名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

前川洋一郎の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

前川洋一郎のプロフィール

前川洋一郎、まえかわ・よういちろう。日本の経営学者。大阪出身。神戸大学経営学部卒業後、松下電器産業(のちのパナソニック)に入社。経営企画室長、eネット事業本部長、IT教育研究所長、取締役などを経て退社し、高知工科大学大学院基盤工学専攻修了。博士号取得。その後、高知工科大学大学院 起業家コース教授、松下電器産業終身客員、関西外国語大学 国際言語学部教授、大阪商業大学大学院特別教授、流通大学講師などを務めた。

前川洋一郎の名言 一覧

創業の成功失敗は創業者だけの問題だ。承継の成功失敗は先代、後継、いやまわりのすべてに影響がある。承継の失敗は戦略でもカバーしきれない。命運を決めるといっても過言ではない。承継が成功してこそ、老舗の道を歩むことができるのである。


承継は早すぎても遅すぎてもだめである。熟柿が落ちる、ひよこが卵から出てくるようにしなければならない。第一は内外の利害関係者の納得であり、家族親戚への目配りである。私心を排し、公心で考えぬいた「理由」がなければならない。第二は先代の心身の健康と余力のあるうち、そして後継者の成長状況、なかでも後継者の決意が煮詰まっているかである。第三は相続対策である。ぬかりなく早目に手を打っておくべきである。この三つがそろった段階がベストタイミングである。


企業の不老長寿には承継が最大の戦略と言われる。また「守成は創業より難し」といわれるほどに承継が大事であり、承継は駅伝競走の始まりである。


適材を育て適機に承継しないと、繁盛すればするほどあとの舵取りが難しくなる。


ある老舗トップが、「私たちは好きで老舗経営にしがみついているのではないです。しかし駅伝経営の走者となった運命から逃れることはできません」と述懐していた。しかも老舗の駅伝競走は10区間10人で終わらない、永続すればするほど続く、ゴールのない駅伝で、競走が終わるのは閉店、廃業の時である。だから当事者である老舗トップのストレスは観客(顧客)や周辺の関係者(ステークホルダー)には想像だにできないものである。


特に大切なのは、人としての倫理、そして企業としての理念の双方が、会社の隅々まで一人ひとりの心の中に染み込んでいることだ。そうなれば、社員の品性・知性・感性が磨かれ、人格も人相もよくなってくるばかりでなく、企業の社格と社相、すなわち企業価値も向上する。


企業は「売上利益」か「社会貢献」かの二者択一を迫られると、ホンネは前者が優先で、後者はタテマエにすぎない場合が多いだろう。しかし企業は、人々の生活を豊かにすることが目的であるなどの社会的使命があれば、本業を通じて社会貢献をしていることにもなりうる。公の心を大きく持って企業経営に臨めば、ホンネとタテマエの二者択一は解消されるのだ。


企業の不祥事例を見てもよく分かるように、ワンマン、カリスマ型はもはや危険すぎる。ボトムァップ、おみこし型はスピードに欠けるし、見逃し三振の責をとらない無責任がはびこる。これらの現象は、いずれも社内の声、社外の眼、トップの頭の3つのパワーバランスが崩れているのだ。


会社はこの世に生まれたからには、経営者が交代しても永続することが何よりも大切である。そのために経営者は交代時期を想定し、候補者をしぼり、育成していく。ただ、経営者一人ではなかなか交代がスムーズにいかないことがある。そのとき、周囲の環境をつくり、後継者をサポートして、交代を進めさせる役回り、つなぎ役、演出家の役回りの黒子役が必要となる。家庭では、母親か奥さんがこの役回りを内助の功として務めている。企業では「番頭」がその役である。


経営規模が大きくなると、創業者一人では経営ができなくなる。また、業種の多様化、販路の拡大、技術の高度化、経理・人事の職種の分化に対応して、二人目の経営者が必要となってくる。企業経営のリスク、ピンチに対して、「ダメなものはダメ」と忠告する「やかまし屋」「嫌われ者」が必要となる。さらに会社の血液でもある資金について、断固として資金繰りを守る「金庫番」がいるかいないかで、会社の安全度は変わる。


企業の事件はあらゆる利害関係者、すなわち創業家、役員、組合、OB、取引先、仕入先、顧客、業界、官公庁、マスコミ、地域社会などから「お灸」を据えられ、「お小言」を呈され、正しい方向へとナビゲートされていくのである。


前川洋一郎の経歴・略歴

前川洋一郎、まえかわ・よういちろう。日本の経営学者。大阪出身。神戸大学経営学部卒業後、松下電器産業(のちのパナソニック)に入社。経営企画室長、eネット事業本部長、IT教育研究所長、取締役などを経て退社し、高知工科大学大学院基盤工学専攻修了。博士号取得。その後、高知工科大学大学院 起業家コース教授、松下電器産業終身客員、関西外国語大学 国際言語学部教授、大阪商業大学大学院特別教授、流通大学講師などを務めた。

