名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

前川正の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

前川正のプロフィール

前川正、まえかわ・ただし。日本の経営者。業務用冷凍・冷蔵機メーカー「前川製作所」社長。東京都出身。早稲田大学理工学部電気工学科卒業後、前川製作所に入社。取締役、常務、専務などを経て社長に就任。

前川正の名言 一覧

やはり強いところで勝っていくことが大事。


我々は、お客さまがご要望されることに応えていくことが第一の使命だと考えております。ですからいろいろな分野に挑戦しています。


堅実に、真面目に働く、大きな「町工場」でありたい。


やみくもに拡大を目指すつもりはありません。製造業の原点に立って、お客様が求めるモノを作り続けていけば、自然と規模は拡大すると信じています。


当社には「共創」という考えがあります。お客様のニーズを把握し、当社の技術とすりあわせて一つひとつ、お客様が求める製品を創り上げていきます。


私どもは、シェアを増やそうということよりも、ユーザー様に、当社ならではの提案、貢献をしていこうということに努めています。シェアが増えるか増えないかは、その結果だと考えています。


私どもは、定年という明確な言葉ではありませんが60歳を区切りとしています。その後、役職は変わりますが、本人の希望に応じて継続して雇用をしています。続けたい方は続けられる限りやっていただくようになっていますから、高齢な方も多いですね。最高齢は85歳の方で、今も出勤しております。


ユーザー様から要求されることに、我々ならではの答えを出していこうとするとき、今までつくったことのないものもつくっていかなければいけません。そのときには、斬新な発想が求められますが、それは高い技能、豊富な経験に裏付けされたところから出てくることが多い。


シェアを取れている理由は、お客様に必要としていただいていること。要求される内容が年々多くなり、単に冷凍庫を作るだけではなく、いろいろな仕事を手掛けています。パンやチャーハンといった冷凍食品の加工ラインを受注するようなケースも多くなっています。


当社には80代の社員が複数名おり、製造工程の一部で効率を度外視し、昔ながらのハンドメイドでの作業を残して若い社員に体験させるという取り組みをしています。その結果、ものづくりの技能伝承ができているという気がします。


当社には骨つき鶏モモ肉から骨だけを除く脱骨ロボット「トリダス」という商品があります。食肉加工業者のお客様から悩み事を聞いたことがきっかけで開発されました。製品化まで時間がかかりましたが、お客様からの評判も良く、競合製品が全くない独占状態です。


当社では、20歳代から30歳代を「動の世代」、50歳代以上を「静の世代」と位置付けています。動の世代は、それぞれが持つ技術や感覚を極めながら、社内で議論し、それをもとにお客様にぴったり合うモノを提案する。一方、静の世代は、培った経験や専門的な見識を生かして動の世代をサポートするだけではなく、トップ営業や新たなマーケットの開発に取り組んでいます。トップ営業ではその幅広い知見が生かされ、新規開拓でも、その柔軟な発想が大きなアドバンテージになっております。


お客様の加工ライン全体をエンジニアリングする上で、当社が独自につくるべきものと、そうでないものを、将来を見据えて検討していく必要があります。その意味では、ものづくりというよりも、社内ではコトづくりと言っています。いわゆる、ソリューション・プロバイダーという意味になりますね。だからこそ、多様な人材が必要になってくるわけです。


前川正の経歴・略歴

前川正、まえかわ・ただし。日本の経営者。業務用冷凍・冷蔵機メーカー「前川製作所」社長。東京都出身。早稲田大学理工学部電気工学科卒業後、前川製作所に入社。取締役、常務、専務などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

山下智弘(経営者)

家を買うために車をあきらめたり、習い事をやめたりする人も多いですよね。それは家を買うことがゴールになっていて、ほかを犠牲にしてもかまわないという考え方があるから。でも本当は、家は道具にすぎません。人生を楽しむために、家という道具をうまく使いましょうというメッセージを込めています。


田村潤

勝つためには1点に集中すること。ビールの消費は圧倒的に家庭のシェアが多いのですが、スーパードライに勝ち目がありませんでした。ならば、少しでも可能性のある料飲店から攻めることにしました。


メンタリストDaiGo

人間は、行動や感情の大半を無意識に決めています。他人から言われた言葉を考えて判断するなんて、じつはほとんどありません。説得する時は、理屈よりも、「無意識下」に働きかけたほうが効果的なのです。


御立尚資

社内の人脈をつくるには、信頼関係を築くことです。相手に有利な情報を教えてあげるなど、自分がその人の役に立つのが一番です。いい会社には利益が相反する部門同士であっても、多くの人とつながっている非公式ハブのような人がいるものです。会社には必ず「彼女(彼)がいうなら」という存在の人がいますよね。つまり、そういう人になってしまえばいいのです。


伊藤亮太(ファイナンシャルプランナー)

自分自身の仕事や業界など、身近なところから発想して運用対象を選んでみるのも一つの方法だと思います。相応の知識を持っている分野なら情報も収集しやすいし、感覚もつかみやすい。投資の世界では、案外足下に成功のヒントがあることも多いんです。


大貫美鈴

独立したとき、大企業から外れて、普通なら不安を感じるところでしょうけれど、私には興味が尽きない宇宙での衣食住や宇宙旅行に携わっていけるというワクワク感の方が大きかったですね。会議や講演会に参加したりして、「このプロジェクトは面白そう!」「この企画にはぜひ携わってみたい」と思った企業や組織には積極的にアプローチしました。


安藤忠雄

企業が保育所をつくると、その分お金はかかりますが、少なくとも少子化を食い止める手助けにはなります。それぞれの企業が、自分たちのできる範囲で投資をすればいいのに、ほとんどしないから保育所が足りなくなっている。私が東急渋谷駅と上野毛駅の設計を手がけたとき、「駅に託児所をつくってくださいよ」とお願いしました。そうやって、誰もができることをやって少子化をカバーしていく、サポートしていくということがなければ、社会は元気になりません。企業がお金を貯め込んでいるという状況は、喜ばしいことではありませんよ。


オカダ・カズチカ

自分はやることがなくなっちゃうと変わりたくなるんですよね。高校に行かなかったのも、高校で特にやることが見つからなかったんで、じゃあ、プロレスに入っちゃえって。それでメキシコでやってるうちに、だんだんメキシコでやることもなくなってきて。じゃあ、新日本に行かせてもらえないかなって気持ちが出てきたんです。


鴨下信一

病気によるキャリアの中断というのは、ビジネスパーソンが最も恐れることかもしれませんが、私は自分の体験から、「病気も、キャリアの中断も、なかなかよいものだ」と言いたいのです。不遇な時にこそ、人は気づきを得たり、新たな視点を獲得して従来とは異なるテーマに取り組むようになったりするもの。収穫はむしろ多いのです。


澤田貴司

僕にとって大事なのは、「何を食べるか」よりも「誰と食べるか」なんです。「カフェ アンソロジア」は仲間と会うためのお店。月2回ほど足を運んでいますが、大抵知った顔がいますよ。友人同士を引き合わせたり、独身の後輩のために出会いの場をセッティングしたこともあります。集まるメンバーは多彩ですね。スポーツ仲間もいれば、仕事の仲間もいる。


田中恭一

私は創業時の失敗で商品の安全性がいかに大切かを学びました。だからこそ事業の核となる最も大切な部分とは何か、という視点を見失わずにこられたのだと思います。


山下泰裕

ハンディを背負った人々は自分の能力を卑下するのでなく、その人独自の花を咲かせたらいい。ハンディは一つの個性だと気づいたら、随分楽になる。