商品の品ぞろえ、IT、語り尽くせないほどたくさんあります。
【覚書き|売上高が急増しているのに、営業利益の伸びが鈍いことについて質問されたときの返答】


山本高史

もし自分のビジネス上の成功などの目論みをかなえたいならば、受け手を自分の望む方向へ動かしたいと願うのであれば、受け手に喜んでもらうしかない。


佐藤可士和

大切なのは「前提を疑う」こと。「そもそも、それって何なのか?」。シンプルな視点から思考をスタートすることで、自然と本質に迫ることになる。


吉永泰之

私は朝も夜も関係なくずっと考えているタイプなんです。「これだ」と決めたら行動は速いタイプだと思うのですが、それでも常に考えていますね。次にどういう手を打つべきかと。


石崎芳行

福島の皆さんのために汗をかく姿を見てもらうしかない。福島を歩き回り、誠意を尽くさない限り信頼回復などありえませんから。


林野宏

人がいない、カネがない、ノウハウがない、ということが新しいものを生み出す。


山口周

情報を見るときは、視点を絞り込んだほうがいい。それでこそ、みんなが気づかないことに気づける。


前原金一

すべての国立大学がミニ東大、ミニ京大を目指してしまったが故に、特色の無い大学ばかりになってしまった。だから、そうではなく、大学側のミッションや特色、自分たちの学校が何のためにあるかということを明確に示す必要があると思います。


曽我弘

アメリカでは誕生日を迎える家族や友人のために、内緒でパーティーを準備します。忙しい最中でも準備が楽しいのは、相手に喜んでもらいたいからです。あの高揚した気持ちが、ビジネスを起こす力と似ているんです。驚かせ上手な人ほど商才があるのかもしれませんね。


萩本欽一

たとえば、「おい、お茶を淹れてくれ」といわれたら、「つまんねえ仕事を頼まれた」と思わずに、「美味しいお茶を淹れればあの人が喜ぶぞ」と思ってやればいいんですよ。相手を喜ばせようとイヤなことを引き受けてみたら、ラッキーがあるものです。


小原泰(ロビイスト)

ある課題を俯瞰的・大局的に捉え直し、大義を打ち立て、唱道することで周囲を巻き込み、問題解決に邁進する。そうした営為を積み重ねていくうちに、いい循環が生まれ、信頼関係もごく自然に築かれていくのではないでしょうか。


岩田松雄

合計8年間の社長時代にやり続けたことが、ひとつあります。それは、社員にマネジメントレターを送り続けたことです。ほぼ毎週、私から社員に向けて、メッセージを発信し続けました。特に、ザ・ボディショップとスターバックスには店舗があり、お店のスタッフは自分が離れ小島にぽつんと取り残されたような気持ちになるのではないかと考えたからです。社長が何を考えているのか、会社がどの方向に向かっているのか、自分たちはどこに立っているのかを知りたいだろうと思って送り続けました。


岸見一郎

上司が怖くても、理不尽な言動だと思った場合は、嫌われるリスクを承知のうえで意見を言うことが大切です。厳しい言い方をすれば、相手の言いなりになることは、「他人の人生」を生きることと同じ。それでは自由も幸せもつかみ取れません。


天坊昭彦

計画を達成するには社員一人一人が本気で考えて、本気で行動してもらう必要がある。


伊與田覺

『論語』は食べ物みたいなものです。同じ食べ物でも、若いころと年を取ってからでは味が違う。美味しいときもあれば、まずいときもある。でも、命をつなぐためには、美味しくてもまずくても食べねばならない。食べたら儲かるとか、何か得をするという理由で食べている人はいません。『論語』も同じです。


ページの先頭へ