名言DB

9,528 人 / 112,482 名言

前川知大の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

前川知大のプロフィール

前川知大、まえかわ・ともひろ。日本の劇作家、演出家。新潟県出身。東洋大学卒業。劇団「イキウメ」「カタルシツ」を主宰。読売演劇大賞大賞、最優秀演出家賞、読売文学賞戯曲・シナリオ賞、鶴屋南北戯曲賞、紀伊國屋演劇賞個人賞を受賞。

前川知大の名言 一覧

演劇をはじめた頃は「なんてたくさんの制約があるんだ」と思っていました。でもいまは慣れたこともあって、僕にとって演劇という表現は「楽なもの」です。演劇だから許されることって、ものすごくあるんです。


必要に迫られて書き直すことで、結果的に物語がよくなることもあるのが面白い。


僕は日常の地続きから話をスタートさせたいんです。見る側が、舞台上の人と同じ視点でいられるほうが、作品に入り込みやすいだろうから。


この作品(『散歩する侵略者』)がもし最初に小説から始まっていたら、きっとこうはならなかった。文字だけだったらもっと自由に書けますから、いわゆる「SFらしい」描写をふんだんに入れたかもしれない。最初に舞台という制約があるなかで出てきたアイディアだからこそ、リアリティが生まれたと思うんです。


この作品(『散歩する侵略者』)は毎回、マイナーチェンジを繰り返しています。11年の公演のとき、「これはもう台本としてほほ完成しただろう」と思って、上演台本を本の形にして販売したんです。でも6年経ってみるとやっぱり書き直したくなる。舞台って「ここが完成」という場所はないんだな、と改めて思います。


前川知大の経歴・略歴

前川知大、まえかわ・ともひろ。日本の劇作家、演出家。新潟県出身。東洋大学卒業。劇団「イキウメ」「カタルシツ」を主宰。読売演劇大賞大賞、最優秀演出家賞、読売文学賞戯曲・シナリオ賞、鶴屋南北戯曲賞、紀伊國屋演劇賞個人賞を受賞。

他の記事も読んでみる

塩﨑均(塩崎均)

学生はある意味で顧客でもありますから、満足度を高めるための取り組みにはこれからも力を入れます。


国分良成

日本はどういう国で、日本人とは何か。日本の文化・社会について、最低限の教養を積んでほしい。日本を知る、つまり自分の国を大事にするということは、他の国も大事にすることにつながります。日本を知り、世界もきちんと知ってほしい。


宮内義彦

すべての経営判断が正解だなんてことはありえない。問題は正解になる確率だ。


匠英一

何かを失うことに対する人間の不安はとても強い。「放っておくと肌のハリが失われますよ」というように損失を強調するのがコツ。また、相手を不安にする客観的事実を見せていき、最後に「あなたはどうしますか?」と相手に買うかどうかを選択させるフレーズも効果的です。突き放されると人間はかえって不安になりますから、「買わなきゃ!」という気持ちになるわけです。ただし、脅しも度を越すと逆効果になることが心理学の実験で明らかになっています。「認知的不協和」といって、与える恐怖が相手の想像している範囲を超えると、「信じたくない!」「そんなはずはない!」と反発を招いてしまうんです。恐怖感を与える宣伝は、やりすぎるとかえって売れなくなってしまいます。


松尾利彦(経営者)

私は、昔からチロルチョコを子どもの菓子にとどまらせず、大人が低価格で楽しめる商品にしたいと考えていました。だからこそ、味にしてもパッケージデザインにしても原価の許せる限り、品質を高め、大人の鑑賞に堪えられるデザインを追求しているのです。


野村克也

選手がどういう場所で生きてくるかを気づかせるのが監督の役目でもあるんです。監督業というのは「気づかせ業」だと思っています。気づかせることが「再生」なんです。南海時代、それまで1勝もしてなかったピッチャー3人をトレードで獲得して「俺が言うとおりに投げれば間違いない」と言って3人とも2ケタ勝利で優勝。それで再生工場というような異名がつけられたわけです。


梶原しげる

相手を説得できないのは、話の内容や言葉遣いだけではありません。話す内容と声とのミスマッチも、説得できない原因の一つ。威圧的だったり、投げやりだったりする声を聞けば、誰しも嫌悪感を感じますよね。そうなると説得する以前に、聞く耳を持ってもらえない。声の印象が及ぼす影響は、皆さんが考える以上に大きい。


小久保裕紀

過去の自分に戻らないことで超前向き人間になれた。今、何をすべきかに集中できるようになった。


角田雄二

現代は一人で何かをするとか、一人の個性で何かが動くという時代ではない。私の場合、みんなで同じ夢を持ってやってきた。仕事というのは仲間たちで夢を共有することでしか成功できないんじゃないでしょうか?それから、若い人にどんどん仕事をさせることが大切だと思います。


秋田正紀

銀座本店に隣接する東京銀行の跡地を松屋に譲渡していただけるという話が舞い込み、それを機に外装も含めた大リニューアルを担当する責任者の一人となりました。しかしながら、前回の改装からはまだ一年たっておらず、ついこのあいだ、改装したものを再び壊すことや、全面改装に要する巨額な費用を思うと、一大リニューアルを断行する決心がつきませんでした。まず、私なりに綿密な計画を立てて、社長に提案したのですが、「そんな小さな改装ではダメだ。過去のことなど気にせずに、もっと大きなことをやれ」と、逆にけしかけられてしまいました。その言葉にようやく「やっていいんだ」という気持ちになれました。私がいま社員にいっているのは、「もっと大きな仕事をしろ」「自分から仕掛けていけ」ということです。その際、上の人が背中を押してあげることが、ものすごく大切だと思います。そうしなければ、社員は萎縮してしまい、大きな仕事に踏み切れないからです。


永井浩二(経営者)

これまで弊社は「全てはお客様のために」という基本観に立ち、付加価値の高い商品やサービスの提供に努めてまいりました。そして今後、時代の変化と共に多様化・複雑化するお客様のニーズにお応えし続けるにはどうすべきか、検討を重ねてまいりました。


中村憲剛

毎日の暮らしって手を抜こうとしたら、いくらでも抜ける環境じゃないですか。その点、俺はサッカーが休みの日に課題があって(笑)。家族ができて、だいぶ変わってきましたけど、それでもオフをうまく使えない。練習や試合がある日は、サッカーに集中するから「やった」という感触が残る1日になるでしょう。でも、オフの日は核がないというか。俺、趣味といった趣味がなにもないし、ぼんやり過ごしているうちに夕方がきちゃうと「今日、何やってたんだろ?」と後悔して。落ち着かないから走りに行っちゃったり。学生時代から休めなかった。でも、それが逆に良かったのかも、とも思うんですけどね。自分のサッカーを積み上げていくことができたから。