名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

前川正雄の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

前川正雄のプロフィール

前川正雄、まえかわ・まさお。日本の経営者。業務用冷凍・冷蔵機メーカーの前川製作所会長。東京出身。早稲田大学理工学部卒業後、前川製作所に入社。38年に渡り同社の社長・会長を務めた。著書に『モノづくりの極意、人づくりの哲学 21世紀の「モノづくり」は日本を中心に回る』『世界を変える「場所的経営」 共創によるモノづくり立国の再興へ向けて』。

前川正雄の名言 一覧

オープンな社会が広がろうとしている。だから、同品質で価格勝負なんて、他国に任せておけばいい。


20世紀は物の生産性が重要でしたが、21世紀は知恵の生産性の勝負になります。そうなると、個々人が感覚知に長け、その感覚知の交流を促進する寄り合いのシステムが今も根づく日本の製造業の独壇場となります。特にハイテクは日本からしか生まれてこないでしょう。21世紀は再び、日本の時代になりますよ。


大切なのはまずは自分を捨てて相手の意見に耳を傾けること。結果、みんなが合意に達し、欧米でよくやる相手を打ち負かすための議論では望めない質の高い成果が得られます。うちでも、寄り合いそのものといえる三日三晩の合宿をよくやります。


縄文時代の石器や土器を見ると、非常に精密なことに篤かされます。個人の技ではなく、共同体の技でしょう。その頃から日本では共同体がしっかり根付いていたのです。大陸のように、大規模な戦乱がなく、平和が長く続いたことが大きいのではないでしょうか。我々は大陸国家に生まれなかった幸せをよほど噛み締める必要があります。


人間の優れた手技はどうしても機械では真似できない。ならば、自分がその技を体得するしかないと、彼は鶏の加工場に入り、見よう見まねでひたすら鶏をさばいたそうです。いわば機械設計者という「主」を脱ぎ捨て、鶏をさばく人という「客」になってみたのです。その結果、刃物を使い、肉を骨から切り離すのではなく、引きはがすという動作が鍵だということを体得し、その動作を機械で再現したところ、みごと製品化にこぎつけることができました。
【覚書き|骨付き鶏もも肉の自動脱骨ロボット「トリダス」の開発が暗礁に乗り上げたとき、20代の若手社員がブレイクスルーを起こし開発プロジェクトが達成された当時を振り返っての発言。彼とはブレイクスルーを起こした20代の若手社員】


禅は中国から日本に入ってきたものですが、中国の禅と日本の禅はまるで違うものです。中国の禅はひたすら座って思索するだけですが、日本の禅は思索の後に必ず行動を伴います。それが端的に現れているのが剣道や弓道、華道といった日本独自の稽古事の世界です。それらの基礎には禅が存在します。経営もそうで、何かに悩み、その解決策を徹底的に考えた後、その策を試すという行動が不可欠です。


うちの会社は10年、20年と失敗を続けてきました。冷凍機メーカーとして、顧客が求めるものをつくろうとしては失敗して、それでも何とか壁を乗り越えてきたわけです。気づくと、世界に200社あった業界が、数社になっていた。そして痛感します。失敗しないと成長できない、と。成功から学ぶことはほとんどありません。


顧客にもパイオニア精神が必要です。安い規格品を導入して明日から使いたい、というような会社ではうまくいきません。ユーザーと我々メーカーが一体となって、共同体のごとく開発していく。こうした世界で、日本のメーカーは強さを発揮します。


対話において、日本人は「私」を捨てて相手の話を聞き込み、一体化することができます。これは多神教の強みでしょう。みんなの話が混ざり合った先に、「跳ぶ」ような感覚を体験する。あれは一体、誰が跳ばしているのか。誰がやっているわけでもない。そういう、共同体における神秘的な体験の中に、日本人は「神」を見ている。


20世紀は品質、価格、納期というニーズを満たしていればいい、「モノの生産性」の時代でした。しかし、世紀が変わってモノ余りの時代になると、ユーザーの要求や不満が見えなくなった。「何が問題でしょうか」と聞いても、「とにかくダメだ」と(笑)。そんな、雲をつかむような要求を切り捨てると、大企業であっても潰れていく時代になりました。なぜなら、「知恵の生産性」の社会に変わっているからです。


みんなが面白いと思うことをやる。労働時間なんて議論していてはダメで、すごいアイデアは往々にして夜中に飲みながら思いつくものです。我々もよく、「遊んでいるように見える」と言われますが、それが必要なんです。仕事と遊びなんて区別できません。この「遊び」の要素を徹底的に省いて、最初ら答えが決まっていることしかやらないと、人も組織も滅びていくと思いますね。


