名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

前川正の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

前川正のプロフィール

前川正、まえかわ・ただし。日本の経営者。業務用冷凍・冷蔵機メーカー「前川製作所」社長。東京都出身。早稲田大学理工学部電気工学科卒業後、前川製作所に入社。取締役、常務、専務などを経て社長に就任。

前川正の名言 一覧

やはり強いところで勝っていくことが大事。


我々は、お客さまがご要望されることに応えていくことが第一の使命だと考えております。ですからいろいろな分野に挑戦しています。


堅実に、真面目に働く、大きな「町工場」でありたい。


やみくもに拡大を目指すつもりはありません。製造業の原点に立って、お客様が求めるモノを作り続けていけば、自然と規模は拡大すると信じています。


当社には「共創」という考えがあります。お客様のニーズを把握し、当社の技術とすりあわせて一つひとつ、お客様が求める製品を創り上げていきます。


私どもは、シェアを増やそうということよりも、ユーザー様に、当社ならではの提案、貢献をしていこうということに努めています。シェアが増えるか増えないかは、その結果だと考えています。


私どもは、定年という明確な言葉ではありませんが60歳を区切りとしています。その後、役職は変わりますが、本人の希望に応じて継続して雇用をしています。続けたい方は続けられる限りやっていただくようになっていますから、高齢な方も多いですね。最高齢は85歳の方で、今も出勤しております。


ユーザー様から要求されることに、我々ならではの答えを出していこうとするとき、今までつくったことのないものもつくっていかなければいけません。そのときには、斬新な発想が求められますが、それは高い技能、豊富な経験に裏付けされたところから出てくることが多い。


シェアを取れている理由は、お客様に必要としていただいていること。要求される内容が年々多くなり、単に冷凍庫を作るだけではなく、いろいろな仕事を手掛けています。パンやチャーハンといった冷凍食品の加工ラインを受注するようなケースも多くなっています。


当社には80代の社員が複数名おり、製造工程の一部で効率を度外視し、昔ながらのハンドメイドでの作業を残して若い社員に体験させるという取り組みをしています。その結果、ものづくりの技能伝承ができているという気がします。


当社には骨つき鶏モモ肉から骨だけを除く脱骨ロボット「トリダス」という商品があります。食肉加工業者のお客様から悩み事を聞いたことがきっかけで開発されました。製品化まで時間がかかりましたが、お客様からの評判も良く、競合製品が全くない独占状態です。


当社では、20歳代から30歳代を「動の世代」、50歳代以上を「静の世代」と位置付けています。動の世代は、それぞれが持つ技術や感覚を極めながら、社内で議論し、それをもとにお客様にぴったり合うモノを提案する。一方、静の世代は、培った経験や専門的な見識を生かして動の世代をサポートするだけではなく、トップ営業や新たなマーケットの開発に取り組んでいます。トップ営業ではその幅広い知見が生かされ、新規開拓でも、その柔軟な発想が大きなアドバンテージになっております。


お客様の加工ライン全体をエンジニアリングする上で、当社が独自につくるべきものと、そうでないものを、将来を見据えて検討していく必要があります。その意味では、ものづくりというよりも、社内ではコトづくりと言っています。いわゆる、ソリューション・プロバイダーという意味になりますね。だからこそ、多様な人材が必要になってくるわけです。


前川正の経歴・略歴

前川正、まえかわ・ただし。日本の経営者。業務用冷凍・冷蔵機メーカー「前川製作所」社長。東京都出身。早稲田大学理工学部電気工学科卒業後、前川製作所に入社。取締役、常務、専務などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

杉田浩章

デジタル化でコスト構造がガラリと変わり、過去の蓄積で競合に勝つことはできません。レガシーなアセット(資産)を積み上げても、意味がなくなっているんです。かつて、大企業にとってはレガシーこそが強みになっていたわけですが、今はまさにジレンマに陥っています。


浦上ヤクリン

極端な自己否定からはプラスなものは生まれません。当然のことですが、人にはそれぞれ長所があります。短所ばかりではありません。ところが、日本人の国民性として、「マイナス」部分により着目する傾向があるように感じられます。


美輪明宏

孤独には孤高の人という言葉もあるのです。孤独だからといって卑屈になったり、みじめに思い込む必要などさらさらありません。背後に何本もの「つっかえ棒」などなくても、自分一人の足だけで充分大地を踏みしめて、立っているという証拠なのですから。充実している証なのですから。


志岐守哉

消費地の近くで生産するというのが基本理念。日本で生産しているものを海外生産に切り替える発想が時代遅れ。海外だけでしか生産していない製品があってもおかしくない。


松井忠三

社内の紙の量と実行力は反比例する。


左京泰明

どの道が正解かは人それぞれだし、もっと言えば正解・不正解は誰にもジャッジできない。


津谷正明

話すことと聞くことはセットです。リーダーならば、様々な立場の人の意見を吸い上げなければなりません。そうすることで、新たなものが見えてきます。


松本光弘

事業創造部を新設しました。あくまでも住宅を基本とするセグメントを絞り込んだ新規開発が目的です。もちろん、三井不動産をはじめとするグループ各社とも積極的にコラボレーションしていきます。


森雅彦

我々の仕入れ先はファナックや独シーメンス、三菱電機など。顧客はトヨタ自動車や独フォルクスワーゲン、英ロールス・ロイス、米ボーイングなどです。そうした会社をベンチマークする中で気付いたことがあります。会社を100年持続させる方法です。それには、規模を追わずに地道に地域に密着した商売をやっていく方法と、一定以上の規模を手に入れて、規模のメリットを十分に生かしていく方法があります。我々は上場企業で、既にグローバル展開していますから、選択肢としては後者が妥当だと考えました。


齋藤孝(教育学者)

会議などでは特に新人や若手など発言力の弱い人にこそ、「どう思う?」と問いかけ積極的な発言を促すのがポイント。全員が満遍なく発言するような会議なら、個人的な感情のもつれには発展しにくい。それはちょうど、目まぐるしくパスを回しながらゴールを目指す「全員サッカー」のようなものだ。チーム内で足を引っ張り合うのは言語道断で、協力し合わなければ結果を残すことはできない。


似鳥昭雄

若い頃は商売を楽しむ余裕もありませんでしたが、いまが一番楽しいんです。60代が一番楽しいかなと思っていたけれど、70代になってみていまが一番楽しいから、80代はもっと楽しいかもしれない。


戸塚隆将

周囲の上司や友人は「自分」に肯定的で、自分が大好きな人が多かった。エリートと呼ばれる人たちは、子供の頃から「自分で自分を褒める」という習慣を無意識のうちに積み上げてきたのでしょう。悩み事があるときや成果が出ないときは、気持ちが後ろ向きになることもあります。しかし、そんなときほどネガティブではなくポジティブになるように、どこかで気持ちを切り替える。そうやって、少しずつ好循環に戻すことを、外部要因に任せるのではなく、自分から内面のスイッチを入れる。そんな心がけをぜひ実践していただきたい。