他の記事も読んでみる

鉢須祐子

フリーランサーはすべての出会いが一期一会みたいなものですが、SNSのおかげでコミュニケーションの初期段階を省けることで、仕事が格段にやりやすくなる。


落合寛司

時代は変わりました。付加価値の高い商品やサービスを創り出さなければ生き残れない時代になったのです。ですから、当金庫のようなコンサル機能を持つ金融機関という存在が重要になってくるわけです。コンサル料金はほとんど当金庫が払っています。なぜなら、当金庫と取引をしてくれて、金利で当金庫に収益を上げさせてくれるわけですから、お客様が元気になれば取引も増えます。どんどん好循環になるわけです。やはり何にお金を使うか。活きたお金をどう使うかということは、すごく重要なことになります。


泉谷直木

社員には「すでに起こった未来を掴め」と言っています。これはドラッカーの言葉です。今は不透明な状況にありますが、その中でも見えているものがいくつもある。例えば、増税もそうですし、原料資材の高騰もしかりです。まず目に見えているモノを掴んで、手を打っていく。それが現実対応です。


喜多喜久

幸いなことにネタはまだ枯渇する気配はありません(笑)。Whyが根底にあって謎を解き明かすという意味では、化学もミステリーも同じで、思った以上に相性がよかったんですよね。想いが変わったとしたら、トリックありきで物語を考えていたあの頃と違って、今は物語を生きるキャラクターたちのために、どんなトリックが必要か考えるようになったこと。ネタのストックはまだまだあるので、より奇想天外で面白いミステリーを今後も書き続けていきたいです。


宇佐美里香

個性は出そうとして出せるものではありません。先生に教わった動きを何度も繰り返しやって、自分の体にしみ込ませる。そうすると、その動きは先生のコピーではなく自分の技になり、形に気持ちをのせて動けるようになります。毎日毎日同じひとつの動作を練習して、自分のものにしたとき、それはその選手だけの魅力になるのだと思います。


築山節

脳のためには朝一定の時間に起き、太陽の光を浴びることが大切です。人間の脳は24時間同じ性能を発揮できるのではなく、働きたい時間と休みたい時間を周期的に繰り返しています。その周期と生活のリズムが合わないと、時差ボケと同じ状態が一日中続くことになります。生活のリズムが不安定な人は要注意です。


竹田恒泰

日本人は働き者で手先が器用だとはよく言われますが、それに加えて、子供がおもちゃで遊ぶように、楽しみながらものを作るのも特徴です。楽しんで行動する人には誰も敵いません。また、楽しむからこそ溢れるほどのアイデアも湧いてくる。古くは縄文土器から現代のアニメに至るまで、日本人の作るものがどの時代をとっても優れているのはそのためです。


佐藤優

ビビることがよくないのは、思考が停止して冷静な判断ができなくなってしまうから。それによって事態や結果を悪くしてしまう。


平塚俊樹

欧米に比べて日本は、パロディやパクリに寛容な国である。日本では公知のデザインに似ていても、多少異なる部分があればオリジナルと認めてもらえる。また、いくら公知の文化に似たデザインであっても、それが商標登録されていなければ、咎められることはない。しかし、海外ではそうはいかない。


齋藤勇(齊藤勇)

人間の能力は有限です。自分の限界を知って、断るべきときに断れる人の方が最終的に信頼されると思えば、ノーと言う勇気も湧いてくるはずです。頼まれた仕事をやる時間がないなら、「できません」とストレートに告げるのではなく、「いまこの作業をしている最中です。頼まれた仕事に手を付けるのはそのあとですが、どうしましょうか」と説明します。スケジュールが間に合わなければ相手は依頼を控えるし、相手がいまの作業のあとでもいいというなら、順次取り組めばいいだけです。


村岡恵理

順風満帆の時には褒め言葉が溢れる。仕事上の利益が絡めば言葉はさらに扇情的になるものだ。しかし、評価はあくまでも今までの評価であり、甘んじて踊らされていては、先には落とし穴がある。そんな時、利害とは無関係に、透徹した心で苦言を呈してくれる友ほど得難いものはない。


守屋淳

リベラルアーツのリベラルとは「自由」という意味ですが、文字どおり、その根底には「人は学ぶと自由になれる」という考えがあります。人は知らず知らず、古くからの習慣や価値観に縛られています。でも、幅広い教養を得れば、自分たちが何に縛られているかがわかり、そこから自由になれますよね。これもまた、教養を身につける大きな意味のひとつです。