名言DB

9425 人 / 110833 名言

前川正の名言

twitter Facebook はてブ

前川正のプロフィール

前川正、まえかわ・ただし。日本の経営者。業務用冷凍・冷蔵機メーカー「前川製作所」社長。東京都出身。早稲田大学理工学部電気工学科卒業後、前川製作所に入社。取締役、常務、専務などを経て社長に就任。

前川正の名言 一覧

やはり強いところで勝っていくことが大事。


我々は、お客さまがご要望されることに応えていくことが第一の使命だと考えております。ですからいろいろな分野に挑戦しています。


堅実に、真面目に働く、大きな「町工場」でありたい。


やみくもに拡大を目指すつもりはありません。製造業の原点に立って、お客様が求めるモノを作り続けていけば、自然と規模は拡大すると信じています。


当社には「共創」という考えがあります。お客様のニーズを把握し、当社の技術とすりあわせて一つひとつ、お客様が求める製品を創り上げていきます。


私どもは、シェアを増やそうということよりも、ユーザー様に、当社ならではの提案、貢献をしていこうということに努めています。シェアが増えるか増えないかは、その結果だと考えています。


私どもは、定年という明確な言葉ではありませんが60歳を区切りとしています。その後、役職は変わりますが、本人の希望に応じて継続して雇用をしています。続けたい方は続けられる限りやっていただくようになっていますから、高齢な方も多いですね。最高齢は85歳の方で、今も出勤しております。


ユーザー様から要求されることに、我々ならではの答えを出していこうとするとき、今までつくったことのないものもつくっていかなければいけません。そのときには、斬新な発想が求められますが、それは高い技能、豊富な経験に裏付けされたところから出てくることが多い。


シェアを取れている理由は、お客様に必要としていただいていること。要求される内容が年々多くなり、単に冷凍庫を作るだけではなく、いろいろな仕事を手掛けています。パンやチャーハンといった冷凍食品の加工ラインを受注するようなケースも多くなっています。


当社には80代の社員が複数名おり、製造工程の一部で効率を度外視し、昔ながらのハンドメイドでの作業を残して若い社員に体験させるという取り組みをしています。その結果、ものづくりの技能伝承ができているという気がします。


当社には骨つき鶏モモ肉から骨だけを除く脱骨ロボット「トリダス」という商品があります。食肉加工業者のお客様から悩み事を聞いたことがきっかけで開発されました。製品化まで時間がかかりましたが、お客様からの評判も良く、競合製品が全くない独占状態です。


当社では、20歳代から30歳代を「動の世代」、50歳代以上を「静の世代」と位置付けています。動の世代は、それぞれが持つ技術や感覚を極めながら、社内で議論し、それをもとにお客様にぴったり合うモノを提案する。一方、静の世代は、培った経験や専門的な見識を生かして動の世代をサポートするだけではなく、トップ営業や新たなマーケットの開発に取り組んでいます。トップ営業ではその幅広い知見が生かされ、新規開拓でも、その柔軟な発想が大きなアドバンテージになっております。


お客様の加工ライン全体をエンジニアリングする上で、当社が独自につくるべきものと、そうでないものを、将来を見据えて検討していく必要があります。その意味では、ものづくりというよりも、社内ではコトづくりと言っています。いわゆる、ソリューション・プロバイダーという意味になりますね。だからこそ、多様な人材が必要になってくるわけです。


前川正の経歴・略歴

前川正、まえかわ・ただし。日本の経営者。業務用冷凍・冷蔵機メーカー「前川製作所」社長。東京都出身。早稲田大学理工学部電気工学科卒業後、前川製作所に入社。取締役、常務、専務などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

堤清二

もういっぺん、無印良品とは何かをはっきりさせる必要がある。それは、合理化なのか、新生活運動なのか、それとも消費者の自由を確保することなのか、ファッション・デザイン性なのか。それがはっきりとするまでは、新アイテムの追加はなくてよい。コンセプトが曖昧になったら終わりである。


広瀬経一

私の考える頭取の三つの条件とは、第一に私欲がないこと。第二に内剛外柔の人であること。そして第三に最低十年以上頭取を務められる若い人であることである。【覚書き:頭取辞任にあたって後継者の条件を語った言葉】


木暮太一

労働力の「価値」を高めていない人は、高く買ってもらえない。一般的なブームでたまたま高給を得られるかもしれないが、やがて「この人材にそれほど払う必要はないのでは?」と思われてしまう。安定して高い給料を得たいのであれば価値=地力が給料に見合っていると納得してもらえるようにする以外にない。


森川亮

日本テレビに勤務しながら青山学院大学大学院に通い、国際政治経済学研究科の修士課程(MBA)を修了することもできました。MBA取得については、賛否両論があります。市場価値が高まるという人と、無駄だという人がいる。私は、やらないよりはやった方がいいと考えています。MBAを取得しても無駄かもしれないけれど、何も勉強しないで、ゴロゴロして遊んでいるよりはましかもしれない。未来に向けての目標に対して、半歩でも先に行けるのなら。


日高利美(日髙利美)

姿勢や表情、声のトーンやスピードは、言葉以上に雄弁。そこまで気を配れてこそ一流。


新浪剛史

競争のパラダイムを一変させるような新たな技術の目を見出し、戦略に組み込むのは、経営トップのリーダーシップだと思っています。新しいテクノロジーは、ゲームのルールを変えるからです。


磯田一郎

会社がつぶれるときは、馬鹿が仲良くしているか、利口が喧嘩をしているときだ。


岡倉天心

美しく生きてきた者だけが美しく死ぬことができる。


伊藤直彦

情報は入手する側に選択する権利がある。いかなる情報が、いま自分にとって最も必要なものかを十分考えて選択しないと、情報の渦に巻きこまれることになる。


松尾豊

企業が年功序列をやっている限りは状況は打破できませんが、一方で若者ばかりでやればいいというわけではなく、能力によってピークが違うということだと思っています。例えば水泳選手は20代くらい、サッカー選手は25歳くらい、野球選手は30歳くらい、ゴルフではもっと上の年齢であるなど、スポーツを見ても競技によってピークが違います。それで言うとITはピークが来るのが速い。しかし、例えば人を使う、動かすような経営はピークがさらに後ろの方にあります。この分野はやはり経験値が必要です。ですから、どういう仕事を誰がするかによって、主役が誰か、意思決定をするのは誰かをきちんと変えることが大事です。