名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

前川知大の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

前川知大のプロフィール

前川知大、まえかわ・ともひろ。日本の劇作家、演出家。新潟県出身。東洋大学卒業。劇団「イキウメ」「カタルシツ」を主宰。読売演劇大賞大賞、最優秀演出家賞、読売文学賞戯曲・シナリオ賞、鶴屋南北戯曲賞、紀伊國屋演劇賞個人賞を受賞。

前川知大の名言 一覧

演劇をはじめた頃は「なんてたくさんの制約があるんだ」と思っていました。でもいまは慣れたこともあって、僕にとって演劇という表現は「楽なもの」です。演劇だから許されることって、ものすごくあるんです。


必要に迫られて書き直すことで、結果的に物語がよくなることもあるのが面白い。


僕は日常の地続きから話をスタートさせたいんです。見る側が、舞台上の人と同じ視点でいられるほうが、作品に入り込みやすいだろうから。


この作品(『散歩する侵略者』)がもし最初に小説から始まっていたら、きっとこうはならなかった。文字だけだったらもっと自由に書けますから、いわゆる「SFらしい」描写をふんだんに入れたかもしれない。最初に舞台という制約があるなかで出てきたアイディアだからこそ、リアリティが生まれたと思うんです。


この作品(『散歩する侵略者』)は毎回、マイナーチェンジを繰り返しています。11年の公演のとき、「これはもう台本としてほほ完成しただろう」と思って、上演台本を本の形にして販売したんです。でも6年経ってみるとやっぱり書き直したくなる。舞台って「ここが完成」という場所はないんだな、と改めて思います。


前川知大の経歴・略歴

前川知大、まえかわ・ともひろ。日本の劇作家、演出家。新潟県出身。東洋大学卒業。劇団「イキウメ」「カタルシツ」を主宰。読売演劇大賞大賞、最優秀演出家賞、読売文学賞戯曲・シナリオ賞、鶴屋南北戯曲賞、紀伊國屋演劇賞個人賞を受賞。

他の記事も読んでみる

井上昌次郎

寝不足の時は自然に眠くなるし、睡眠が足りていれば眠気が湧かない。


棚橋弘至

自分のことを心配してくれる人がいるなら、その人を安心させてあげることも大人の責任の一つ。好きなことをするにしても、周りが納得する形でやったほうがいい。


小川仁志

弁証法とは、ドイツの哲学者ヘーゲルが唱えた、マイナスを取り込んでプラスに変える思考法です。マイナスを切り捨てるのはその場しのぎであって、失敗のもとです。そうではなく、逆転の発想でマイナスを取り込むことによって、私たちはより発展した解決策を手に入れることができるのです。


尾賀真城

土日のどちらかは書店へ行って、なるべく家にいるときに読んだりしていますね。若いときから、書店へ行くのは好きなんですよ。読んで気になった言葉とか、要点をノートにつけていて、それがもう10冊くらいになっているんですね。たまにペラペラとめくるんですけど。いろんな場面で話をしなくてはいけないときに、その言葉が出てきたりするので、やはり本から影響を受けているんですよね。


村口和孝

1人の企業家の周りには、10人の企業家がいる。一人と信頼関係が出来ると、数珠つなぎで経営者人脈が出来る。経済社会の中では、悪い関係も連鎖しているが、良い関係も連鎖しがちだ。


天谷雅俊

我が社は「鉄鋼」「機械・金属」「繊維」「食糧」を4本柱に据えた専門商社です。その商社の財産は何かというと、人に尽きます。なぜなら、一人一人の社員がプロとして顧客に密着したビジネスを展開していく必要があるからです。加えて、その結束力も大切になってきます。


鈴木修

発展途上国への進出はメリットがなく、オールデメリット。アメリカのおかげで日本は戦後の焼け跡から立ち上がることができた。発展途上国へモノづくりを伝えるのは、その恩返しなんです。【覚書き|早くから発展途上国に工場を展開した理由を聞かれた時のコメント】


松村幸治

当社では社員の仕事も完全マニュアル化してあります。ですから、新卒社員を採用すると、研修等々もやりますが、業務内容が与えられ、作業の手順も基準も全てが決まっているので、あっという間にその業務に精通した人材へと育っていきます。そして、最終成果物もピカピカのプロが作ったかのような商品に仕上がります。


吉永泰之

私は、ブランドを際立たせるためには、個性に合わないことはやらないことがとても大事だと思います。


梅原勝彦

6つ上の兄を誘って日本初のカム専業メーカーを立ち上げました。相手の技術レベルに合わせてつくる私たちのカムは好評でした。値段は機械メーカーの5、6割。しかも、朝に注文があればその日のうちに納品です。結果、はるかに規模の大きなメーカーに簡単に勝つことができました。


本田直之

勉強の前に、まず勉強の目的を定めることが必要です。そこから俯瞰、逆算してすべきことを洗い出すと、自然と無駄は削られます。


林野宏

こんなに一生懸命なんだからやってあげよう、と思われることが大事。