モノ余りでも、製品に不満を持っている。そこにニーズがあるはずです。しかし、当人たちですら表現できない。だから、こちらから相手の集団に入るしかありません。「いったい、言葉にできないニーズとは何なんだ」と。そのために、様々な部門の人を、顧客の中に送り込みます。機械や電気の技術者はもちろん、システムやサービス、営業など多くのメンバーが長期間、現場に入る。そして、それぞれの視点から「私はこう思う」という意見を、顧客と一緒にぶつけ合っていきます。すると、不満の「実態」が浮かび上がってくる。「あっ、それがほしかったんだ」。そういう瞬間がやってきます。


前川正雄の経歴・略歴

前川正雄、まえかわ・まさお。日本の経営者。業務用冷凍・冷蔵機メーカーの前川製作所会長。東京出身。早稲田大学理工学部卒業後、前川製作所に入社。38年に渡り同社の社長・会長を務めた。著書に『モノづくりの極意、人づくりの哲学 21世紀の「モノづくり」は日本を中心に回る』『世界を変える「場所的経営」 共創によるモノづくり立国の再興へ向けて』。

他の記事も読んでみる

藤原健嗣

海外に行くからには一番になるつもりで行ってくれ。


猿丸雅之

国によってもニーズは違いますし、極端に言うとお客様ごとに違います。お客様の一つずつの要望にお応えすることが一番。


金井誠太

私は、「次はこんな設計構想で……」と言ってくるアテンザ(当時はまだ車名はありません)の開発の人間に「まだ目標が低い」とか「自社比では改善していても他社に勝ってると言えるの? もっと研究したら」とか言っていたわけです。まあ、言う方は楽なんです(笑)。それでも、かつてのむなしい開発作業……目標はその都度その都度作り、予想外の事態が多発して手戻りが発生、さんざん苦労して出してみたら売れない、という、誰も幸せにならない仕事を繰り返すのだけはもう嫌でした。先になすべきことを徹底的に考え抜いておこう、と気合いを入れたとき、「目標設定にミスがあれば、後で何をやっても取り返せない」と気づき、作ったのがこのベンチマークのプロセスです。だから、誰に恨まれようとも譲れません。何とかこう、仕事を、製品を、価値のあるものにしたいと思っていた。


佐野健一

私たちは当初、アジア地域最大級の通信会社であるシンガポール・テレコムや、アメリカのベライゾンに、このビジネスプランを持ちかけ、契約を成立させてきました。世界上位の通信会社を最初に取り込めば、他国の通信会社も契約を断る理由がなくなります。短期間で200か国以上の国・地域にサービス網が構築できた裏には、こんな駆け引きもあったのです。


渡辺捷昭

組織のリーダーは夢を語り、その夢に部下やチームのメンバーが共感、共鳴し、またその人たちが夢を持つ。そういう循環がとても大切なのです。


藤巻幸夫(藤巻幸大)

私がいまのように、どこに行っても巧みな弁舌を振るえるようになったのは、必要に迫られて努力した結果であり、「生まれつき」なんかではないということを覚えておいてもらいたい。


遠藤功

日本の組織は革新的には変わりません。サステイナブル(持続可能)な形で変わっていくしかないのです。


吉田たかよし

プレゼンテーションや会議などで、複雑な内容をわかりやすく興味深く説明するには、直感的に伝えることが効果的です。とくに、上司や同僚から、話が理屈っぽい、説明がわかりにくい、話していることがピンとこないなどと注意されたことがある人は、とりわけ聞き手の直感に訴えかける話し方を心がける必要があります。


夏野剛

現場が議論を尽くしても結論の出ないことほど、経営者の価値観に基づいて5分で決めることが重要です。


野田佳彦

政治家というのは、あることないこと批判にさらされる仕事です。何を言われても冷静に受け答えしなければなりません。特に総理大臣の時は、それこそ忍耐どころではない、大忍の連続で、1年4カ月間ずっと大忍でした。


鴨居達哉

育成で最も重要なのは、背伸びしてようやく目標を達成できるような経験をさせること。そうした経験の場を提供することが、経営陣には求められます。


上原明

戦争であれば、短期間で決着することもありますが、商売はそんなに早く決着しません。けれども、毎日毎日必ず勝った負けたがあり、その積み重ねによって決着がつき、勝てば栄耀栄華を極められますが、負ければ貧民窟街で野垂れ死にするほどの厳しい結果になります。だから、毎日が戦いであり、その勝負に勝ち続けなければならないのです。